エンジンオイルは定期的な交換が重要 エンジンオイルの種類・品質・粘度とは何か?

車の心臓部と言われる「エンジン」皆さんは気にかけていますか? とは言え、専門家ではない方々ではエンジンを1から分解して整備等できません。そこで是非とも皆さんに確認していただきたいのが「エンジンオイル」です! 本日はエンジンオイルとは何か? から種類・交換方法まで幅広く紹介します。

そもそもエンジンオイルって何?

エンジンオイルとはエンジンを動かす際に使用する「潤滑油」のことを指します。

先ほど紹介したように車の心臓とも言えるエンジンは、非常に大切な部分です。人間でも心臓は大切ですよね? 人間の心臓は血液循環によって栄養や酸素を各所に運ぶ役割を担っています。エンジンオイルも同様にエンジンをより効率的に動かすために任人間の血液のように様々な役割を担っているのです。それでは引き続き、エンジンオイルの役割について見ていきましょう。

エンジンオイルはどんな役割を持っている?

(1)エンジン内部の部品を潤滑にさせる役割

車を動かすためにエンジン内部では多数の金属部品が大いに活躍してくれます。例えば「ピストン」「カムシャフト」「クランクシャフト」等の部品があります。エンジンオイルはこれらエンジン内部の部品を潤滑にさせる役割を持っています。定期的にエンジンオイルを交換していれば、内部の部品の劣化を防げますし常に潤滑した状態を保てますのでエンジンに余計な不可がかかることなく燃費向上にも繋がるのです。

(2)密封効果を向上させパワーを保つ役割

2つ目に紹介するのは「密封効果」についてです。

もともとエンジンのパワーを保つには「シリンダー」「ピストン」の密封が重要です。しかし両者とも密着しますとパワーが生まれませんので、僅かな隙間を維持することが大切です。シリンダー・ピストンに適度な隙間があればエンジン内の爆発によってエンジンのパワーを保ち、車を円滑に動かすことができます。

エンジンオイルはシリンダー・ピストンをより円滑に動かし、適度な密封性を維持するために必要な大切なものなのです。新しいエンジン、または頻繁にエンジンオイルを交換していれば、長い間品質の変わらないエンジン、そしてパワーのある走りを楽しむことができます。

(3)高温になったエンジンを冷却させる役割

エンジンは車を動かせば動かすほど、熱がエンジン内に篭ってきます。もしエンジンが適度な温度を保てず常に高温の状態になりますと「オーバーヒート」を起こし、エンジンそのものを駄目にする事態が発生します。その高温状態をなくし、適度な温度を保つ役割を持っているのがエンジンオイルです。

エンジンオイルはまず、エンジン各部を巡り歩きエンジンを冷やしていきます。しかし、エンジンは冷やせましたが今度はエンジンオイルが高温になりますよね? そこでエンジンオイルは「オイルバン」と呼ばれる部分に戻り、高温になったエンジンオイルを冷却して再びエンジンの各部を巡り歩くのです。このようにして、エンジンを高温状態から守り適度な温度を維持しているのです。

(4)エンジン内部を洗浄する役割

エンジンを稼動させていると、エンジン内部には多数の不純物が付着してきます。例えば外部から進入した汚れ、またはエンジン内部の部品の磨耗によって生じる金属カスが付着することがあります。もしその汚れを放置しますと「汚れが溜まって円滑にエンジンを動かせない!」と悲鳴を上げ始めます。するとエンジンのパワーが無くなり、自然とエンジンの寿命を縮める結果になるのです。

そこで活躍してくれるのがエンジンオイルです!

エンジンオイルは先ほど紹介したように、エンジンの各所を巡り歩きます。その際、エンジンを冷却するだけでなくエンジン各所に溜まった汚れを取り除いてくれるのです。エンジン交換の際に「うわ! エンジンオイルが真っ黒になってる…」と言うようにエンジンオイルが真っ黒になっていることがありますよね? それはしっかりと、エンジン内の汚れを洗浄している証拠ですよ!

(5)エンジンを錆から守る役割

エンジンは稼動させればさせるほど、高温になるということは先ほどから説明していますよね? 高温になるとエンジンを駄目にする他にも厄介な事態が発生します。それは「水分」の発生です。エンジンの温度と外気の温度に差が生じ、結果としてエンジン部分に水分が発生するのです。皆さんも冬場、窓に多くの水滴が付いているところを見たことがありませんか? それは内側の温度が温かく、外気が寒いから発生するのです。

その原理と同様ですので、もちろんそのまま放置しますと錆に弱い金属は錆の脅威にさらされエンジンを駄目にする可能性が高まるのです。「そうはさせない!」と立ち上がるのがエンジンオイルです。エンジンオイルは各所を巡り歩く中で「ここの部分は膜が少ない…」と感じれば錆を防ぐために油膜を張る効果をもっているのです。すると水分も付着し辛く、錆を未然に防ぐことができるのです。

錆ができる前に早め早めに交換を行い、錆を防ぐことが大切ですよ!

エンジンオイルを交換しないとどうなるの?

(1)エンジンがオーバーヒートする

最初に紹介するのは「エンジンのオーバーヒート」です。

エンジンは「冷却水」の他に重複となりますがエンジンオイルによって適度な温度をキープしています。ですが冷却水が無い、またはエンジンオイルを交換していませんと「エンジンが焼け付きそうだ! 早く冷やして!」と悲鳴を上げ始めます。人間で言うところの真夏の炎天下に何時間も放置されるような感覚です。

もしそのままの状態が長い間続きますと、とうとうエンジンが断末魔を上げ上の写真のように煙を噴出してしまうのです。こうなるとエンジンの修理(不可能な場合が多い)・エンジンの載せ変えをしなければ直りません。最悪の場合、修理不可能・エンジンの予備が無いため買い替えになる可能性が高まります。

(2)パワー不足に悩まされる

「なんでこの車にはパワーがないんだ! もしかして不良品か?」
高出力・高馬力のエンジンを搭載したモンスターマシンでパワーが出ないと魅力が半減しますよね? 実はその問題、エンジンオイルに関係しているかもしれません。エンジンオイルの役割のところで紹介したようにエンジンオイルには密封効果を高めてパワーを効率よく出させる役割を持っています。

しかし、部品は新品でもエンジンオイルをいつまでも交換していませんと不純物を多く含んだエンジンオイルがシリンダー・ピストンに入り込みます。するとどうなるか? シリンダー・ピストンに不純物が付着して両者の役割を妨害し始めるのです。そして劣化が早まり、適度な隙間を維持できず徐々に隙間が拡大していくのです。

結果、隙間が大きく空いてしまいパワーを出すことができなくなるのです。

(3)エンジンの寿命を下げる

新品のエンジンは上の写真のように、綺麗で輝きがある素晴らしいものです! しかし、管理状態がなっていませんとこの輝きはすぐに終了し、他人から見て「汚いエンジンだな…」と思われるようになります。特にエンジンオイルを交換していない車ですと、エンジンが効率よく動かない、不純物が多くなるためエンジンの寿命を下げる結果を招きます。

私達人間も脂肪や糖分、または塩分と言った成分を適度に摂取していれば問題ありません。しかしそれらの成分を大量に摂取しますと体内に「不純物」として塊、結果私達の健康を害する存在へと変貌します。車も同じで不純物がエンジン内に溜まりますとエンジンの状態を著しく悪くします。「この車にずっと乗っていたい!」そう感じましたらエンジンオイルを交換するようにしましょう。

忘れてはいけないオイルフィルター

先ほどから「エンジンオイルは不純物を取り去る役割を持っている!」と説明しましたね? しかし不純物だらけのエンジンオイルが再びエンジン内部を巡ってしまっては意味がありません。ではどこで不純物を取り去るのか?

エンジンオイルに付着した不純物を取り去る役割を持っているのが「オイルフィルター」です。形状は上の写真のように筒状の形をしています。エンジンオイルの不純物を取り除く過程は下記のようになります。

(1)エンジン全体を巡ったエンジンオイルは「オイルバン」に溜まります
(2)オイルバンに溜まったエンジンオイルを「オイルストレーナー」で吸引します
(3)オイルポンプを巡ってオイルフィルターに辿り着きます
(4)オイルフィルターで不純物が除去された後、再びエンジンオイルはエンジンを巡ります

以上となります。
ではオイルフィルターを区間しないとどうなるのでしょうか?

オイルフィルターを交換しないとどうなるの?

オイルフィルターを交換しませんと、不純物を含んだエンジンオイルを完全に洗浄することができず不純物を多く含んだエンジンオイルがエンジンを巡ることになります。そうなると、エンジンの寿命を下げるきっかけを作ってしまい、最悪の場合、エンジンがオーバーヒートする原因にも繋がります。そのためエンジンオイル同様、オイルフィルターも交換していかなければならないのです。

エンジンオイルの交換目安は?

(1)一般的な交換目安

一般的にエンジンオイルを交換する目安は「半年」または「5,000km」に1回と言われています。「○年間交換しなくても大丈夫でしょ!」と思っていますと、上記で紹介したように車に深刻なダメージを与え、せっかくの愛車を台無しにする可能性があります。

(2)シビアコンディションの場合

先ほど紹介したのは「一般的な交換目安」です。人によっては「街中を毎日の走っているから短い間隔で止まる」「通勤で山道・坂道が多い」「悪路を良く走る」と言うようにあるでしょう。それらの状態を「シビアコンディション」と言います。その場合、一般的な車のように交換するのではなく「3ヶ月」または「3,000km」に1回の頻度で交換することをおすすめします。と言うのも車に大きな負担を掛けているため、それだけエンジンオイルの劣化が進みやすいのです。

皆さんの中でシビアコンディションであれば一般的な交換目安より早めの交換をおすすめします。

(3)ディーゼル車・ターボ車の場合

ディーゼル車やターボ車の場合、一般的な車両と同じように扱ってはいけません。

ディーゼル車は「軽油」を使用しているため、一般的な「レギュラー」「ハイオク」よりも不純物を多く含んでいます。そのためエンジン内に汚れが溜まりやすく、例え「クリーンディーゼル」と言われている車両でも「シビアコンディション」で交換していきませんと汚れが溜まりやすくなります。

同じくターボ車も一般的な車両よりもエンジンに大きな負荷がかかります。エンジンに負荷が掛かると言うことはそれだけ円滑にエンジンを作動させる必要がありますので、エンジンオイルはより劣化のスピードが早まってしまうのです。もし大事な愛車を長く乗りたいのであればディーゼル・ターボ車を一般的な車両のように交換しないようにしましょう。

エンジンオイルフィルターの交換目安は?

エンジンオイル同様、一般的な交換目安であれば「エンジンオイルを2回交換した時に1回交換」になります。ただし先ほど紹介した「シビアコンディション」「ディーゼル・ターボ車」の場合は交換頻度が縮まります。それだけエンジン内部に汚れが溜まりやすく、尚且つエンジンオイルと同じぐらいフィルターも大いに活動します。そのため「エンジンオイルを交換するだけで良いや」ではなく「エンジンオイル、それにオイルフィルターも交換しよう」と言う様に忘れず交換するようにしましょう。

エンジンオイルの粘度

写真のように納豆には粘り気があり、混ぜるとより粘度を増して私達の視覚や味覚を楽しませてくれます。実はエンジンオイルにも「粘度」と呼ばれる基準があるのです。ここでは、エンジンオイルに関する粘度を詳しく紹介していきます。

(1)エンジンオイルにあるSAE規格とは?

「SAE規格? そんな規格聞いたことが無いな…」
と感じる方もいると思います。これはアメリカ自動車技術者協会(Society of Automotive Engineers)と言う非営利団体であり、車等に当てはまる様々な規格を定める協会です。エンジンオイルもその中の1つであり、協会で定められた規格が現在でも使用されているのです。皆さんも車の店舗で「15W-40」等のような規格を見たことがありませんか? それがSAEが定めたエンジンオイルの規格なのです! 引き続き、規格について見ていきましょう。

(2)○○W?数字の意味とは?

先ほどの項目で「15W」のように記載しましたね? これも規格の1つです。左側の「○○W」と言うのは「低温時の粘度」を表しています。ちなみに「W」は「Winter」の略になります。

○○Wと言う数字は0~20まであり、0に近ければ近い程低温時でも硬くならず柔らかい状態を維持できるのです。つまり0に近ければ寒さに強いエンジンオイルということなのです。0に近づくと柔らかいエンジンオイルを保てますのでエンジンの始動も良くなり、走っている際にも効率よくなり燃費向上に繋がるのです。

(3)-○○?数字の意味とは?

最後に紹介するのは右側の「-○○」と言う数字です。この数字は高温度の粘度を示しています。こちらも低温時の数字同様、20~60まで定められています。高温時の粘度は数字の値が大きければ大きいほどエンジンオイルの柔らかさをキープすることができるのです。つまり値が大きければ大きいほど、夏場の暑い時期や「スポーツ走行を楽しむ」「スポーツカーに乗っている」と言う方々が所有する車に最適なエンジンオイルなのです。

(4)最近見られる「省燃費オイル」とは?

最近では「0W-20」または「5W-20」の規格に合わせて製造された「省燃費オイル」と言うエンジンオイルが発売されています。このエンジンオイルは、エコカーや低燃費の車に使用することを考えて作られたエンジンオイルです。そのため、後述しますが品質が良ければより低燃費走行を楽しむことができるのです。

ただし「毎日のように○○kmを走行する」「スポーツ走行、時にはレースにも参加している」「スポーツカー・高級な自動車に乗っている」と言う方にはおすすめできません。毎日のように過酷な運転を強いられる車、またはレース走行を楽しまれますと温度が上昇した時に対応できなくなります。そしてスポーツカー・高級車の場合では、そもそもエンジンオイルの規格が異なりますので入れてしまうとエンジンを駄目にする可能性もあります。

省燃費オイルは確かに優れたエンジンオイルですが、自分が現在乗っている車の用途や車種によっては使用できませんので注意しましょう。

エンジンオイルの品質

「あれ? SAE規格の前にSEって書いてあるけど…これはなんだろう?」
エンジンオイルの殆どに、先ほ紹介したSAE規格の前にアルファベットが2つ並んでいます。実はそのアルファベット、エンジンオイルの「品質」を意味しています。ここからはエンジンオイルの品質について紹介していきます。

(1)ガソリン車のエンジンオイル品質

一般的に「レギュラー」「ハイオク」を給油するガソリン車のエンジンオイルは「S○」のように、SAE規格の前にアルファベットが付いています。この規格は「SA~SM」まであり、SMに行けば行くほど品質が良いエンジンオイルになるのです。反対にSAに近づけば近づくほど品質が劣るエンジンオイルになります。とは言っても、一昔前と比べてSAの値でも十分対応できるエンジンオイルの品質になってきています。

(2)ディーゼルエンジンのエンジンオイル品質

ディーゼルエンジンのみ、エンジンオイル品質は異なります。ディーゼルですと「C○」のように頭文字がCに変更されます。こちらは「CJ-4」に近ければ近い程品質がよくなり、反対にCAに近ければ近い程品質が下がるエンジンオイルになります。こちらも同様に、一昔前に比べれば飛躍的に進化していますので、CAに近いエンジンオイルも品質が良くなってきました。

ベースエンジンオイルの種類

エンジンオイルは「粘度」「品質」の前にベースとなるエンジンオイルの種類がいくつか分かれています。そのベースとなるエンジンオイルも種類によってはメリットもあればデメリットもありますので、是非とも覚えておきたい項目です。ここからは、エンジンオイルのベースとなるいくつかの種類を紹介していきます。

(1)化学合成油

初めに紹介するのは「化学合成油」です。
化学合成油は鉱物油と呼ばれる油を科学的に分解を行い、その中へエンジン洗浄成分や添加剤を導入した極上のエンジンオイルです。化学合成油に含まれる成分・物質は均等に保たれているため、他のベースエンジンオイルと異なりより潤滑に、そしてエンジンに負担を掛けることのないオイルに仕上がるのです。正に写真のような洗練されたモデルのように、エンジンオイルの中でも洗練されたオイルなのです。

このエンジンオイルを使用される人は「車を長期間、大事に乗りたいと考えている方」「スポーツ走行を楽しまれる方」が特に多いです。とは言え、ここまで手間隙が掛かっているためその分値段も大きく高騰して「エンジンオイルなのにこの値段なの!」と驚く価格の商品もあります。

(2)部分合成油

続いて紹介するのは「部分合成油」です。これは鉱物油に「化学合成油」または「水素化精製油」と言った成分を合成させて製造したエンジンオイルになります。先ほど紹介した化学合成油には劣るものの、鉱物油よりも品質が良く、尚且つ化学合成油の泣きどころだった値段も安くなっています。このベースエンジンオイルは一般的な通勤、または休日に高速道路を乗る程度の方々にピッタリのエンジンオイルです。

(3)鉱物油

現在、多くの車両のエンジンオイルとして使用されているのが「鉱物油」です。原油を分留し尚且つ減圧蒸留を行って不要な成分を除去したエンジンオイルになります。成分や物質は均等ではないため、エンジンオイルの劣化は早まりますが、その分価格帯はエンジンオイルの中でも最低クラスです。一般的に使用している分には鉱物油でも問題ありません。

どのエンジンオイルを車に入れれば良いの?

「粘度や品質、それに種類は分かったけど…この中でどのエンジンオイルを車に入れれば良いの?」
現在、カーショップには多数のエンジンオイルが発売されていますので、どのエンジンオイルが良いのか迷ってしまうと思います。一番おすすめなのが、現在乗っている車に適したエンジンオイルです。

車によっては適したエンジンオイルが表記されています。にもかかわらず、燃費が良い車にスポーツタイプのエンジンオイルや、そもそもガソリン車とディーゼル車のエンジンオイルを間違えて入れますとエンジンを傷める結果になります。もし初めてエンジンオイルの交換をするのであれば、現在乗っている車に適したエンジンオイルがありますので、そのエンジンオイルを活用するようにしましょう。

エンジンオイルの交換方法

(1)ディーラーで交換する

最初に紹介するのは「ディーラー」で交換する方法です。

ディーラーで行うメリットとして、確かな技術を持ったスタッフによってほぼミスすることなくエンジンオイルを交換していただけることです。またディーラーのスタッフから「この車には○○、または△△のエンジンオイルが適している」と言ったエンジンオイルの説明から、もし仲が良いディーラーでしたら交換をしている最中に点検も一緒に行っていただけることもあります。正に至れり尽くせりです!

その一方で、中古車専門店・カーショップよりも値段が高額になります。と言うのも、確かに車に適したエンジンオイルを紹介してくれますが、どれも高額なオイルばかりです。そして工賃も同様に高額になります。そのため「お金は大丈夫だから大事な車のエンジンオイルをしっかり交換してもらいたい」と感じる人向けと言えます。

(2)中古車専門店で交換する

続いて紹介するのは「ビッグモーター」「ネクスステージ」のような中古車専門店でエンジンオイルを交換する方法です。こちらのメリットは確かな技術を持ったスタッフにより、ディーラーよりも低価格でオイル交換を行えるところです。そして時期によってはチラシを持っていく、インターネット上の特典ページ(画面を印刷して持ってくる・スマートフォンの画面で見せる)を活用すると数々の特典が受けられるのも魅力的です。

とは言え、ディーラーと比較すると技術的に劣る部分もあり店舗によっては「軽自動車はA、普通車はBのエンジンオイルしか取り扱いません」と言うようにオイルを限定されてしまうこともあります。そして何より、ディーラー以上に接客が過剰(エンジンオイルの交換をエサに他の点検・整備をすすめる・家族、友人で車を欲しがっている方がいないかを聞き出す等)な場合もありますので、その辺も覚悟の上で訪問しましょう。

(3)カーショップで交換する

最近では車のパーツを販売する「オートバックス」「ジェームス」等のカーショップでもエンジンオイルを交換してくれるようになりました。カーショップでエンジンオイルを交換するメリットは交換費用が非常に安いことです。工賃を見るとディーラー・中古車専門店よりも安く、セットで注文(オイル交換+タイヤ交換・オイル交換+コーティング等)しますとより安くすることも魅力的です。そして何より、カーショップで取り扱っているエンジンオイルの中から選べるのも嬉しいところです。

しかし、カーショップでもデメリットはあります。

まずディーラー・中古車専門店のように確かな技術を持ったスタッフが少ないことです。スタッフによっては「1人が整備士の免許を持っているがあとはアルバイト」と言う店舗も中にはあります。また知識の面でもバラつきがあり「どのエンジンオイルがおすすめ?」と言っても「う~ん…」と頭を抱えてしまう方もいます。

一昔前よりは技術が向上、または知識面で劣る事も少なくなりましたが不安を覚えるのであればディーラー・中古車専門に足を運んでエンジンオイルを交換しましょう。

オイル漏れには注意が必要!

どんなに大切に車を乗っていても、車は機械物ですのでいずれは部品が悲鳴を上げてきます。もちろんエンジンオイルを通す部分も同様で、劣化によりオイルは漏れ出すことがあります。ではどのようなオイル漏れがあるのか皆さんも一緒に見ていきましょう!

(1)外部の漏れ

エンジンオイルの漏れで一番見つけやすいのが「外部の漏れ」です。最初の内は特にオイルが漏れていることには気づきませんが、事態が深刻になると外に漏れ出してしまいエンジンの下部にオイルの水溜りができることもあります。もし外部のエンジンオイルに気づかずに走行していますと、外に漏れ出したエンジンオイルが何らかの原因で引火し、車の火災に繋がる危険性があります。また知らずに走行しているとエンジンを傷めてオーバーヒートの原因にも繋がります。

(2)内部の漏れ

エンジンオイルの漏れで一番厄介なのが「内部の漏れ」です。これは文字通り、エンジン内部の燃焼室に入り込んでしまうことです。もし内部で漏れてしまったエンジンオイルが燃焼室に入り込んでしまうと、燃焼室で一緒に消化されてしまい、気づいた時にはエンジンオイルが空の状態になっていることもあります。外部へ漏れ出てしまえばオイルの水溜りができますが、内部はどのように見分ければ良いのでしょうか?

見分ける方法として、寒い時期でもないのに青白い煙が出てくるかどうか確認しましょう。もし出てきましたらエンジンオイルがエンジン内の燃焼室で燃やされてしまっている可能性が高まります。または定期点検時にエンジンオイルが漏れていないかも一緒に確認してもらいましょう。

(3)エンジンオイルが漏れ出た時の対処法

もしエンジンオイルが漏れ出た時は、エンジンオイルを継ぎ足せば一時的に問題は解消します。とは言え、継ぎ足しても漏れている箇所を修理しなければいけませんので、最寄のディーラーや修理工場まで運ばないといけません。外部からの漏れであれば1万円程度で済む場合もあります。しかし、内部の漏れですと一度エンジンを分解して漏れた箇所、またはエンジン内の清掃を一緒に行わないといけませんので多額の料金を請求される可能性があります。そんな時の事も考えて車を購入しても余るお金を用意しておきましょう。

最後に

最後になりますが、エンジンオイルは車の心臓部と言われるエンジンにとって不可欠なものです。もしエンジンオイルの交換を怠っていますとエンジンの劣化が徐々に進んでいき、せっかくの愛車の寿命を下げてしまいます。結果として長い間乗れなくなる危険性を高めることになるのです。皆さんの中でもし、オイル交換をしていないと言う方がいましたら今からでも遅くはありませんので、必ずオイル交換を行うようにしましょう。