【タイヤサイズの見方と意味】タイヤに関する豆知識

タイヤの側面に刻印されている数字とアルファベットが、タイヤのサイズを表しています。数字とアルファベットにはそれぞれ意味があるので、タイヤの履歴書ともいわれます。サイズ以外にも、ブランド名や製造年週などの情報も側面に刻印されているのです。タイヤサイズの見方を知っていると、ちょっとだけ自慢できる気がします。 

タイヤサイズの見方は?

タイヤサイズを知ろう!

タイヤサイズを知るためにはタイヤの側面にある数字とアルファベットで表記されていますので、誰でも簡単に知ることができます。タイヤサイズを知っておくことは、パンクなどのトラブルが発生しても慌てずに対応できますので覚えておくと良いでしょう。
例えばタイヤサイズは、「205/55 R16 91W」と刻印されています。この表示をメトリック表示といい、自動車用タイヤの表記として広く使われています。数字やアルファベットを使うことで、非常に覚えやすくなっています。サイズを覚えておくことで、タイヤ購入のときやインチアップのときにも役に立ちます。
タイヤサイズは車種によって違いがあるために、いろいろ販売されているのです。お気に入りのタイヤを見つけるためにも、愛車のタイヤサイズをしっかりと覚えておくことをおすすめします。

タイヤサイズの意味は?

数字とアルファベットで側面に刻印されているタイヤサイズを日本語にすると、「タイヤの幅、偏平率、タイヤの構造記号、リム径、ロードインデックス、速度記号」となります。難しい言葉や聞きなれない言葉が多いので、サイズを覚えるときは数字とアルファベットで覚えておくのが良いでしょう。
タイヤを選ぶときの基準になるのは、タイヤの幅と扁平率、リム径の三つが必要になります。タイヤの幅は、接地面の角から角の長さで単位はミリメートルになります。車を買い替えて同じタイヤサイズだからといってそのまま使うことはできますが、ホイールサイズが違うと入れ替えをしなくてはいけません。
偏平率は側面部分の幅をタイヤ幅との割合で表したもので、パーセントで表します。販売店によっては、55シリーズや60シリーズとして分けて展示している販売店もあります。偏平率は乗り心地や経済性などに影響しますので、同じ偏平率のタイヤを選ぶことが良いでしょう。インチアップなどをしていると偏平率は変わるので、注意して選んでください。
リム径はインチ表示されていますが、タイヤの内径ともいわれます。タイヤに表示されているリム径は、そのタイヤに適合するホイールのリム径のことです。例えば、タイヤのリム径が15インチなのに16インチのホイールを使うことはできないということになります。

ラジアル記号って何?

タイヤの構造は、ラジアル構造とバイアス構造の二つの構造があります。現在流通している乗用車用タイヤのほとんどは、ラジアル構造のタイヤで一般にはラジアルタイヤと呼ばれています。タイヤに刻印されているRはラジアルタイヤの記号となり、RADIALとも刻印されています。
ラジアル構造とは、タイヤの骨格となるカーカス(繊維やスチールをゴムで被覆したコード層)が円周方向に対して中心から放射状(ラジアル)に配置されている構造です。走行抵抗が少なく燃費などが良くなるなどのメリットが多いので、現在ではラジアルタイヤが乗用車用タイヤとして広く使われています。
バイアス構造とは、カーカスを交互に斜め方向に配置されている構造です。乗り心地は良いのですが耐久性などがラジアルタイヤよりも劣ってしまうので、小排気量車や農業機械などに使われています。
バイアス構造を示す記号は、ハイフンもしくはDで刻印されています。例えば、「5.00-10 8PR」と刻印されていると、タイヤの幅、タイヤの構造、タイヤの内径、タイヤの強度となります。バイアスタイヤでは、インチ表示が多く使われています。タイヤの幅と内径の単位はインチになりますので、メトリック表示と違うので注意してください。

タイヤサイズの言葉は難しい!

ロードインデックスって何?

ロードインデックスは、タイヤ1本が支えられる最大荷重を示した指数で単位はキログラムで表示されます。タイヤのリム径の後にある数字が大きいほどに最大負荷は高くなります。タイヤの種類によって、最大負荷能力に対応する空気圧が違うので注意が必要です。
タイヤにかかる重さに対して負荷能力が不足していると、タイヤを損傷して交換するようになってしまいます。特にインチアップをしたときに適正な空気圧を知っていないと、タイヤを損傷させる原因となります。インチアップを行うときは、専門の知識を持ってる人に相談してください。
ロードインデックスが高いタイヤだからといって、高いスピードを出しても耐えられるタイヤではありません。最大負荷能力は一定の条件で計測されているので、条件に合わない状況では負荷能力を発揮できません。

速度記号って何?

速度記号は、一定の条件で走行できる最高速度を記号にしたものです。主な記号は、Lは120キロ以下、Qは160キロ以下、ZRは240キロ超えとなります。速度記号がZRだからといって、一般道や高速道路でのスピードの出し過ぎは危険ですので絶対にやらないでください。
サーキット走行する人などにはZRなどの速度記号があるタイヤを選ぶのがいいのですが、ドライブや通勤で使うなら速度記号にこだわる必要はないといえます。エコタイヤなどでも、速度記号はH(210キロ以下)があるので問題はありません。
速度記号にこだわるより、経済性などを考慮した方がタイヤ選びには良いでしょう。気象条件が変わることが多いシーズンなどでは、速度記号を過信するよりスピードを落として安全運転に努めてください。

覚えとくと便利!タイヤの製造年週!

タイヤの製造時期を知ることは、購入するときに長期在庫になっていたタイヤを避けることができます。タイヤの側面に刻印されている4桁の数字が、タイヤの製造時期を表示しています。タイヤの幅などが刻印されている反対側に、小さいのですが刻印されています。
タイヤの製造時期はその年の1月の1週目を起点としていますので、そのタイヤがいつ頃の時期に製造されたかが分かります。例えば、「3414」と刻印されていると、最初の二つが製造週を示していて、後ろの二つが製造年を示しています。なので、2014年の34週(6月下旬から7月上旬)に製造されたと読み取ることができます。
製造された時期をある程度知ることができると、購入しようとするタイヤが製造から何年経過しているのかをある程度知ることができます。製造から時間が経っていると、タイヤのゴムの劣化などが起きている可能性があります。ゴムの劣化はタイヤの寿命を短くするだけではなくパンクやバーストの原因になりまますので、購入するときは注意してください。

タイヤの側面はどうして履歴書なの?

製造国も刻印されている!

タイヤの側面には履歴書とも呼べる程、沢山の情報が刻印されています。タイヤメーカー名やブランド名、タイヤサイズ以外にもいろいろな情報が刻印されています。側面に刻印されている数字やアルファベットには意味があるので、無駄なものは一切ありません。
製造された国なども、アルファベットで刻印されています。日本国内で製造されるとJapanと刻印されているので、国内で製造されたことが分かります。メーカーによっては、製造コスト低減のために国外で製造したのを輸入して販売しています。そのような場合でも、製造した国名を刻印しています。
愛車のタイヤがどこの国で製造されたのかが分かりますので、タイヤの側面を見てみることをおすすめします。国内で製造されたと思っていたら、違う国の刻印があるかもしれません。

タイヤの構造とチューブの有無も刻印されている!

カーカスの配置によって、ラジアルタイヤとバイアスタイヤの二種類のタイヤがあります。乗用車用タイヤとして広く使われているラジアルタイヤの場合は、RADIALと刻印されています。バイアスタイヤの場合はBIASPLYと刻印がされていますので、記号以外でもタイヤの構造を知ることができます。
現在のタイヤの多くは、チューブを使わないチューブレスタイヤが使われています。TUBELESSと刻印されているので、パンクなどのトラブルの対応が変わってきます。パンクした場合にチューブタイヤは、タイヤからチューブを引き抜いて修理をします。チューブレスタイヤの場合は、パンクした箇所に接着剤と詰め物を入れるだけなので簡単に修理ができます。
チューブタイヤの場合は、TUBE TYPEと刻印されています。乗用車用タイヤでは少なくなりましたが、自転車や一部のトラック、バイクのタイヤに使われています。自分でパンク修理をするときには、チューブレスタイヤかチューブタイヤで修理用品が変わりますので注意してください。

どうしてタイヤの側面に刻印されている?

タイヤサイズやブランド名などの情報が側面(サイドウォール)に刻印されているのは、確認が容易にできると考えられます。タイヤの内側に刻印されていると、購入するときだけしか確認できなくなってしまいます。また、接地面に刻印されていると新品状態でなければ確認できなくなってしまいます。
タイヤの側面に刻印することで、タイヤを外したりする必要がないのです。縁石などに擦ったりしない限り、側面を傷つけることはありません。そのために、側面にいろいろな情報を刻印しています。車のオーナーが、正確なタイヤの情報を把握するためにも必要となっています。タイヤは消耗品ですが、車体を支えているので適正な管理と点検調整が必要になります。
タイヤにある数字やアルファベットには意味がありますので、購入するときは販売店の人と相談してから購入すると良いでしょう。カーライフパートナーのタイヤにも気を使ってくれると、ドライブやデートが今までより更に楽しめるといえます。

知ってる?タイヤの豆知識!

空気入りタイヤができたのはいつ頃?

空気入りタイヤを開発したのは、1845年にイギリスのロバート・ウイリアム・トムソンが発明して特許を所得しました。特許を所得しても、実用化はできませんでした。実用化に成功したのは、43年後の1888年にスコットランドの獣医師ジョン・ボイド・ダンロップが自転車用空気入りタイヤの実用化に成功しました。
車用空気入りタイヤを実用化させたのは、1895年に開催されたパリからボルドーまで往復する約1,200キロのレースに使われたのが最初といわれています。空気入りタイヤを使用したのは、フランス人のアンドレ・ミシュランとエドゥアール・ミシュランの兄弟がレースで使いました。20回以上パンクをして規定時間内にゴールはできなかったが、完走することはできた。レース途中では優勝者の二倍近いスピードを出したので、翌年のレースでは大部分の車が空気入りタイヤを装着していました。
当初の空気入りタイヤでは耐久性に問題がありましたが、安定性や乗り心地が良かったので広く普及したのです。それまであったソリッドゴム(総ゴム)タイヤは、現在ではフォークリフトなど一部に使われています。

タイヤの未来は?

これからの時代、タイヤの再生技術も進むと期待ができます。大型トラックや小型のトラックには、再生タイヤがあります。接地面を削り取り、新しい接地面を焼き付けるというのが再生タイヤです。側面にあるいろいろな情報はそのままですが、接地面のゴムは新しいものになっています。原材料の削減になりますので、価格が安くなります。
乗用車用タイヤでは再生タイヤはありませんが、ランフラットタイヤのようにパンクしても走行できるタイヤやエコタイヤなどが、開発されて市場に出回っています。タイヤも日々進化しているので、近い将来にパンクしないタイヤが誕生するかもしれません。
環境問題が重視されている現在では、タイヤのリサイクルも重要になってきます。タイヤのリサイクルは、公園の遊具や花壇などに使われる場合が多いのです。最近では細かく裁断をして防音板とする場合もありますが、リサイクルの問題も解決しなくてはいけません。
今後タイヤに求められるのは、パンクしないタイヤや更なるエコタイヤの開発が求められると考えます。パンクしないタイヤなら安心して走行できますので、安全運転にもつながります。エコタイヤの性能が向上することでもう少し遠くへドライブすることができるので、楽しい思い出を作ることができます。カーライフを楽しむためにも、これらのタイヤが開発されて実用化されるのを期待したいです。

ここではタイヤサイズの表示箇所、読み取り方をご紹介します。タイヤについての知識を広げて、さらに安全で安心なカーライフを。ダンロップタイヤ公式タイヤサイトでは、その他にも、タイヤにまつわるコンテンツなどカーライフをより楽しくする情報満載です!

タイヤの知識がもっとほしい方はこちらへ