燃費40km/L超え!? 4カ月納車待ち!? 大人気な新型プリウスの全グレードを紹介!

12月9日ついに発売となったプリウスですが、すでに納車まで4か月待ちという人気ぶり。その話題の新型プリウスについてまとめました。

新型プリウスの優れた点

トヨタの看板ハイブリット車のプリウスが、6年半ぶりにモデルチェンジされ12月9日に発売されました。事前に受け付けた予約で6万台を突破し、すでに納車まで4か月かかるという爆発的な人気です。

出典:http://toyota.jp/prius/gallery/

ボディ

トヨタでは、「燃費の良さを追求して作られた”究極の空力フォルム”」と題していますが、プリウス本来のトライアングルシルエットを生かしつつ、デザイン・パーツ一つ一つにまで空気の流れをコントロールする工夫を凝らして、究極の空力フォルムが完成しました。
また、プリウスのトヨタエンブレムはスポーツカーの「トヨタ86」と同じ位置で、可能な限り重心を下げることによって走る楽しみがある車に生まれ変わりました。
※詳しい空力性能は下のリンクをご覧ください。

空力性能詳細

出典:http://toyota.jp/prius/gallery/

驚異の燃費性能

プリウスといえば世界トップクラスの低燃費ですが、新型プリウスの燃費はなんと1Lあたり40.8kmという超高燃費となりました。(燃費はグレードによって異なります。)エンジンの燃焼効率の改善やモーターを回す電気のロスを減らすなどして、20%ほど燃費を向上させました。アクアに奪われていた燃費国内トップを奪い返しました。
※詳しい燃費性能は下のリンクをご覧ください。

燃費性能詳細

新型プリウス購入を検討の方へ

出典:http://toyota.jp/prius/gallery/

価格

気になる価格ですが、二輪駆動で243〜320万円、四輪駆動で267〜339万円になっています。ボディカラーは9色で3スペック7モデルのラインナップです。
※価格詳細は下のリンクをご覧ください。

価格詳細

値引きは可能か!?

そもそも値引きが難しいと言われるプリウス。新車発売直前は40万の大台もあったようですが、新車発売直後で何ヶ月か納車待ちと言われる2015年12月〜2016年3月くらいまでは正直値引きは見込めないと思われます。2015年3月に登録できる分までもう納車待ちになっている状況ですので、決算月だからというのも厳しいかもしれません。

とはいえ、やはり販売ノルマはあるもの。10万円くらいの値引きであれば可能かもしれませんので、いくつか販売店を回ると見つかるかもしれませんね。また、その他のオプションやナンバー取得費用を値引きしてもらうとか、最初のガソリンの量を増やしてもらう等を頼んでみるのが限界かと思われます。

2017年4月からの新自動車課税で税金はどう変わる?

プリウスの新車発売と合わせた様に出てきた2016年の税制改正大綱。この中には車に関する重要な税制変更が盛り込まれています。
概要としては、消費税10%となるのに合わせて、購入時に購入額の3%を支払う「自動車取得税」を廃止する代わりに、燃費性能に応じて0〜3%課税するというものです。

その中で、プリウスは何%になるかというと……0%! つまり非課税です!
じゃあ、今は買うのを控えた方がいいかというと、実は現在も自動車取得税はエコカー減税により0円です。なので、いつでも安心して買ってください。

中古車はいつ頃から出回り始めるのか?

試乗車等が出回るのが1年程度と言われますので、まだまだ先ですね。もし出回ったとしても、まずはディーラー中古車という形になるでしょうから、そこまで安さは見込めません。
であれば、新車を今のうちに発注してしまうのが一番賢いやりかたでしょう。

一方、前の世代の中古車でいいとおっしゃる方であれば、新車登場によって値下がりする可能性が大きいため逆に狙い目でしょう。買い替え需要もありますし、台数も増えるので、今年の2〜3月頃からいい中古車が見つかると思われます。

全グレードまるっと早わかり!(2015年12月時点)

ここからラインナップされているグレードについてお話しします。

E

出典:http://toyota.jp/prius/grade/grade7/

新型プリウスの最もリーズナブルなグレードです。価格はメーカー小売希望価格で2,429,018円です。
最もグレードとしては下になりますが、このグレードが最も燃費が良く、メーカーが売り出している「燃費40.8km」はこのグレードの燃費で、Eというグレード名の通りエコモデルになっています。ボディカラーは4色から選べます。燃費が良い理由としてはリアモーター非搭載などで車重が1,585kgとなっており、他のグレードに比べて軽くなっているのが主な理由です。最も安くて、最も燃費が良い。燃費だけを見ればコストパフォーマンスが最も良いと言えますので、安く燃費が良い車をお求めの方や会社の営業車にぴったりなグレードです。
※グレード詳細は下のリンクをご覧ください。

グレード E 詳細

S

出典:http://toyota.jp/prius/grade/grade6/

このグレードから2WDとE-fourと呼ばれる、走行状態に応じてFF(前輪駆動)走行状態から4WD(4輪駆動)に自動的に制御する駆動システムの2種類選べ、メーカー小売希望価格で2WDが2,479,091円、E-fourが2,673,491円となっています。インテリアカラーを2種類から、ボディーカラーを8種類から選べます。車重は1,635kgとEに比べ、50kgほど重くなっています。Eグレード以外のグレードは一律で「燃費37.2km」となっています。
その他大きくスペック上差はありませんが、このグレードから大型コンソールボックスが設けられています。
※グレード詳細は下のリンクをご覧ください。

グレード S 詳細

S“ツーリングセレクション”

出典:http://toyota.jp/prius/grade/grade5/

Sグレードの上級モデルで駆動方式やスペックに大きな差はありませんが、車重がSに比べ10kg重く、1,645kgとなっています。しかし内装や外装がツーリングセレクション仕様になり、シートの表皮が合成皮革となり、2色から選べ、サイドレジスターとステッチカラーはミッドブルーが選択され、青を基調とした内装となります。また大型コンソールボックスも合成皮革に変装されています。

出典:http://toyota.jp/prius/grade/grade5/

ボディカラーはSと同様の8色にエモーショナルレッドを加えた9色から選べます。Sは195/65R15タイヤ&15×6½Jアルミホイール(ホイールキャップ付)でしたが、ツーリングセレクションでは215/45R17タイヤ&17×7Jアルミホイール(ブラック塗装・樹脂加飾パーツ+センターオーナメント付)にホイールをインチアップ。リアバンパーも専用バンパーに変装されています。
※グレード詳細は下のリンクをご覧ください。

出典:http://toyota.jp/prius/grade/grade5/

S“ツーリングセレクション” 詳細

A

出典:http://toyota.jp/prius/grade/grade4/

スペック面ではSと同じですが、内装や装備に違いがあります。インテリアカラーを2種類から、ボディカラーを8種類からと選べる色の数も同じですが、ホイールカラーがダークグレー塗装され、インテリアカラーをクールグレーを選択した時にサイドレジスターがターコイズが選択されるようになりました。そして内装はコンソールトレイやハンドルの一部もホワイトが採用されているため車内は白を基調とした雰囲気になっています。

出典:http://toyota.jp/prius/grade/grade4/

装備に最新技術が導入され、Toyota Safety Sense P、ブラインドスポットモニター、インテリジェントクリアランスソナー(巻き込み警報機能付)、シンプルインテリジェントパーキングアシストといったトヨタの安全装備が搭載されています。
※安全装備の詳細は下のリンクをご覧ください。

安全装備 詳細

そのため価格が上がり、メーカー小売希望価格は2WDで2,777,563円、E-Fourで2,971,963円となっています。
※グレード詳細は下のリンクをご覧ください。

グレード A 詳細

A“ツーリングセレクション”

出典:http://toyota.jp/prius/grade/grade3/

S“ツーリングセレクション”同様にAの仕様違いのグレードで、S“ツーリングセレクション”を先ほど説明したAのスペック変装したのが、A“ツーリングセレクション”です。メーカー小売価格は2WDで2,926,800円、E-Fourで3,121,200円となっています。
※グレード詳細は下のリンクをご覧ください。

A“ツーリングセレクション” 詳細

Aプレミアム

出典:http://toyota.jp/prius/grade/grade2/

Aのスペックはそのままで内装や外装にこだわったモデルです。シート、ハンドルに本革を使用して高級感がアップしたプレミアムなグレードです。しかし車重はAに比べて20kg重い、1,655kgとなっています。
メーカー小売希望価格は2WDで3,107,455円、E-fourで3,301,855円となっています。
※グレード詳細は下のリンクをご覧ください。

出典:http://toyota.jp/prius/grade/grade2/

グレード Aプレミアム 詳細

Aプレミアム“ツーリングセレクション”

出典:http://toyota.jp/prius/grade/grade1/

Aプレミアムの仕様違いです。シート、ハンドルに本革を仕様し、他のツーリングセレクションと同じく9色のボディーカラーから選べ、インチアップホイールに専用バンパーとすべての装備を搭載したグレードです。メーカー希望小売価格は2WDで3,199,745円、E-fourで3,394,145円となっています。
※グレード詳細は下のリンクをご覧ください。

出典:http://toyota.jp/prius/grade/grade1/

プレミアム“ツーリングセレクション”

まとめ

出典:http://toyota.jp/prius/gallery/

すぐに購入しても納車は年度内に間に合わないほどの人気ぶりです。見た目もスタイリッシュで性能は折り紙つきですので納得ですね。上述した通り、様々なグレードを取り揃えていますので、自分にあったグレードを選べるのも魅力です。歴代プリウスを所有していた方も初めてプリウスの購入を考えている方も、まだ買わないけど少し気になる方も一度販売店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

最後に、福山雅治さんを起用した新型プリウスのCMをご覧ください。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/lMpDZxC84H4" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

新型プリウスの新TV-CM「先生と犬 見に行く」篇