【スズキ チョイノリ】中古は1万円以下!?ちょい乗りにピッタリ

卵みたいな顔がかわいいスズキ チョイノリ。日本一安い値段で売られた国産スクーターでもあります。ちょっと近所までならスイスイ快適に走るチョイノリのスペックや、誕生秘話、中古車相場やカスタム情報まで紹介していますよ。チョイノリの魅力をどうぞご覧ください!

スズキ チョイノリとは

5万9,800円という低価格で販売された日本生産バイク

スズキ チョイノリとは、2003~2007年に販売された原付きスクーターです。コンセプトはその名のとおり「ちょい乗り」。販売価格はなんと5万9,800円と、日本一安い日本製スクーターとなりました。このチョイノリは、スズキの社長である鈴木修氏(現会長)の「一度でいいから私の目標を達成したものを作ってくれないか」、という言葉から開発がスタートしました。

鈴木修氏の理想は「1cc1,000円」という販売価格が妥当である、という考え方だったようです(50ccでは5万円の計算)が、それを知ったエンジニアたちはそんな無茶な、という反応だったそうです。ちなみに販売当時は、その革命的な低価格が話題となり、大ヒットしました。

なんでそんなに安さにこだわったのか?

チョイノリの開発がスタートしたきっかけは、当時2000年初頭、各バイクメーカーは、コストカットのため、人件費の安い海外で製造を始めました。これでは日本の物作りが終わってしまう、と危惧した鈴木修氏は、日本国内生産にこだわり、低価格で提供する、ということに挑戦したということです。

ちなみにチョイノリより一足先に販売された低価格の原付きである、ホンダ トゥデイは、中国での生産で9万4,800円でした。日本国内での生産で、これよりも安く提供するとなると、革命的なものがないと現実的ではありません。

チョイノリはコストカットの塊! 

中国製のバイクよりも低価格で販売するにあたって、チョイノリは、想像を越えるコストカットが実施されました。まずバイクの要であるエンジンは、すでに販売されていた芝刈り機用のOHVエンジンを採用。セルスターターは省略され、ミラーは右側のみ。スクーターではもはや当たり前のメットインすらありません。

法律上、不要なものは装備せず、必要最小限といったころです。ヘッドライトはロービームのみ、手動のチョーク、燃料メーターもなしという徹底ぶりが逆に気持ちいいと感じます。リアサスペンションもなく、いわゆるリジットとなっており、スクーターでは常識となっている、エンジンミッションユニットとフレームの2分割方式ではなく、フレームに直接エンジンが搭載されるとう、戦前のバイクのような作りです。

これらの思い切りのいい設計がチョイノリの魅力となっています。ちなみにチョイノリの開発時のアンケートで、原付きユーザーの一回の移動距離が2kmに満たないことがわかり、それに合わせ設計されました。

ちなみにあまりにも簡素な作りのため、2007年に厳しくなった自動車排ガス規制に対応ができなくなり、製造は終了しました。

低価格だだけに好き勝手に楽しんでるオーナー達

サラダ油を入れてみる

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/5QfvzbfLiio" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

チョイノリにサラダ油を入れる実験動画です。

バイク好きやカスタム好きにとってチョイノリは、ただ乗る以外にとても魅力のあるバイクとなっています。こちらの動画では、エンジンオイルの代わりに、サラダ油を入れる実験の被験車となってしまいました。さてどうなるでしょうか?

爆速のチョイノリ現る!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/NxldKm5FMA0" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

こちらはチョイノリで高速道路を走る動画です。

正直ノーマルではお世辞にも速いとはいえないチョイノリ。しかし、こちらの動画では高速道路を爆走しているチョイノリがご覧になれます。ナンバープレートを見ると、軽二輪登録されていることがわかりますので、正規の手順を踏まえて改造申請したことがわかりますね。しかしおそろしい……。

エンジンデカすぎ! 250ccカスタム

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/It6CdySypfs" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

チョイノリ250ccカスタムの動画はこちらです。

小さい車体に似つかわしくない大きなエンジンは、グラストラッカーのものが装着されています。それゆえにとても大きな印象を受けますね。ちなみに正式に250cc登録でナンバープレートを取得しているようなので、公道走行可能です。チョイノリはさまざまなカスタムベースとなります。

スズキ チョイノリのスペックや価格は?

チョイノリの新車価格とスペック

新車価格:5万9,800円
エンジン:4ストローク 空冷単気筒 OHV2バルブ
総排気量:49cc
圧縮比:8.4
内径×行程:36.0mm×48.6mm
燃料供給装置:キャブレター
キャブレター形式:VM12
点火方式:CDI式
始動形式:キック式
エンジンオイル容量:0.35L
燃料タンク容量:3.0L
最高出力:2.0PS/5,500rpm
最大トルク:0.30kg・m/3,500rpm
燃費:76.0km/L(定地走行 60km/h)
最小回転半径:1.6m
クラッチ形式:乾式自動遠心シュータイプ
変速機形式:Vベルト無段変速
フレーム形式:アンダーボーン
キャスター:25度/00分
トレール:71mm
フロントタイヤサイズ:80/90-10 35J
リアタイヤサイズ:80/90-10 35J
フロントブレーキ:ドラム
リアブレーキ:ドラム

スポーツ仕様のチョイノリ SSもあった

出典:http://www.goobike.com/catalog/SUZUKI/CHOINORI_SS/index.html

チョイノリにはSSという、フロント周りがスポーティーな雰囲気になったスポーツモデルがありました。エンジンなどはスタンダードモデルと同じです。

チョイノリにとって低スペックは魅力の一つ

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/922WKlZGA3w" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

チョイノリの性能がわかる実験動画です。こちらも参考にしてください。

最高出力2PSと、一般的な原付きスクーターにくらべおよそ半分となるローパワーエンジン。チョイノリはしばし、最低スペックなどと比喩されますが、逆にそれが魅力となりました。そのローパワーをいかにチューニングするかが腕の見せどころといわんばかりに、プロアマ問わず、カスタム愛好家がエンジンパワーアップなどを競ったりと、一大ムーブメントとなったこともあります。

「ちょい乗り」への反骨精神がロングツーリングへと誘う?

片道2km程度の走行しか想定されていないチョイノリ。その反骨精神からか、発売当初から、チョイノリでの長距離ツーリングが雑誌や個人ブログで企画されることもしばしば。もちろん原付一種ですから30km/h制限、二段階右折は当たり前です。

2PSしかないエンジンなので、急な上り坂があれば失速は必須ですし、ハーレーやツアラーなどのバイクにくらべると、精神面や肉体面への負担は計り知れません。このようにチョイノリは、低スペックゆえに、バイク好き、カスタム好きのあいだでは、乗れるオモチャのように親しまれています。あなたもチョイノリで長距離ツーリングに挑戦してみませんか?

スズキ チョイノリの新車は買える?

新車並の中古車ならある!

車両価格: 4万9,800円(消費税込)

チョイノリは2007年に製造を中止していることから、新車はすでに完売しているようです。しかし、程度のいい中古車を探せば、新車並のチョイノリの販売はあります。中古車販売サイトなどで検索をすれば、走行距離500km未満のチョイノリが、意外にも多く販売されているので、そういったものもおすすめです。チョイノリ SSも同様に、程度のいい中古車を探してみてはいかがでしょうか?

スズキ チョイノリの燃費は?

チョイノリの実燃費は50~60km/Lくらい

オドメーターが付いていないこと、チョイノリの特性上、あまり燃費を気にしているユーザーさんが少ないようです。その少ない資料から推測すると、だいたい50~60km/Lあたりとなっています。50ccエンジンに小さなキャブレターが搭載されているので、どんなに乱暴な運転をしても、燃費は上々といえますね。

ちなみに最高速度は体重や風速によって大幅に変化する

最高出力2PSのチョイノリは、ライダーの体重や、風速などの環境によって左右するようです。平均的な最高速度は30~40km/hあたり。体重が重いと限りではないようですし、向かい風の影響でも減速するようです。逆に体重が軽い人が、追い風に乗っても45km/hあたりが限界となり、そのほか整備状態によっても変化するなど、とてもシビアな性能となっています。

スズキ チョイノリの中古車情報

チョイノリの中古車相場は0.7~6万円

車両価格: 2万9,800円(消費税込)

元値が安いチョイノリでは、なんと1万円以内から販売されています。流通量はそこそこあり、全国的に手に入れやすい状況です。ボディの色あせなどを気にしなければ、2万円以内でも十分な中古車が手に入ると思います。

3万円以上から、タイヤ新品などのサービスのついた、状態のいいチョイノリが占めており、4万円以上となると、走行距離の短いものばかりです。このように、ローダバイクやクロスバイクよりも低価格での販売が魅力のチョイノリ。

スズキ チョイノリのカスタム

ライディングポジションを変える:アップハンドルキット

ハリケーン(HURRICANE) ハンドルキット (ミニミドルUP2) チョイノリ HBK542-01

¥15,684

販売サイトへ

純正ではブラックタイプのハンドルが装着されていますが、これをアップタイプのハンドルに交換することで、おしゃれな外観と、ゆったりしたライディングポジションに変えられます。もしも長距離ツーリングへ行くと考えるなら、これは必須アイテムとなりますが……。

かわいさを強調:ヘッドライトバイザー

ハリケーン(HURRICANE) ヘッドライトバイザー (ステンPL) チョイノリ HA7405

¥1,216

販売サイトへ

一つ目のかわいいチョイノリのヘッドライトをさらにドレスアップするアイテムです。両面テープを使ってヘッドライトに貼り付けます。一般的には、両面テープでの取り付けは走行風で飛ばされてしまうかもしれないと心配ですが、チョイノリでは問題ないかも? もしエンジンチューニングなどを考えるならビス止めなどで確実な装着をしてください。

遊心でドレスアップ:ミラー

じゃんけんミラー ブルー 8mm モンキー エイプ ズーマー ジャズ ディオ ジョグ シャリー ダックス

¥1,598

販売サイトへ

かわいいミラーでドレスアップしてみませんか? もともと右しかミラーのないチョイノリでは、右側だけ、すなわち一本だけ交換すればOKです。ここは遊心を見せたいところ。そこでおすすめはじゃんけんミラーです。グー、チョキ、パーとそれぞれ用意されていますが、人気はチョキ。

ちなみにチョイノリのミラーネジ径は、車種によって違いがあり、8mmと10mmの二種類となっています。ミラー交換の際は、必ずどちらなのかを確認してから購入してください。

最高速アップを狙う:ハイスピードプーリー

デイトナ(DAYTONA) スーパーハイスピードプーリー&ランププレートセット レッツ、レッツII/S/G/DX/L/スタンダード('96〜'06)、ヴェルデ('98〜'04)用 31393

¥5,329

販売サイトへ

最高速度の伸びがいまいちなチョイノリ。プーリー交換すれば最高速アップが図れます。プーリーはレッツ2やヴェルデ用のものが流用可能です。パワーアップパーツではなくセッティングパーツとなるので、加速を少々犠牲にする必要があるので注意してください。

半ヘルでも快適に過ごせる:スクリーン

ASAHI[旭風防] ウインドシールド チョイノリ [チョイノリ]WS-91

¥5,735

販売サイトへ

大手風防メーカーの旭風防から販売されている、チョイノリ専用大型スクリーンです。これを付ければ直撃する走行風を和らげ、半ヘルでも快適に過ごせるようになります。また、不快な虫の顔面攻撃もこれで防げるので、痛い思いをする必要もなくなりますよ。メリットはたくさんです。

音と見た目をカスタム:マフラー

ハリケーン フルエキゾーストマフラー スラッシュカットマフラー メッキ チョイノリ/SS HE1413C

¥9,640

販売サイトへ

改造の基本ともいえるパーツがマフラーです。カスタムシーンで大流行したチョイノリでは、各メーカーからマフラーが販売されています。音や見た目がそれぞれ個性的で、遊心を感じるものが多いの、きっと好みのものが見つかるはず。

ハリケーン製のフルエキゾーストマフラーは、スラッシュカットのサイレンサーなしとなっています。一見極悪なカスタムですが、チョイノリなら許してもられるかも? 音量を規定以上にならないように管理してくださいね!

キタコ(KITACO) チョイダシマフラー チョイノリ/チョイノリSS スチール製クロームメッキ仕上げ 540-2064000

¥8,900

販売サイトへ

キタコからはサイド出しマフラー、その名も「チョイダシ」です。ちょうど足元あたりに出口がある設計となっています。こちらはサイレンサー付きなのです、音量は安心できるかも? 

ステップのホールド性をアップ:ステップバー

ハリケーン(HURRICANE) ステップバー チョイノリ/SS HF5111-01

¥7,980

販売サイトへ

もしもチョイノリで激しいコーナリングをするのであれば必須となるステップバー。足をしっかりホールドし、ライディングポジションが安定します。見た目のドレスアップという目的でもおすすめですし、スクーターのただ足を揃えて置いて走る感覚がイマイチしっくりこない方にもいいですよ。

エンジンオイルはしっかり交換すべし!

SUZUKI [ スズキ純正オイル ] SUZUKI エクスター TYPE04 MA [ 1Lキャップ缶 ]

¥1,124

販売サイトへ

エンジンオイル容量が0.35Lと、とっても少ないチョイノリ。コスト削減の影響もあってか、正直エンジンの寿命は短め。そんなチョイノリだからこそ、エンジンオイルは定期的に交換したいところです。チョイノリマニアの間では、500~1,000kmくらいでエンジンオイルを交換することで、健康状態に保てるといわれています。

また、とても少ない使用量なので、高級オイルなどもおすすめです。ちょっと贅沢してもコストは低めとなっています。トラブルを考えれば安いはず。

ボアアップキットの販売は終了した模様

一時期ブームとなっていたチョイノリのボアアップ。現在は残念なことに、ボアアップキットの製造メーカーは、どこも販売をやめているようです。このことから、もしもチョイノリのボアアップを考えるなら、中古品やボアアップエンジンなどを探す必要があります。これまでの状況とくらべると、敷居が高くなってしまいましたが、仕方ありません。

カスタムコンプリート販売もある

東京都八王子市にある「Choi's CLUB」では、110ccや125ccなどの大きな排気量にカスタムしたチョイノリの販売もしています。持ち込み車のカスタムもしているようなので、50ccの加速では物足りないという方は、ご検討くださいませ。

スズキ チョイノリの豆知識

車台番号はどこ?

チョイノリの車台番号(車体番号)は、どこにあるのかご存知ですか? 一般的なスクーターでは、アンダーカウルに車台番号の覗き窓があったり、フットスペースの蓋を外したところにあったり。そのノリで車台番号を探しても見つからないのがチョイノリ。実は意外なところにありました。

シートを上げてみてください、チョイノリのシートはメットインもなければ鍵もありません。そのままチョイと持ち上がります。するとシート下のフレームに位置する左右を繋いているビームがあると思いますが、そこに打刻されているのが車台番号です。パーツのマッチングなど調べるときは、それをもとにしてください。

購入時には取り扱いのビデオが付いてきた

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/2smGw8YYEOo" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

チョイノリの取扱ビデオはこちらを参考にしてください。

チョイノリはコストカットが随所に見えますが、購入後サポートは充実しています。新車購入時には、取扱の手順のビデオが付属していたようですよ。このビデオではエンジンの掛け方などをレクチャーしています。なんとも親切ですね。

CMキャラクターは人気女優だった

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/pOo16m9nSUs" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

チョイノリのCMはこちらも参考にしてください。

チョイノリのCMキャラクターは現在も人気の女優さんでした。CMの内容としては、メイドインジャパンとおしゃれなさをアピールするものとなっています。

スズキ チョイノリのまとめ

低コストを極め、メイドインジャパンにこだわったチョノリ。日本最低スペックと、愛を持って称されるほど、人気のあるバイクです。ちょっとコンビニくらいにもかんたんに乗り出せるので、生活が便利になること間違いなし。しかしついつい長距離ツーリングに出掛けたくなるほどの楽しいハンドリング。まるで相棒のようなフォルムなど、魅力たっぷりのチョイノリの紹介でした。