スポーツカー改造の代表的なクルマ3選。そして改造の魅力に迫る

改造やチューニングが盛んな日本。その代表的なクルマをご紹介します。改造することで、そのスポーツカーが持っている本来の性能を引き出すことができます。改造と聞くとネガティブなイメージですが、改造はカーライフそのものです。より個性を出したい、自分好みに仕上げたいという気持ちの表れです。その魅力に迫ってみます。

【Photo by 筆者】

スポーツカー改造で1番人気、スカイラインGT-R

【Photo by 筆者】

スカイラインGT-R、人気の改造ポイント

歴代の国産スポーツカーの中でも、圧倒的に改造で人気なのがスカイラインGT-Rです。特にR32からR34型の第2世代と言われるGT-Rです。1989年に発売されたR32型。市販車で280PSを誇るモンスターマシンでした。今では市販車で500PSなども販売されていますが、当時としては自動車業界に激震が走るほどでした。
R32GT-Rは、当時人気であったグループAレースでの勝利を目指して開発された車両で、グループAレースは市販車ベースとなるため、市販車の段階でレベルの高い車両を用意する必要がありました。
まさに、レースで勝つために作られたクルマだったのです。そのため、市販車の状態は自主規制の280PSになんとか抑えた状態。これを改造によって解放することで、GT-Rが本来持っている性能を発揮できたのです。
チューニング業界もGT-Rの登場によっていっきに盛んになり、エンジンチューンは過激の一途を辿っていきました。

【Photo by 筆者】

人気の改造としてはやはりエンジンチューン。高出力を発揮することができるRB26DETTエンジンは、改造によっては1000PSも発揮するようなエンジンです。純正の280PSでは物足りず、500PSは当たり前になっていきました。
日産ワークスのnismoからもレース用N1エンジンブロックが発売されるなど、改造しても壊れない部品の販売が行われていたのもエンジンチューンに拍車をかけていったのでしょう。
時代の流れとともに、エンジンチューンの内容も変わってきてはいますが、今も昔もGT-Rの改造ポイントはエンジン。昔は高出力、今はレスポンス重視な改造になってきています。

スカイラインGT-R、改造の魅力

【Photo by 筆者】

スカイラインGT-Rを改造する魅力は、なんと言ってもパワーを感じること。純正の280PSから倍近く、もしくはそれ以上のパワーを手に入れることができます。その加速力、瞬発力を味わえるのがGT-R改造の魅力です。
この改造に耐えるだけのベースがあるのと、壊れない改造方法が長年の経験から日本のチューナーには蓄積されています。間違えのないパーツ選択から改造まで、スカイラインGT-Rにはノウハウが蓄積されていることも魅力の一つでしょう。

【Photo by 筆者】

ドリフトで大人気、日産シルビアの改造

【Photo by 筆者】

日産シルビア、人気の改造ポイント

日産シルビアと言えば、若者に人気のスポーツカー。ドリフトで使われることが多いシルビアは、改造するクルマとしても人気です。S13シルビアからS15シルビアは、ドリフトからレースまで使われるクルマのため、アフターパーツも多く販売されています。
人気の改造ポイントとしては、やはりドリフト向けの改造です。LSDを組み込んでドリフト状態を保てるようにすること。そして、車高調を入れることでトラクションを向上させ、なおかつかっこいいシャコタンを作り上げることができます。これに、フロント、サイド、リアの3点エアロを組み込むというのが人気の改造です。
これが全てセットになった即ドリ仕様なる中古車も販売されるほどでした。

出典:http://www.do-blog.jp/riseup/category/25/

Riseup

日産シルビア、改造の魅力

シルビアは、ベースとして軽量なボディにFRというクルマを操る楽しさがあります。この素性の良さにプラスして、車高調や軽量なホイール、LSDなどを組んであげることで、より軽快な走りが実現できます。
そして、その軽快な走りは、クルマを自由自在に操れる楽しさにつながります。改造することで、ドリフトをやりたい方は比較的簡単にできるようになりますし、ワインディングを気持ちよく走りたい方には軽快な走りを支えてくれます。
これが、シルビアを改造する魅力でしょう。

最新モデルの改造と言えばこのクルマ、トヨタ86

出典:http://www.garage-spark.jp/gallery/gallery_list-1689-12850-1.html

garage-spark

トヨタ86、人気の改造ポイント

2012年に発売されたトヨタ86。自動車メーカーも改造を推奨している86は、発売前にアフターパーツメーカーが集められて、86用のアフターパーツの講習会が開かれるほどでした。ベース素材を自動車メーカーが作るので、その素材を使って好みの仕様にアフターパーツで仕上げてほしいというのがトヨタ86です。
そんなこともあり、最新の86を自分好みに改造する方が多いです。アフターパーツメーカーからも多数のパーツが販売されています。
人気の改造は、ドレスアップ系が主流になっています。時代の流れもありますが、エンジンを改造するなどの大掛かりなことはせず、エアロパーツやライト類、ホイールなどを変更し、オリジナリティを出すというのが86の改造ポイントです。

トヨタ86、改造の魅力

出典:http://aireal.jp/stock-car/?car_id=16

stock-car

トヨタ86は、シルビアと似ているところがあり、2リッターのFRでコンパクトという、走らせて楽しいクルマです。改造もこの軽快な走りをさらに引き立ててくれるような改造が魅力的です。
最新のモデルということもあり、ドレスアップすることでモダンでかっこいいクルマに仕上げることができるのも魅力の1つ。車高調やLSDなどを装着して、軽快な走りを楽しめ、ドレスアップすることで所有する満足感が味わえるという魅力の詰まったクルマです。

まとめ

【Photo by 筆者】

スポーツカーを改造する魅力は、そのクルマが本来持っている性能を引き出して楽しむということと、オリジナリティを出してほかの人とは違うという満足感を得ることができる点です。
国内には今回紹介したスポーツカー以外にも多数の魅力的なスポーツカーがあります。それぞれ改造する楽しみを秘めたクルマなので、ノーマルで乗るよりも改造してオリジナリティを出すのもいいのではないでしょうか。