戦後日本の一時代を築いた名車「日野ルノー」を知っていますか?

「日野ルノー」。聞き慣れない名前と思った方が多いと思います。今ではバス・トラックの最大手「日野自動車」が手がけた1950年代の名車です。今日は、この「日野ルノー」についてお話ししたいと思います。

日野ルノーって「何?」と思った方へ

「日野自動車」と訊ねれば、誰もが知っているバス・トラックを製造するカーメーカーですね。しかも、業界最大手。そしてルノーと言えば、こちらも泣く子も黙るフランスのカーメーカー。この2つが合体した「日野ルノー」と訊いたら、最近では企業合併も激しい世の中ですから、「えっ、日産の次は、日野自動車がルノーの傘下に入ったの?」と勘違いされてしまうかもしれません。

でも、違います。「日野ルノー」、正しくは「日野・ルノー4CV」は日野自動車がかつて製造していた乗用車なのです。

日野ルノーの母体「ルノー4CV」とは

日野・ルノー4CV。1953年からルノー公団からの協力も得てライセンス生産を開始した乗用車です。では、その4CVについて、少し簡単な説明をしておきます。
1946年から製造を開始、水冷直列4気筒OHVエンジンのFR。FRは既にフォルクスワーゲンの影響があったと言われています。第二次大戦が終わったばかりのフランスですから、当初は売れ行きも良くなかったのですが、1949年には年間で37,000台が売れるヒット車種になります。

終戦直後から「大型車両」を作っていた日野自動車

対する日野自動車ですが、母体である「東京瓦斯工業」の時代、1917年に大阪砲兵工廠から陸軍制式四屯自動貨車5台の試作を進められます。これに並行する形で、TGE-A型トラックを自主開発も手がけました。そして戦争が集結直後の1946年に、日野産業としてセミトレーラートラックT10B + T20型し、続く1947年には日野T11B+T25型トレーラーバスを生産しています。このトレーラーバス、96人乗りの巨大なバスで、車輌が本当に不足していた時代、当時の公共交通機関としてはとても優秀なマシンだったようです(写真は、更に翌年48年に開発されたT26型)。戦後の混乱期の中、全国のバス業者から重宝され、導入が進んだのですが、その中の1社、東急電鉄では1948年に導入し「最大定員150人」と報道されたそうです。少し、計算が合いませんが…混乱期だったのでスルーされたのでしょうか?

そんな中、当時の通産省が将来の国産自動車の開発生産を推し進めるため、海外からの技術提供を受け、徐々に国産化をすすめようとした制作の中で進んだのが、日野自動車とルノーとの提携だったそうです。

タクシー業界に大モテした「日野ルノー」

こうしてルノーとの提携を行った日野自動車は、日野ルノー4CVを1953年から生産開始します。当初はルノーから調達した部品が多用されましたが、5年後の1958年には完全な国産化を達成します。そして、1961年に本国フランスで4CVの生産が終了した後、1963年まで生産が続けられました。

この車体、全長 3,685mm、全幅 1,435mm、車両重量 600kgと、フランスルノーよりも若干サイズアップしているようですが、ほぼ軽と変わらない大変コンパクトなものです。そのため、日本の道路事情にもマッチしていた上、日野自動車が足回りやエンジンを改良し悪路にも耐えられるようにしていました。コンパクトな車体ながら、エンジンがリアマウントされたおかげで、車内空間は広くとられていました。このため、タクシードライバーに人気があったそうです。以前、かなりご高齢のタクシードライバーの方に載せて頂いた時「昔はルノーで走っててさ」と言われ、「ずいぶん、贅沢な時代だったんですね」と会話をした事があったのですが、そのルノー…もしかしたら日野ルノーだったのかも知れませんね。

「日野ルノー」、後進に道を譲る

そんな日野ルノーですが、1963年に生産終了の時を迎えます。日野自動車が新型車「コンテッサ」を1961年に発売し、言わば後進に道を譲った形です。このコンテッサは、やはり日野ルノーで培った経験と技術を基盤にして開発された乗用車で、そのためエンジンは同じくリアマウントになっていました。翌1962年には「コンテッサクーペ」が試作され、「亀の子」と相性をつけられた日野ルノーとは逆に流麗なイタリア風の流麗なデザインが取り入れられ始めます。サイズも大型化され、当然、日野ルノーよりもタクシー業界含めてコンテッサへと人気が入れ替わっていったようです。

こうして約10年の「亀の子」の歴史が終了します。

名車「コンテッサ」と日野自動車の乗用車の終焉

そして、日野ルノーの後継となったコンテッサですが、1962年にコンテッサ900が、国内ツーリングカ-レースの700cc-1,000ccクラスで優勝、さらに翌1963年にもコンテッサ900が、第1回日本グランプリの1300cc以下国内スポーツカーレースで欧州車を押さえて2位に食い込むなどモータスポーツシーンで華々しい戦果を挙げています。

その一方で、このコンテッサは日野自動車にとって唯一の独自開発乗用車となってしまいます。というのは、1966年に日野自動車はトヨタと業務提携を行った影響があったのです。トヨタは既に乗用車で群を抜く大企業、それに対しての日野自動車の乗用車となると、一歩退く必要があったのでしょう。1967年を最後に生産を終了します。その後も羽村工場でトヨタパブリカを生産するなど、それまでの技術を活かしてもいましたが、日野自動車としての生産は、この後も復活していません。

まとめ

今見ると、とても可愛くて、フランス風のおしゃれさを感じさせるフォルム、そしてリアはお手本とも言われるワーゲンを髣髴とさせるさせる日野ルノーです。今では大きなバスやトラックのイメージばかりの日野自動車が作っていたとは思えないくらい、小さくて愛らしい自動車ですね。
でも、その車体に日本の自動車産業の創生期が、思い切り詰め込まれているのです。もし、街で見かけることがあったら、そんな歴史を少し思い出してみてください。