【ホンダ CBR400RR】ロングツーリングも出来るレーサーレプリカ

スプリントレースからロングツーリングまで、なんでもこなせるこの一台、ホンダ CBR400RR。1986年にデビューしたモデルですが、現在も人気となっています。今回はそんなCBR400RRのスペックや中古車価格、カスタム情報やインプレなども盛りだくさん!

ホンダ CBR400RRとはどんなバイクか?

CBR400RR(NC23)の販売期間は1988~1990年

CBR400RからモデルチェンジしたCBR400RR。先代ではフルカバードボディでしたが、CBR400RRではレーサーレプリカのスタイルとなりました。復刻して欲しいバイクとしても現在まで人気のあるモデルです。

もともと先代では高回転型エンジンでしたが、それをベースにさらに改良し、バルブ直押し式へと変更されました。CBR400RRのエンジンの見どころは、先代から受け継ぐカムギアトレーンエンジンです。チェーンを使用せず、カムギアによるダイレクトドライブによってハイレスポンスかつ高回転をスムーズに回せる特性となっています。通称は「ヨンダボ」

CBR400RRには「ホンダ初」が目白押し!

CBR400RR。この「RR」を初めて冠したのがこのCBR400RRです。ホンダのレーシングモデルといえばRRですよね? この由緒正しきネーミングは1988年からとなっています。さらに、ラジアルタイヤを標準装着したのもこのCBR400RRが初めてです。

それまでのバイアスタイヤにくらべて、ラジアルタイヤは、コーナリング時に変形することで、グリップを得やすい構造になっています。CBR400RRは、高性能エンジンはもちろん、コーナリングに掛ける技術にも注目したいところです。CBR400RRの開発時の「ダイレクトレスポンスハンドリング」そして「リアルレスポンスエンジン」というコンセプトをもとにしています。

このことからカッ飛びエンジンだけではなく、コーナリングなどにおいても総合的に操縦性を追求したことがわかりますね。現在でも人気のある理由は、この完成度の高さです。

CBR400RR(NC29)の販売期間は1990~2000年

CBR400RRとしては後期型となるNC29型。特にエンジンヘッド形状の変更などがあり、CBR400RRシリーズでは人気のモデルとなっています。タイヤサイズはフロント18、リア17だった前期型に対し、こちらはフロントリアともに17インチサイズに変更されました。よって前期後期の見分け方は、タイヤサイズとなっています。

後期型CBR400RRのエンジンの特徴は?

高性能エンジン

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/MrwAJ1I4sJU" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

CBR400RRのサーキット走行動画です。こちらも参考にしてください。

まず後期型CBR400RRがどのような技術を導入しているのかを説明します。このカムギアトレーン式のエンジンは、吸気ポートをφ29mmからφ26mmと3mm小さくしました。一般的に考えると、一見デチューンにも感じますが、小さくすることで吸気流速を向上させることができます。

これは庭にホースで水を撒くときなど、先端を指で摘み小さくすることで遠くまで、勢いよく噴射できる原理と同じです。また、フラットバルブ式のキャブレターや不等長エアファンネルなども採用することで、より吸気流速をアップすることに成功しました。このほかにもエアクリーナーボックス前に容量500ccのレゾネーターを用意し、高性能エンジンでは大きくなりがちな吸気音を下げています。

さらに燃焼室形状を見直し、ペントルーフタイプにすることで、混合気の燃焼効率もアップ。これらの技術によってハイレスポンスで、ハイパワーなエンジンに仕上げています。エンジンパワーは59PSを13,000rpmで発生させる、高回転型のセッティングです。高回転時の排気音はハイテクノロジーを感じるレーサーサウンドとなっています。

計算されたフレーム

バイクにとって意のままに操れる操作性は、走る楽しさに繋がりますよね。CBR400RRでは、ハンドリングの追求も欠かしておりません。そのためには低重心化を図るため、エンジン位置を低くコンパクトに設計。パーツ群を限りなく近づけることで、マスの集中化にも追求しています。

フレームは、剛性の必要な部分と、しなる部分、それぞれ役割分担させることでハンドリングの向上と、コーナリングスピードの追求を狙いました。

CBR400RRはサーキット走行でも現役です

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/uoo3ohik43Y" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

CBR400RRの走行動画です。参考にしてください。

車体への負担が大きく、整備状況などを問われるサーキット走行。そんな条件でもCBR400RRは現役でサーキット走行愛好家に親しまれています。2000年に製造終了したCBR400RRは、現在ではオーナー数も走行距離も経ているものが多いのですが、何事もなく激しい走行使用できるので、さすがホンダ! といった性能です。

CBR400RRはツーリングマシンにもおすすめ

後部シート下収納はおよそ4Lの容量があります。また、ヘルメットホルダーは2つ装備されているので、ツーリング時にも便利です。このようにCBR400RRは、レーサーレプリカとしてではなく、ツーリングマシンとしても使い勝手があります。街乗りなどでも扱いやすい性能があるので、一般道でも問題なく走行可能です。

エンジンなどのトラブルも少なく、製造終了からしばらく経つ現在でも、人気の理由の一つとなっています。

CBR400RRのスペック

CBR400RRのスペックには年式によって違いがある

CBR400RRは、前期型のNC23、そして後期型のNC29があります。CBR400RRシリーズのパワーは、スペック上で見れば1990年型のNC29がよりハイパワーとなっており、1993年には馬力規制によりパワーダウン(型式は変わらずNC29、パワーは53PS)を余儀なくされました。しかし、バルブタイミングの見直しや、圧縮比アップなどで性能の向上は図られているので、それぞれ長所があります。

CBR400RR(NC23)のスペック

型式:NC23
乗車定員:2人
全長:2.020m
全幅:0.690m
全高:1.110m
軸距:1.370m
最低地上高:0.120m
シート高:0.765m
車両重量:179kg
乾燥重量:162kg
燃費(km/L)定地走行テスト値:38.1(60km/h)
最小回転半径:3.0m
エンジン形式:NC23E(水冷4サイクル DOHC4バルブ 直列4気筒)
総排気量:399cm3
内径×行程:55.0mm×42.0mm
圧縮比:11.3
最高出力:59.0PS/12,500rpm
最大トルク:4.0kg-m/10,000rpm
キャブレター型式:VG04
始動方式:セルフ式
点火方式:フルトランジスタ
潤滑方式:圧送飛沫併用式
潤滑油容量:3.5L
燃料タンク容量:15L
クラッチ形式:湿式多板
変速機形式:常時噛合式6段リターン
フロントタイヤサイズ:120/60 R17 55H
リアタイヤサイズ:150/60 R18 67H

CBR400RRの最高速度は?

CBR400RRの最高速度は190km/hくらい

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/J9qBf1t0_nE" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

CBR400RRの最高速度はこの動画も参考にしてください。

CBR400RRでは190km/hあたりでリミッターが作動するようです。CBR400RRでは、年式によってはリミッターが付いていないモデルもある(前期型や後期型の一部)ことがわかっています。リミッターがなければ200km/hくらいは目指せそうですね。

CBR400RRの燃費は?

CBR400RRの実燃費は18~26km/Lくらい

高回転型エンジンのCBR400RRでの実燃費は18~26km/Lくらいとなっています。パワーやエンジン特性から考えれば燃費は伸びるようです。ちなみに経年劣化の影響もあり、燃費が全然伸びないと困っているオーナーさんも見受けられます。これは主にエアクリーナーやキャブレター内に蓄積した汚れの影響や、ゴムパーツなどのヒビや割れなどの影響と考えられ、メンテナンが必要です。

頑丈なCBR400RRでも、経年劣化には勝てないので、各部のリフレッシュをおすすめします。このようなCBR400RRは、パワーダウンも感じるはずなので、加速の悪さが気になる方も、メンテナンスの計画を立ててみてはいかがでしょうか?

CBR400RRとCBR600RRのカウルについて

CBR400RRにCBR600RRを装着する?

たとえばCBR400RRの250cc版である、CBR250RRには「CBR600RR外装キット」というものが、アフターパーツメーカーから販売されています。これを装着することで、CBR600RRのエクステリを手に入れることができるのですが、フルカウルであるCBR400RRでは、見た目をガラッと変えることが難しい一面も。

CBR400RRをネイキッドにすることも一つの手ですが、せっかくのフルカウルですからその利点は生かしたいところです。そこで2003年に販売されたCBR600RRの外装を、CBR400RRに載せてしまおう! と考える方は多く見られます。1980年代にデザインされたCBR400RRにくらべ、シャープなデザインとなり、現代風なエクステリアです。

CBR400RRにCBR600RRの外装はつくのか?

さてCBR400RRにCBR600RRの外装は取り付けられるのか、という問題ですが、これは「どうやらできるらしい」というちょっと曖昧な答えとなります。と、いうのもCBR400RRとCBR600RRは、同じホンダではありますが違う車種です。よって車幅などが違うため、ポン付けはさすがにできません。

しかし、インターネット上では、CBR400RRにCBR600RRのカウルをDIYで取り付けた強者が確認できます。ではどのようにやっているのか? というのが気になるところ。これといって設計図のようなものを公開しているわけではないので、ヒントとなってしまいますが、方法を紹介します。

CBR400RRはCBR600RRよりも少し小さいので、カウルの方が大きい状態です。よって取付部にステーが必要になります。ホームセンターで販売されているステーを使用することになると思いますが、取り扱いには十分注意したいところです。

というのも、長さなどの調整、加工しやすいステーでは、強度不足になることが考えられます。あくまでもカウルなので、走行風に耐えられる強度が必要です。逆に加工が困難なものでは、DIYでは扱いきれないことも。このことからカスタムショップに依頼することをおすすめします。

CBR400RRの中古車情報

CBR400RRの中古車は28~62万円

車両価格: 59万8,000円(消費税込)

CBR400RRの中古車流通量は少なめで、地域によっては入手困難な場合もあります。また、製造年数の短い前期型は少なく、後期型がメインの流通状況です。修復歴のあるCBR400RRは少なく、走行距離も30,000km台と落ち着いています。45万円を越えたあたりからより程度のいいCBR400RRが販売されており、50万円以上が極上車という状況です。

低価格帯では車体の傷みなどがあるようなのですが、機関良好となっており、走行には支障のないものが中心で販売されています。

ヤフオクでの落札相場は15~58万円くらい

オークションの特性上、落札相場には幅がありますが、CBR400RRは個人売買での取り引きもされています。やはり希少車なので、流通量は少ないにせよ、どの次期も出品はされている状況です。また、CBR400RRの特徴としては、ヘッドライトなどの保安部品を取り外し、レーサーマシンに改造されたものも多く取り引きされています。

趣味でサーキット走行を楽しみむユーザーが多いということを裏付けでもありますね。また、バイクイジりが好きな方には、不動車の出品もあり、それ相応の落札価格となっいます。

CBR400RRは頑丈だけど経年劣化には注意したい

もともとトラブルが少なく、致命的な故障も少ないCBR400RRですが、経年劣化には勝てません。そのためゴム系パーツ、電装系パーツの劣化によるトラブル報告が目立ちます。たとえばゴム系パーツでは、アイドリングが不安定になったり、スロットル操作に対しレスポンスが鈍ってしまったすることがあるようです。

これはキャブレターとインテークマニホールドを繋ぐインシュレーターと呼ばれるゴム製のパーツが、ヒビ割れを起こし、その隙間から二次エアを吸ってしまうことでこのような現象が起こります。CBR400RRでは定番のトラブルとなっているので、中古車購入時はインシュレーターの劣化具合にも注意して見ておきたいところです。

また、前期型のNC23では、レギュレーターと呼ばれる電装パーツは、故障が相次いだことがあるそうで、問題のパーツ部品と対策品の二種類存在します。対策品のレギュレーターには放熱用のフィンがついているので判断が可能です。こちらも合わせて確認しておくことをおすすめします。

CBR400RRを改造したい

音を楽しみ性能も向上したい:マフラー

手軽なスリップオンマフラー

ヨシムラ(YOSHIMURA) バイクマフラー スリップオン サイクロン SC カーボンカバー CB400SF[NC39](99-06) CB400SF[NC31] (92-98) CBR400RR(90-99) 110-445-5492 バイク オートバイ

¥53,077

販売サイトへ

2000年に製造中止されたCBR400RRの社外マフラーは、入手が難しそうなイメージがあります。しかし心配はご無用! CBR400RR(NC29)はサイレンサー部のみ交換するスリップオンタイプであれば、CB400SF(NC31、NC39)のものと共有可能です。

CBR400RR用で調べると正直なところ対応マフラーの数は限られてしまい、気持ちが下がってしまった方も、この方法で探せば装着可能マフラーの多さに安心すると思います。有名ブランドはもちろん、ノーブランドまで幅広い選択肢となります。

本格的なフルエキゾーストマフラー

RPM CBR400RR マフラー DUAL (デュアル) 右2本出シ CBR400RR (90-99) RPM 2014

¥143,639

販売サイトへ

エキゾーストマニホールド部分からテールエンドまで、新設計されたフルエキゾーストマフラー。排気効率を見直すことによって、エンジン出力アップも可能です。CBR400RR専用設計となっているので、レーシーなデザインも多く、ドレスアップ効果も期待できます。フルエキゾーストへの交換時は、キャブレターのセッティングも同時におこなうことで、より効果が体感できますよ。

RPM CBR400RR マフラー DUAL (デュアル) 左右出シ CBR400RR (90-99) RPM 2016

¥143,639

販売サイトへ

フルエキゾーストのいいところは、CBR400RRの専用デザインであることです。片側2本出しや、左右出しなど、レーシーなタイプを装着すれば気分も違いますね! 現在ではあまりCBR400RRの専用マフラーの販売をしているメーカーも少なくなってきました。在庫も限られているので、気になったマフラーは迷わず手に入れておきたいところです。

もしも好みのマフラーがない場合は、マフラーメーカーに直接交渉し、過去モデルの復刻や、オリジナルマフラーのワンオフ注文なども可能となっています。

新品交換で不安を解消:フューエルコック

燃料コック フューエルコック ホンダ 社外品 + LEDミニライト 付き (CBR400RR NC23 NC29 CB-1 NSR250)

¥2,680

販売サイトへ

古くなったフューエルコックでは、パイプ内にサビやゴミが詰まることで燃料の流れが悪くなり、加速の悪化やエンジン停止の原因になるなど、不安要素があります。頻繁に交換する必要はありませんが、これまで一度も交換されていないような場合は、一見健康そうでも交換することがおすすめです。

エンジンのフケが悪い、始動性が悪いなどはこのフューエルコックも疑うといいですよ。ゴミを取る効果もあるので、エンジン内部をクリーンに保ちたい方も交換を考えてみてはいかがでしょうか? 上記の商品は汎用品なので、取り付けには加工が必要となっているので注意してください。

不慮の転倒に保険に:エンジンスライダー

R&G(アールアンドジー) クラッシュプロテクター ブラック CBR400RR(NC29) RG-CP0014BL

¥11,880

販売サイトへ

フルカウルタイプのCBR400RRでは、立ちごけなどちょっと転倒するだけでも被害は大きくなってしまいます。プラスチック製のカウルは一瞬にして割れてしまうはずです。また、レバーの折れやウインカーの破損など、ご自身の意思とは裏腹に愛車は傷つく一方。

そんな被害を最小限度に抑えるのがこのエンジンスライダーです。車体の横に取り付けることで、地面との隙間を作り、パーツの接触を抑えてくれます。さらに転倒時、エンジンスライダーを取り付けておけば、リアタイヤが浮くほど地面に横にならず、起こしやすくなることも。

なにかと転倒時は焦ったり、なかなか起き上がらないと二次災害も考えられます。エンジンスライダーは付けておいてもデメリットが少なく、ドレスアップパーツにもなるのでおすすめです。

やっぱりきれいが一番:外装セット

CBR400RR NC29 用,外装セット repsol レプソル

¥50,800

販売サイトへ

純正新品パーツの入手が困難な外装セット。CBR400RRのカウルはプラスチックパーツなので、経年劣化が否めません。また、割れやヒビなどがあれば、修復することも難しい一面があります。実際に傷んだ外装に悩まされているオーナーさんも多いようですが、新品外装セットを装着すれば一発解決! また、デザインを変えるなど楽しみもあります。

TCMOTO 塗装済み 外装セット Honda CBR 400RR CBR400RR NC29 フルカウル キット

¥43,469

販売サイトへ

新品外装セットにはデザインやカラーがいくつか用意されています。好みの合わせてチョイスしてみてはいかがでしょうか?

LEDテールで新車風に:テールレンズキット

CBR250RR CBR400RR NSR250R LEDテール ウインカー内蔵 スモーク

¥5,292

販売サイトへ

現代車っぽいLEDウインカーも販売されています。こちらはテールランプにウインカー機能も備えているので、ウインカーレス化も可能です。

扱いやすさとドレスアップに:可変レバー

可倒式アジャストレバー ブレーキ&クラッチセット レバー色:ブラック アジャスト色:レッド (CB400SS)/(CBR400F)/(CBR400R NC23 86-87)/(CBR400RR NC23/NC29 88-97)/(CBX400F)/(VFR400/RVF400 NC30/NC35)/(VT400S/750S)/(シャドウ400/600/750)/(シャドウ1100/1100クラシック 95-07)/(スティード400/600)

¥11,880

販売サイトへ

レーサーレプリカながらも、ライディングポジションが快適なCBR400RR。さらなる操作性向上のために、ジャストサイズのブレーキ、クラッチレバーはいかがでしょうか? グリップまでの距離や、上下の角度など細かく設定できます。好みの位置に合わせることで、楽しさもアップしますよ。

CBR400RRのインプレ

疲れにくいシート

燃費最高
あんがい疲れない。お尻も痛くならない。
足つきべったり。身長170で

出典:www.bikeyard.jp

レーサーレプリカの泣きどころとして挙げられるのが、薄くて硬いシートです。しかしCBR400RRでは、ライディングポジションも相まって、ロングツーリングでも疲れにくく、お尻の痛くなりにくいとのレビューも見られます。

やっぱりツーリング向きかも

燃費が良い。しかもレギュラーガソリン。財布にやさしい。
小物入れに合羽が入る。

出典:www.bikeyard.jp

ハイパフォーマンスモデルでは、ハイオクガソリンが一般的ですが、CBR400RRはレギュラー仕様です。さらに低燃費エンジンなのでレーサーレプリカながらも経済的。後部座席の下には4Lの小物入れがあり、これが利便性に貢献しているようです。通勤にCBR400RRを使用する人も多いので、使い勝手もよく、ツーリングにもおすすめとなっています。

ポジションの評判もGOOD

低い車体で足つきも良くスタイリッシュ。
スポーツのわりにポジションがきつくなく、燃費が非常に良いため、長距離も楽。
同クラスのネイキッドよりレスポンスがよく速い。

出典:www.bikeyard.jp

見た目によらず、ライディングポジションのいいCBR400RR。多くの方が太鼓判を押しており、長距離ツーリングも楽にできると感じています。シート高は0.765mと低く、足つきもいいので安心ですね。このようにCBR400RRは初心者に優しい条件を備えています。

経年劣化には覚悟が必要

トルクがもう少しほしいかな。
通勤最速ですがね。乗り方の問題かな、曲がらない。
チョークレバーが固定できない。ずっと持ってないと落ちてくる。

出典:www.bikeyard.jp

チョークレバーが固定できないなど、各部の経年劣化による影響は覚悟しなければいけません。そのほかサビによるボルトの固着で、メンテナンス作業に悩まされることもあります。また、古さゆえに補修パーツの確保も困難に。CBR400RRはちょっと年式の古いバイクと同じ感覚では維持も難しくなります。

修理費用、メンテナンス費用、トラブルなど、一般的なものよりも多く見舞われることを想定しておいてください。とはいえエンジン本体が壊れるといった致命的なトラブル報告は少ない車種です。

真夏は熱がこもりやすい

非常に熱い。真夏の長時間運転は危険。

出典:www.bikeyard.jp

フルカウルマシンの宿命ともいえますが、真夏は熱がこもりやすく、特に渋滞に巻き込まれると熱がさらにこもってしまうようです。また、真夏の渋滞には弱いようで、水温も上がりやすいなどの弱点があります。このことからオーバーヒートのリスクはあるようです。

CBR400RRのまとめ

現在も大注目のCBRシリーズ。中でもCBR400RRは発売当時大ヒットしたモデルで、現在でもその人気がうかがえます。サーキット走行やワインディングを得意としながらも、ロングツーリングまでこなせるオールラウンダーです。現代の400ccでは体感できない高性能な高回転型の4気筒エンジンをこの機会にいかがでしょうか? 普通二輪免許(中型バイク)ながらも600ccクラスの性能を楽しんでみてください。旧車ですがとても手軽に扱えますよ!