【トヨタ オーリス】通常の3倍?若さ故の過ち?坊やだからさ、とは言わせない!ジオニックトヨタ社製シャア専用オーリスIIも

レッドとワインレッドのツートン、といえばシャア専用ですよね。どうやらトヨタ自動車はザビ家と手を結んでジオニック・トヨタ社を創設し、地球をシャア専用オーリスで侵攻するつもりでいます...と冗談はさておき、現行型オーリスでは本当に「シャア専用オーリスII」が購入できます。オーリスの歴史とともにガンダム風にご紹介します。

トヨタ・オーリスとは?

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%B9

2代目トヨタ・オーリス 120T(後期型)

トヨタ・オーリスとは、トヨタ自動車が2006年から生産・販売しているハッチバックタイプの乗用車です。形式名はカローラ系の車種であり、カローラFX、カローラランクス、アレックス等のカローラハッチバック車の後継車です。

トヨタ・オーリスの歴史

初代 E15#H型(2006年 - 2012年)

出典:http://gazoo.com/U-Car/VehicleInfo/UCarDetailInfo.aspx?id=1189804666

初代トヨタ・オーリス 180G

2006年、カローラの10代目モデルへの変更後にデビューしました。ネッツトヨタ店専売モデルのため、ポジション的にはスプリンターの後継モデル、車種形式的にはカローラランクス、アレックスの後継モデルとなります。
グレードは標準モデルの「150X」、上級モデルの「180G」の2種類、駆動方式はFFと4WDが用意されました。さらに「150X」には安全装備が充実した「Mパッケージ」とスポーツ装備が充実した「Sパッケージ」が、「180G」には豪華装備とスポーツ装備を充実させた「Sパッケージ」が用意されました。

初代トヨタ・オーリス 主要諸元

初代トヨタ・オーリス 主要諸元

ボディタイプ
 ・3ドアハッチバック
 ・5ドアハッチバック
全長 4,220mm
全幅 1,760mm
全高 1,505mm
ホイールベース 2,600mm
車両重量 1,240kg
乗車定員 5人
駆動方式 FF / 4WD
サスペンション前 ストラット
サスペンション後 トーションビーム(FF)
サスペンション後 ダブルウィッシュボーン(4WD)
ブレーキ前 ベンチレーテッドディスク
ブレーキ後 ディスク
変速機 CVT / 6速MT

初代トヨタ・オーリス搭載エンジン

初代トヨタ・オーリスに搭載されてたエンジンは下記の通りです。

・1NZ-FE型(直列4気筒DOHC 1,500cc)
・2ZR-FE型(直列4気筒DOHC 1,800cc)

搭載エンジンはどちらもカローラシリーズに搭載されています。ZR系エンジンはZZ系とAZ系を統合した後継エンジンとなり、ミドルクラスを中心に搭載されています。

形式名 2ZR-FE
・種類 直列4気筒DOHC
・内径 80.5mm
・行程 88.3mm
・総排気量 1,797cc
・最高出力(ネット) 136PS / 6,000rpm
・最大トルク(ネット) 17.8kg・m / 4,400rpm

2代目 E18#H/18#W型(2012年 - )

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%B9

2代目トヨタ・オーリス 120T(後期型)

2012年8月にオーリスはモデルチェンジを受け、2代目モデルになります。フロントフェイスはトヨタの新しいデザイン表現である「キーンルック」と、空力や冷却性能を配慮した台形のバンパー開口を強調する「アンダープライオリティ」が採用されました。
プラットフォームは先代モデルのキャリーオーバーですが、ボディサイズを見直すことで室内空間を広く確保し、より低い低重心を実現しました。
グレードは標準モデルの「150X」、上級モデルの「180G」、スポーティーモデルで6速MTと専用チューニングサスペンションを装備した「RS」の3つを用意し、さらに各グレードに豪華かつスポーティー装備満載の「"S Package"」が設定されます。「150X」には、さらにビジネスユースを見込んだ廉価パッケージの「"C Package"」が用意されました。

2015年4月にマイナーチェンジされ、1,200cc直噴ターボエンジン「8NR-FTS型」を搭載、新グレード「120T」を新設しました。また、1,800cc車のグレードが整理され、従来のグレードが「180S」に統合されました。

2代目トヨタ・オーリス 主要諸元

2代目トヨタ・オーリス 主要諸元

ボディタイプ 5ドアハッチバック
全長 4,275mm
全幅 1,760mm
全高 1,460mm
ホイールベース 2,600mm
車両重量 1,220kg
乗車定員 5人
駆動方式 FF / 4WD
サスペンション前 ストラット
サスペンション後 ダブルウィッシュボーン
 ※1,500cc FF車のみトーションビーム
ブレーキ前 ベンチレーテッドディスク
ブレーキ後 ディスク
変速機 CVT / 6速MT

2代目トヨタ・オーリス搭載エンジン

2代目トヨタ・オーリスに搭載されているエンジンは下記の通りです。

・1NZ-FE型(直列4気筒DOHC 1,500cc)
・2ZR-FAE型(直列4気筒DOHC 1,800cc)
・8NR-FTS型(直列4気筒直噴DOHCターボ 1,200cc)

2015年4月のマイナーチェンジで搭載された「8NR-FTS型エンジン」は、最大トルクが1,500回転から発生します。日常的な低、中速走行でのドライビングが楽しくなるエンジンです。

形式名 8NR-FTS D-4T仕様
・種類 直列4気筒直噴DOHC
・内径 71.5mm
・行程 74.5mm
・総排気量 1,196cc
・最高出力(ネット) 116PS / 5,200 - 5,600rpm
・最大トルク(ネット) 18.9kg・m / 1,500 - 4,000rpm

MS-186H-CA/CA02 シャア専用オーリス

2代目オーリスに設定された「シャア専用オーリス」には、以下の設定があります。

・「ジオニック・トヨタ社」を設立
・テストパイロットとしてシャア・アズナブルを選択
・シャアの専用マシンとして「シャア専用オーリス」を制作した

ガンダム世界風にフィクションを交えながら、「シャア専用オーリス」をご紹介します。

Photo by yino19700

MS-186H-CA シャア専用オーリスとは?

2代目オーリス発表後の「キャラホビ2012 C3×HOBBY」にて、トヨタ自動車は1.8 RS "S Package" 6速MT車をベースにした「MS-186H-CA シャア専用オーリスCONCEPT」を出展しました。出展前には市販化予定はなかったものの、ジオニズムに傾倒した熱心なオーリスユーザーからの熱い要望により、サイド3を本拠地とするザビ家とトヨタ自動車社長・豊田章男氏が手を組み、「ジオニック・トヨタ社」を設立しました。トヨタ自動車は傘下の「モデリスタ」から、パーツの供給(単品販売)を行いました。極秘のトップ会談で「地球での騒ぎは困ります」と、豊田章男氏がザビ家に直訴したかは定かではありません。

ジオニック・トヨタ社は機体の性能を測るべく、テストパイロットとして歴戦の勇者「シャア・アズナブル」を派遣し、シャア専用のテストマシンとして「MS-186H-CA シャア専用オーリス」(ザク系列になぞらえれば「旧シャアザク」ならぬ「旧シャア専用オーリス」)を開発、実戦である公道走行に投入しました。

しかし、シャア・アズナブルのパイロットとしての資質を十二分に引き出すために、整備兵がチューニングを行い「通常の3倍」の性能を誇った「旧シャア専用オーリス」は、機体の性能がピーキー過ぎて一般パイロットには扱いづらいモデルとなりました。これらのパイロットの未熟さを目の当たりにしたシャアは「若さ故の過ち」や「坊やだからさ」と言ったとか、言わなかったとか噂は後を絶ちません。

そこで前述の通り、オーリスユーザーにのみ「単品パーツ」という形で専用パーツが販売供給されましたが、完成機体を提供するには至らず、市販された専用パーツを組み込んだ「旧シャア専用オーリス」が、本当に実戦に投入されたのかは記録には残っていません。なお、「旧シャア専用オーリス」のパーツ供給は、2015年4月の旧オーリスのマイナーチェンジをもって終了となっています。


【 ご注意ください!! 】
※「MS-186H-CA シャア専用オーリス」はノーマル車と同じ性能です。決して「通常の3倍」ではありません。
※上記のストーリーでの真実は、
 「キャラホビでシャア専用オーリスCONCEPTを発表」
 「市販予定はなかった」
 「ジオニック・トヨタというブランドを設定した」
 「モデリスタでシャア専用オーリス専用パーツを販売した」
 という点のみです。

MS-186H-CA02 シャア専用オーリスII、発進!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/aI0x5rwr0SQ" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

【シャア専用オーリス第2弾】アニメーションPV篇

「旧シャア専用オーリス」を実践投入し得られたデータを利用し、新たなるシャア・アズナブル専用マシンの開発企画が、ジオニック・トヨタ社上層部により決定されました。
ジオニック・トヨタ社第1弾のマシンでもあった「旧シャア専用オーリス」は、専用パーツの販売という供給方法に重大な落ち度があったとされ、上層部は完成機の供給方法を検討していました。
「供給パーツを組み込むだけで100%の性能を引き出せる。上層部にはそれがわからんのですよ。」と、シャアにこぼした整備兵もいたそうです。

さらにハイレスポンスでハイパワーなエンジン、路面状況をダイレクトにドライバーに伝えるサスペンション、急加速の際のGを受け止め高速コーナリングでも上半身を保持する専用シートを新規開発・搭載し、連邦の兵士を震え上がらせるシャアのパーソナルカラーと指揮官用マシンとしての専用パーツを身にまとい、2015年10月に「MS-186H-CA02 シャア専用オーリスII」がロールアウトされました。

しかも、「旧シャア専用オーリス」同様に「モデリスタ」からのパーツ供給だけに留まらず、新型はコンプリートカーとして完成機体をも日本全国の「ネッツ店」で販売しています。ジオニック・トヨタ社上層部も、これでシャア専用オーリスIIは100%の性能を引き出せる、「通常の3倍」の性能を提供できると胸をなでおろしています。


【 ご注意ください!! 】
※例え「MS-186H-CA02 シャア専用オーリスII」のコンプリートカーをネッツ店でご注文されても、性能はノーマル車と同じです。決して「通常の3倍」ではありません。

MS-186H-CA02 シャア専用オーリスII の選び方

Photo by yino19700

「MS-186H-CA02 シャア専用オーリスII」に搭載されるエンジンは、量産型オーリスと同じ下記が搭載されています。

・1NZ-FE型(直列4気筒DOHC 1,500cc)
・2ZR-FAE型(直列4気筒DOHC 1,800cc)
・8NR-FTS型(直列4気筒直噴DOHCターボ 1,200cc)

また、ベース車両は量産型オーリスの全車両が選択できます。
ご自身のパイロットとしての素質とどんな気分で乗りたいか、でベース車を選択してみてはいかがでしょうか?

実戦経験が少ない新兵の諸君には!

Photo by yino19700

マイルドな出力特性のエンジンと、スムーズな無段階変速トランスミッション「Super CVT-i」を備えた「150X」がおすすめです! エンジンは「1NZ-FE型」を搭載し、最大出力を6,000rpm、最大トルクを4,800rpmで発生させるので、エンジンを回す愉しみを学んでください。
なお、装備はジオニック・トヨタ社で提供されるので、シンプル装備のノーマルの「150X」がおすすめです!

敵襲に何度も成功している歴戦の諸君には!

Photo by yino19700

どんな機体であろうとも連邦のモビルスーツを撃退できるであろう諸君には、ぜひ勝者の余韻に浸ることのできるエンジンを選んでいただきたいものです。そこでおすすめなのは、大排気量でゆったりと搭乗できる「2ZR-FAE型」搭載車です。最大トルクを3,800rpmという低い回転数で発生するこの1,800ccエンジンなら、悠々と連邦の魔の手から逃れることができるでしょう。まさに「勝ち戦に華を添える」エンジンです。
このエンジンは「180S」と「RS」に搭載されています。おすすめは6速MTの「RS」です。

連邦の木馬と白い悪魔を相手に最前線で戦う諸君には!

Photo by yino19700

最前線で戦うエースパイロットの諸君には、この新型から搭載した「8NR-FTS型」エンジンを搭載した「120T」こそが似合っています。1,200ccかとガッカリしてはいけません。1,500rpmから4,000rpmと幅広い回転数で、1,800ccエンジンにも匹敵する最大トルクを発生し続けるタフなエンジンです。このエンジンを搭載した「120T」なら連邦のジムからガンダムまで互角以上の戦いを繰り広げることができます!
なお、トランスミッションは無段変速機のSuper CVT-iを搭載しているので、パイロットの負担も軽減でき、実戦に集中することができます。

な、なんだと!それは本当かっ?

今、入電した情報によりますと、市販状態の「MS-186H-CA02 シャア専用オーリスII」は完成度が80%の状態だそうです。この状態でも性能は100%発揮できるのですが、あと20%の武装を加えると「MS-186H-CA02 シャア専用オーリスII」はフルアーマー状態となり、完成度が100%となるのです。
詳しくは下記のリンクをご参照ください。

toyota.jp オーリスの公式ページです。オーリス カスタマイズカーのスタイリングやカスタマイズパーツをご紹介します。

シャア専用オーリスII専用のドレスアップパーツをご紹介しています。このドレスアップパーツを装着することで、まさにジオンの精神をオーリスに宿すことができます!

まとめ

出典:http://toyota.jp/auris/customize/char_auris2/

国内最大シェアを誇るトヨタ自動車は保守的な会社と思われがちですが、常にチャレンジし続けている会社でもあります。それは日本初のハイブリッドカー・プリウスを率先して開発・販売したことからも伺いしれます。
しかしまさか、ガンダムとのコラボが続くとは思ってもいませんでした。実車のシャア専用オーリスIIを目の前にすると、ファーストガンダム好きの筆者はかなりテンションが上がりました。こんなワクワクする自動車を、トヨタ自動車にはこれからも製造して欲しいですね。