下手すると前科持ち!?意外と知らない「駐車禁止のルール」

ひと言に駐車禁止といっても、駐車違反に当たる行為や駐車禁止にされている場所など、細かく定義がされています、そして、そのルールを曖昧にしていたばかりに、知らずに駐車違反をしてしまっている人も少なくありません。最悪、前科がつくことも! 知らないと怖い駐車禁止のルールをわかりやすく解説します。

駐車違反に該当する行為って何?

道路交通法上の駐車と停車の違い

車を運転していると必ずと言っていいほど、よく見る駐車禁止の標識。その名が示す通り駐車を禁止する標識で、違反をすれば捕まることは誰しも知っている常識です。しかし、意外と駐車と停車の意味を正しく理解しているは少なく、言葉の意味は理解できていても、道路交通法上が定める駐車と停車の定義に関しては曖昧な人が多いようです。その漠然とした知識によって、思わぬところで駐車違反で捕まってしまうかもしれません。そこで、道路交通法上における駐車と停車の意味を調べて見ました。

【駐車】
車両等を継続的にその場にとどめておくこと。運転者が車両から離れすぐに運転することができない状態にあること。
【停車】
荷物の積み降ろしや人の乗降などのために車両等が停止すること。原則5分以内とする。

いかがですか? それなら知っているよ!との声が聞こえてきそうですが、実はここに多くの人がおちいる、“勘違い”という落とし穴が隠れているのです。


駐車と停車に隠された勘違いとは

多くの人が勘違いしていること、それは停車の定義である5分以内という時間です。停車の意味だけを見ると、5分以内なら駐車ではなく停車になると判断してしまいがちですが、駐車の意味をよくよく見てみると、「運転者が車両から離れすぐに運転することができない状態にあること」と定められているのです。ということは、例え5分だろうが1分だろうが車から運転手が離れてしまっては、その行為は“停車”ではなく“駐車”と判断されるのです。もし、駐車禁止の道路に車を停めコンビニなどに立ち寄ってしまった場合、その行為は駐車違反に当たるのです。「すぐそこだから」などと思わずに、駐車場を利用しましょう。違反で捕まれば、駐車料金の何倍もの反則金を払うことになりますよ。

道路交通法が定める駐車禁止のエリア

駐車禁止の場所は標識にて指示された区間以外にも、道路交通法で定えられた区間があります。自動車教習所で習った内容ではありますが、ここで復習してみましょう。

●標識の示す区間
●横断歩道・自転車横断帯・交差点およびその前後5m以内
●踏切およびその前後10m以内
●曲がり角から5m以内
●バスなどの停留所から10m以内
●安全地帯の左側やその10m以内
●駐車場や車庫など自動車用出入口から3m以内
●道路工事区域5m以内
●消防用器具庫・消火栓から5m以内
●道路の右側余地が3.5メートル未満

結構忘れているものではありませんか? それにしても多いですよね。この項目すべてに該当しない場所を探す方が大変なよう気がしますが、事故防止のために決められているルールです。しっかり守りましょう。また、普段駐車している場所が禁止されている項目に該当する人は、これを機に駐車はやめましょう! 

駐車違反は1つじゃない!?って本当?

「駐停車違反」と「放置駐車違反」

駐車違反に該当する行為と場所を学びましたが、今度は駐車違反の種類や罰金、点数に関してふれてみましょう。まず確認しなければならないのは、駐車違反は1つでは無いということ。「駐停車違反」と「放置駐車違反」の2種類があり、駐車している状況に応じてその対象違反が変わります。点数と罰金も違ってきますので覚えておいて損はありません。また、正確には駐車違反ではないのですが、長時間の駐車をすると、前科の付く刑罰の対象となる場合もありますので。こちらも後程紹介します。

「駐停車違反」と「放置駐車違反」の違い

さて、駐車違反には、「駐停車違反」と「放置駐車違反」の2種類があると言いましたが、その違いはどこにあるのでしょうか? 言葉から読み取ると車を放置したか放置していないかの違いに感じます。実はその通りで、駐車禁止の場所に車を停め、運転手が車から離れたすぐに運転できる状態でない場合に提要される違反です。逆に車に乗っている状態やすぐ運転できる状態での駐車違反、及び停車違反の場合に「駐停車違反」が適用されるようです。

それでは次に、それぞれの違反点数と反則金を確認してみましょう。

【駐停車違反】※普通自動車の場合
●駐停車禁止場所 違反点数2点 反則金12,000円
●駐車禁止場所  違反点数1点 反則金10,000円

【放置駐車違反】
●駐停車禁止場所 違反点数3点 反則金18,000円
●駐車禁止場所  違反点数2点 反則金15,000円

駐車違反のほとんどは「放置駐車違反」が適用されます。それは例え1分でも車から離れてしまうと、放置と判断されるためです。そのことを知らずにいると、駐停車違反より罰則が重い、放置駐車違反が適用されたことに不満や憤りさえ感じることになります。実際に不満を言う人もいるみたいです。

刑罰の対象になる「保管場所法」違反

駐車違反とは少し意味合いが違うのですが、覚えておいた方がよい違反があります。それは「保管場所法違反」です。保管場所法とは、自動車の保管場所を確保を所有者に義務付けている法律で、車購入時に提出しなければならない車庫証明も、この法律によるものです。
この法律は道路を保管場所として使用することも禁止しており、例え駐車禁止場所でない道路でも、日中12時間以上、夜間8時間以上の駐車を禁止しています。道路交通法上の駐車禁止場所ではないからと言って車を停めっぱなしにすると、この法律に抵触する恐れがあるのです。ポイントは、道路交通法ではなく保管場所法違反となり、反則金ではなく「3月以下の懲役又は20万円以下の罰金」の“刑罰”を受けること。反則金との大きな違いは、裁判所からの略式命令で罰金が定めらることで、刑罰を受けた“前科”が付くということです。帰省や友人や恋人の家に泊まりに行った際、今日だけと言って道路に車を停めっぱなしすることがないように注意しましょう。

最後に(迷惑をかけない行動を)

駐車禁止のルールを「駐車と停車の違い」、「駐車禁止の場所」、「駐車違反の種類」をもとに解説しました。想像以上に細かなルールが適用されており、違反点数や反則金を見ても厳しい罰則が定められています。駐車違反は、それだけ危険な行為である証と言えるでしょう。たしかに迷惑駐車は、通行する車両だけでなく歩行者や近隣の住人など、すべての人を不快にします。駐車禁止であるかどうかの前に、迷惑をかけない行動を心掛け、ルールを守って運転しましょう。