【フュージョン 中古】ビンテージな雰囲気が大人気なスクーター

ビンテージバイクを想像すると、ネイキッドバイクやアメリカンなどが定番ですが、フュージョンはスクーターとしては唯一といっていいビンテージスタイルのスクーターです。今回は中古車相場や、中古車選びのポイント、ヤマハ マグザムとの比較もあるので参考にしてくださいね!

ホンダ フュージョン の中古車相場

フュージョンの中古価格は?

車両価格: 29万1,600円(消費税込)

全国的に中古車流通量はそこそこあるフュージョン。たとえば大阪では、ノーマルからカスタムまで販売されているようです。中古車価格は一時期にくらべれば落ち着いたもので、4~30万円となっています。10万円以内でも、ボディの傷みを気にしなければ十分な中古車選びができるはずです。樹脂ボディのため、傷が目立ち安く、割れやすいのがフュージョンの宿命となっています。

10万円台は、リアボックス付きや、そこそこ程度のいいフュージョンです。カスタムシーンでブームとなったことから、フルノーマル車の数は少ない状況でもあります。20万円台の流通は少なく、極上車ばかりです。ワンオーナーの低走行車が30万円で販売されているなど、プレミア価格で取引されていることがわかります。

フュージョンのカスタム車の中古価格は?

車両価格: 29万2,000円(消費税込)

ノーマル車よりも流通台数の多いフュージョンのカスタム中古車。中古価格は13~32万円となっています。基本的な改造内容は、マフラー交換程度で、そのほかステップボード、ローダウンあたりが定番のカスタムです。また、20万円台では、フルペイント済みなどで、きれいなものが中心となっています。低走行や、駆動系OH済みなどが高値を付けているようです。

フュージョンのカスタムパーツ

リフレッシュとイメチェンに:インナーカウル

ホンダ フュージョンMF02 ベージュ インナーカウル セット 1式

¥16,250

販売サイトへ

経年劣化が予想されるフュージョンのインナーは、樹脂製なので、傷が気になる場合は交換がおすすめです。純正パーツを交換するだけでリフレッシュできるで、とてもお手軽な方法となっています。大きなプラモデル感覚で作業できるので、楽しめると思いますよ。

排気音量アップに:社外マフラー

リアルスピード: 89.1φスラッシュ フュージョン用マフラー (ステンレス)

¥12,000

販売サイトへ

純正マフラーでは音量が大きくならないように消音効果のあるものが採用されていますが、カスタムベースとなることの多いフュージョンでは、社外マフラーに交換する予定の方も多いはず。音量も大きくなり、色も純正にはないような、シルバーカラーの映えるデザインでドレスアップ効果もあります。

走行風を抑えて快適ツーリング:大型スクリーン

GIVI(ジビ) D182S スクリーン フュージョン(〜'06) 93961

¥16,046

販売サイトへ

純正ではちょっと控えめなスクリーンが装着されていますが、大型なタイプに交換することで、走行風を抑え、虫や雨の攻撃から身を守ることも可能です。バイクとって風を感じることは魅力でもあり、大敵でもありますよね? 特に冷たい風を感じる冬では、芯まで冷やされる思いをします。大型シールドに交換することで、少しはましになりますよ。

マグザムなどの中古車とくらべてみる

マグザムの中古車価格は8~56万円

車両価格:10万9,800円(消費税込)

現在も新車販売されているマグザムは、流通台数も多く、販売店によっては10万円以内の値段が付いているところもあります。また、中古車の選択肢も多く、低走行車や、カスタム車など、さまざまなマグザムが販売されている状況です。

フュージョンの中古車にくらべマグザムの中古車の方が割高

年式的に新しいマグザムの方が、同じ程度でも中古車価格は+3~5万円ほど高いように感じます。しかし、全国的にマグザムの中古車流通量の方が多いので、手に入れやすい状況です。

フュージョンは故障を気にしないといけないかも

経年劣化の関係で、電気系統の故障報告の多いフュージョン。エンジン停止などに繋がる故障は少ないものの、メーターやヘッドライトなどの不点灯対策はしておく必要がありそうです。

フォルツァの中古価格は8~28万円

車両価格: 25万円(消費税込)

2000年に登場したホンダのビッグスクーター、フォルツァの中古車流通量はフュージョンにくらべて多く、現在も新車販売されているので、入手難易度は低めです。また、年式もそれほど古くないので、経年劣化の心配もありません。見た目の好みが別れるところですが、利便性や安心感などはフォルツァに軍配が上がります。

フュージョンの中古を購入時の注意点

アイドリングを確かめる

経年劣化によって、アイドリングが安定しないフュージョンがあるようです。その原因としては、キャブレター内の汚れや、オートチョークの故障が考えられます。もともと故障率の低い車種ではありますが、さすがに経年劣化の影響が考えられるので、中古車購入時は注意してください。また、キャブレターオーバーホール済みのフュージョンであれば安心ですね。

修復歴のあるフュージョンはおすすめしない

一時期バイクショップから姿を消すほど大人気となったフュージョンでは、修復歴のあるものも数多く出回っています。このことから、修復歴の確認がおすすめです。修復歴のあるフュージョンは、まっすぐ走らない、左右どちらかに曲がっていくなどの不具合が発生することがあります。そうなると楽しめなくなってしまうので、必ずリスクの少ない修復歴のないフュージョンが購入をおすすめです。

ホンダ フュージョンのまとめ

近未来的なデザインが、逆にレトロな雰囲気を醸し出すフュージョン。一世を風靡した大人気モデルで、現在も根強いファンに支えられています。中古車流通量は年々減少傾向で、プレミア価格での取引もされるなど、フュージョンの中古車環境も変化しつつあるようです。程度のいいものも減っているようなので、気に入ったフュージョンがあれば率先して購入してみてはいかがでしょうか?