スーパーカー勢揃い!東京インポートカーショーとは?

「東京インポートカーショー」は、日本で唯一の輸入車を集めた大規模なモーターショーです。期間中は、新型モデルや特別仕様車、往年の名車の展示をはじめ、各オーナー自慢のカスタムが施された輸入車愛好家のファンミーティングなどが開催されます。世界中から夢のスーパーカーが集まるイベントについて紹介していきます。

夢のスーパーカーが集まるビッグイベント!

画像はプレスリリースより

東京インポートカーショーは、その名のとおり年に一度開催される日本で唯一輸入車だけを集めたモーターショーで、毎年2万人を超える来場者がある人気のイベントです。
輸入車の新型モデルをはじめ、スペシャルモデルや貴重なヴィンテージカーの展示をはじめ、大規模なオーナーズミーティングも開催され、会場では日頃なかなかお目にかかることのできない貴重なスーパーカーが間近で見られるモーターショーです。
2015年は、「S.I.S スペシャル インポートカーショー プレミアム 2015」として6月5日(金)から7日(日)までの3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されました。

画像はプレスリリースより

2015年6月3日から5日まで開催された「S.I.S インポートカーショー・プレミアム 2015」の公式WEBサイトです。

2015年のインポートカーショーで行なわれたイベントは?

輸入車インポーターなどブース出展

インポートカーショー・プレミアム2015の会場内では、メルセデス・ベンツやフォルクスワーゲン、ジャガー、ランドローバー、アストンマーティン、ベントレーモーターズ、テスラモーターズなどの輸入車正規インポーターをはじめ、アフターパーツメーカーなどがブースを設けられ、各社の最新モデルやトレンドのカスタムパーツなどを披露。なかには日本に数台しかない貴重な輸入スーパーカーをはじめ、会場でしか見られない貴重な特別仕様車なども展示されました。

最新モデルから往年の名車まで展示

会場内では、スーパーカーの代名詞ともいえるイタリアの名車ランボルギーニ・カウンタックをはじめ、アメリカのクライスラー社のダッジ・チャレンジャー、ダッジ・チャージャー、さらには漫画『サーキットの狼』の主人公・風吹裕矢の愛車としても有名なイギリスのロータス・ヨーロッパのレース仕様車ロータス47などの往年のヴィンテージカーも展示され、クルマファンの羨望を集めました。

1/24 サーキットの狼シリーズNo.13 ロータスヨーロッパスペシャル 風吹裕矢

¥1,980

販売サイトへ

フォルクスワーゲン&アウディのカスタムギャラリー

インポートカーショー・プレミアム2015では、会場の中央にVW(フォルクスワーゲン)とAUDI(アウディ))のカスタムカーだけを集めた特設コーナーが設けられました。
これは、日本国内にあるフォルクスワーゲンやアウディ専門ショップにより、US風カスタム、欧州チューン、JAPANオリジナルのモデファイ、サーキット用チューンナップなど、それぞれのショップ自慢の個性あふれるカスタマイズされたスペシャルカーが披露されました。

輸入車オーナーによる大規模ミーティング開催

インポートカーショーでは、輸入車の関連企業だけでなく輸入車を所有するオーナーが一堂に会して、それぞれ個性豊かにカスタマイズされたフェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーを披露するオーナーズミーティングも開催されます。

S.I.Sスペシャル・インポートカーショー・プレミアム2015の初日の6月6日には、BMWやアウディ、フォルクスワーゲン、さらには19889年以前に製造されたヴィンテージカーが集まるオーナーズミーティングも開催されました。東京ビッグサイトの西館屋外展示場には、約200台もの輸入車が集結しました。

そして、S.I.Sスペシャル・インポートカーショー・プレミアム2015の目玉イベントともいえるのが、最終日に行なわれた「お台場・スーパーカーミーティング」です。

日本を代表するスーパーカーオーナズクラブとして名高い「A-team」や「諸星一家」などのをはじめ、「LB★WORKS(リバティウォーク)」チーム、ロータス・ヨーロッパやエスプリを中心としたグループ・ロータス・ジャパン・レーシングなど、オーナーズクラブがお台場に大集結しました。
さらにスーパーカー&プレミアムカーマガジン『ROSSO』の読者を中心とした一般ユーザーもミーティングに参加し、総勢200台を超える「カスタム費用を含めて、いったい総額はいくら??」と思わず目がくらむような色彩豊かに個性的なスーパーカーが大集結しました。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/zAT2TjzJyfw" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

日本を代表するスーパーカーオーナーズクラブのひとつ「世界最強 諸星一家」。
ランボルギーニをはじめとするスーパーカー、個性豊かにカスタマイズされ、見る人を魅了します。

そして、このスーパーカーミーティングの一番の見どころは、イベント後の会場から退出シーン。「退出パレード」ともいわれ、1台数千万円とも言われる夢のスーパーカーが次々と爆音を上げながら会場を後にしていくシーンは、クルマファンなら誰しも童心にもどって「いつかは乗ってみたい」と思うこと間違いありません。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/3c5mmTvDNSs" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

インポートカーショーでも人気のスーパーカーミーティング後の退出シーン。
爆音を轟かせながらお台場を後にしていく姿に圧倒されてしまいます。

東京インポートカーショー まとめ

日本で唯一の輸入車だけのモーターショーということで、開催を重ねる毎に規模も注目度も高まる東京インポートカーショーは、クルマの展示だけでなく、全国B級グルメを集めた屋台村広場も設けられ、子どもを連れて親子で1日楽しめるイベントになっています。子どもの頃に憧れたスーパーカーが、間近に見られるとあって、子どもよりもお父さん方の方が、興奮しそうですね。

画像はプレスリリースより