【ヤマハ WR250X】国内250ccクラス最速のスーパーモタード

巷で250cc最速マシンと噂されているWR250X。今回は速さの秘密に迫ります。WR250Xのスペックはもちろん、新車価格や中古車相場、カスタムパーツやレビューなどなど。WR250Xの知りたい情報が全てここに! 動画などもあるのでどうぞお楽しみください!

ヤマハ WR250Xとは

WR250Xは2007年に発売されたモタードモデル

WR250Xは、2007年に登場したモタードモデルです。WR250Xは、WR250Rと2モデル体制で販売され、WR250Xはオンロードタイヤを装着したモタード、WR250Rはブロックパターンタイヤを装着したオフロードモデルと差別化しています。

国内で公道走行を前提としたトレールモデルとしては、珍しくアルミフレームを採用するなど、他モデルとは一線を画する設計となったことでも話題となりました。

WR250Xはオフロードの界のR1

WR250Xの特徴は、なんといってもそのこだわり抜いた設計です。開発コンセプトは「モトクロッサー(競技用)の市販車」ということだったそうで、これまで市販車には採用されていなかった豪華な装備が随所に見られます。

フレームは鋳造と鍛造のハイブリッド。それを前後分割の設計となっています。エンジンはチタンバルブ、三角三軸レイアウトをストレート吸気とし、それを生かすためのフレームワークになっているという徹底ぶりです。ちなみにこのエンジンは、YZF−R1に採用された方式でもあります。

WR250Xは250ccで31PSを出力するトンデモエンジン

WR250Xを語る上で、欠かせない話題となるのがこのエンジンだと思います。単気筒250ccで、なんと31PSも出力するハイパワーエンジンを搭載。このハイパワーエンジンは、公道走行を可能にするため、厳しい排ガス規制をクリアする必要があり、エアインダクションシステムを採用しました。

燃料供給装置はインジェクション方式です。WR250Rとは2次レシオがローレシオ化され、加速重視となっています。ちなみに水冷方式で、YZF−R1のエンジンを単気筒化したような作りになっているのも特徴です。これらによってWR250Xは、ドリフトなどのスタント走行や、レースなどで大活躍するポテンシャルを持っています。

WR250Rとの違い

オフロードモデルで、基本設計を共有するWR250Rとの違いを見ながら、WR250Xの特徴を紹介します。よくあるタイヤだけの違いなどではなく、オフロード、モタードと、それぞれしっかり棲み分けられているところにも注目です。

WR250X/WR250Rの違い:タイヤ・ホイール・サスペンション

オフロードモデルのWR250Rは。フロント21インチ、リア18インチのブロックパターンタイヤに対し、前後とも17インチのオンロードタイヤとなっているWR250X。それに合わせてリアショックはショート化され、バネレートも専用にチューニングされています。

WR250X/WR250Rの違い:ブレーキユニット

足回りの違いは一目すればわかると思いますが、それに加えてWR250Xでは、ディスクローターが大型化されてることにも、気がつくはずです。WR250X/WR250Rでは、全く違うブレーキユニットが搭載されています。キャリパーはもちろん、フロント外径298mm、リア外径230mmの大型のウェーブディスクローターを採用し、ブレーキラインも専用設計です。

一般的に専用品を用意すると、その分生産コストがかかるので、メーカーはあまりこのようなこだわりは避けたいところですが、WR250X/WR250Rでは、それぞれに対して最適なパーツチョイスをしています。

WR250X/WR250Rの違い:コンピューターマッピング

ヤマハのこだわりようが垣間見れる部分です。タイヤ外径や、2次レシオの違う両モデルですが、その違いはコンピューターマッピングにまで及んでいます。これによって基本設計は同じですが、それぞれオフロード、モタードに特化していることがわかりますね。

WR250Xはストリート最速説もあるほど!

「250ccで最速のバイクは?」との話題で度々登場するWR250X。街乗り最速や、峠最速、通勤最速など、みなさんその実力を認めているようです。250ccとなるとカワサキ Ninja250やホンダ CBR250Rなどが目立ちますが、最速を求めるならWR250Xも忘れずに。

WR250Xはスタントで大活躍!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/bSqPPcvlM0Q" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

WR250Xのスタントはこちらの動画も参考にしてください。

ドリフトやウイリーなどのエクストリーム走行で大活躍のWR250X。この動画のように、軽量な車体とハイパワーなエンジンを生かしたアクションが楽しめます。また、こういった背景からか、転倒対策用のスライダーや、エンジンガードなどのカスタムパーツも充実しているなど、用途に合わせたスタイルチェンジが可能です。

WR250Xの性能を生かせば好成績も収められる!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/_BcQkF-BUlY" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

WR250Xのジムカーナはこちらも参考にしてください。

とにかく万能なWR250X。低中速域の競技ならなんでもお任せ! といった感じで、ジムカーナやミニサーキットなどを主に得意とします。モタードはモタードでも、スーパーモタードといわれるハイスペックマシンですからノーマル状態でも上位を目指すことも可能です。こういった競技に、初心者から上級者まで、幅広く支持されています。

WR250Xはさらなるハイパワー化も可能!

燃料供給方式にインジェクションを採用しているWR250では、マフラーやエアクリーナー交換をおこなう際、エンジンコンピューターセッティングをすることで、さらなる出力アップが可能です。コンピューターセッティングは、専門知識などが必要なので、チューニングを得意とするショップに依頼する必要があります。

これまでのキャブレターとは違い、細かくセッティングできるので、より高出力が期待でき、WR250Xの性能を飛躍的なアップも狙えるので、そういった楽しみ方もありますよ。

人気ブログランキング挑戦中!いつも応援クリック有難う御座います!応援クリックにご協力お願いします! ↓↓↓↓ 是非!応援クリックよろしくお願いし...

WR250XはWR250Fがベース?

公道を走れるモトクロッサーという開発コンセプトのもとに生まれたWR250X。2001年から販売されていた競技用モデルであるWR250Fと名前がそっくりですが「公道最速」を目指したWR250Xでは、フレームからエンジンまで新設計となっています。どうやらWR250Xは、公道走行を前提としながらも、WR250Fよりも上を目指したのでは? と予想できますが、真実は如何に!?

ヤマハ WR250Xのスペックや価格は?

WR250Xの新車価格は75万3,840円

250ccモタードとしてはちょっと高めな75万3,840円という車体価格。妥協せずに作り上げた結果といえます。一見すると高価に感じますが、実際に手に入れた方の多くが満足感を得ているようです。WR250X/WR250Rと、それぞれ専用品を多用していること、高性能エンジンであることなどを考えると納得できると思います。

WR250Xのスペック

認定型式/原動機打刻型式:JBK-DG15J/G363E
乗車定員:2名
全長:2,125mm
全幅:810mm
全高:1,190mm
シート高:870mm
軸間距離:1,435mm
最低地上高:260mm
車両重量:134kg
舗装平坦路燃費:34.0km/L(60km/h)
原動機種類:水冷4ストローク DOHC4バルブ
気筒数配列:単気筒
総排気量:249cm3
内径×行程:77.0mm×53.6mm
圧縮比:11.8:1
最高出力:31PS/10,000rpm
最大トルク:2.4kgf・m/8,000rpm
始動方式:セルフ式
潤滑方式:ウェットサンプ
エンジンオイル容量:1.50L
燃料タンク容量:7.6L(無鉛プレミアムガソリン指定)
燃料供給方式:フューエルインジェクション
点火方式:TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式:12V, 6.0Ah(10HR)/YTZ7S
1次減速比/2次減速比:3.120/3.230
クラッチ形式:湿式、 多板
変速装置:常時噛合式6速リターン式
フレーム形式:セミダブルクレードル
フロントタイヤサイズ:110/70R17M/C 54H(チューブタイプ)
リアタイヤサイズ:140/70R17M/C 66H(チューブタイプ)
フロントブレーキ:油圧式シングルディスクブレーキ
リアタイヤ:油圧式シングルディスクブレーキ

WR250Xの0-100km/hは5秒くらい?

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/kaIrcjJ157M" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

WR250Xの加速はこの動画も参考にしてください。

上記の動画を見る限り、ノーマルのWR250Xの0-100km/hは、なんと5秒ほどといったところ。これは速い! 134kgという軽量なシャシーに31PSのエンジン、専用にチューニングされたコンピューターマッピングと6速のミッションの組み合わせはダテじゃありませんね。

WR250XがゼロヨンでNinja250Rをブッチギリに!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/8cOblGBCKsE" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

ゼロヨンの動画はこちらも参考にしてください。

WR250Xの速さがわかる動画です。250ccクラスで大人気の高性能スポーツバイクであるカワサキ Ninja250Rをゼロヨンでブッチギッてしまいます。ちなみにゼロヨンタイムは15秒台と、とんでもない好タイムです。ノーマルでこんな性能ですから新車価格の75万3,840円も納得です。

ヤマハ WR250Xの中古車情報

WR250Xの中古車は31~77万円

車両価格:55万9,900円(消費税込)

中古車流通量はソコソコあるWR250X。ノーマルからカスタム車まで幅広い選択肢となっています。40万円までのWR250Xは、ノーマルで走行距離25,000~45,000km程度で、40万円台はノーマル車やマフラー、シートなどのライトカスタム車、50万円台は走行距離10,000km以内のノーマル車、60万円台は走行距離5,000kmと程度のいいWR250Xが中心で、70万円台は、マフラーはもちろん、ホイールやエキパイなどのフルカスタム車が中心です。

WR250Xの格安新車もある

車両価格: 58万4,800円(消費税込)

WR250Xは、個人店などの新車販売キャンペーンなどで、格安の新車が販売されていることもあるのでチェックしておきたいところです。新車価格75万3,840円に対し、あるお店では58万4,800円と、およそ17万円ほどの値引き額で販売しています。これは中古車を購入するよりもお得となるので、たいへんおすすめです。

また、お店によって新車をベースに、カスタムしたWR250Xを販売していることもあるので、そういったものも含めてお買い得となっています。格安新車は、58万円台から、全国各地のバイクショップで販売されているようなので、中古車と合わせて探してみてはいかがでしょうか? 中古車販売サイトなどで、新車にチェックマークを入れるとスムーズに検索できますよ。

ヤマハ WR250Xのカスタム情報

ローダウンシート:足つき性を良くする基本アイテム

dBs ローダウンシート 30mmダウン WR250R(08-14) WR250X(08-14) WR250-SH1

¥30,240

販売サイトへ

シート高の高いWR250Xでは、足つきを気にするユーザーさんも多いようです。そこで手っ取り早くシート高を下げるには、シートを薄いタイプに交換することで、足つき性が向上します。しかし、その反面座り心地が悪くなるので、お尻が痛みやすくなるので注意が必要です。一長一短あります。

dBs ローダウンゲルシート 20mmダウン WR250R(08-14) WR250X(08-14) WR250-SH2-SORBO

¥41,737

販売サイトへ

ローダウンシートでも、お尻に優しいゲルシート入りのタイプもあります。エンジンなどの振動なども和らげてくれるので、薄いシートながらも座り心地も確保できる設計です。

ローダウンリンクキット:ローダウンの必需品

EFFEX(エフェックス)ローダウンキット 20mmダウン WR250R(07-16)、WR250X(07-16) PHA334D

¥18,276

販売サイトへ

リンク式スイングアームを採用しているWR250Xでは、構造上、リンクアームをローダウン用に交換することで、低重心化し、ハンドリングを損なうことなくローダウン可能です。一般的なサスペンションを短くする方法だと、コーナリングの挙動が不安定になってしまいやすいので、リンクアーム交換が主流となっています。

これに合わせてフロントフォークの突き出し量も増やせば、さらなるローダウンが可能です。ローダウン後の注意としては、サイドスタンドをショート化しないと、直立してしまうことや、バンク角が小さくなってしまうことが考えられます。ローダウンシートと併用すれば、足つきはより確保されますよ。

スキッドプレート:ドレスアップとエンジンの保護に

ジータ(ZETA) EDスキッドプレート アルミニウム WR250R(07-15) WR250X(07-15) ZE55-2400

¥14,192

販売サイトへ

モタードの特性上、多少の悪路走行も予定している方におすすめのスキッドプレート。転倒時など、エンジンへのダメージを守ってくれます。エンジンは金属の塊で、頑丈に感じますが、打ち所が悪ければかんたんにヒビなど損傷を負ってしまい、修理となるとエンジン載せ替えになるので、そうなれば廃車扱いです。

そんな最悪の事態も、このスキッドプレートを装着することで、多くの場合、解消できます。オフロード走行の予定がある方におすすめです。

フェンダーレスキット:スッキリしたテールに

アクティブ(ACTIVE) フェンダーレスキット ブラック WR250X 08-14 LED仕様 1153051

¥9,637

販売サイトへ

純正の張り出したリアフェンダーが気に入らない、テール周りをスタイリッシュにしたい、そういった方にはフェンダーレスキットがおすすめです。スッキリとしたシンプルなテールが手に入ります。デメリットとしては、水や泥を巻き上げやすくなるので、オフロード走行を考えている方にはあまりおすすめしません。

スクリーン:走行風が気になる方に

ヤマハ ミニスクリーン ライトスモーク WR250X Q5K-YSK-057-R01

¥11,690

販売サイトへ

走行風が直撃するWR250Xでは、小さいスクリーン一つでも走行風を抑えられます。特に通勤やロングツーリングなど、頻繁にWR250Xに乗る方は、その恩恵を感じられるのではないでしょうか? 高速道路走行の多い方にもおすすめです。

社外マフラー:音量が物足りないなと感じたら

BEAMS G246-65-011 WR250X/R JBK-DG15J CORSA-EVOⅡ TITAN オールチタンスリップオン 政府認証 ビームス マフラー

¥60,000

販売サイトへ

WR250Xの純正マフラーは、静寂性に優れ、クセのないエンジン出力に貢献していますが、排気音を楽しみたい方にはちょっと物足りないかもしれません。そこで、社外マフラーに交換することで、音量アップが望めます。排気効率が変化し、社外マフラーだと高回転型になることが多いです。また、コンピューターセッティングすることで、さらなる出力アップが期待できます。

サーキットなどの過酷な条件下では、純正マフラーではアイドリングが不安定になるなど、不具合が出ることがあるようですが、そのような場合は社外マフラーに交換すると、症状の緩和が期待できます。

リアキャリア&トップケース:ツーリング仕様に欠かせないアイテム

ライディングスポット(RIDING SPOT) リアキャリア スチール製 213×221mm ブラック WR250R(08-) WR250X(08-)

¥9,800

販売サイトへ

積載性のないWR250Xでは、あると便利なのがリアキャリアです。とってもシンプルなパーツですが、これがあるだけで、荷物の運搬が楽にできます。

バイクパーツセンター リアボックスブラック トップケース 28L907901

¥1,990

販売サイトへ

通勤などの普段使いにとっても便利なトップケース(リアボックス)。リアキャリアを取り付ければ、このようなパーツもかんたんに装着できます。コンビニでの買い物なども、パカっと収納できるので、とっても便利です。

社外ホイール:軽量化とドレスアップに

ゲイルスピード(GALE SPEED) 【Type-R】 アルミニウム鍛造ホイール [F350-17] ガンメタリック 【WR250X('07-'12)】 28333015

¥73,900

販売サイトへ

鍛造ホイールに交換することで、バネ下荷重の軽減によるハンドリング、ブレーキングの向上などが望めます。また、純正とは違うデザインになるので、ドレスアップ効果も狙えるなども。ハードなチューニング車やハードカスタム車では、定番のカスタムとなっています。

ヤマハ WR250Xのインプレや評価は?

加速力がいい!

250ccと侮っていましたが、エンジンは回りますし、加速力で言えば、400ccのバイクにも引けを取らないと思います。

出典:review.kakaku.com

単気筒250ccでありながら31PSを出力し、さらに最適にギアレシオと軽量な車体によって、加速力において定評があります。峠のような切り返しの多いシーンでは、400ccクラスとも対等に張り合えるので、戦闘力の高さは抜群です。

レースに出るならサスペンションの調整がおすすめ

旋回性のが非常に高く、そしてしなやかな足回りと公道を走る分には申し分ない性能ではないかと思います。ただ、これでそのままレースにというのは、ちょっと不安があるので、レースに出るのであれば、足回りは一通り手を加えたいところ。

出典:review.kakaku.com

サーキットなど、巡航速度が高くなる条件だと純正サスペンションでは柔らかいと感じてしまうようです。

距離の長いツーリングには向いてないかも

乗り始めに300キロを超えるツーリングに行ってきましたが、30キロ走ったくらいで座れないほどの激痛が始まり、そこからはスタンディングが増えました。

出典:review.kakaku.com

WR250Xでは、シートの硬さを指摘するユーザーさんが多く見られます。とはいえWR250Xで長距離ツーリングを楽しむ方も多いようで、ゲルザブや柔らかいカスタムシートなどに交換するなど、それぞれ工夫しているようです。純正シートそのままではお尻が痛く、我慢できないようだという人もいるみたいですね。

WR250Xの実燃費は20~35km/Lくらい

どうやらWR250Xは実燃費に差があるようです。それぞれ走りのスタイルが影響されやすく、峠などを楽しむライディングでは20km/L前後、一定の速度で走るようなシチュエーションでは、30km/L前後となっています。これだけパワフルなエンジンと、加速重視のギアレシオですが、燃費は伸びる傾向にあるようですね。ちなみにハイオクガソリン指定です。

最高速度は150km/hくらい

WR250Xの最高速度は、モタードと考えれば必要十分なスピードとなっています。WR250Xが得意とするシチュエーション(ジムカーナや峠、ミニサーキットなど)では問題ないかと思いますが、もしも最高速度が不足するようであれば、スプロケットなどでハイギアード化すれば対応できるはずです。

スタントにも挑戦できる扱いやすさ

誰もが簡単にドリフト出来るドリフト特訓機。ブレーキを効かせてズリズリ、アクセルと半クラ使ってズリズリ。ウイリーだって簡単。コケる気がしない軽さ。シート高が噂より低くて、カカトまでベッタリ着くので、未舗装道などでの非常事態でも座ったままベタ足で脱出できる。グラっときても大丈夫。

出典:review.kakaku.com

パワフルなエンジンのお陰でドリフトやウイリーといったアクションも起こしやすいので、これからそういったことに挑戦しようと考えている初心者にもおすすめです。足つきに関しては、個人差があるようで、シート高870mmが高いと感じるかがポイントとなっています。

足つきの良し悪しは人によって差がある

車体が軽いので、取り回しは楽です。ただシート高が標準でかなり高いです。私は身長165cmで謙遜抜きに足が短く、標準だと常に立ちゴケと隣り合わせです。車高調整と、Y'sギアロー&ワイドシートでかなり楽になりました。

出典:review.kakaku.com

WR250Xの足つきに関しては、感じ方がそれぞれ違うようです。ローダウンシートを装着する方も多く見られます。

軽いので楽です。足つき性は悪いですが軽いのであまり気になりません。

出典:review.kakaku.com

その一方で、車体が軽いため、足つきが悪くても問題ないと感じる方も多いようです。片足のつま先だけでも着けばOKというレビューも目立ちます。このあたりは実際に乗ってみないとわからないことかもしれませんね。

押し歩きは楽々

乗ったまま押すのは足つき悪いので(ハイシート仕様まあ足つき大差無いですが)きついけど、降りれば軽いしハンドル切れる幅も多いしで楽ちん

出典:review.kakaku.com

車体が軽いこと、ハンドルの切れ角が深いことから、押し歩きも楽にできるようです。

街乗りには向かないかも

低速でギクシャクしすぎ!! シートも堅くて長時間乗るのは苦痛です。峠を攻めたり、レース目的で購入するのには最適でしょうが、街中では不便な点が多々あります。セローからの乗り替えですが、街中メインならセローに軍配が上がります。

出典:review.kakaku.com

同じヤマハのオフロード「セロー」と比較されることの多いWR250X。街乗りオンリーと考えると、マイルドな加速のセローの方が評価は高くなっています。WR250Xだと、どうしてもパワフルなのでラフなアクセル操作だとギクシャクしやすいようです。通勤など、街乗りメインと考えている方は参考にしてください。

ヤマハ WR250Xオーナーブログもチェック

「ヤマハ WR250X WEB屋・任さんのブログ」

走行距離60,000kmオーバーまでWR250Xに乗ったブロガーさん。日々のメンテやトラブル、トラブル対処など、さまざまな内容のブログとなっています。リアルなWR250Xライフが垣間見れるので、これからWR250Xの購入を考えている方の参考になるはずです。

ヤマハ WR250X WEB屋・任さんのブログ

「WR250X→イジるし走るしFSC←モタードブログ編」

とにかくWR250Xが大好きなブロガーさん。カスタムを中心に、ツーリングや、お友だちのWR250Xの紹介、サーキット走行など、WR250Xに関する情報満載となっています。カスタムを考えている方は手本にしてみてはいかがでしょうか?

WR250X→イジるし走るしFSC←モタードブログ編

「YAMAHA WR250X 通勤快速仕様のブログ」

通勤からロングツーリングまで幅広くWR250Xと触れ合っているブロガーさん。カスタム情報や、メンテナンスの記録、メンテナンに使用した工具やケミカルのレビューなど、参考になるものばかりです。

YAMAHA WR250X 通勤快速仕様のブログ

ヤマハ WR250Xのまとめ

250cc最速の座に君臨するWR250X。2007年から大きなモデルチェンジもなく、登場当初から熟成された設計であることがわかります。フレーム、エンジンなど新設計となっているWR250Xは高い完成度が魅力です。走りはもちろん、ドレスアップやチューニングなどのカスタムも楽しめるなど、手に入れたら当分の間、飽きることはないはずです。

オフロード版のYZF−R1というコンセプトのもと生まれた、世界レベルのモタードをこの機会に手に入れてみてはいかがでしょうか? エンジンは頑丈で、トラブル報告もありません。さらに250ccということもあり、気軽に付き合える高性能マシンです。カッ飛びエンジンのWR250Xをお見知りおきを!