運転が怖いと感じるのはなぜ?怖いを分析して安全運転をしよう!

安全運転に努めていても、運転に恐怖を感じることがあります。交差点で発進するときにバイクや自転車が死角から飛び出してきたり、あおり行為などによって恐怖を感じた経験を持つ人も多いのではないでしょうか。誰もが楽しいカーライフを送るには、運転のルールやマナーなどをしっかりと守ることが必要不可欠といえるでしょう。

運転が怖いと感じるときは?

気象状況で感じる怖いは?

地球温暖化の影響なのか、ゲリラ豪雨や竜巻などが頻発してニュースを騒がせています。突然のゲリラ豪雨などに遭遇すると、いきなりスピードを落としてしまう場合があります。追突事故につながってしまうので、ゆっくりとスピードを落としてください。
気象状況が突然、変わることで運転に恐怖を覚えてしまいます。道路状況などが最初から分かっていれば、それなりの対応と準備ができます。圧雪や凍結なら、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンを装備することができます。
突然の気象変化が起きるとパニックに近い状態になってしまい、冷静な判断ができなくなってしまう恐れがあります。特に視界を奪ってしまうゲリラ豪雨などの場合は、安全な場所に停車をして天候の回復を待つのも一つの方法です。

交差点で感じる怖いは?

交差点で怖いと感じるときは、通勤時間帯などのバイクや自転車のすり抜けではないでしょうか。どんなに安全確認をしても、とっさに出てくるバイクなどと事故を起こす可能性があります。突然、視界に入ってくる人やバイクなどには対応することができないので、しっかりと安全確認をしましょう。
後続車に接近されて停車されると、怖いと感じたりあおられていると感じる場合があります。停車をするときは、前車のリアタイヤが見える位置で停車をするのが良いでしょう。追突されたとしても、自分は追突しない停車の車間距離が必要となります。
周囲の状況を把握することで、周りの車などの動きを予測することができます。突発的なことに対応するためにも、しっかりと安全確認を実行することが必要不可欠です。

走行中にも怖いと感じる!

高速道路が怖い!

高速道路を怖いと感じて、高速道路を使わない人もいるのではないでしょうか。一般道を走行するときより高速道路はスピードが必要となるので、早めの安全確認をしなくてはいけません。スピードが速くなることによって、視界が狭くなってしまうことが怖いと感じる原因だといわれます。
スピードが速いとどうしても前方注視になってしまい、周囲の状況を把握することが難しくなります。周りの車もスピードが出ているので、状況判断を早くすることが必要となります。一般道を走行するときより、早め早めの安全確認をしなければいけません。
高速道路では車間距離も重要になり、最低でも100メートル以上の車間距離が必要です。前方注視になる高速道路走行は、気が付かないうちに車間距離が短くなってしまいます。楽しいドライブやデートにするためにも、車間距離には注意してください。

一般道でも怖いと感じる!

一般道を走行しているときに感じるときは、ウインカーを出さない急な進路変更や急停止などの運転手のマナーが問われる問題だといえます。ウインカーを出さないで急な割り込み同然の進路変更などは、深刻な事故とトラブルを引き起こします。
走行中に異常に接近されると、怖いと感じてスピードを落としたりします。居眠りが原因の場合や意図的にやる人もいます。居眠りなどでふらつくのはトラックなどに多いですが、意図的にやるのはどうしてなのか原因は分かりません。
トラブルや事故を避けるためにも、コンビニの駐車場などに入ってやり過ごすというのも技術の一つです。怖いと感じる原因がはっきりしていれば、それなりの対策ができますので早めに対応しましょう。

運転を楽しくするためには?

平常心を忘れない!

運転が怖いと感じるのならば、平常心を忘れてはいけません。運転中のルールやマナーを守っていますかと聞かれたときに、自信をもって守っていると答えることができますか。平常心を保つことで、冷静な判断ができるので危険な要素を取り除くことができます。
平常心で運転していると、自分の状況をしっかりと把握できます。周りの動きが分かるので、危険予測で回避することが可能になります。突然起こる予測してない状況にも対応するためには、冷静な判断をすることが必要になります。
もしも、運転中にあおり行為などによって怒りなどを感じたら、安全な場所に停止してください。冷静な判断ができない状況では、重大な事故の原因になる可能性があります。

まとめ

運転中に怖いと感じてしまうときは、突然の出来事や周りの車に原因がある場合があります。パニックに近い状態になると、適正なハンドル操作などができなくなって事故につながります。運転を必要以上に怖がるのではなく、少しだけ怖いと感じる方が安全運転に役に立ちます。
運転を少しだけ怖がると、交差点などで安全確認を忘れることなくしっかりとできます。何度も確認をすることが、事故を未然に防いでくれます。事故やトラブルにつながる運転では、ドライブしてもデートしても楽しくないでしょう。
楽しい思い出を作るためには、運転技術の向上より運転のルールとマナーを守ることが重要です。事故やトラブルに遭遇してから実感しては遅いので、普段から心がけてください。運転手のマナーは見られていますので、良い見本になるような運転をしてください。

より良いカーライフを過ごしていただくためのワンポイントアドバイスをご紹介します。