考えよう!車の防犯対策!

車上荒らしや車の盗難などは防犯装置などの普及によって、年々減少傾向にあります。減少傾向に向かっていても車のオーナーならば、誰もが被害に遭ってしまう可能性があります。自分は大丈夫と思わないで、しっかりとした防犯対策をすることが被害に遭わないためにも有効になります。身近な犯罪なので、しっかりと考えてください。

油断大敵!車上荒らし!

車内に不要なものを置いておくと?

車内に多くのものが入っていると、車上荒らしの被害に遭う可能性が高くなります。バックや財布だけが狙われるのではなく、カーナビなどのカー用品も狙われますので注意が必要です。自分は大丈夫だと思わないで、しっかりと対策をしてください。
整理整頓してあれば、問題がない訳でもありません。車内に荷物などがなければ狙われないと思いますが、車上荒らしには関係ありません。少しの小銭でも車上荒らしの被害に遭ってしまうので、小銭だからといって油断は禁物です。
日頃からの防犯意識が車上荒らしなどから、愛車を守ることになります。被害に遭わないためにも、整理整頓を心がけて貴重品は車の中に入れないでください。車内に置きっぱなしにするのではなく、車を使ったら荷物や小銭は必ず片づけるようにしましょう。

車上荒らしの手口は?

身近に潜む車上荒らしは、車を調べています。自宅の駐車場や契約先の駐車場などを調べていて、狙う車を絞り込んでいます。時間と場所などを調べてから入念に辺りを見渡して、ハンマーなどでガラスを割って車内にあるものを盗みます。自宅から離れている薄暗い駐車場や人通りの少ない駐車場は、車上荒らしの絶好のポイントになります。
ガラスを割った音が大きいから無意味だと思われる人もいますが、車上荒らしはプロなので音を小さくする方法も知っています。運転席や助手席にある小さな三角形のガラスを割って、そこから手を入れて鍵を開けるのです。
大胆な犯行をする車上荒らしもいますので、注意が必要です。飛び石などでも割れない加工をしてあるフロントガラスと違い運転席や助手席などは普通の強化ガラスでできていますので、ハンマーなどで破壊することができます。車上荒らしの犯行は一分もかからないので、気が付いたとしても犯人を捕まえることは難しいと思われます。

車上荒らしに遭わないためには?

車上荒らしに遭わないためにも、車や駐車場の防犯対策が有効になります。車の中は整理整頓する習慣と小銭などを入れておかないなどの自分のルールを作ることが必要です。常に綺麗な車は狙われにくいので、有効な一つの手段です。
運転席や助手席に小さな三角形の窓がある車なら、防犯用のフィルムを張ることで防げる可能性が大きくなります。割れにくくすることで、スピード勝負の車上荒らしから愛車を守ることになります。少しの工夫で車上荒らしから愛車を守れるので、被害に遭う前に対策をしてください。
駐車場などには、防犯カメラの接地が有効です。防犯カメラには映像として犯人の特定に大きく貢献しますので、駐車場に防犯カメラの設置を検討したりすることが良いでしょう。防犯カメラを設置するときは警察や市役所などに相談すると、補助金が出る地域があるので有効に活用してください。

こんな場所でも車は盗まれる!

盗難はいつでも起きる!

車の盗難は誰にでも起こることなので、決して他人事ではありません。自分は盗難対策をしているから大丈夫だと思っていると、盗難の被害に遭ってしまいます。最新の盗難対策であるイモビライザーを装着した車でも、レッカー車などに乗せられては意味がありません。
また、コンビニエンスストアの駐車場で、すぐ戻るからといってエンジンをかけっぱなしにして買い物をしたことがある人も多いと思います。盗難犯は一瞬の隙を見逃さないので、自分の目が届くからといっても油断してはいけないのです。
車を離れるときは、必ず施錠をしてください。鍵付きでエンジンかけっぱなしでは、盗んでくださいといってるのと同じことです。どんなに少しの時間でも車を離れるときは、必ず施錠してください。

自宅の駐車場でも盗難が起きる!

自宅の駐車場でも、窃盗犯はあなたの愛車を狙らっています。住宅街での自動車盗難は、深夜から朝方に被害が発生しています。自宅の駐車場だからといって、車の盗難が発生しない訳ではないので注意が必要です。窃盗犯は下見を入念にしますので、地域の目が自動車盗難を減らすためには必要です。
防犯カメラなどを付けていても、盗難されるケースもあります。深夜の犯行だと顔がはっきりと映らないので、犯人を捕らえることは難しいと思われます。犯人を捕まえたとしても、車が無事に手元に戻ってくるとは断言できません。
自宅の駐車場だからといって油断して施錠を忘れたりすると、盗難の被害に遭ってしまう可能性があります。車を離れるときは、窓を閉めて施錠を確認することが盗難防止に役に立つのです。イモビライザーが付いてるといって油断をしていると、盗難の被害に遭ってしまいます。まずは、自分にできる範囲でしっかりと対策をすることが必要です。

契約している駐車場でも盗難が起きる!

自宅の周辺などに、契約して駐車場を借りている人も多いと思います。駐車場を借りる契約をするときに、事故や盗難は自己責任になると明記されている場合が多いのです。盗難が発生したとしても、駐車場の管理会社を訴えることはできません。
借りている駐車場が暗くて防犯カメラも無い駐車場だったら、照明があって防犯カメラも設置してある駐車場を借りることをおすすめします。暗い場所や人通りの少ない場所で犯罪は発生しますので、明るい場所の駐車場の方が盗難の被害に遭う可能性は低くなります。
愛車を守るためには、明るい場所の駐車場を借りることが盗難の被害に遭わないために有効な手段になります。盗難の被害はいつでも起きるので、対策をしっかりすることが被害に遭わないためにも必要なのです。

最新の技術でも安心できない?

パーツ泥棒に注意!

タイヤとホイールなどの部品だけを盗むのが、パーツ泥棒と呼ばれています。転売目的での盗みなので、見つけ出すことは非常に難しいといわれています。見つかったとしても、自分のパーツだと証明ができなければ取り戻すことはできません。
バンパーやナンバープレートもパーツ泥棒のターゲットになりますので、車の外回りにも気を付けなければいけません。新しい対策が施されても工具などを犯人が入手していると、被害を防ぐことはできません。何も対策をしないよりは、対策をすることで被害に遭わない可能性が高くなります。
パーツ泥棒は複数の人数で動いていますので、近所や駐車場で不審人物の情報があったら注意しなければいけません。対策をすることで、犯罪の被害に遭わないようにすることも大事です。パーツ泥棒も立派な犯罪なので、しっかりと対策をしないといけません。

イモビライザーだけでは安心できない?

最新の車両防犯装置といえば、イモビライザーになります。差し込んだキーが車両側のIDと一致しないと、エンジンが始動できない仕組みになっています。盗難を防ぐ目的では非常に有効な手段なので、車メーカでは標準装備になっている場合が多くなってます。
イモビライザー付き車両でキーを紛失したりすると、専門の業者に依頼しなければいけません。最新の防犯装置ですが、自分の不注意やちょっとしたことでキーをなくしてしまうと大変なことになるので取り扱いには注意が必要です。もしもが起こってしまったら、慌てないで専門の業者に依頼してください。
車両盗難には効果がありますが、レッカー車などを使った盗難や車上荒らしには効果を発揮できません。イモビライザーはエンジンの始動ができなくなる装置なので、盗難防止装置と併用することをおすすめします。

日頃から防犯意識を高めよう!

最新の技術での防犯対策をしていても、窃盗犯はその技術にも対応してしまうのが現状です。日頃から防犯意識を高めることが、車上荒らしや盗難の被害に遭わないためにも必要です。大変な努力をして購入した愛車を守るためには、対策をして防犯意識を高めることが必要になります。
愛車を守ることは、家族や恋人を守ることにつながります。被害に遭わないためには、自分は大丈夫と思わないでしっかりと対策をしてください。大切な愛車を盗まれてからあれこれと対策をしても遅いので、被害に遭う前に対策をしなければいけません。
しっかりとした防犯意識を持つことが、自動車盗難などの犯罪から愛車を守ることにつながります。油断していては被害に遭いますので、大切な愛車を守るためにはしっかりと対策をしてください。

実は簡単にできる!防犯対策があった!

自宅の駐車場でもできる!

自宅の駐車場での盗難対策には、防犯カメラとセンサーライトが有効です。防犯カメラを設置するのには多額の費用がかかりますが、センサーライトなら数千円で設置が可能です。ホームセンターなどで購入ができるので、気軽な防犯対策として有効です。
駐車場が砂利道なら、防犯用砂利も有効です。窃盗犯の多くは、音が出ることを嫌うために音が出るような対策は非常に有効になります。窃盗犯が嫌がる対策は、窃盗犯や車上荒らしを遠ざける効果もあります。駐車場がコンクリートやアスファルトでも防犯用砂利を使うことはできますが、効果が低いのでおすすめできません。
身近なものでも十分に車の盗難対策に使うことができるので、多額の費用を使わなくて済むのです。お金をかけている防犯対策もいいのですが、お手軽に効果のある方法もあるので自分に合う方法で対策をしてください。

契約している駐車場での対策もある!

契約している駐車場では防犯砂利などは、意味がなくなってしまうので違う方法で対策をしなくてはいけません。施錠をする前に、ハンドルロック(ハンドルを固定する防犯用品)やタイヤにワイヤーロックを取り付けるのが効果的です。バイクなどの盗難防止対策と同じで、一つだけではなく二つ取り付けることが有効な手段になります。
車両にある牽引フックにワイヤーロックを通して、街頭や支柱に固定しておくことも盗難防止になります。外すのを忘れて発進してしまうと車や街頭などを壊してしまう可能性があるので、発信する前に必ず外れていることを確認してください。
車に防犯対策をすることは有効な手段ですが、発進するときに外すのを忘れないでください。防犯対策が、車や街頭などを壊してしまう原因になっては意味ありません。防犯対策も一つではなく二つ使うことで、効果が高まります。

どんな対策をしても車は盗難される!

盗難対策や防犯対策をしても、車が盗難されています。自宅周辺や契約している駐車場周辺で盗難の情報があるときには、警戒をしなくてはいけません。車種によって狙われやすい車もありますが、車を駐車場に入れる時間を変更するのも有効になります。犯人は下見をしたりしますので、見つからないように工夫することも必要です。
また、小さな子供を車内に残してすぐ戻るからといってエンジンかけっぱなしで買い物に行くと、窃盗犯は子供も一緒に連れ去ってしまいます。多くの場合は知らない場所で開放されますが、最悪は殺人事件につながります。
すぐ戻るといっても、車内に子供だけを残すことをしてはいけません。今までも大丈夫だったからなどの言い訳は、事件が起こってからでは遅いのです。犯罪に巻き込まれないためにも、日頃から防犯意識を高めることが必要になります。

一緒に使いたい防犯用品!

イモビライザーと一緒に使う!

イモビライザーは盗難対策に有効ですが、絶対に盗難を防いでくれるものではありません。対策を有効にするためには、ハンドルロックなども併用することも必要です。ハンドルロックが装着されていると、エンジンがかかってもハンドルを操作することができません。専用のキーがついていますので、有効な手段になります。
車の防犯対策も進んでいますが、安心しないで気を引き締めなくてはいけません。次はあなたの愛車が狙われるかもしれないので、被害に遭わないためにも対策をすることが必要になります。

防犯装置を自分で付ける!

キーを差し込んでスイッチを回してエンジンを始動させますが、自分だけのスイッチを取り付けることもできます。この方法だとお金はかかりますが、盗難対策には非常に有効な手段になります。自分だけのスイッチを取り付けることは、オーナー以外の人はその車を運転できなくなってしまう恐れがあります。
無理をしないで、車の防犯対策をするのが良いでしょう。大切な愛車を守るためには、防犯意識を高めて対策をすることが被害を防いでくれます。被害に遭う前に、しっかりとした防犯対策をおすすめします。

カーセキュリティ専門ショップ・ミラージュは、あなたの車やバイクを盗難等の被害から守る為、カーセキュリティのシステム施工からアフターサポートまで、確かなサービスを提供しています。クリフォード・CLIFFORD・パンテーラ・ゴルゴ等、取扱製品も充実しています。関西・関東・近畿・大阪・奈良・京都・兵庫・滋賀・三重・愛知・岡山・埼玉・千葉・茨城・群馬・の方は是非ミラージュへ

オリジナルのセキュリティーを考えている人は必見です!