覚えていて損は無い!万が一の「自動車 事故対応」

ドライバーではなくても、起こしたくも出会いたくもないのが「交通事故」。ドライバーなら、一度や二度は「ヒヤリ」とする場面に遭遇しているのではないかと思います。そして、事故を起こしてしまったら…そんな時のために、正しい対処法を覚えておきましょう!

事故を起こした! そんな時には「110」番

交通事故を起こしたとき、まずやらなければならないのは、運転している車を路肩に寄せることです。そして負傷者を確認しましょう。自分に怪我はないか、助手席は? 当てた相手は? と負傷者の救護を再優先に考えなければなりません。では、負傷者がいた時に、どうするのか。110番もしくは119番に通報してください。どちらに電話しても110番なら警察から消防へ、119番なら消防から警察へ連絡が入ります。

では、負傷者がいなければ? 110番への通報は必要です。もし相手が「これは警察は要らないよ」と言っても、保険金の支払いが受けられなくなりますから(「交通事故証明書」を交付して貰わないと保険金請求ができません)、絶対に連絡してください。負傷者がいる場合は真っ先に救護しますが、第一報を警察に入れた場合は救急車の必要なども同時に確認されます。(交通事故として救急車に連絡した場合は、消防署から警察に報告が入る仕組みになっています)。同じ理由で、単独事故でもドライバーには報告義務がありますから、絶対に怠らないことです。場合によっては警察から罰則適用されることもあるようです。

そして110番。場所や状況、負傷者の有無を伝えて下さい。伝え漏れがあれば、警察の担当者から質問がありますから、冷静に(というのが難しいでしょうが、深呼吸して少しでも落ち着く努力をしましょう)応えてください。

普段から、「保険証書」はダッシュボードに入れておこう!

次は、自分が加害者側かどうかです。加害者側なら保険会社へ連絡しなくてはなりません。そのためには、普段からダッシュボードに保険証券を入れておきましょう! と言うのも「証券番号」が保険会社への連絡に必要になるからです。円滑な対応をとって貰うためにも、普段から気をつけましょう。こです。

そして、連絡するときは事故現場の証拠保存を。できれば、警察が現場に来てくれる前に、相手の車や物の、そして自分の車や周囲の写真を撮影しておくと、後々、保険会社が調査するときに楽になると思います。また、保険会社に提出する書類を書くときにも、現場の状況を記入する必要がありますから、その時も役に立ちます。そして何より、その時に気を落ち着けることにも繋がりますから。できるだけ、記録を残すことに気を使いましょう。

事故を起こした時に「やるべき」こと、「やってはいけない」こと

そして重要な事は、
■ けが人の救護が最優先:けが人がいれば、必ず救急通報をし、必要なら応急処置をしておきましょう
■ その場で弁済などの約束をしない: 金額などは保険会社に任せましょう。
■ お互いの連絡先を交換しておく:お互いの氏名・住所・連絡先・勤務先は確認しておきましょう。また、ナンバープレートや相手の入っている保険会社(自賠責保険・任意保険の両方)も控えておくと良いと思います。確実に情報を交換しておきたい場合には、免許書番号・車検証も控えるべきです。
■ 謝罪の必要があれば、誠意をもって: 相手が怪我などを負っているケースでは、必ずお見舞いに行きましょう。物損だけならば保険会社の対応だけで済むことも多いのですが、人身の場合は、誠意をもった対応は事故加害者であれば必要です。
■ 私有地内での事故は:駐車場などで事故を起こした場合、事故対応などで迷惑を掛けますから、必ず土地の管理者に連絡をしてください。
これらの事は、必ず守ってください。

自分が事故の「被害者」になってしまったら

これまで、どちらかと言えば加害者側のことについて書きました。が、被害者側にも必要な対応があります(ただし、これから書くことの多くは、自分が動ける状況に限ります)。

まず、警察には必ず連絡してください。相手が連絡を渋っている場合などは、促すよりも自分で連絡した方が早い場合もあります。警察には、事故証明書を発行してもらいます。そして、相手の名前、住所、連絡先、車のナンバープレート、相手が加入している保険会社(自賠責保険・任意保険)などを確認しておきます。その後、事故現場を写真に撮るなどして証拠を出来るだけ残すようにしておくと良いでしょう。相手が渋っている場合は、警察の立会いの中で行った方が良いかもしれません。

もう一つは病院です。自覚するような症状が無くても、後から痛みなどの症状が出る場合もありますから、できるだけ速やかに受診するべきです。もし、何らかの症状があれば診断書、そして、領収書などは必ず保管して、示談の交渉に使ってください。また、その時点では何ら異常が無かったので診断書が出なかった場合などで、かつ、数日〜数週間で事故に関連すると思われる症状、例えば目眩いなどがあったら、やはり速やかに病院に行ってください。そして、診断書を貰ったら事故証明書を人身に切り替えてもらう必要がありますから、これを忘れないようにしてください。

なお、事故発生時に救急搬送された時などは、相手の連絡先が把握できません。が、相手などから適切に連絡が行われていれば、事故証明書に相手の連絡先などの情報が記入されています。

加入している保険の事を知っておこう!

「保険に入っているから大丈夫」と思っていても、それが適用されない場合があります。ですから自分が加入してる保険については正しく理解しておきましょう。

■ 自賠責保険
いわゆる「強制保険」ですね。自動車の所有者は必ず入っている必要があります。保険の対象は「人身損害」だけです。つまり、人身事故を起こした場合、相手の治療費は補償の対象になりますが、壊れてしまった自動車には補償がありません。また、自分が怪我を負っても対象とはならないのです。更に、支払いの上限補償額も低いため、裁判になって補償額を越える支払いが必要になった時には、自分で補填しなくてはなりません。この差額は非常に大きな金額になることが一般的ですから、任意保険に入ることを強くおすすめします。

■ 任意保険
プランは数種類ありますが、そのプランによっては手厚い補償を受けられる保険です。
上位のプランの場合、相手への治療費(人身事故)、相手の車の修理代(物損事故)、自分の車の修理代(車両保険)や自分の治療費(自損事故)も対象になります。そして、示談交渉も保険会社が対応してくれるため、裁判に発展するケースも比較的少なくなりますし、裁判に発展しても、その費用負担が保険会社に担ってもらえるなど、加入者としては大きなメリットがあります。もし、自分が加入している保険の補償内容を覚えていなければ、もう一度確認してみてください。

まとめ

任意保険は事故さえ無ければ、意味が無いかもしれません。でも、事故は予め分からないのです。もしかしたら、あなたが被害者になるかもしれませんし、逆に加害者になっていまうかもしれません。その「万が一」に備えて、できるだけ万全の任意保険に入っておくことをおすすめしたいと思います。