今が旬のクロスオーバーSUV。各メーカーのおすすめ車種を紹介!

各メーカーでも出しているクロスオーバーSUV。山・海どちらでも活躍する車です。今、クロスオーバーSUVに力を入れているメーカーが多いんです。そのメーカーの中で1車種ずつ紹介していきます。

そもそも「クロスオーバーSUV」ってなに?

SUVとは「スポーツユーティリティービークル」の略称で、自動車ジャンルの呼び方の1つです。近年では街乗り中心の方々にもその見た目から、特に若年層を中心に支持されている自動車ジャンルの1つです。構造の観点でいうと、フレーム構造ではなくモノコック構造を持つものを指します。基本的には「乗用車をベースにしている(セダンやハッチバックとプラットフォームを共用している)SUVのことを言う場合が多いです。
フレーム構造を持つことが多い本格的なSUVと比べて、オフロードでの走行性能や耐久性では劣るものの、舗装道路での乗り心地に優れる・比較的軽量である・燃費に優れるなどの利点を持つ傾向があり、今日ではSUVの主流となってきています。現在大型のものから小型のもの、高級車から大衆車まで各国の自動車メーカーから多様なクロスオーバーSUVが販売されています。  

【トヨタ:RUSH】トヨタのクロスオーバーSUVと言えばコレ!

出典:http://toyota.jp/rush/gallery/

ラッシュはSUVライクなエクステリアに加え、使える4WDでちょっと本格派なクロカン系の内容も持ち合わせた1台になってます。4WDモデルを選択すれば「センターデフ付きフルタイム4WD」が付いてくるというお得なパッケージになってます。ラッシュのボディサイズは全長4mで全幅は5ナンバーサイズとかなりコンパクトに仕上がってます。これはヴィッツやフィットとほとんど同じサイズで日産ノートと比較すれば10cm短いほどです。
そして何よりも、ラッシュのクルマ自体はダイハツ製であると思われ、エンジンも内装部品も車両形式もダイハツらしさが満載なのです。だから普通のトヨタ車のような特徴はほぼないのでトヨタ車と思って乗るといろいろと拍子抜けしてしまうかもしれません。ダイハツ・ビーゴとは兄弟車なのです。

【RUSH:Lパッケージの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,005×1,695×1,690(mm)
■最小回転半径:5.0m
■燃費(JOC08モード):13.2km/L
■排気量:1,495cc
■燃料:無鉛レギュラーガソリン
■定員:5
■最高出力(ネット):80kW(109PS)/6,000r.p.m

【日産:JUKE】独特のフォルムが人を惹きつける。

出典:http://www2.nissan.co.jp/JUKE/exterior.html

初めてこのJUKEと言う車を見たときに衝撃を受けない人はほぼいないのではないかと思うほど、変わったフロントの顔つきをした車です。言ってしまえば相当奇抜なデザインなので万人受けはしない車ですが、若者からは人気があり、見に行っただけのつもりが試乗をしてすごく良いので契約をするという若年層が多いそうです。免許取りたての若者やまだ家庭を持っていない方々には受け入れやすい車なのかもしれません。

【JUKE:15RX V Urban Selectionの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,135×1,765×1,565(mm)
■最小回転半径:5.3m
■燃費(JOC08モード):18.0km/L
■排気量:1,498cc
■燃料:無鉛レギュラーガソリン
■定員:5
■最高出力(ネット):84kW(114PS)/6,000r.p.m

【ホンダ:VEZEL(ヴェゼル)】フィットの派生?と言う噂を吹き飛ばす出来!

出典:http://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/?from=VEZEL-header

マイナーチェンジしたフィットと同時期に発売された「VEZEL」はたまたまかぶってしまった時期から「フィットの派生」と呼ばれることがありました。しかし、見れば見るほど派生と呼ぶには程遠いということがわかります。まず、最も特徴的なのはリアドアです。2ドアクーペのようなスポーティイメージを高めることを目的とした、ウインドウと一体化させたリアアウタードアハンドル。これはホンダがこれまで長年培ってきたスポーツカーやクーペなどを参考に作られたもので、他車には取り込まれたことのない手法です。そしてなにより、7速ATとパドルシフトというのが面白いですね。インパネなどもLEDで固めており、派生とは程遠いものです。「VEZEL」は「VEZEL」であり「フィット」は「フィット」なのです。ホンダらしく居住性や積載性・乗降性ときちんと確保されながらも新しい領域へチャレンジするというのはさすがですね。

【VEZEL:HYBRID Z 特別仕様車 スタイルエディションの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,295×1,770×1,665(mm)
■最小回転半径:5.3m
■燃費(JOC08モード):23.2km/L
■排気量:1,496cc
■燃料:無鉛レギュラーガソリン
■定員:5
■最高出力(ネット):97kW(132PS)/6,600r.p.m

【マツダ:CX-3】マツダが誇るクリーンディーゼルを搭載した最新型!

出典:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/design/

マツダと言えば「スカイアクティブテクノロジー」ですね。この技術の中に「ディーゼルエンジン」が入っています。CX-3はCX-5よりコンパクトな車格として発表したコンパクトクロスオーバーSUVです。コンパクトクロスオーバーと言うだけあり、CX-5よりも小さめの車格を採用しているので、これからSUVに乗りたいと考えているSUV初心者の方にも敷居の低い車格となっています。世界仕様車にはSKYACTIVE-G 2.0を採用した2.0Lガソリンエンジングレードと、新たにSKYACTIVE-D 1.5を採用した1.5Lディーゼルエンジングレードがありますが、日本仕様車にはSKYACTIVE-D 1.5グレードのみの設定となっており、国内唯一のディーゼルエンジン専用車種となっています。現在ディーゼルエンジンを採用しているのはマツダと三菱だけです。今後、ディーゼルエンジンが席巻するのか、それともハイブリッドかはたまた水素か。こういう未来を見定めて車選びをするのも面白いですね。

【CX-3:XD Touring L Packageの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,275×1,765×1,550(mm)
■最小回転半径:5.3m
■燃費(JOC08モード):23.0km/L
■排気量:1,498cc
■燃料:軽油
■定員:5
■最高出力(ネット):77kW(105PS)/4,000r.p.m

【スバル:XVハイブリッド】スバル初のハイブリッド車はSUV!

出典:http://www.subaru.jp/xv/hv/gallery/photo.html

スバルXVの最大のポイントは、スバル独自の技術「アイサイト」を搭載していることです。アイサイトは衝突危険ブレーキやクルーズコントロールなどに応用されています。この、アイサイトを使った全車速追従機能付クルーズコントロールは感動的。100km/h+αから完全停止まで車速制御してくれる。なお、XVでは電動パーキングブレーキが採用されていないため、停止後しばらくすると自動ブレーキが解除されクリープで動き出してしまう。そしてここでフットブレーキを掛けるとクルーズコントロールがいったん解除される。電動ぱーきんぶブレーキがあるとアクセルを踏むとパーキングブレーキは自動的に解除されるがそれがないと若干メリットが薄れてしまうので、そこは今後のマイナーチェンジに期待です。

【HVハイブリッド:HYBRID 2.0i-L EyeSightの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,450×1,780×1,550(mm)
■最小回転半径:5.3m
■燃費(JOC08モード):20.4km/L
■排気量:1,995cc
■燃料:無鉛レギュラーガソリン
■定員:5
■最高出力(ネット):110kW(150PS)/6,000r.p.m

【三菱:RVR】箱型だったRVRもついにSUVに大変身!

出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/rvr/grade/gra_01.html

三菱「RVR」は箱型のワゴンとして初代がデビューしましたが、マイナーチェンジやフルモデルチェンジを重ねた結果、SUVとして生まれ変わりました。現行RVRがデビューしたのは2010年2月。初代と2代目はスライドドアを採用するなどミニバン的要素が強かったのですが、ご存じのように現行モデルは正統派SUVへと大きな方向転換を図ったのです。
乗用車的な洗練度とSUVらしい力強さを融合したデザインは決して派手ではないですが、キラリと光る魅力もあるし、パッケージングにもスキがない。スリーサイズは全長4,295mm×全幅1,770mm×全高1,615mmとコンパクトながら、兄貴分のアウトランダーと同じ2,670mmのホイールベースを確保することによって大人4人にとって十分な室内スペースを確保できるようになっています。海や山といった休日のレジャーだけでなく、シティーユースにも無理なく使える機動性を発揮するので使い勝手がいい一台となっています。

【RVR:2WDの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,295×1,770×1,615(mm)
■最小回転半径:5.3m
■燃費(JOC08モード):16.6km/L
■排気量:1,798cc
■燃料:無鉛レギュラーガソリン
■定員:5
■最高出力(ネット):102kW(139PS)/6,000r.p.m

【ダイハツ:ビーゴ】軽自動車のイメージがあるダイハツにもSUVが。

出典:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/be-go/detail.htm

ダイハツ【ビーゴ】はトヨタのラッシュと兄弟車なのです。よくよく見るとそっくりなのがわかります。ビーゴのボディサイズは5ナンバー規格に収まるもので、全幅は1,695mmに抑えられています。これは日本の道路交通環境の中での扱いやすいボディサイズと言えます。外観デザインはいかにもSUVらしい力強さを表現したもので、ダイナミックな感じのフロントデザインが印象的。ビーゴを横から見ると、思い切り切り詰められた短い前後のオーバーハングが特徴的で、ロングホイールベースによる新鮮なプロポーションを作っています。リヤビューは背面に配置されたスペアタイヤが SUVらしさを表現しています。
インテリアは全体的にはシンプルな印象ながらも、機能的にまとめられていて、基本的な造形はSUVとしての骨太な印象を狙ったもの。縦型に配置されたメタル調のセンタークラスターが独特の”メカニカル”な雰囲気を生み出しています。シートはサイドサポートの硬さを最適化したホールド性の高いもので、アームレストの採用で快適性も高めています。
軽自動車のイメージがあるダイハツですが、それ以外でも車作りは相応の力を持っているようですね。

【ビーゴ:CX “Limited”の詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,005×1,695×1,690(mm)
■最小回転半径:5.3m
■燃費(JOC08モード):13.2km/L
■排気量:1,495cc
■燃料:無鉛レギュラーガソリン
■定員:5
■最高出力(ネット):80kW(109PS)/6,000r.p.m

【スズキ:SX4 S-CROSS】

出典:http://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/detail/index.html

こちらも軽自動車では名をはせているスズキが出しているSUV「SX4 S-CROSS」。サイズは全長4,155mmと、1.5リッター級となっており、同じクロスオーバーモデルのエクストレイルやフォレスターより少し短い感じ。日本じゃライバルが見あたらないというのだから驚きです。強いて言えばダイハツとトヨタで販売しているラッシュ/ヴィーゴとバッティングするかもしれないといったところでしょうか。
スズキは「いろんな用途に使えるクルマ」とアピールしています。また、4WDでも1,310kgと軽いため、街中から高速道路・ワインディングロードまでキビキビ走ってくれます。2リッターはこのクラスでは珍しくスピン防止装置(EPS)を標準装備するなど技術的にも上々の仕上がりになっています。
大きな特徴こそ持っていないものの、正統派の「マジメに作られている良いクルマ」。スズキはSX4でWRCに参戦しています。そのSX4がラリーで暴れていますので、ブランドイメージもキッチリ確立出来、もはや「軽のスズキ」ではなくなっているのかもしれません。

【SX4:S-CROSSの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,300×1,765×1,575(mm)
■最小回転半径:5.3m
■燃費(JOC08モード):18.2km/L
■排気量:1,586cc
■燃料:無鉛レギュラーガソリン
■定員:5
■最高出力(ネット):86kW(117PS)/6,000r.p.m

まとめ

※イメージ画像

今回は各メーカーごとのクロスオーバーSUVについて紹介しました。各メーカーごとの特色が色濃く出ている車種を並べましたが、中にはOEMで出している車種もあったりとすべてが個性的と言うわけでもありません。しかし、年齢層や目的などで候補に挙がる車種が変わることから、それぞれでどういったシチュエーションで車を使いたいのかが大切なキーポイントになってくるのではないでしょうか。