お手軽なものから水陸両用の本格的なものまで!オススメの4輪バギーを紹介!

普通自動車免許を持っている方であれば誰でも運転することができるバギー。舗装がされていない山道や砂地を力強く走れるモデルから最新の水陸両用モデル、一般道を走ることができるオススメの4輪バギーを紹介していきます。

4輪バギーとは?

バギーとは、舗装されていない山道や砂漠のような砂地などの悪路を走行するのに適した“自動車”のことをいいます。近年は雪道を走れるようにキャタピラが付いているバギーや水の中も走ることができるバギーも登場していて、多くの人を魅了しています。

4輪バギーの新車は50ccの一般的なモデル(中国製)であれば10万円台〜、メーカーモデル(国内製)で30万円台〜が相場となっており、趣味として購入するには少し高額になってるので何人かで共同購入をしてみんなで楽しむのがオススメです。

中古に関してはオークションで数万円から販売されていますので、見た目を気にしない方やある程度整備ができる方は中古で買うのがオススメです。

4輪バギーは普通運転免許で運転することができる?

4輪バギーは普通運転免許で運転することができます。ハンドルにアクセルやブレーキが付いているので操作方法はバイクに似ているのですが、タイヤが4つ付いていることから日本では自動車扱いとされています。

また、4輪バギにはAT車とMT車があるのでAT車であればオートマ限定の免許しか持っていない女性の方でも運転することができます。

一般道は走行することができるのか?

先ほどもお伝えした通り4輪バギーは自動車と同じ扱いになるので一般道を運転することができます。

しかし、注意しなければいけない点が2つあります。

日本国内で一般道を運転することができる4輪バギーはエンジンの排気量が「50cc」のものに限ります。
50cc以上のバギーを一般道で運転した場合には道路交通法違反で厳しく罰せられてしまうので、バギー走行が可能なサーキットやオフロードコースで乗りましょう。

もう1点ですが、4輪バギーは自動車の中の「ミニカー」という区分に分類されているため「高速道路」を走行することができません。こちらも走行してしまうと厳しく罰せられますので、絶対に「高速道路」の走行はしないようにしましょう。

一般道走行可!10万円以下で買える50ccのオススメなバギー

一般道も走行できる50ccのバギーを10万円以内(送料別)で探してみました。

普通運転免許で運転ができ、50ccなので車検や車庫証明書の手続きは必要なく、自賠責保険も原付と同じ扱いとなり、任意保険はファミリーバイク特約が利用できるお手軽なモデルを紹介していきます。

IceBear(アイスベアー) 四輪バギー ATV 50cc 前進1速 HL50BW

IceBear(アイスベアー) 四輪バギー ATV 50cc 前進1速バック付 ミニカー登録 公道走行可 白 HL50BW

¥98,000

販売サイトへ

前進1速 バックギア付きの4輪バギー入門モデルです。特にこだわりがなくできるだけ安く4輪バギーの楽しみたい方にオススメです。AT車なのでオートマ限定の免許しか持っていない方でも乗ることができます。

※組み立てキット商品なので、自分で組み立てることができる方か整備士のいるお店で組み立ての依頼をしてください。

IceBear(アイスベアー) 最新型四輪バギー ATV 50cc 前進3速バック付 HL50HW

IceBear(アイスベアー) 最新型四輪バギー ATV 50cc 前進3速バック付 ミニカー登録 公道走行可 白 HL50HW

¥108,000

販売サイトへ

前進3速 バックギア付きのMT車です。

オートマのバギーでは物足りない方には3速のMTバギーがオススメです。砂地や悪路でドリフト走行を楽しんだり、山道を走破したりアクティブに楽しみたい方にはこちらで十分楽しむことができます。

本格派!オフロードやサーキット走行を楽しみたい方にオススメなバギー

50ccのバギーじゃ物足りない!
もっと速いバギーがいい!
雪道や水の中などどこでも走れるバギーがいい!

上記のようなクレイジーな方のためにものすごいバギーを探してみました。50cc以上になってしまうので一般道は走ることができませんが、50ccでは感じることができない圧倒的なパワーを体験することができるでしょう。

グアッドスキー(Quadski) | 水陸両用!

アメリカ製の「Quadski」は水陸両用の4輪バギーです。陸上はもちろん水上も走ることができてしまうスーパーバギーです。バギーとジェットスキーが合体した乗り物だと思ってもらえば問題ありません。

「Quadski」は一般向けに販売もされているので誰でも購入することができます。気になるお値段についてですが、アメリカでは400万円前後で販売しているみたいです。普通の乗用車1台分、軽自動車であれば4台買えるような驚きの価格ですね!

日本でも正規販売が決定されているみたいですが、詳しい情報や値段については今のところ不明となっています。購入してみようと思った方はぜひ検索してみてはどうでしょうか?

どんな悪路も走破!Mini Ripsaw UNREAL

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/XKgi2g-uUBI" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]


バギーの車体にキャタピラが装着された車両になります。もはやバギーと呼べるのか疑問ですね。主に雪道を走るために作られたバギーとスノーモービルが合体した車両になります。

こちらの車両は普通のバギーと違ってハンドルを切っても曲がりません。戦車と同じ仕組みで左右のキャタピラの回転を調整することで曲がることができます。

例えば右側のキャタピラを止めると左だけが前に進もうとするので右側に曲がります。

こちらは一般販売しているかは不明ですが、1度は乗ってみたいバギーです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お手軽に買えるバギーから400万円以上するバギーまで世界中にはたくさんのバギーがあります。友達と楽しんだり趣味で乗る分には50ccのバギーで十分楽しむことができます。

普段から頻繁に乗るものではないので、何人かでお金を出し合って購入して週末にみんなで集まって乗れば安く手に入れることができます。この機会に手に入れてみてはいかがでしょうか?