失敗しない!中古軽自動車の選び方!

中古車を購入するときには、年式や走行距離と価格で選ぶと思います。中古軽自動車でも購入してから、故障してしまい修理費がかかってしまうなどがありますので慎重に選ばなければいけません。購入してもすぐに修理になってしまうとがっかりしますので、中古の軽自動車を選ぶときは信頼できる販売店での購入が必要になります。

年式より走行距離を重視しよう!だけど…

走行距離から分かる!前オーナーの使用状況!

軽自動車に限らず中古自動車を購入するときには、走行距離が一つの目安になります。年式が古いのに走行距離が少ないと、車の使用頻度が少なかったと分かります。走行距離が少ないとゴム素材の部品が劣化しやすくなっているときがあるので、場合によっては交換が必要になります。
使用頻度が高い車の場合の走行距離は多くなりますが、定期的な点検が実施されていたのかなどの情報が必要になります。定期的な点検がおこなわれていないと、購入時にオイル交換などをしても故障する可能性が大きくなってしまいます。走行距離が多いのであれば、定期的な点検がしてあるかないかが決め手につながります。
目安としては年間約1万キロ走行しているのが理想ですが、走行距離が多くなっているのがあります。走行距離だけで判断はできないので、走行距離は目安として考えるのがいいと思います。走行距離は前のオーナーの使用状況を教えてくれますので、選ぶときの一つの目安になります。

走行距離だけで判断できない!

気に入った軽自動車の距離が異常に多かったら、購入を考えてしまいます。距離が多いと敬遠されますが、定期的に整備が実施されているのであれば問題がないと思います。距離が異常に多いのであれば定期整備手帳などで確認ができますが、整備記録が残っていないと判断がしづらくなります。
走行距離は購入の判断の目安になりますが、走行距離だけでは判断できないのです。走行距離をごまかす業者もいましたが、アナログメーターからデジタルメーターに変わったので走行距離をごまかすことができなくなったのです。
走行距離は購入するときの目安なので、異常に多いときや少ないときは必ず販売店に確認することをお勧めします。販売店で確認を渋るようであれば、気に入っていても見送るのがいいと思います。走行距離はあくまでも目安なので、走行距離を重視するより点検整備がしてあるかが大切なのです。

走行距離は目安です!

走行距離は目安として使えますが、購入の決定打にはならないと思います。走行距離を中心に購入を検討すると、すぐに修理を必要としたりトラブルが多く発生してしまいます。走行距離だけを重視して中古軽自動車の購入をすると、トラブルにつながる可能性が高くなります。走行距離だけでは購入を決める判断ができないので、目安にするとトラブルにつながる可能性が低くなります。
中古軽自動車も乗用車と同じく確認をしないと、後から痛い目を見ますので注意が必要です。購入後のサポートがしっかりしていても、保障の対象外とされて修理代などが請求されてしまいます。中古軽自動車を購入するときは、信用のおける販売店を見つけることが大事なのです。
走行距離を重視するなら少ない走行距離を選ぶのがいいといえますが、総合的な判断を購入の決め手にした方がいいと思います。走行距離は目安に使うことが購入後のトラブルを回避できる一つのポイントになります。

中古軽自動車は外観も大事!

隠れている錆に注意!

中古軽自動車に限らず、中古自動車では外観の見えないところの錆にも気おつけなくてはいけません。特に雪が多い地方で使われていた中古軽自動車では、車の下などが錆びている場合があります。凍結防止剤の影響を受けているので、下回りの錆止め塗装が必要になります。錆によっては腐食している部分がある場合があるので、錆の状況を確認することが必要です。
年式が古いと外観の塗装にも影響がありますので、日中の明るい時間帯に隅々まで見ることが大切です。角度によっては見え方が変わるので、いろいろな方向から車を見ることをお勧めします。塗装で車の状態が分かると、板金などの修理を発見できます。板金などの跡を見つけたら販売店に確認をしないと、ドア交換やバンパー交換しているかもしれません。
外観の塗装からも情報が分かるので、自分の目で確かめることが必要です。錆が多いと車の寿命にも影響しますので、塗装はしっかりと確認してください。分からないことがあるのであれば、店員さんに確認をしてください。安い買い物ではないので、慎重に検討をする必要があります。

傷にも注意する!

中古軽自動車の中には、擦り傷などの傷がついているものがあります。傷があるために現状販売になり修理をすると別料金になってしまい、購入価格が大きく変わってしまいます。傷を気にしなければ問題がないのですが、購入のときには気になってしまいます。予算があるのならば、修理をしてからの購入でもいいと思います。
擦り傷程度なら問題はないといえますが、変形している場合の擦り傷は修理しないと目立ちます。傷がある場所によっては前のオーナーの運転の癖が分かりますので、運転を注意しなくてはいけないのです。注意していないと同じ場所に擦り傷などを作ってしまう可能性があります。
擦り傷などからも錆が発生している場合があるので、錆も同時に確認するのが必要になります。錆などを放置すると腐食の原因になりますので、擦り傷などがあったらよく確認をしてください。目立たない傷だからといって放置したりよく見ないで購入してしまうと、錆などが発生してしまい買い替える頻度が多くなってしまいます。軽い傷だからといって、放置したりすることはお勧めできません。

天井の塗装も確認しよう!

天井部分の塗装を確認することも、失敗しないためには必要です。雨や雪などにさらされている天井部分の塗装は、時間とともに劣化しています。ワックスなどをしっかりとかけていても、雨や雪に多くさらされている屋根の部分は塗装が弱くなっています。最悪の場合は雨漏りの原因となり雨水などが車内に入ってきて、車内のカビや悪臭の原因になります。
時間が経つと塗装にもダメージが蓄積され、劣化を進めてしまいます。天井部分が低い車なら確認は簡単にできますが、ワゴンタイプなどの天井の高い車だと確認するのにも一苦労です。一苦労しても、天井部分も確認しておくと安心できます。
塗装は時間が経つと劣化していますので中古軽自動車や中古車を購入する場合は、塗装に異常などがないかも購入の決め手になります。一つの部分だけでなく、車全体を見比べるのがいいでしょう。

エンジンをじっくりと見よう!

オイル漏れの跡があるか?

中古軽自動車や中古車であれば、エンジンの確認は必ずしなければいけません。エンジンにオイル漏れの形跡があると、故障する確率が多くなってしまいます。販売店の中には、エンジンルームを見せたがらない販売店もあるようなので注意が必要です。また、女性に必要以上に売り込んでいるような販売店も、少し疑った方が良いかもしれません。
普通のお店ですと、エンジンのオイルが漏れた形跡などがあれば、積極的に聞くと答えてもらえます。エンジンに繋がるパイプのつなぎ目やエンジン本体にオイル漏れの形跡があれば、周辺をよく見ることが大切です。何かが漏れたような形跡があるのであれば、販売店に確認してください。販売店で見落としている可能性がありますので、慎重にエンジン全体を確認しましょう。
中古軽自動車や中古車では、エンジンにダメージが蓄積している場合があります。購入してからエンジンが壊れてしまっては大変なので、購入するときには必ずエンジンを確認してください。中古軽自動車を購入してすぐに故障が発生してしまっては、大きな出費になってしまいます。

冷却水漏れも確認が必要!

高温になったエンジンを冷却するのが冷却水ですが、漏れている場合がありますのでしっかりと確認が必要になります。中古軽自動車では、購入後にオーバーヒートを起こしてすぐに買い替えることになる場合があります。冷却水が通る部品に目では確認できないほどの小さな亀裂がある場合がありますので、漏れているかもしれないと思って確認をしてください。
冷却水が通る場所には、プラスチック部品や樹脂パーツなどが多く使われています。つなぎ目などをよく見ないと、すぐに車を買い替えるようになってしまいます。何かが漏れていると感じたら、販売店に確認してください。冷却水漏れも、オーバーヒートの原因になりますのでしっかりと確認してください。
冷却水は交換ができますので、購入するときに冷却水の交換もしておくのがいいと思います。購入後にすぐに買い替えるようになってしまうより、冷却水を交換して長く付き合える車にするのがいいのではないでしょうか。小さな漏れを発見して確認をしないで購入すると、買い替えや修理費用が大きく必要になりますので注意してください。どんな小さなことでも、恥ずかしがらずに質問することをお勧めします。

エンジンのプラグも交換!

エンジンの中にあるスパークプラグは、約2万キロでの交換が目安となっています。中古軽自動車の場合では、購入するときに交換してもらうのをお勧めします。軽自動車のエンジンは小さいので、乗用車と同じスピードを出すのにエンジン回転数が乗用車より多く必要です。火花を出すスパークプラグも消耗品のために、交換時期での交換が必要になります。
小さな部品のスパークプラグですが、大きな役割を持っていますので適正時期での交換を必要とします。燃費が悪くなったり白煙がマフラーから多く出るのであれば、スパークプラグ交換などの簡単な修理で治る場合があります。購入時や車検のときに一緒にスパークプラグ交換をすると、愛車を長持ちさせることになります。
小さい部品のスパークプラグの状態を見るのには外すしかないのですが、エンジンをかけて見るのがいいと思います。マフラーから白煙が異常に出ていなければ問題はありませんが、購入するならばスパークプラグの交換もしておくのをお勧めします。

車内の状態も確認しよう!

メーターが動くかな?

運転席にあるメーターが正しく動いているかなど、車内でもしっかりと確認しなければいけません。メーターが故障していると、スピードが何キロ出ているのか分からないのでスピード違反をしてしまいます。スピードメーターが故障しているならば、修理をしてからの購入になります。
軽自動車に限らず中古車では、メーター類が故障している場合もあります。最近ではデジタルメーターが主流になってきているので、交換や修理になると修理費用が多く必要になります。メーター類がきちんと動くかなどを、エンジンをかけて見て確認してください。メーター類が正常に作動していれば問題がありませんが、水温計が動かなかったりすることもありますので注意してください。運転中のメーターからの情報はとても重要ですので、正常に作動するのかを確認してください。
故障している場合の中古軽自動車も多いので、現状引き渡しや相場より安すぎる場合は注意が必要です。故障の場所にもよりますが、走行に支障が出る場所は修理をしてから購入するのがトラブルや事故を未然に防ぐのに役に立ちます。

カーエアコンも確認しよう!

夏場の暑い日に活躍するカーエアコンですが、エアコンガスが抜けていたり故障している場合や変な臭いがしたりします。良心的な販売店ではカーエアコンの動作も確認して、修理などをしている場合があります。カーエアコンの修理費もかかりますので、カーエアコンの確認は必要不可欠なのです。
猛暑の中でカーエアコンの効き具合は悪くなりますが、カーエアコンで車内が冷えないと運転中に熱中症で事故につながってしまいます。カーエアコンの効き具合は外気温でも変わりますので、猛暑の日中は避けるのがいいと思います。また、臭いやカビなどが気になるのであれば、カーエアコンクリーニングをして見るのがお勧めです。カーエアコンクリーニングをすると、冷えが回復したり臭いが気にならなくなったりしますので安心して使うことができます。
年式が古い中古軽自動車だと、カーエアコンクリーニングでも回復しないときがあります。回復しないときはエアコンを必要とする時期の前に修理するか、エアコンの使用をあきらめるしかありません。暑い夏を乗り切るためにも、修理して快適に車を使用するのがいいと思います。

カーオーディオも確認しよう!

楽しいドライブやデートに欠かせないカーステレオなどの、オーディオ機器も忘れずに動作の確認が必要です。前のオーナーが外している場合や故障している場合があるので、しっかりと確認が必要です。故障しているのであれば、販売店と相談して新しいオーディオ機器を取り付けたりもできます。外している場合も同じく新品を取り付けることができますので、オーディオ機器などの確認もするのがいいと思います。
最近では、カーナビやETC車載器が取り付けられている中古軽自動車もあります。購入価格を抑えたいなら、カーナビやETC車載器が壊れていても修理しないで購入することもできます。また、ETC車載器には再セットアップが必要になりますので、注意してください。
購入するときにカーオーディオなどを修理しておくと、後からの経済的な負担を軽減できます。人それぞれの考え方ですが、購入するときに一緒に修理をしておく方が楽しいカーライフを実現させるのに役立ちます。経済的な負担も考慮しながら、カーライフを楽しむことがいいのではないでしょうか。

中古軽自動車のバッテリーに注意!

購入後にバッテリーがあがった!

中古軽自動車でありがちなトラブルは、購入後にバッテリーあがってしまい交換する場合があります。中古車販売店で納品前にバッテリーがあがると、新品に交換してもらえたりします。悪質な店舗では、納品前のバッテリーあがりに対しても請求される場合がありますので気おつけてください。
新品のバッテリーでも長期在庫になっているものだと、バッテリーの交換時期が早まってしまいます。バッテリーがあがる原因はいろいろありますが、最近の車ではバッテリーにかかる負担が大きいのでバッテリーの容量を変更した方が良い場合もあります。バッテリーの容量を変更するときは、販売店などに相談してから変更してください。
購入後にバッテリーあがりを繰り返すのであれば、電気系統に異常があるのかもしれません。そのようなときは、販売店で点検整備をしてもらうと安心できます。電気系統などに異常があるときは、正しい知識と技術を持った整備士さんにお願いをしてください。

バッテリーの端子も確認!

バッテリーの端子も購入前に、確認するのがいいと思います。バッテリーの端子が腐食していたり汚れている場合があるので、エンジンを見たときにバッテリーも確認するのをお勧めします。バッテリー本体と端子を確認することによって、未然にバッテリーのトラブルを防ぐことになります。
バッテリーの端子に腐食や汚れがある場合は、交換をした方が無難です。高性能の高いバッテリーでも、車に繋がる端子が腐食していたらその性能を発揮することはできません。端子に腐食などが見られるのであれば、新品に交換してください。
端子の汚れがひどい場合は、交換をお勧めします。汚れが蓄積されていると、バッテリーあがりやエンジンの始動性能の低下につながります。バッテリーが充電されていても、端子の汚れが原因でバッテリーあがりと同じような現象が起きてしまいます。端子の汚れがひどい場合は、交換することによって改善される場合があります。

バッテリーは整備士へお願いします!

バッテリーの点検や交換などは、整備士さんなどに頼むのが安心できます。整備手順があるために、整備士さんへ依頼するのがいいと思います。バッテリー本体の交換はできますが、端子交換などは整備士さんに依頼することで安心につながります。
電気系統の不具合もあれば、整備士さんへ依頼すべきです。電気系統のトラブルは、車両火災の原因となりますので注意してください。電球交換なども個人でできますが、ヘッドライトやフォグランプなどを交換するときは必ず注意事項を読んでから交換作業をしてください。注意事項を守らないと、車両火災の原因になります。
バッテリーや電気系統の不具合が、車両火災の原因の多くを占めています。タイヤのバーストやオーバーヒートが原因の場合もありますが、バッテリーを含む電気系統の不具合が多いのです。車のバッテリーや電気系統の修理などは、整備士さんへ依頼してください。小さなトラブルが大きなトラブルや事故につながりますので、バッテリーや車の整備は整備士さんへ依頼をするのが安心につながります。

失敗しない販売店を選ぼう!

店員さんの動向を見よう!

気になった車を見つけたら、販売店の店員さんに声をかけます。店員さんがきたら、室内やエンジンなどを細かく見ることが大切です。車に乗ってエンジンをかけて見るのも、一つの方法になります。聞きたいことや質問したいことは、あらかじめまとめておくと見逃しが少なくなります。
車両に関しての質問は遠慮しないで、質問するべきです。質問が専門的なものになっても、店員さんに質問することをお勧めします。こちらの質問に答えられないなら、店員さんの勉強不足か経験不足だと考えられます。違う人を呼ぶよりも勉強不足の店員さんがいるのであれば、違う販売店へ行った方が無難です。
女性客や身なりで選ぶ店員さんがいる販売店もあり、嫌な思いをした人は多いと思います。親切に対応してくれる販売店が多いのですが、一部の販売店には身なりなどで判断する人がいます。そのような販売店での購入は、控えるのがベストな選択です。

清潔感がある販売店へ!

販売店にたばこの吸い殻や空き缶が落ちている販売店では、せっかくの購買意欲もなくなってしまいます。逆にきれいに展示がしてあってゴミなどが落ちていない販売店でも、店員さんがしつこく進めてくると嫌になってしまいます。しつこい営業トークで買ってしまうと、購入失敗になってしまいますので注意が必要です。特に中古軽自動車の場合が多いので、注意しなくてはいけません。
表示価格に整備費などの価格が上乗せされて、乗り出し価格になります。悪質な販売店では整備費などを多く上乗せして整備をしてない場合がありますので、信頼のおける販売店を探すことが大切です。信頼のおける販売店を見つけることが、中古軽自動車の場合には必要不可欠なのです。
知り合いに車販売店などで仕事をしている人がいるなら、知り合いの方に紹介してもらったりするのがいいと思います。購入するときのトラブルを防ぐことが大切なので、信頼できる販売店を見つけてください。

店員さんの身だしなみも見よう!

販売店で働く人は大勢いますが、個人経営の小さな販売店では身だしなみが整っていない場合があります。いくら親切に対応ができていても、茶髪やピアスをしている店員さんでは購入を見送る方が無難です。購入後の中古車保障期間内の修理でも、補償の対象外とされて高額な修理費を請求されるトラブルも実際に起きています。
中古車販売店では、整備工場が隣接している場合が多いのです。でも、その整備工場から怒鳴り声や大きな声などが聞こえてきたら不快な気分になってしまいます。小さいことかもしれませんが、後からのトラブルを防ぐ意味でも避けた方が無難だと思います。
有名な中古車販売店などでも、整備に手抜きしていたりしますので注意してください。家族や知人に販売店の知り合いがいるのであれば、紹介してもらうのがいいと思います。中古車販売店とのトラブルはニュースなどにもなりますので、購入を考えるときは販売店の確認もすることをお勧めします。不快な思いをしないためにも、販売店を回る時は複数人で行くのが良いと思います。

個人売買に注意しよう!

しっかりと実物を見よう!

個人どうしでの売買では、実物を見て納得してから購入してください。写真や説明だけでは判断できないので、実物を見てから購入を決定するのがいいと思います。個人売買では写真と実物が違う場合があったりもするので、実物をしっかりと確認してください。
遠方で実車を確認するのが困難な場合は、映像などを見せてもらうようにするのが得策だと思います。映像を見せるのが嫌なら、購入を見送る方が無難です。写真だけですと、奇麗なところだけ写している可能性高いので注意しなくてはいけません。スマホや携帯電話で気軽に動画を見ることができる時代なので、送られてきた動画をしっかと確認してください。
動画や写真を確認してからの購入だと、個人売買でのありがちなトラブルを防げますので動画なども利用するのがいいと思います。

契約書も忘れずに!

個人売買でも契約書を作成しておくと、支払いのトラブルなどを未然に防ぐことができます。双方が合意した証拠になりますので、トラブルが起きても契約書があるので安心ができます。契約書の中には、名義変更の手続き期限なども記載しておくと便利です。
車両を売却したのに、車の税金の支払い通知が売った人に届く場合があります。買い手側が名義変更などの手続きをしていないかもしれないので、連絡を取り名義変更をしてもらいましょう。売り主と買い手で問題が解決しないなら、弁護士などを間にいれるのがいいと思います。どちらかに有利な人では、正しい判断ができないので注意してください。
契約書を作成しておくと後からのトラブルなどを防ぐことになりますので、双方の合意の上で契約書を作成して双方で保管するのがいいと思います。個人売買ではトラブルが起きやすいのですが、欲しい車を安く手に入れられるメリットがあります。個人売買で購入するときは、十分に注意してください。

金銭のやり取りは契約書のあとで!

個人売買でのトラブルといえば、お金の支払いです。お金の支払いが終わってるのに金銭を要求されたり、詐欺まがいの要求が発生したりしますので注意してください。個人売買での売買では契約書は必要ないのですが、契約書を作成しておくことでトラブルになる可能性が低くなります。
個人売買に抵抗がある人は、販売店での購入がいいと思います。個人売買で購入するのも販売店で購入も同じことですが、安心して購入するならば販売店での購入してください。個人売買で無理をするより、安全に安心して購入することができます。
個人売買でのトラブルに巻き込まれないためにも、契約書を作成することが大切です。契約書を作成しないとトラブルが起きてしまうので、契約書をきちんと作成してからの売買をお勧めします。

中古軽自動車を安心して購入しよう!

現物をしっかり見よう!

中古の軽自動車を安心して購入するのには、車をよく見ることが大切です。お気に入りの車種などがあれば、その車種を調べてから販売店を回るのがいいと思います。清潔感があって親身になってくれるような販売店を見つけることができれば、カーライフのパートナーになると思います。
車種が決まっていないのであれば、車情報誌やインターネットで情報を収集することができます。人気車種やお買い得な軽自動車を自宅で検索することができ、車種を絞り込むことができます。情報を集めることも、中古軽自動車などを安心して購入することにつながります。
実際の車を確認するときは、走行距離やボデーの傷などを一つ一つ見ることが大切です。ゆっくりと時間をかけて判断しないと、失敗してしまう可能性があるので注意してください。その場では即決をしないでじっくりと時間をかけてから、購入をするのがいいと思います。車が早く必要でも、焦らないで購入するのがポイントになります。
また、販売店を回る時は、複数人で行くのがお勧めです。一人で販売店を回ると、販売店のいいようにされたり不快な思いをしてしまう可能性が大きいのです。そのために、家族や友達などと一緒に行くことが失敗しないためにも必要になります。実際に車を見るときも、複数人が理想です。自分一人では見落としする可能性があるので、一緒に見てくれる人と行くのがお勧めです。

見積もりも忘れずに!

販売店でお気に入りの車を見つけたら、見積書を作成してもらいましょう。見積書は無料で作ってくれるので、購入を検討するのに必要不可欠です。見積書と契約書での記載が違うときは、必ず問い合わせをしてください。問い合わせしないで契約書に印鑑を押してしまうと、失敗してしまいますので注意してください。
購入を検討するときは見積書が必要ですが、購入時には契約書になります。一つ一つの書類を確認しておくと、トラブルを防ぐことができます。もし、契約書をせかされるような販売店では、購入を拒否して違う販売店に行きましょう。中古軽自動車といっても安い買い物ではないので、購入するのには慎重に慎重に検討をしなくてはいけません。
一つ一つを慎重に検討をして、購入に踏み切るのが失敗ししないために必要です。失敗しない中古軽自動車を選ぶというのは、安全に長く付き合えることだと思います。中古軽自動車とはいっても安い買い物ではないので、慎重に選んでください。

リアルタイム中古車情報「車選び.com」全国4,500店、全国130,000台の中古車の中からあなたに“ぴったり”の1台を!初心者にも簡単でこだわり派も満足の中古車検索。気になる車は動画でチェック!中古車なら【車選び.com】販売店の検索や車買取もお任せ下さい!

中古車選びをサポートしてくれる!