マニュアル車の運転が難しいと思っている方へ!運転のコツはこれだ!

マニュアル車の運転を初心者や苦手な方へ分かりやすく説明していきます。特につまずきやすい部分を説明していますので、苦手を克服してください。その後には、楽しいマニュアル車運転ライフが待っています。

マニュアル車とオートマ車の違い

自動車には、大きく分けて二種類あります、「マニュアル車」と「オートマ車」です。こちらは免許でも別けられており、乗れる車が限られたりします。それでは、この違いってなんなの? という疑問について説明をしていきます。

エンジンとタイヤの間には、スピードに対応するギアが多数あります。このギアを、その時の状態により選んで車は進んで行きます。そのギアを必要に応じて変えていくのが「トランスミッション」と呼ばれる部分です。どんな車にもこの「トランスミッション」はあります。そのギアチェンジをを人の手で行うか、車が自動で変えてくれるかが、「マニュアル車」か「オートマ車」かの違いになります。

自動で選んでくれるのなら、オートマが楽と思うのは分かります。ただ、「オートマ限定免許」の場合は免許証に限定があり、足で操作するペダルが二つのものしか運転できません。限定の無い免許証は、「マニュアル車」「オートマ車」共に運転することが出来ます。まだまだ社用の車は「マニュアル車」があったりもしますので、免許を取る場合は限定の無いものをお薦めします。

マニュアル車の運転のコツ

マニュアル車を運転し始めたとき、一番の悩みは「エンスト」ではないでしょうか? なぜエンストが起こるのか、エンストしないためには? などを説明していきます。

まず、車には走る速度に適したギアがあります。これを適切に選んで変えてあげることで、車はスムーズに走ることが出来ます。このギアを変えるために必要なのが「クラッチ」の操作です。これを失敗すると車のエンジンが止まり、「エンスト」することになります。

エンストしないためのクラッチ操作の手順とギアチェンジについてを覚えてしまえば、「エンスト」も怖くありません。これは練習あるのみですが、ただ闇雲に練習するよりも、やはり知識として持っていた方が身につくのも速くなります。

クラッチの操作

まず、クラッチの操作ですが、これはギアを変えるためのとても重要な操作になります。エンジンの動力を駆動輪に伝えるためのオンオフをになっていて、それを自分で調整していきます。エンジンが動き続けるためには、一定の回転数が必要です。これを動いていない車輪と繋ぐといきなり回転が下がり、エンジンを動かし続けることが出来なくなります。そのため、徐々にクラッチを繋いでいきエンジンの回転を下げないようにしていきます。

右足はブレーキを踏んだままで、左足のクラッチを少しずつ上げていきます。すると、車が少し動きだした感じがするときがあります。この状態が「半クラッチ」といい、走り出す準備が出来たと言うことです。この半クラッチの状態にするには、急いでクラッチを繋げず、ゆっくりと足を上げてクラッチを繋いでいきます。今度は右足をブレーキから離し、ゆっくりとアクセルを踏みます。急に踏み込んだりせずに、回転数を1,000ぐらいに保つというのが大切です。うまくクラッチが繋がってくると、ゆっくりですが車が前進します。これがある程度進んだら、完全にクラッチから足を離して繋いでしまいます。そうすると、車は普通に走り出します。この「半クラッチ」ですが、あせらずにゆっくりとがコツです。

ギアチェンジ

うまく発進が出来るようになった後の問題は、ギアチェンジです。走行中、低いギアのままだと速度が出ないで燃費は悪くなりますし、いきなり高いギアに変更すると車が止まってしまいます。そのギアが得意とする回転数とエンジンの回転数を合わせればよいのですが、最初の内はなかなか難しいと思います。なので、最初は速度を目安にしてギアチェンジしていってください。

1速から2速への目安は、だいたい10キロ前後です。2速から3速への目安は、だいたい25キロ前後です。だいたいこのスピードがエンジンの回転数とあっているので、やりやすいと思います。慣れてくると、もっと速い速度で変えることが出来ます。3速までスムーズに変えられれば、高速道路以外では困ることはありません。

クラッチを踏み込んだあと、アクセルを余計に踏み込まないように注意しギアチェンジをすると、変速ショックが起こりにくくなります。

坂道発進も怖くない!

「マニュアル車」最大の難関、「坂道発進」です。静止している物体を動かすには、エネルギーが必要です。特に重さがある車は多大なエネルギーを必要とします。更に、坂道では重力もプラスされるため、平らな道では発進できても、坂道では難しいということはよくあります。どうすれば、「坂道発進」がスムーズに出来るのかを説明していきます。

まず、サイドブレーキがちゃんとかかっていることを確認します。大丈夫でしたら、今度は右足をアクセル、左足をクラッチに置きゆっくりとアクセルを踏みます。ブレーキから足を外すときは、左手をサイドブレーキに添えてください。坂道では、平らな道よりもアクセルは踏み込み気味にします。勾配にもよりますが、だいたい2,000ぐらいを目安にしてください。回転数を保ちながら、ゆっくりとクラッチを繋げていくと、車が前に進もうとする感覚があります。「半クラッチ」の状態です。この時、アクセルは弱めずに保ってください。そして、ゆっくりで大丈夫なのでサイドブレーキを少しずつ降ろしていきます。「半クラッチ」状態が保たれていれば、サイドブレーキを完全に降ろし、クラッチを繋げます。後はそのまま発進です。

坂道発進で失敗しやすいのは、あせりからくる心理状態です。公道を走っていたら、急がなくてはというのも分かります。ですが、ここで「エンスト」してやり直したり、後ろに下がってしまったりするよりは、時間のロスが少なくなります。失敗したらごめんなさいと心の中であやまりながら、一呼吸して、ゆっくりと操作を心がけてみましょう。もしも失敗した場合は、ブレーキだけは即座に踏んでください。後ろのドライバーさんも分かってくれているので、落ち着くところから始めましょう。

マニュアル運転の練習方法

知識は仕入れた。次は実践をしたいという場合、困るのが練習場所です。一番はじめの「半クラッチ」の練習は、自宅の駐車場でひたすらクラッチを繋げる練習をすることが可能です。足が覚えて、勝手に「半クラッチ」の位置に来るまで、何度も練習していきます。やはり経験を積むことが大切なため、何度も繰り返し練習することは大切です。

そして、足が「半クラッチ」を覚えた! 平らなところなら発進は困らない! となった場合、いよいよ公道へでて練習になります。この時、出来れば夜遅くや早朝などの時間帯で、交通量が殆どない道を選びましょう。運よく、近所にものすごい広いコインパーキングがあるとか、24時間やっている広い駐車場があるスーパーがあるなら、そういうところでの練習もお薦めです。

まずは、発進後の1速から2速へ繋げられるように何度も練習です。綺麗に繋がると「変速ショック」と言われる、車がガクってするのが起こらなくなります。ここまで出来れば、その先はぐんと楽に覚えることが出来るようになります。とても地道ですが、反復練習が一番の近道です。

まとめ

マニュアル車の運転、最初はとても難しいと思います。ですが、何度も練習を繰り返していけば体が自然と覚え、今までの苦労は何だったんだと思うぐらい、簡単に出来るようになります。最初は誰でも初心者です。周りの声や視線を気にせず、自分のペースで練習していきましょう。そうすれば、いつか自然と乗りかなせるようになっています。

あせらず練習をして、楽しいドライブ生活を手に入れましょう。