キーワードは【丸】魅力的な丸い車

世の中には四角い車しか無いのかとお嘆きの方に贈る、丸い車の紹介です。古き良き丸い車から、現在もある丸い車などなどもりだくさんで紹介です。可愛い車に乗りたい女子には、特にお勧めの紹介になります。

古き良き【丸い車】

てんとう虫の愛称で親しまれた【スバル360】

スバル360は、1958年(昭和33年)から12年もの長い間、、富士重工業(スバル)によって生産されていました。「てんとう虫」の愛称で親しまれていたこの車は、丸い国産車では一番に思いつく人も多いのではないでしょうか? 

もともと飛行機を製造していた富士重工が、飛行機の軽量構造を使用して作り上げた、史上初の大人が四人乗れる軽自動車です。走行性能も当時の水準を上回り、これが量産品として廉価で売り出され、当時は高級だった自動車を個人でも比較的気軽に手に入れることが出来るようになりました。「マイカー」という言葉は、この「スバル360」のおかげで出来た言葉かもしれません。

「スバル360」の特徴ですが、ボディが「フル・モノコック」になっています。こちらは、フレームとボディが一体になった作りで、現代では当たり前の技術ですが、当時は飛行機に使われていたものです。「フル・モノコック」になり車体の超軽量化に成功しています。駆動はとてもマニアックなリアエンジン、リアドライブ(RR)になっています。現在では殆どの車がフロントエンジン・フロントドライブ(FF)のためRRの車はなじみがないと思います。ですが、この「スバル360」はRRだからこのデザインが出来たのだと思います。フロント部分にエンジンが無いため、かなりデザインの自由度が高まります。あの滑り落ちるような感じのフロントの丸みは、そこにエンジンがあれば出来なかったのではないでしょうか? 「フル・モノコック」の採用とRRで当時としては驚異的な室内空間を作り出すことにも成功しています。

この車、現代の車ではなじみがないですが、ドアの開き方が逆です。ドアの取っ手も前の方に付いており、車の前の方からドアが開きます。

大泥棒と王女様を魅了した【フィアット500(初代)】

フィアット500は、イタリアの自動車メーカー「フィアット」が製造している自動車です。1936年に初代が発売されてから、その丸く愛らしいフォルムに魅了されたドライバーは大変多いかと思います。二人乗りの超小型車で、愛らしい見かけとは裏腹に、機敏な動きをします。そのせいか、デザインに特徴がある前期モデルは「トポリーノ(コマネズミ)」の愛称が付いていました。

初代は、当時としてはかなりハイテクな車で戦前から戦後にかけてかなり人気があり、当時の最先端技術である前輪独立懸架が導入されています。超小型車のせいなのか、エンジンはサイドバルブ・2ベアリングという最低仕様です。ですが、水冷4気筒という超高級車なみの仕様になっており、排気量は「569cc」最大出力「13.5PS」という性能を誇っています。60万台という当時ではかなりの成功を収めた「フィアット500(初代)」は、可愛い見た目からは想像が付かないその性能からくる走りも多くの人を魅了した一つの要因だと思います。

この「フィアット500(初代)」には、多くの熱烈なファンがいます。ヨーロッパ各国はもちろん、日本にもたくさんの愛好家がいる車です。初代の発表から50年、今でもエンジンをレストアしたり、エンジンを載せ替えたりなどして乗り続けている方も多くいます。イタリアでは排ガス規制が厳しいため、電気自動車に改造してしまった強者もいます。

「フィアット500(初代)」は、有名な二つの映画に出ています。一つはローマ市内を王女様を乗せて新聞記者が走り回るシーンが有名な「ローマの休日」です。二つ目はアルセーヌ・ルパンの孫である大泥棒が仲間達と三人でこの車に乗り、お姫様を救いだす「ルパン三世 カリオストロの城」です。どちらの映画も、「フィアット500(初代)」の魅力を余すことなく描いています。

可愛い好き女子必見!の【丸い車】

ハイセンスでおしゃれな丸い車【BMW MINI】

BMWのミニクーパーは、現在、大変人気がある車種です。特に、そのかわいらしいボディは多くの女子を虜にしています。車に興味が無くても、あのかわいさ、おしゃれなデザインは女子には気になります。
こちらのミニクーパー、元はブリティッシュ・モーター・コーポレーションが1962年に開発したものです。現在はBMW社で製造されているため、ミニクーパーやMINIだけではややこしくなり「BMW」と「BMC」と使い分ける方もおります。このミニクーパーは、可愛い見た目でもかなりスポーティな走りをします。女子だけではなく、その走りに魅せられた男性も多くいます。

ミニクーパーは可愛いボディだけではなく、中身も実に女子好みになっております。洗練された内装は、車に乗る楽しみを引き出してくれます。ただのドアノブ一つとっても妥協のないデザイン、どこを見てもハイセンス、なのにドイツ車特有の安心感がります。ドイツ車といえば、頑丈だけど無骨っぽくて……って敬遠していた女子にはまさにお薦めの一台です。
可愛いけど、スピードとかは? 運転はしやすい? と気になる女子には、「MINI ONE」というミニクーパーをおとなしくした感じの車をお薦めします。あまり走りを求めていない方や女子にはお手軽にドライブを楽しめます。また、とことこん走りを楽しみたいという方には、「クーパーS」はいかがでしょうか? こちらは、ミニクーパーを更にスポーティーにしており、ターボ搭載という素晴らしい仕様です。かわいさも走りもどちらもとりたいと贅沢な女子にはマストな一台です。

気になる荷物の積み込み量ですが、コンパクトな見た目とは思えないぐらい積み込みが可能です。買い物をしすぎてしまった。ちょっとかさばるものを運びたい。子供の荷物やベビーカーなどママでも安心です。

また、おしゃれに敏感な女子はすでにご存じだと思いますが、ミニクーパーは1969年の映画「ミニミニ大作戦」で主役を務めております。こちらは最初のミニクーパーです。ちゃんと主演俳優はおりますが、どうみてもミニクーパーが主役です。2003年にリメイクされた方では、BMWのミニクーパーが使用されています。映画のようなカーチェイスは無理だけど、映画と同じ車には乗ってみたいというおしゃれ女子にお勧めです。

可愛いもの好き女子にお勧め【フィアット500(三代目)】

「フィアット500(三代目)」を初めて見たときの感想は、子犬のようと思う女子は多くいると思います。レトロな丸みを帯びた外見に、大きな潤んだ瞳のようなヘッドライトは、女子の心を鷲づかみにしてしまうほど強烈なかわいさです。この車でのドライブは、まるで子犬と一緒に散歩をしているような、そんな気分にきっとさせてくれます。

この「フィアット500(三代目)」は、「NUOVA 500(二代目)」の発表から丁度50年後に発表をされています。50年という節目の「フィアット500(三代目)」は、それまでの丸みのあるかわいらしいデザインを受け継ぎながら、設計は新たにという贅沢な車です。外見は「フィアット500(初代)」の良さを受け継ぎ、中身は最新の設計というこの車、女子以外の「フィアット500(初代)」の熱烈なファンも虜にしています。

外見のかわいさを裏切ることなく、車内はエレガントなヨーロピアンデザインです。女性を意識したのか優しい色合いと丸を基調とした室内は、とても居心地がよい空間になっています。オプションになりますが、車体の色と室内のエクステリアの色を合わせることも出来ます。車体の色は、いかにもヨーロッパらしい色が選ばれています。ポップな赤、キュートな白など可愛い色が多く、そこも悩みどころです。オプションのエクステリア色変更と車体の色の組み合わせで、自分だけの「フィアット500(三代目)」を作り出すことが可能です。

気になる乗り心地ですが、ツインエアーなのでかなり室内に振動がくるかと思いますが、殆どありません。また、アイドリングストップ機能のSTART&STOPシステムが搭載されており、信号待ちなどで停止をすると、自動でエンジンを止めてくれます。ブレーキペダルから足が離れるとエンジン再始動という環境にも優しい自動車です。

他にもある魅力的な【丸い車】

スポーツカーなのにこの可愛い丸さ【Audi・TT】

1995年、アウディが発表したデザインカー「TT デザイン・スタディ・モデル」をほぼそのまま使用し、1998年に発売されたのが「アウディ・TT」です。デザインカーの多くは、実際に作られるわけではないので、かなり大胆にデザインされているものが多いです。これ実現は不可能だよね? というものから、コストがかかりそうなハイセンスなデザインなど色々です。そんなデザインカーから作られた「アウディ・TT」は、スタイリッシュで愛らしい丸みのあるスポーツカーに仕上がっています。

「アウディ・TT」以降のアウディ車は、この車のデザインを受け継いでいるような丸みを帯びているデザインです。現在の四角い車が多くなった中では、一線を画しています。なにか優雅な車が来るなと思ったら、たいていはアウディの車です。

「アウディ・TT」には、クーペとロードスターの二種類のタイプががあります。こちらは好みが大きく分かれるところです。ロードスタータイプは、電動なので手動で苦労して開け閉めすることはありません。手動での開け閉めも味わいがありますが、電動というところに、高級車の細かい配慮を感じることが出来ます。クーペタイプは、後部座席が一応ありますが、こちらは大人が乗るのにはとても厳しいものになっています。このあたりは、他のクーペタイプスポーツカーと変わらない作りになっています。

内装は円をモチーフにしてあり、アルミニュウムパーツによる質感と相まって高級感を醸し出しています。オーディオをワンタッチで隠せる蓋があったりして、居住性を捨てているスポーツカーにはあり得ない内装です。まさに、プレミアムという言葉がぴったりなスポーツカーです。

この「アウディ・TT」見た目の丸さからは想像できない、まさにスポーツカーというスペックです。エンジンは排出量「1,800cc」最大出力「225PS」という、ハイチューンエンジンです。日本の一般道ではあまり使う機会のない6MT、直4DOHC5バルブターボエンジン搭載という、羊の皮を被ったオオカミとでも言うのでしょうか、見た目をよい意味で裏切ってくれるスポーツカーです。

こんなバスなら運転してみたい女子多し【ワーゲンバス】

こちらは、とても大人気な「フォルクスワーゲン・タイプ2」です。よく見かけるし可愛い車だけど名前は知らないという方も多いと思います。通称「ワーゲンバス」と呼ばれており、そちらの方が通りがよいかもしれません。こちらは、フォルクスワーゲンが商用向けに出している車で「タイプ2」という型式番号で呼ばれています。現行車は「タイプ2 T5」になりますが、このレトロな丸みを帯びたフォルムの「タイプ2 T1」はとても人気が高く、おそらくこちらの方が有名なのではないかと思います。

荷物を運ぶ車として開発されたので、居住空間は広く多くの荷物を運ぶことが出来ます。乗り心地もよく、見た目とその居住空間から1960年代にはアメリカで多くの若者に愛されていました。この広さを利用し、屋台などの移動販売車としての使用も目立ち、車自体の見た目も売りになっていることから人気が高く、現在では手に入りにくい車となっています。あまりにも人気が高いせいか、偽物の改造車も多く出回っており、あまり車に詳しくない女子は要注意です。

内装に関しては、あまり期待は出来ません。かなりシンプルな作りです。一般の乗用車では無かったため、内装には一切デザインも費用もかけなかったと言っても過言ではないぐらい、とてもシンプルです。またクーラーも無く、後付けでつけるオーナーさんが多いです。

運搬を主にしている車のため、ギア比は低速重視であり最高速度は90km/hというかなりのんびりな走行ですが、走るための車ではないために、特に問題視はされていませんでした。エンジンは排出量排気量「1,200cc」最高出力「25ps」でしたが、後に最高出力が「40ps」まで向上しております。荷物を運ぶ特性上、低速重視で大出量のエンジンが搭載されています。

「タイプ2」は、よくも悪くも見た目のイメージと走りがよくあっている車です。きびきびと走るところは想像できないという印象は間違っていません。今見てもレトロでおしゃれな車なので、女性も男性も気になる方も多いと思います。この車でドライブすると、まるでヨーロッパの町並みをドライブしているような気分にさせてくれるお薦めの車です。

いかがでしたでしょうか?

いかがでしたでしょうか? 丸い車を紹介させて頂きました。最近は四角い車ばかりで、どこかに「丸い車愛好会」でもないかなと思うぐらい、丸い車が少ないです。車と言えばカッコイイ、便利、ものがたくさん詰めるなど色々とあるかと思います。それらが重視されるのもとてもよく分かります。

あまり便利ではないけど、あまり広くはないけど、可愛い丸い車も考慮に入れてみてはいかがでしょうか? 最近の丸い車は、居住性もよくおしゃれなものがあります。この記事で紹介させていただいた車みたいな、丸い車に慣れ親しんでいってみると、楽しいカーライフを送ることが出来るかもしれません。