買わなくても運転できる!レンタカーで乗れるスポーツカー9選

男性なら1度は「スポーツカー」に乗ってみたい!と思っている方は多いのではないでしょうか?燃費や維持費、快適性を考えると実際に購入して乗るのは現実的ではありませんよね。そんな方のために今回は日本でレンタルすることができるスポーツカーをご紹介させていただきます。

憧れのスポーツカーをレンタルしてみよう!

「1度は乗ってみたい憧れのスポーツカー」
消耗品や保険、ガソリン代などかなりの維持費がかかってしまうスポーツカーは家庭をもっている方、お金があまりない若い人にはとても乗れないですよね。

そこで、購入することはできないけどスポーツカーに乗ってみたいという方のために日本国内でレンタルすることができるスポーツカーについて調べてみました。特別なドライブから贅沢な旅行にまで対応した様々なレンタカーをご紹介していきます。

レンタルできる国産スポーツカー 

TOYOTA 86

トヨタとスバルが共同開発したコンパクトスポーツカーの「86(ハチロク)」。スポーツカーの中でもとても低価格(199万円〜)で販売されているので、若い方から年配の方に大人気の車です。

低価格ということもあり、普段車を運転しているとよく見かける車種になります。4人乗りの2ドアクーペということでご家庭をもっている方にはどうしても使いにくい車種なので、乗りたくても乗れないという方も多いのではないでしょうか?

6時間で10,260円というお手頃な価格でレンタルすることができるので、ちょっとしたドライブなどでレンタルしてみてはどうでしょうか。また、86はAT車両もレンタルすることができるのでオートマ限定免許の方や女性でも運転することができます。

詳しい料金はこちら
6時間まで10,260円
12時間まで12,420円
24時間まで16,200円

レンタル料はトヨタレンタカーより引用

出典:rent.toyota.co.jp

TOYOTA スープラSZ

スープラ(A80系)は1993年から2002年まで製造・販売されていたトヨタの代表的なスポーツカーです。「THE SPORTS OF TOYOTA」というキャッチコピーで直6の3,000ccというハイパワーなエンジン、「ETCS」という当時の新開発サブスロットルシステムが搭載された車両になります。

市販車両を改造したレースの最高峰である「全日本GT選手権レース(現 SUPER GT)」でも2005年まで第一線で活躍していました。発売から20年以上経った今でも大人気の車種で中古相場も高いため実際に購入して乗るのは厳しい車両ですね。そんなスープラをレンタルできるお店を見つけました!

6時間で9,050円という価格でレンタルすることができます。若い頃に乗ってみたかったスープラをこの機会にレンタルしてみてはいかがでしょうか?(こちらの車両はMT車のみになります。)

詳しい料金はこちら
6時間まで9,050円
9時間まで11,420円
24時間まで14,610

レンタル料はおもしろレンタカーSportsより引用

出典:www.omoshiro-rentacar.com

NISSAN GT-R

NISSANのスポーツカーといえば「GT-R」ですね。
10台目スカイラインのR34に続くR35であり、NISSANのスカイラインシリーズの11台目のV35型とは異系列モデルになっています。日本初となるスピードリミッター解除機能が標準装備されており、NISSANが登録した日本国内のサーキットであれば簡単な操作で解除し、180km/h以上スピードを出せることができるようになります。

SUPER GTでも現役で活躍している車両なのでGT-Rファンやレースファンであれば1度は乗ってみたい憧れの車両ではないでしょうか?

新車価格は947万円〜1,170万円という今までのスカイラインシリーズにない高額な価格のため実際に購入して乗るのは非現実的ですよね。しかし、実際に購入しなくてもレンタルして乗ることができるのです。日帰り(9:00〜19:00)で30,000円と普通の乗用車よりかなり割高になってしまいますが、憧れのGT-Rに乗れるということを考えれば貯金してでも借りてみたいですよね。

また、GT-RはDCTという特殊なミッションを搭載していてクラッチ制御はコンピューターがおこなってくれるため「オートマ限定免許」の方でも運転をすることができます!

詳しい料金はこちら
9:00〜19:00(10時間)30,000円

レンタル料は日産レンタカーより引用

出典:nissan-rentacar.com

HONDA NSX

和製フェラーリとも呼ばれているHONDAのスポーツカーNSXもレンタルして乗ることができます。
販売当初は800万円という当時の日本メーカーの乗用車の中では最高額だったということもあり、レースやサーキット以外ではなかなか見かけることが少ない車両でした。

SUPER GTでもHONDAの新型車両「HSV-010」が参戦するまでは現役で活躍していたマシンになります。

2007年の段階では6,600台しか現存していないと言われています。現在ではさらに台数は少なくなっているため普段見かけることが少なく、中古相場も状態の良い車両に関しては高値が付いています。

24時間で32,980円ということでGT-Rに次いで高額なレンタル料にはなりますが、数の少ない和製フェラーリがこの価格で体験できると考えれば納得できますね!

詳しい料金はこちら
3時間まで14,980円
6時間まで21,980円
9時間まで27,980円
24時間まで32,980円

レンタル料はhun2driveより引用

出典:fun2drive.co.jp

MAZDA RX-7 FD

サバンナRX-7のフルモデルチェンジにより登場した「マツダ RX-7 FD3S」。
軽量なボディにマツダの最高傑作であるロータリーエンジンを搭載した国内外で高く評価されたピュアスポーツカー。運転した人を虜にしてしまう走行安定性とどこまでも回りそうなシーケンシャル・ツインターボエンジン。

車好きなら誰もが知っている「頭文字D」というマンガでは主人公の藤原拓海のライバルとして登場していた高橋啓介の愛車として使われていたこともあり、実際に乗ることができなくてもFDファンは多いのではないでしょうか? 4人乗りのモデルもありますが、走ることを目的に作られているため実用性はなく燃費も悪いので実際に購入するの厳しいけど乗ってみたい方にはレンタルがオススメです。

6時間14,980円でFD3Sをレンタルすることができます。低重心による圧倒的な走行性能、ロータリンエンジン独特のロータリーサウンドを是非体験してみてください。

詳しい料金はこちら
3時間まで9,980円
6時間まで14,980円
9時間まで18,980円
24時間まで21,980円

レンタル料はfun2driveより引用

出典:fun2drive.co.jp

日本国内でレンタルできる世界のスーパースポーツカー

ポルシェ 911 カレラ

スポーツカーといえば「ポルシェ」と言っても過言ではないでしょう。その中でもポルシェの911はスポーツカーの代名詞として世界中で人気のある車種となっています。

911 カレラは1,500kgを切る軽量なボディに300psを超えるハイパワーなエンジンを搭載し、街乗りでもストレスなく運転することができる快適さとコンパクトなサイズ、ワインディングロードからサーキットまで攻めることができるコーナリング性能と後輪駆動ならではの軽快さは1度体験すれば一瞬で虜にされること間違いなしの車になっています。

1日(9:00〜19:00まで)で32,200円と先ほど紹介させていただいたGT-Rよりも少し高いですが、ポルシェも1度でいいから乗ってみたい車種の1つですね!

詳しい料金はこちら
1日(9:00〜19:00まで)で32,200円

レンタル料金はポルシェレンタカーより引用

出典:porsche-rent.net

アウディ R8

アウディR8(レースカー)のテクノロジーが組み込まれた市販車バージョンのR8。
エンジンはV8 DOHC(420ps/7,800rpm)を搭載し、ASF(アウディ・スペース・フレーム)を採用しておりボディのみの重量は210kgという軽さを実現している。

2007年から日本でも販売が開始されているが、1日に20台のペースでしか生産ができないため限られた店舗でしかR8を取り扱っていので、普段あまり見かけることがないレアな車種になっています。

現在日本でR8をレンタルできるのは沖縄のみとなっています。レンタル料金は12時間まで68,000円と普通の乗用車の6倍ぐらいの価格でレンタルすることができます。

詳しい料金はこちら
12時間まで68,000円
36時間まで85,000円

レンタル料金はセレブレンタカーより引用

出典:www.celeb-r.com

フェラーリ F430

スーパースポーツカーの代名詞 イタリアの跳ね馬フェラーリのF430。海外のお騒がせミュージシャンのジャスティン・ビーバーもF430を所有しているとのことです。

V8(最高出力490ps/8,500rpm)エンジンを搭載して0から100km/hまでの加速時間はわずか4秒フラット、最高時速に関しては315km/hと公表されています。一度運転席に乗り込めばレーシングカーのようなコックピットに包み込まれ、ステアリングの左下にあるエンジンスターターボタンを押せばレーシングカーのような快音を奏でてくれます。

海外ではレンタルできるところも多いのですが、今回は国内で借りれるF430を探してみました! 気になるレンタル料金は6時間(走行距離80kmまで)で108,150円と他の車種と比べて圧倒的に高く、走行距離まで制限されています。

簡単にレンタルできる車種ではないのですが、贅沢なドライブや特別な日にレンタルしてみてはどうでしょうか。

詳しい料金はこちら
6時間(走行距離80kmまで)で108,150円
12時間(走行距離100kmまで)で123,600円
24時間(走行距離200kmまで)で154,500円

レンタル料金はプレミアムレンタカーより引用

出典:www.premium-rent.com

ランボルギーニ アヴェンタドール

他を寄せ付けない圧倒的な存在感とランボルギーニという名に恥じない洗練されたデザイン。
2010年をもって生産が終了された大人気車種ムルシエラゴの後継車種として発売されたのがアヴェンタドールです。エンジンは新設計のV12(最高出力700ps/8,250rpm)を搭載し、F1にも使われているカーボンファイバーモノコックを採用しており車両重量は1,600kgを切っている。

0-100km/hは2.9秒以下、最高速度に関しては350km/h以上というモンスターマシンに仕上がっているのだが、街乗りも運転しやすい「ストラーダ」、ワインディングロードなどを快適に走る「スポーツ」、サーキットなどを走行するための「コルサ」の3つのモードをセンターコンソールから自由に変更することができるようになっています。

アヴェンタドールの新車価格は4,317万円〜となっていて一戸建てやマンションが買えてしまうほどの価格となっています。相当なお金持ちでない限りとても購入することなんてできませんよね。

こんなスーパースポーツカーがレンタルできるところが北海道にありました。レンタル料金は6時間で420,000円とかなり高額になっているため簡単に乗れるような車種ではありませんが、お金を貯めてでもレンタルしてみたい車両ですね!

詳しい料金はこちら
6時間まで420,000円
12時間まで840,000円
24時間まで1,600,000円

レンタル料金はSERAMレンタカーより引用

出典:www.seram.co.jp

紹介しきれなかった車種

国産のコンパクトスポーツカーから世界のスーパースポーツカーまで日本国内でレンタルできる車種を厳選して紹介させていただきました。この他にも日本国内では下記のようなスポーツカーをレンタルすることができます。

・MITUBISHI ランサーレボリューション
・SUBARU インプレッサ
・NISSAN フェアレディZ
・HONDA インテグラ
・HONDA S2000
・アストンマーティン V8
・マセラティ グラントゥーリスモ
・シボレー コルベット
・etc...

などなどまだたくさんの車種があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
「このスポーツカーもレンタルができるんだ!」「この価格でレンタルできるなら今度借りてみよう!」と思っていただければ幸いです。この記事では実際に憧れであるスポーツカーを体験してみてスポーツカーの良さを知ってもらいたくて書いてみました。

近年では若者の車離れが進んでいますが、かつてスポーツカーに魅了された40〜60歳代たちがある程度年齢を重ねて金銭的に余裕ができた方達むけにスポーツカーブームが再来しています。各メーカーはスポーツカーの発表をどんどんしている状況です。この機会にぜひレンタカーでスポーツカーを体験してみてください!

また、レンタカーを借りる際には必ずレンタカー会社が用意してくれている「保険」に入りましょう。レンタル料金に含まれている場合もありますが、基本的には別料金になります。事故やトラブルに巻き込まれてしまった時に高級スポーツカーの場合の修理費などがとても高額になってしまいます。

もしもの時を考えて保険には必ず入っておきましょう!