初の国産リムジン、初の国産御料車「プリンスロイヤル」を知ってますか?

プリンス自動車。かつての日本にあった自動車メーカーですが、その系譜はスカイラインに引き継がれ日産の一部となっています。そんなプリンス自動車が作っていた超高級車「プリンスロイヤル」。その名前は知らなくても、昔のニュース画像などで見たことがある人が多いはず。今日は、そんなプリンスロイヤルについて調べてみました。

「プリンス自動車」というメーカーがあった時代

日産への吸収前にも消えていた「プリンス」の社名

まずは「プリンスロイヤル」の生みの親、プリンス自動車についておさらいをしましょう。

プリンス自動車は1947年され、1966年に日産自動車に吸収された自動車メーカーです。今も、日産の販売系列に「日産プリンス◯◯販売」と文字通り「名残り」があるのですが、会社としては吸収の段階で消滅しています。日産の吸収以前にも一度「プリンス」の社名が消えたことがありました。

プリンス自動車は1947年「東京電気自動車」として設立されています。この会社の母体は立川飛行機(戦前、戦中の飛行機メーカー。陸軍の戦闘機「隼」などの名機を送り出しています)でした。この東京電気自動車が1952年に「プリンス自動車工業」へと社名変更をします。が、1954年、プリンス自動車工業にエンジンを供給していた富士精密工業と対等合併をします。ただ存続会社は富士精密工業だったため、プリンスという社名が、この時点で消滅していたのです。ちなみに、この富士精密工業の母体は「中島飛行機」、隼の開発から携わった飛行機メーカーでした。名機「隼」の縁だったのでしょうか?

天皇陛下に影響を受けた「プリンス」の社名復活

この後、1961年に富士精密工業はプリンス自動車工業へと名を改めます。ここで「プリンス」の名が復活するのです。

プリンスは、その最初の社名が示すように電気自動車を作っていました。これが「たま」という自動車で立川飛行機らしく立川周辺の地名「多摩」に由来しています。この電気自動車は、今の「エコだから」という理由ではなく、ガソリン車に比べ燃料費や車両価格での競争力がセールスポイントだったようです。しかし、1950年に朝鮮戦争が起きるとマーケットの状況が一変します。電気自動車のバッテリーには大量の鉛が必要でした。ところが、この鉛が戦争の影響で価格が高騰してしまうのです。これで電気自動車の価格競争力が一気にさがります。後のプリンス自動車は、ガソリン車に乗り出す必要に迫られたのでした。そして、その時にガソリンエンジンの供給元となったのが富士精密工業だったのです。

1952年、はじめてのガソリン自動車をセダン、そしてトラックとで発売開始します。当初は東京電気自動車の時と同じ「たま」が予定されていたそうですが、当時の皇太子殿下(現在の天皇陛下)が成人を迎え「立太子礼」を行うことが判っていたため、それにあやかって「プリンス」と命名しています。また、この時に会社名も「プリンス自動車工業」へと変えたのでした。その後、1957年に初代スカイライン、1959年にグロリアと、その後も日産に引き継がれた名車を開発しています。

開発から引退まで。「プリンスロイヤル」の歴史

初の国産「御料車」として開発されたプリンスロイヤル

名機「隼」の血を引くプリンス自動車が手がけた国産のリムジン車がプリンスロイヤルです。この開発には深く皇室、いや天皇陛下が関わっていると言っても良いかもしれません。
1913年から馬車に代わり自動車が御料車として自動車が導入されます。この時から御料車はすべて輸入車でした。しかし、戦争も終わり、日本の自動車の技術力が上がる中で、自動車業界や政府が御料車の国産化を図ります。そのため、宮内庁から自動車工業会に対してリムジン開発が依頼されたのです。

当然、どのメーカーが担当するかが問題になります。ただ、この時、当時、皇太子殿下だった天皇陛下が間接的な形で影響したと言われています。実は、天皇陛下は最近の映像でもあったようにドライブがご趣味です。と同時に、あの立太子礼に合わせて「プリンス」と名付けられたプリンス・セダンがプリンス自動車工業から献上されていたので、プリンス自動車工業の初代スカイラインや2代目グロリアを愛用されていたのです。また、プリンス自動車工業は宮内庁への公用車納入実績も多かったことなどもあって、実績面、技術面でも問題無しということで、プリンス自動車がリムジン開発を担当することになりました。しかし、この開発担当が決まったのは1965年。翌年には日産に吸収されてしまいます。そのため、完成・納入時の時点では、「プリンス」という社名は無くなっており、車名は「日産・プリンスロイヤル」になっています。

トラックチームが開発した「プリンスロイヤル」

この開発チームは、実はプリンスの中の乗用車担当チームではありません。この乗用車担当チーム(スカイラインの父、桜井眞一郎氏が率いたチームです)は、一般乗用車の開発中だったので、プリンスロイヤルはトラックなどの商用車チームが担当しました。ただ、これはリムジンには有利だったようです。商用車は頑丈さが求められます。リムジンの場合、一般乗用車よりも車重が重くなります。そのため、この頑丈さへの知識が活かされるのは必然です。そして、開発中にも補強材の追加などが起こり、当初の想定よりも車重増えていっても、それが開発計画に影響しないよう配慮が行われた設計がされていたそうです。

こうして、順調に設計・開発が終わったものの、会社は吸収されてしまいます。それでも日産が「プリンスロイヤル」としたのは、やはり受注したプリンス自動車工業に敬意を表したものだと言われています。

40年間、天皇陛下に仕え続けた「御料車」

プリンスロイヤルの最終的な生産台数は7台。一般向けの販売は1台もありません。納品先は、開発を依頼した宮内庁、そして外務省が1975年の大阪万博での国賓送迎車両として2台導入しています。

昭和天皇・天皇陛下と2つの時代で御料車として使われたプリンスロイヤルですが、月日が経つにつれやはり老朽化や維持が困難な状態に入ってきます。2004年、ついに日産自動車から宮内庁に段階的に使用を停止するように要請が行われます。それを受けた宮内庁は2005年、プリンスロイヤルの後継車としてトヨタ・センチュリーの導入を決めます。こうして、現在では御料車だったプリンスロイヤルのうち1台が昭和記念公園の「昭和天皇記念館」に展示されているという状態で、センチュリーに御料車の座を譲り終えています。

まとめ

このために開発されたV型8気筒OHV W64型6,473ccのエンジンを積み、3トンを超える重量級車体と、日本で開発された最高級の車両であり、最大級の車両がプリンスロイヤルでした。パレードでの低速走行のためのオーバーヒート対策、故障などでの走行不能を防ぐためにブレーキや燃料系統を2系統にするなど、御料車として考えうる最大の配慮がされていたそうです。

そんなプリンスロイヤルは、既に実車が走っている姿を見ることはできませんが、「プリンス」の名前とともに日本人の記憶に残り続けるのではないでしょうか。