運転下手を克服したい!

運転技術に不安がある人も多いでしょう。駐車場でバックするのに何度も切り返ししたり、どちらかによってしまい降りれなくなるときもあります。バックでぶつけてしまい、車に傷や凹みを作ったこともあるという人も多いのではないでしょうか。運転技術の習得には個人差があるので、教習所の時間だけでは足りないのです。

バックができない!

バックで車庫入れが下手!

最近では乗用車でもバックモニターが普及して、バックするときの安全確認には大きく貢献しています。しかし、バックが苦手な方にとってバックモニターの画像だけでは、バックすることは非常に難しいのです。狭い駐車場でも広い駐車場でもバックのやり方は同じで、車両感覚を覚えることも大事になります。
愛車の感覚をしっかりと覚えることができると、左のリアタイヤで雑巾を踏んだ感覚で止まることも可能になります。交通警察隊の練習の一環でもあり、一生懸命に練習することが一番の近道といえます。運転技術の習得には時間がかかるので、焦らずに習得してください。
バックに苦手意識などがあったりすると、バックの上達には時間がかかってしまいます。苦手意識を克服して、安全なバックを習得することが望ましいでしょう。

バックは停車する位置で決まる!

バックをするときは、車体を斜めにして停車する位置で決まるといっても過言ではありません。どんなに技術があっても、ハンドルを操作する最初の位置があっていなくてはバックができなくなります。どちらか一方だけを見ていてもバックは失敗して、ぶつけたりもします。
また、停車するときはタイヤを真っすぐにするのもポイントになります。タイヤが曲がっていると、予測していない動きが発生して驚きます。無理に修正をしてしまうと、右と左のどちらに動かしていいのかが分からなくなってしまいます。
バックするときは、左右のリアタイヤが基準になります。右のリアタイヤは目視できますが、左のリアタイヤはサイドミラーでの確認になります。ある程度の位置がつかめないのであれば、タイヤの上に目印となるテープなどを張ることで感覚を覚えることができるでしょう。

ブレーキを強く踏んでしまう!

ブレーキを強く踏む原因は?

ブレーキは車を止めるために踏みますが、強く踏みすぎるとタイヤがロックしたりABSを作動させてしまいます。ブレーキを強く踏むことが多い方は、スピードの出し過ぎや車間距離不足が原因だといえます。スピードが出ていると、早めにブレーキを踏んでも中々停止しないので強く踏む以外に方法がなくなってしまいます。
ブレーキを普段から強く踏んでしまう場合は、シートに正しい姿勢で座っていないのが原因といえるでしょう。正しい姿勢で運転をしていると、疲労軽減や適正な運転操作ができます。体を斜めにした姿勢で運転をしていると、左右どちらかに寄ってしまいます。
急ブレーキに近いブレーキ操作では、同乗者から怖いといわれてしまいます。正しい姿勢でゆっくりとブレーキを一定の力で踏み込むのが理想的なブレーキ操作です。ブレーキ操作一つで運転が変わりますので、同乗者を安心させることができます。

ブレーキを正しく操作するのには?

正しい運転姿勢とシート調節ができていると、ブレーキやアクセルを操作するのに余計な力が入りません。気が付かないうちに余計な力が入っているので、ゆっくり操作しても強く踏んでしまいます。緊張状態では正しい運転操作ができなくなり、ブレーキなどの操作も必要以上に強くなってしまいます。
普段からブレーキを意識して踏むことが、ブレーキ操作の上達につながるといえます。同乗者を安心して乗せるのには、ブレーキやアクセルを正しく操作をしなくてはいけません。正しい操作を意識すると、自然と車間距離が長くなり安全運転につながります。
リラックスしている状態であれば、正しい運転操作が可能となります。体に余計な力が入ることで、適正な操作が難しくなると同乗者に怖いと感じさせてしまいます。同乗者に怖いと感じさせないためにも、リラックスをして運転をすることが良いでしょう。

まとめ:苦手を克服するのには?

運転の苦手を克服するのには、基本を何度も復習することが大切です。広い駐車場などでバックを練習したりするなど、地道な練習が必要となります。運転技術には個人差が大きいので、バックなどを急いでやる必要はないといえます。ドライブやデートの最中にぶつけたりしては、その日の気分が悪くなってしまいます。
下手な運転とは、運転マナーも含まれます。窓からタバコやゴミを捨てていては、どんなに技術を持っていても下手な運転です。ウインカーを出さない運転やあおり行為をしている運転は、技術があっても下手な運転です。運転は技術だけではなく、運転手がマナーやルールを守ることができて運転が上手いといえます。
どんな分野でも、技術を一朝一夕では習得はできません。運転技術の習得には経験を必要としますので、信頼ができる人に教えてもらうことも良いでしょう。人に教えてもらうことで、楽しく練習することができると技術の習得までの時間が短くなります。
苦手を克服するために、広い駐車場など安全が確保できる場所で練習するのが良いでしょう。どんなことでも最初は初心者なので、焦らずに時間を使って練習をしなくてはいけません。事故を防止するためにも、運転操作の基本はとても大切です。

トヨタ ドライバーコミュニケーション