新車には魅力がいっぱい!新車のメリット・デメリット&交渉術

現在、車を購入する手段は多数あります。新車・新古車・中古車等々、選択肢がありますので自分の好み・予算に合わせて選べますね! とは言え、やっぱり傷や凹みも無く綺麗な状態の「新車」に乗りたいですよね? そこで本日は新車について購入するメリットやデメリット、購入の際に発生する料金に至るまで幅広く紹介していきます。

新車とは?

新車とは「一度も車体登録されていない」「人の手に渡っていない」新品の車を指します。そのため中古車の時に気になった「傷」「凹み」または車内に付着した「汚れ」そして「異臭」や「ゴミ」等とは無縁になるのです。そして新車の状態であれば、中古車の時にはなかった新車特有の匂い・輝き・最新性能に触れられるのも大きな魅力と言えるでしょう。

それでは引き続き、新車にあるメリット・デメリットについて紹介していきます。

新車を購入するメリット

(1)最新の車に乗れる優越感

1番大きなメリットとなるのが、最新の車に乗れる優越感にあると思います。

確かに中古車の中には1世代前でもボディーが綺麗でしたり、前のオーナーの管理が行き届いているのか新品のような状態をキープしている車も見かけます。しかし1世代前とは言え、発売されてから数年も経てば自動車業界は大きく変化します。「安全のために○○を搭載しました!」「1世代前の車のパワー不足を補っています」または「2,000ccから1,500ccにダウンサイジングしていますが△△を組み込むことで2,000ccに負けないエンジンになります!」と言った変化がたった数年で起きるのです。

新車を手に入れて乗車しますと、それらの最新システムを他の方よりも早く触れることができます。そのため「最新車に乗っている!」と言う優越感は新車を購入しないと味わえない楽しみです!

(2)中古車よりも保証が手厚い

中古車店を眺めていますと「○年保証」「○ヵ月保証」と言うように店舗によって保証が様々です。中には「保証なし」として現状販売する店舗もあります。車に詳しい方であれば保証なしでも良いですが、車に詳しくない人が保証なしに手を出すと、壊れた時に「○○部品を交換」と言うように多額の部品代・工賃を支払うことになります。

一方新車の場合、多数のディーラーでは保証を最低でも2~3年間(長期保証は別料金)走行距離も5~6万kmまで保証してくれるところが多いです。保障期間内であれば消耗品・自損・事故以外で故障した場合には無料で修理をしていただけますので、購入後も安心して車に乗ることができます。

ただし! ディーラーによっては例え新車であっても保証範囲は異なりますので、気になった方がいましたら「どこまで保証してくれるのか?」を販売員に訪ねるようにしましょう。親切な販売員であれば1から10まで親切に教えてくれますよ!

(3)長期間車を楽しむことができる

最近の中古車は自動車技術の向上で、非常に丈夫な仕上がりになっています。ですので、前のオーナーが丁寧に乗っていた、または小まめなメンテナンスと整備を行っていた中古車であれば例え年式が古くても長期間乗ることができます。しかしメンテナンスが行き届いていない中古車を購入すると、購入した当初は良かったものの後になって故障が目立つようになります。そうなると中古車のメリットである「価格」が修理代で結局新車と変わらない値段になることもあります。

新車であれば工場から出荷された、誰の手にも渡っていない車が皆さんの前に届きますので中古車のように「乗って数日で駄目になる」と言うことはほぼありえません。例え「乗って数ヵ月したら故障した!」と言うときでもディーラーの保証の範囲内であれば無料で修理ができますので、修理料金で泣かされることもないでしょう。そのため長期間付き合えるパートナーとなってくれるのです。

(4)好みのオプション・グレードを選択できる

「う~ん…新古車や中古車で探しているけど好みのグレードがないな…」
「ノーマルが欲しいのにオプションパーツでカスタムされた車しか見当たらない…」
新古車・中古車を探している時、上記のようなことはありませんでしたか? 新古車・中古車は確かに数多く販売されていますが、好みのオプションが付いている(またはオプションパーツが付いていないノーマル車)またはグレードがなかなか見つからないと思います。見つけたと思ったら県外でしかも数百キロ離れたところでは行く気も失せますよね?

新車ではお金は掛かるものの、自分好みのオプションを追加したりグレードを選択することができます。グレードやオプションの組み合わせによっては自分だけの車に仕上げることもできるのです。もし好みのオプションが付いていなかったり、グレードが無ければ新車の方が良いと思いますよ!

(5)引っ越しても全国のディーラーで対応してくれる

中古車は多数の店舗で販売されています。中古車専門店から街の車屋さん。時には路上で数台並べて販売している店舗まであります。地元で中古車を購入すれば「故障した!」となってもすぐに対応することができます。しかし引っ越しを行いますと、大手中古車専門店で購入した車であれば全国展開しているのでまだ希望はありますが、街の車屋さんのように「地元密着型」で購入しましたら新しく修理を行ってくれるところを探さなければいけません。

その点、新車を購入するとディーラーとディーラーの間で情報が共有されていますので、引っ越し先でも「○○県の△△店でご購入された××さんですね? お待ちしておりました!」と言うようにアフターフォローも万全なのです。そのため、現在購入したところから遠くに引っ越したとしても問題なく保証を継続できますし修理や点検も受けられるのです。

(6)販売員の対応が丁寧

今では少なくなりましたが、中古車店の販売員の対応は人によって怒りを覚えるほど雑、または横柄な対応をとる方がいました。と言うのも中古車は新車と異なり一点物だからです。それが限定車や人気車種ですと「この値段で買わなくてもいいですよ? あなた以外にも多くの方がこの車を欲しがっているんですから」と言う考えを持ち、丁寧とは程遠い対応をとる方がいたのです。

一方新車はと言いますと、中古車店とは雲泥の差と感じるほど丁寧な対応を行っていただけます。理由として他の店舗にお客様をとられたくないからです。それも「他メーカー」だけではなく「販売店同士」の争いもあるからです。例えば「トヨタ」だけでも「トヨタ」「トヨタカローラ」「ネッツトヨタ」「トヨペット」のように同じメーカーだけでもこれだけの販売店を持っています。

そうなるとお客様からすれば「価格が安いところ」または「販売員の対応が良いところ」のように分かれてしまいます。そのため新車ディーラーの販売員は中古車店以上の接客対応で私達を手厚くもてなしてくれます。

(6)任意保険の中には「新車特約」を受けられる

「1ヶ月前に新車で購入したのに…他の車にぶつけられた…」
せっかく新車で購入しても、自損でしたら「自分が悪い…」と感じますが他の車に当てられてしまったら、上の写真のように叫びたくなりますよね?

そこで任意保険の中には新車購入時限定で「新車特約」と言うのがあるのです!
この特約は保険会社によって異なりますが、多くのところが採用しているのが「事故による全損、または修理代金が新車購入価格の50%以上を超えた場合」です。もし新車特約に入っていれば、保証の上限金額が新車購入時の料金と同様になるのです。

「それなら車両保険で良いのでは?」
確かに車両保険もありますが、こちらの場合全額戻ってくるとは限りません。例えば新車価格200万円で購入しても中古車市場で平均100万円であれば、上限は100万円になるのです。こうなると全損した時や100万円以上の修理代金が掛かった場合には損になります。大事な愛車を守るのであれば各社の新車特約を比較して自分に合った保険を選択しましょう。

新車を購入するデメリット

(1)新車購入価格が高額

新車を購入する時、最初は写真のようにお客様と販売員で仲良く商談しています。しかし、欲しいグレード・欲しいオプションを設定しいざ合計金額を見ますと先ほどのムードが嘘のように嫌悪なムードになるのです。

それもそのはず新古車・中古車のように低価格のワンプライスではなく、メーカーが定めた金額で統一されているのです。それに付け加えてグレードを選択・オプションを追加をするとなると、プラス○○万円と重なっていきます。気づいた時には「そんなにするの!」と驚く価格になっていることもあります。確かに新車の購入にはメリットがありますが、その分値段が高額になりますので注意が必要です。

(2)納車までの期間が長い

新古車・中古車の場合、店頭に在庫がありますので修理・点検・清掃を終えれば早いときですと3週間で納車されることもあります(こちらで用意できる書類を事前に用意しておくと更に早くなることも)しかし新車の場合は、新古車や中古車のように早く来ません。最低でも2~3ヶ月、人気車種やマイナーな車ですと半年~1年待たされることもあります。

「なぜ?」って思いますよね? 実は新車は店舗にストックされているのではなくメーカーが在庫車両をストックしている場所、または工場から直接出荷されてくるのです。もし在庫車両がある、または出荷するタイミングに入り込めれば1~2ヶ月と言う短期間で納車になることもあります。しかし在庫車両が無い・工場の出荷するタイミングに合わなかった場合は長い期間待たされることを覚悟しておきましょう。

(3)売却価格の下落が激しい

新車を手に入れたと思っても、中には何らかの理由で手放すことになる方もいます。そこで気をつけたいのが新車の売却価格です。新しく発売された車だからと言って、購入した時の値段で売れることはほぼありません。例えば新車で乗っていたら「リコール」「マイナーチェンジ」と言うようなことが発生すると、現在乗っている車種の魅力がなくなります。そうなると価格が下落し、購入した時には考えもしない低価格になることもあります。

そして一番厄介なのが「不人気車種」と設定されることです。
例えば「前のモデルの方が走る楽しみがあった」「今回のは失敗作だ!」のように新車で購入した方々が、納車されて数ヶ月、早い方ですと納車された月に売却する方もいます。そうなると自然に中古車市場に大量に流れ込みますので在庫車が多くなり、そして売れないと言う悪循環を作り出し、結果不人気車種に設定されるのです。こうなると、発売してから1年間経過しなくても大幅に売却価格が下落します。

(4)交渉によって販売価格が大きく異なる

4つ目に紹介するのは販売価格が店舗によって異なることです。

新車の場合、価格は交渉によって価格をいくらか引き下げることができます。とは言え、100人いて100人全員が交渉上手とは限りません。例えばAさんは「Z」と言う車を交渉によって総額から40万円の値引きに成功しました。一方、交渉があまり得意ではないBさんも「Z」が欲しいと思い交渉しましたが、結果として10万円の値引きしか出せませんでした。そうなるとAさんとBさんの間には30万円の値引きの差が生じることになります。これでは不公平に思えますよね?

このようなことが発生するのが新車購入です。そのため人によっては「交渉上手な友人を連れてくる」結婚されている方でしたら「奥さんを同行させて交渉する」と言ったように助っ人を招集するのです。しかし、全員が助っ人を招集できるとは限りません。そこで続いての項目では新車を購入する際のポイントをいくつか紹介していきます。

新車を購入する際のポイント

(1)ライバル車同士をぶつける

最初に紹介するのはライバル車同士をぶつけることです。例えば下記のような組み合わせがあります。

●軽自動車

ダイハツ「アルトラパン」VSホンダ「N-ONE」
日産「デイズ」VSスズキ「ワゴンR」

●コンパクトカー

ホンダ「フィット」VSトヨタ「ヴィッツ」
マツダ「デミオ」VSスズキ「スイフト」
日産「ノート」VSトヨタ「アクア」

●ミニバン

ホンダ「ステップワゴン」VSトヨタ「ヴォクシー」「ノア」
トヨタ「シエンタ(2015年型)」VSホンダ「フリード」
トヨタ「アルファード」VS日産「エルグランド」

●ワゴン

スバル「レヴォーグ」VSマツダ「アテンザワゴン」
トヨタ「オーリス」VSフォルクスワーゲン「ゴルフ」
ホンダ「シャトル」VSスバル「インプレッサスポーツ」

●SUV

トヨタ「ハリアー」VS日産「エクストレイル」
日産「ジューク」VSホンダ「ヴェゼル」VSマツダ「CX-3」
トヨタ「ランドクルーザー」VSマツダ「CX-5」

●セダン

トヨタ「マークX」VSスバル「レガシィB4」
日産「スカイライン」VSスバル「WRX S4」
ホンダ「アコード」VSトヨタ「クラウン(HVも同様)」

●クーペ・オープンカー

トヨタ「86」VSマツダ「ロードスター」VSホンダ「CR-Z」
日産「フェアレディZ」VSメルセデス・ベンツ「CLAクラス」

上記のようにライバル車は多数存在します。そのため、交渉の際はライバル車同士をぶつけて価格を交渉するのも1つの手段ですよ!

(2)他社だけでなく経営資本の異なる販売店同士をぶつける

新車の価格交渉をしていると大きな壁にぶつかることがあります。例えば先ほど紹介したライバル車同士の競合です。販売員の反応が薄いと値引きは期待できず、思っていた価格とは大きく離れてしまいます。その場合、諦めるのはまだ早いですよ! もし皆さんが住んでいる地域に同じメーカーの店舗で経営資本が異なる店舗があればそちらにも足を運んで交渉しましょう。

経営資本が異なる店舗と言うのは、例えばトヨタを例にしますと「トヨタ」「トヨタカローラ」「ネッツトヨタ」「トヨペット」のように4つもあります。ホンダの場合は「ホンダカーズ東京」「ホンダカーズ茨城」のように「ホンダカーズ○○」と区別されています。このように経営資本の異なる店舗であれば、例えばトヨタの「アクア」をトヨタカローラ・ネッツトヨタで交渉しても問題ありません。

他のメーカーでも同様に経営資本の異なる店舗がありますので、ライバル車同士だけでなく経営資本の異なる店舗にも足を運んで交渉してみましょう。

(3)購入するタイミングは店長・部長クラスがいる時を狙う

新車を購入するタイミングで一番良いのは店長・部長クラスが販売店にいる時です。と言うのも、一般社員と異なり店長・部長クラスはある程度の決裁権を持っています。例えば一般社員では「えっ? ○○○万円ですか? 現在店長がいませんので決済が通るかどうか分かりません…」と言うように値引き額を提示してもすぐには答えてくれません。

一方、店長・部長クラスが在籍していますと例え一般社員が担当しても「○○○万円ですね。それでは店長・部長と相談しますのでお待ちください」と言って早ければ数分後に回答が来ます。中には「脈ありだな」「ここが勝負時だ」と感じた店長・部長が一般社員と同席して価格交渉に応じてくれる時もあります。そのため本気で決める時には店長・部長クラスがいる時にした方が交渉がスムーズに進みます。

新車を購入する際の注意点

(1)販売員の言葉に惑わされない

新車を販売する販売員は決まったノルマがありますので、来場したお客様になんとしてでも売ろうと考えます。そこで時折、下記のような言葉で皆さんを惑わそうとします。

・○月△日限定の価格です!
・こんな条件は他では出せません! 決めてください!
・弊社の車は○○が長所で△△が特徴的で…(言葉巧みに説明をして混乱させる)

等のようにここでは紹介仕切れないほど「あの手この手」で皆さんを惑わしてきます。とは言え、これらの言葉は営業マンが良く使用する言葉であり、決して惑わされてはいけません。限定価格で魅力が無ければ「それでは購入できません。他のディーラーに行きます」でしたり「この条件では残念ながら候補から外れます。残念ですが縁が無かったということで諦めます」と言って回避するのも良いでしょう。

(2)本命車種・予算を販売員に言わない

販売員の決まり文句として「どの車種をお探しですが?」「予算はおいくらを検討していますか?」と言う言葉を使ってきます。そこで正直に「○○を探している」「予算は△△△万円です」と答えないようにしましょう。理由として車種を言いますと「この人は○○を購入に最後はここに来る。あまり値引きなくても大丈夫だ」と感じますし、予算を言うと「この人はそこまで値引きしなくても購入してくれる」と感じて思っていた値引きには程遠い価格を設定されます。

そこでもし、上記のように来ましたら「候補はあるけど…決めかねているんだよね…」「SUVの購入を考えています」と言って切り返すと良いでしょう。価格面では本気にならず「安ければ安いほうが良い」と言うのも良いですよ。

(3)オプション・諸費用の値引き・下取り車の交渉は商談後半に行う

競合を行っていく上で、オプション品・諸費用の値引き、または下取り車の交渉を行う機会があります。かと言って慌てて最初からそれらの交渉に入らないようにしましょう。理由として、最初から値引きをしすぎて後から値引きが難しくなるからです。

もし商談後半(車を購入すると決めた日)に行うと、オプションからの値引き・諸費用の値引き(納車費用・車庫証明)によって更なる値引きを引き出せます。また下取り車があれば、最後まで引き伸ばし「やっぱり下取りをお願いします」と言えば、下取り分が値引きにプラスされます。そのため初めから飛ばしすぎず、序盤~中盤はジャブで牽制しつつ、後半に勝負を仕掛けましょう。

(4)同じ経営資本の販売店で交渉しない

先ほど「経営資本の異なる販売店」であれば同じメーカー同士、競合させることはできますと紹介しましたね? しかし同じ経営資本の販売店で交渉並びに競合を行うのはいけません。と言うのも2つの事態が発生するからです。

1つはどちらか一方が撤退することです。撤退されてしまうと競合どころではなくその店舗1つだけで交渉を行わなければいけませんので値引きが期待できなくなります。2つ目は写真のようないがみ合いです。どちらか一方が撤退してくれれば良いですが、中には「○○店は販売台数が足りないからこっちによこせ!」「いや! こっちに来たお客様だからB店にはやらない!」と言うように争いに発展し結果、嫌悪なムードの中で交渉を続けなければいけません。もちろん値引きはそこまで期待できません。

そのため同じ経営資本の販売店では交渉しないようにしましょう。

(5)納車の前にどこから新車が送られてくるか確認する

新車購入の手続きを全て済ませても安心はできません。と言うのも次に注意したいのは「どこから」新車が送られてくるかを確認しなければいけません。新車は「工場」からの直接出荷、または新車を溜め込む場所に保管しています。工場から直接ディーラーまで納車されれば、運搬中によっぽど荒い運転・トラブルがなければ傷や汚れが付着することはありません。問題なのが新車を溜め込んでいる場所です。

メーカーによっては新車を溜め込んでいる場所が「屋内」ではなく「屋外」と言うパターンがあります。確かに品質は新車ですが、屋根の無い屋外ですと埃やチリによる傷や雨等による汚れが付着している可能性があります。親切な販売員であれば購入前に「実は屋外で管理している新車が来るんですよ…」と説明してくれます。しかし中には在庫を抱えている場所から新車を運び出したい! と考えお客様に何も言わず屋外の新車を納車するのです。特に納車日が「2~3ヶ月」と言われていたのが「2~3週間」のように早まったら屋外から持ってきた可能性が高いです。

もし屋外で保管されていた新車でも気にならなければ、交渉によって更なる値引きも期待できます。しかし「屋外で保管されていたのは嫌だな…」と感じる方は購入前に確認をとるようにしましょう。

新車を購入する際に必要な書類

新車を購入する際には契約書の他にいくつかの書類を用意しなければいけません。その書類と言うのが下記の書類になります。

・車庫証明書
・印鑑証明書
・委任状(メーカーに申請を依頼する場合)
・譲渡証明書(現在乗っている車を下取りする場合)
・車検証(現在乗っている車を下取りする場合)

以上となります。購入することが決まっているのであれば、決戦の日に取得するのではなく決戦の数日前には取得しておきましょう。

本体車両だけではない!その他にも発生する料金とは?

新車を購入する時支払う金額は「車両本体価格+オプション」だけではありません。それ以外にも発生する料金があります。それが下記の料金です。

・自動車税
・自動車重量税
・自動車取得税
・消費税
・自賠責保険
・納車費用
・代行費用
・法定費用
・自動車リサイクル料金

以上となります。

新車を購入する際に発生する税金

(1)自動車税

自動車税とは車の持つ排気量によって定められた税金を指します。毎年4月~5月に1年間分の料金を支払います。その料金と言うのが下記の料金です。

・軽自動車(平成27年4月以降に新規登録)10,800円

・総排気量1,000cc以下 29,500円
・総排気量1,001cc~1,500cc未満 34,500円
・総排気量1,501cc~2,000cc未満 39,500円
・総排気量2,001cc~2,500cc未満 45,000円
・総排気量2,501cc~3,000cc未満 51,000円
・総排気量3,001cc~3,500cc未満 58,000円
・総排気量3,501cc~4,000cc未満 66,500円
・総排気量4,001cc~4,500cc未満 76,500円
・総排気量4,501cc~6,000cc未満 88,000円
・総排気量6,001cc以上      111,000円

このように排気量が大きいほど課税される金額は高まります。車種は気に入っても「自動車税が高すぎる!」と言って泣きを見ないようにしましょうね!

(2)重量税

重量税は車の持つ重量によって定められた税金を支払うことです。新車購入時では基本的に「3年分」を支払います。それでは一緒に重量税を見ていきましょう。

・0.5トン未満 3年分:12,300円 2年分:8,200円
・0.5トン~1トン未満 3年分:24,600円 2年分:16,400円
・1トン~1.5トン未満 3年分:36,900円 2年分:24,600円
・1.5トン~2トン未満 3年分:49,200円 2年分:32,800円
・2トン~2.5トン未満 3年分:61,500円 2年分:41,000円
・2.5トン~3トン   3年分:73,800円 2年分:49,200円

以上のように、車重が重ければ重いほど税金は高額になり、軽いほど税金は安価な値段になります。

(3)自動車取得税

自動車取得税とは新車・中古車問わず車を手に入れた瞬間に発生する税金のことです。これは車両本体だけでなく「付加物」となるオプションも含まれます。ちなみに普通自動車は「3%」軽自動車は「2%」の自動車取得税がかかります。

例えばここに300万円の普通自動車の新車があります。それにオプションを30万円を付けて合計金額は「330万円」になりました。普通自動車は「3%」ですので「330万円×3%」つまり「9万9千円」が自動車取得税としてプラスされるのです。車両本体は仕方ないですが、あれもこれもとオプションを付けすぎると自動車取得税でとんでもない金額をたたき出す可能性が出ます。

(4)自賠責保険

これは税金と異なりますが「強制で納める」と言うことから税金と同じカテゴリーで説明します。

そもそも自賠責保険とは、運転手が事故を発生させた際に被害者へ「必要最低限」の保証を行う保険です。「でも必要最低限の保証があれば任意保険は必要ないかな?」と思いますよね? 実は自賠責保険は人的のみで車両・対物に関しては保障されません。それに被害者がもし深刻な後遺症を負った、または現場復帰まで長い時間が必要となった際には自賠責保険では足りず、自腹で支払うしかありません。

また自分の車両・相手の車両・事故の際に破壊した物(ガードレール・店舗・信号機等)も対象とならず全て自腹で支払うしかないのです。そのため自賠責保険だけでなく任意保険にも加入してその辺をカバーする必要性が出てくるのです。

最後に

いかがでしたか? 新車に乗ると最新のシステムを操作する楽しみや、他の方がなかなか乗っていない最新車種を所有している優越感は新車を購入しないと味わえないものです。確かに車を新車で購入する際には多数のメリットもあればデメリットもありますので「新車だから全て問題ない!」と言うわけにはいきません。しかし、それを吹き飛ばすほどの楽しみが皆さんを待っていますので、もし車を購入しようか迷っている方がいましたら新車を検討してみてはいかがでしょうか?