【トヨタ AE86型カローラレビン】トレノだけじゃない!AE86レビンご紹介!

しげの秀一さんの漫画「頭文字D」の主人公・藤原文太と藤原拓海の愛車として人気の「ハチロク」です。彼らが運転していたのはスプリンタートレノでした。その兄弟車がAE86型カローラレビンです。レビンとは古英語で「雷」の意味です。直列4気筒ツインカムとFRで、雷のように鮮烈な走りをみせたAE86型カローラレビンご紹介します。

トヨタ AE86型カローラレビンとは?

AE86型トヨタ カローラレビン 3ドアハッチバック

トヨタ AE86型カローラレビンは、カローラレビンとして4代目のモデルです。1983年から1987年まで製造されました。同時にモデルチェンジしたカローラセダンやハッチバックのカローラFXがFFレイアウトを新採用したのに対し、カローラレビンは従来通りFRを採用しました。

従来のカローラクーペではホットバージョンにのみ「レビン」の名を与えていましたが、AE86よりカローラの2/3ドアクーペは「カローラレビン」に名称が統一されました。

しげの修一さんの漫画「頭文字D」では主人公の藤原文太と藤原拓海が兄弟車のAE86型スプリンタートレノを愛車としていたため、その影響でトレノとフロントマスクだけが異なりメカニズムが共通のAE86型カローラレビンも、AE86型スプリンタートレノ同様、今なお人気車種となっています。

トヨタ AE86型カローラレビン 主要諸元

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BBAE86

トヨタ AE86型カローラレビン 2ドアクーペ GT APEX(前期型)

トヨタ カローラレビン 1600GT APEX 主要諸元

車両型式 AE86
駆動方式 FF
乗車定員 5名
車両重量 940kg

車両寸法

全長 4,180mm
全幅 1,625mm
全高 1,335mm
ホイールベース 2,400mm

走行メカニズム

変速機 4速AT/5速MT
サスペンション(前) 
サスペンション(後) 
ブレーキ(前) ストラット
ブレーキ(後) リジット

トヨタ AE86型カローラレビン 搭載エンジン 主要諸元

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB4A-GE

T-VIS付き4A-GEエンジン
※トヨタ AE86型カローラレビン搭載状態

4代目カローラレビンの車両型式は、1,600ccエンジン搭載車が「AE86」、1,500ccエンジン搭載車は「AE85」でした。「AE86」型カローラレビンには新開発の直列4気筒ツインカム16「4A-GEU」が搭載されていました。

エンジンスペック

型式 4A-GEU
種類 直列4気筒DOHC
内径 81.0mm
行程 77.0mm
総排気量 1,587cc
最高出力 130PS/6,800rpm
最大トルク 15.2kg・m/5,200rpm

トヨタ AE86型カローラレビンのグレード展開

トヨタ AE86型カローラレビンには豪華快適装備の「1600GT APEX」、スポーツ走行に振ったスパルタンな「1600GTV」、ベースグレードの「1600GT」の3グレードがボディタイプに応じて展開されていました。3ドアでは「GT APEX」と「GTV」、2ドアでは「GT APEX」と「GT」が用意されていました。以下に「GT」をベースに追加された装備をご紹介します。

1600GT APEXの追加装備

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BBAE86

トヨタ AE86型カローラレビン 2ドアクーペ (前期型)

●60扁平タイヤ(195/60R14)
●ツートンカラー
●ブロンズガラス
●エアロダイナミックグリル(前、中期モデル)
●ビルトインフォグランプ(後期モデル)
●メーター照度コントロール
●エレクトロニック・ディスプレイメーター(クラス初装備)
●半ドアウォーニング
●ライト消し忘れウォーニング
●テール&ストップランプ断線ウォーニング
●回転数感応型パワーステアリング(レビン初のパワステ装着車)
●チルトステアリング
●シート上下アジャスター
●エアーランバーサポート
●分割可倒式リヤシート
●ワンタッチ式パワーウインドウ
●リやルームランプ
●スポーツシート

1600GTVの追加装備

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BBAE86

トヨタ AE86型カローラレビン 3ドアクーペ GTV(前期型) リアビュー

●60扁平タイヤ(185/60R14、195/60R14)
●3本スポークスポーツタイプステアリング
●分割可倒式リヤシート
●スポーツシート
●オーディオレス

「GT APEX」は豪華に快適性を高め、「GTV」はパワステ、カーラジオ未装着で軽量化と走行性能を高めたモデルであることが装備からもうかがえます。ちなみにエアコンは販売店装着オプションで、エアコンレスが標準状態でした。

トヨタ AE86型カローラレビンのエピソード

セダンがFF、ハチロクがFRになった理由

E80系カローラシリーズはFFとFRの2本立てでした。その理由は2つあります。

【理由その1】FFスポーツは未知数

走りを最優先したスポーツモデルであるカローラレビンです。要求される高い走行性能に対し、当時のFF駆動方式が対応できるか否か未知数でした。そのためAE86型レビン/トレノは、FRのままで残されました。

【理由その2】当時の生産工場の事情

FFとFRは同じラインでは製造できません。当時は小型車の駆動方式がFRからFFへの過渡期でした。そのため、当時は生産工場のライン改造を行っていました。市販車の発表スケジュールと生産工場改造のスケジュールが合わなかったことも、AE86型レビン/トレノがFRで残った理由の1つです。

レビンがロータスに?

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BBAE86

AE86型レビンのテールが流用されたロータス・エスプリ

当時トヨタと提携関係のあった英国ロータス社の「エスプリ」に、AE86前期型レビンのリアコンビランプが使用されていた。

出典:ja.wikipedia.org

【まとめ】86だけじゃない!トヨタ小型FRが復活?

2015年度東京モーターショーに出品された「トヨタ S-FR」(Photo by yino19700)

カローラシリーズ最後のFRとなったAE86型カローラレビンは、漫画の人気の影響もあってか、生産終了から30年近く経った現在でも根強い人気を誇っています。手軽なサイズのFRを熱望するファンの声は、確実にトヨタに届いています。

スバルと共同開発した小型FRスポーツカー「トヨタ 86」は、水平対向ボクサーエンジンを搭載して発売されています。さらにに2015年度の東京モーターショーでは、より小型のFRスポーツカーコンセプトの「S-FR」を出品されました。これからもトヨタの生み出すライトウエイトFRに期待ですね!