レクサススポーツカーにしか味わえないその魅力とは

世界の高級ブランドと肩を並べるレクサス。日本が誇るレクサスブランドのスポーツカーの魅力に迫ります。レクサスだからこそ味わえるその魅力は、圧倒的な高級感とスポーツ性能のバランス。官能的なサウンドやプレミアムな質感はレクサスだからこそ味わえる魅力です。

レクサスの歴史

1989年に北米で誕生したレクサス。トヨタの高級ブランドとして誕生しました。主に富裕層をターゲットに、プレミアムカーを販売してきました。レクサスは、通常のトヨタ車の品質とは異なり、レクサス専用の品質基準を設けています。
通常の品質レベルでもトヨタは世界最高峰になりますが、レクサスはそれを更に高めた基準を設定して生産しています。2005年にはレクサスブランドも日本に導入され、全国に店舗が作られてより身近なブランドになりました。
北米からスタートしたレクサスですが、ヨーロッパの高級ブランドもターゲットに開発が行われてきました。独BMW、アウディなど、日本でも高級車として知られているブランドをターゲットに、更なる性能と質感を追い求めて開発。その性能とプレミアムなブランドを着実に育ててきました。
日本導入当初のラインナップは限られており、IS、GS、LS、SCの4車種でした。車種名もこれまでの日本車にはないアルファベットと数字のみの設定。欧州車にはよくある車種名のイメージに寄せてきたことからしても、意識しているのがうかがえるかと思います。
このようにスタートしたレクサスは、今ではNXやRXなどのSUVやRCなどのスポーツクーペもラインナップ。世界的にも認められてきた高級車ブランドのレクサス。多角的にラインナップを増やしています。そして、今後拡大が予想されるカテゴリとしてはスポーツカーです。
レクサスが目指すスポーツカーは、欧州車のようなプレミアムスポーツカー。走りも追及しながらも乗り心地や質感を高いレベルでバランスしたスポーツカーになります。2014年に発売されたRCを皮切りに、開発が行われているLCなどのスポーツクーペタイプ。また、セダンタイプのGSをベースに、高性能エンジンを搭載したGS-Fを発売するなど、レクサスが発売するスポーツカーに今後も期待です。

これまでに販売されたレクサススポーツカー

レクサス史上最高級のスポーツカー、LFA

出典:http://www.caranddriver.com/reviews/2012-lexus-lfa-review

caranddriver.com

LAFとは、「Lexus Future Advance」の略語で、これまでレクサスラインナップにはなかったスーパースポーツカーを造ろうということから開発がスタートしたモデルでした。当時、トヨタがF1に参戦を開始したということもLFAを販売するきっかけになったと言われています。F1に出場し、その象徴とするスーパースポーツカーを販売するというのは、フェラーリやマクラーレンが採ってきた戦略です。
LFAは、2009年の10月に開催された東京モーターショーにて市販タイプが一般公開され、予約が開始されました。
販売価格は、3,750万円。世界56か国で500台限定の販売となりました。日本への割り当ては165台となり、この僅かな販売台数を狙って予約が殺到。2010年3月まで予約を受け付け、2010年4月に抽選が行われて購入者が決定しました。
生産は2010年の12月から開始されて、2012年の12月に全500台の生産が完了しました。この長い生産期間の間に、LFAは更なる開発が行われました。ニュルブルクリンクパッケージという開発テストを行ったドイツのニュルブルクリンクサーキットにて、当時の市販車最速タイムを叩きだした仕様をパッケージ化した商品もラインナップ。こちらは500台中約50台がこのパッケージとして生産されました。

出典:http://car.conne.jp/detail3397.html

car.conne.jp

LFAは、職人が1日1台の生産を行うというハンドメイド。エンジンはヤマハとの共同開発で作り上げた4.8リッターV型10気筒です。官能的なサウンドに拘ったエンジンは、最高出力560PSを発揮しました。
レクサス史上、また日本車史上において最高価格での販売となったLFAですが、その性能と質感はレクサスプレミアムスポーツカーとして世界へアピールするには十分な内容となりました。トヨタのF1参戦も重なり、レクサスの高級ブランドイメージ、プレミアムスポーツカーのイメージを世界へアピールする1台となりました。

5リッターV8エンジンを搭載した官能的な4ドアスポーツカー、IS-F

【Photo by 筆者】

カタログモデルとして販売されたレクサススポーツカーとしては、IS-Fが最初のモデルとなります。ISをベースに、5リッターV型8気筒エンジンを搭載し、最高出力は423PSを誇りました。IS-Fの「F」とは、テスト開発の場となった富士スピードウェイの「F」と言われています。IS-F以降から、レクサスに「F」のブランドが確立され、カタログモデルにFスポーツなどがラインナップされていきました。
IS-Fの魅力は、専用にチューニングされたそのエンジンと迫力あるエクステリアです。エンジンは、LFA同様にヤマハとの共同開発になります。ベースとなったエンジンは、LS600hの2UR-FSE型エンジンになります。このエンジンをベースに専用のチューニングが施され、423PSの出力と51.5kgmという最大トルクを得ることとなりました。
これに組み合わされるミッションは、8-Speed SPDS (8-Speed Sport Direct Shift)の8速ATが搭載されました。2速から8速までをロックアップし、トルクコンバーター式ながらも素早いシフトチェンジを可能としました。これらのエンジンやミッションはそのままレースでも活用されるほどの信頼感があり、後に販売されたCCS-RというIS-Fのサーキット専用モデルでも搭載されるほどでした。

【Photo by 筆者】

IS-Fのエクステリアは、専用のフロントバンパー、ボンネット、フェンダーなどを装備。ベースのISよりもよりワイドになり、高級車としてのオーラ、スポーツセダンとしての威圧感と存在感ある外観となっていました。
販売期間は、2007年から2014年までと長く、2度のマイナーチェンジを受けて進化していきました。初期型は比較的乗り心地が悪く硬い印象ですが、マイナーチェンジを受けるごとにしなやかな乗り心地へと進化していきました。内外装では、LEDデイライト内蔵のヘッドライトにチェンジされたり、メーターの意匠が変わるなど、時代に合わせてよりそのスポーティ性を洗練させていきました。

唯一のオープンスポーツカーとして販売した、SC430

出典:http://wp.inside.vc/20093575

wp.inside.vc

レクサスの中で唯一オープンスポーツカーとして発売されていたのがSC430です。もともとトヨタブランドではソアラの名称で販売されていモデルを、形もそのままにSC430に名称が変更されて販売されました。
レクサスブランドが日本に導入された2005年からSC430の名称となり、2010年までの5年間販売されてきました。搭載されたエンジンは、4.3リッターのV型8気筒エンジンで、最高出力は280PS、最大トルク43.8kgmを発揮。メタルトップを採用することで、クローズ時はクーペタイプとなります。メタルトップの開閉も30秒と早く、自動開閉でストレスなくオープンを楽しめます。
2ドアクーペですが、乗車定員は4名と大人4人が乗ることもできる仕様となっていました。スポーツクーペとして走りを重視したモデルというよりかは、ラグジュアリークーペとして高級感、乗り心地などを重視して開発されたモデルでした。その一方で、国内最高峰のレースであるスーパーGTでは、スープラの後継車としてSCが採用され、レクサスブランドの象徴としてスーパーGTで戦ってきた側面も持っています。

新車で買えるレクサススポーツカー

レクサス史上初の2ドアクーペボディを採用したスポーツカー、RC

2014年10月に発売されたRC。レクサスとしてはカタログモデル初のクーペボディとなりました。グレード構成は、2リッターターボの200t、3リッターハイブリッドの300h、3.5リッターの350となっています。それぞれに、FスポーツとバージョンLが設定され、スポーツタイプの仕様(F)とラグジュアリータイプの仕様(L)にわかれています。

出典:http://lexus.jp/models/rc/f/index.html

lexus.jp

RCの中でもスポーツグレードのFスポーツをご紹介したいと思います。専用にチューニングされたサスペンションを装備し、スポーツカーらしい軽快な走りを支えています。そして、フロントには対抗ブレーキキャリパーを装備。オレンジにカラーリングされた専用ブレーキキャリパーと専用のブレーキローターにより高められた制動力。これにトルセン専用LSDを装備することで走る曲がる止まるを高次元でバランスしています。
また、インテリアではメーターを専用意匠とし、シートもバケットタイプの専用。トータルでスポーティな走りを支える装備を身につけているのがFスポーツになります。レクサスRCでスポーツモデルを希望ならFスポーツがオススメです。

出典:http://lexus.jp/models/rc/f/index.html

lexus.jp

出典:http://lexus.jp/models/rc/f/index.html

lexus.jp

IS-Fの血を引き継いで登場した、RC-F

RCと同時に発売されたのがRC-F。サーキット走行を視野に入れて開発されたこのモデルは、IS-Fの血を引き継いで登場しました。搭載されるエンジンはIS-Fと同じ型式ながらも、その大半は再開発され、専用にチューニングされてきました。Fの血統でもある「サウンド」「レスポンス」「伸び感」をより磨き上げられたクルマです。

出典:http://lexus.jp/models/rcf/performance/driving_performance/index.html

lexus.jp

最高出力は、477PS。最大トルク54kgmとIS Fの423psから54psもアップし、トルクは2.5kgm増えている。エンジンは、新設計のシリンダーヘッドと、改良されたクランクや鍛造コネクティング・ロッド、チタンバルブなど、軽量化された構成部品が組み合わされています。

出典:http://lexus.jp/models/rcf/performance/driving_performance/index.html

lexus.jp

RC-Fには、よりスポーツ思考を強くした「Carbon Exterior package」が設定されています。その名前の通り、随所にカーボンパーツを採用したパッケージです。エンジンフード、ルーフ、アクティブリヤウィングにLFAで培った高度な技術を応用した特殊カーボンCFRPを採用。約10kgの軽量化を実現しています。
エクステリアはカーボン地がむき出しの2トーンカラーとなり、レクサスのプレミアムスポーツカーながらもワイルドな仕様となっています。
価格は、RC-Fから80万プラスするだけで、これらの高性能なカーボンパーツを手に入れることができます。

出典:http://www.logsoku.com/r/2ch.net/news/1409464210/

ログ速

レクサス4ドアセダンで唯一買える官能的スポーツカー、GS-F

2015年11月に発売されたGS-F。RC-Fに続き高性能プレミアムスポーツセダンとして登場。IS-Fの販売終了によってセダンタイプの「F」がラインナップにはなくなっていましたが、GS-Fの登場によってセダンタイプが復活。これにより、クーペボディのRC-FとセダンボディのGS-Fを選択することができるようになりました。
搭載されるエンジンやミッションはRC-Fと同じとなり、基本的なパッケージもRC-Fを踏襲しています。価格は、1100万円。

出典:https://lexusenthusiast.com/2015/05/11/photos-video-the-ultra-white-lexus-gs-f-in-barcelona/

lexusenthusiast.com

まとめ

レクサスのスポーツカーをご紹介してきました。プレミアムブランドとして登場したレクサスは、いまや世界に誇る高級車ブランドとなりました。その中でもスポーツカーはレクサスがこれから力をいれてくる重要なカテゴリです。Fシリーズを筆頭に、グレード設定にもFスポーツを各車ラインナップしています。
高級車に乗りながらも走る楽しさを味わいたい、官能的なサウンドに酔いしれたいという思いを堪能できるのがレクサスです。
そして、そのスポーツモデルの頂点に立つモデルがレクサスLC。現在開発中のLCは、LFAの血を引き継いでカタログモデルとしてラインナップに加わることが期待されている1台です。超高性能スーパースポーツカーでありながらも、通常の使い勝手に困らないクルマを開発してくることでしょう。
LFAの価格が3,750万でしたので、価格帯としては同じくらいで販売してくるのでしょうか。それとも、噂の4,500万などスーパーな価格で販売するのか。スーパーなスポーツカーへの噂は絶えないですね。

これからのレクサススポーツに期待を寄せつつ、価格帯的に新車が難しい方には、中古でIS-Fなどいかがでしょう。手ごろな中古車も登場してきているので、まずは手軽にレクサススポーツカーを手に入れてみるのもいいですね。中古車でも官能的なレクサススポーツカーには変わりありません。1度味わったらきっとその魅力にはまることだと思います。