【カワサキ Z750RS】男の憧れ!通称”Z2”

バイク好きなら一度は乗ってみたいZ750RS。カワサキの車種の中でも絶大な人気を誇る通称"Z2"そのスタイリッシュな外装は昔も今も男の憧れです。今回はその男の憧れで、絶大な人気のZ750RSについてまとめてみました。

カワサキ Z750RSとは

Z750RSまたはZ750FOURは、カワサキが1973年から1978年にかけて製造していたバイクです。通称”Z2”と呼ばれています。

”Z2”となぜ呼ばれるようになったのか

Z750RSの形式名称です。
呼びやすい形式名称”Z2”(ゼッツーまたはゼットツー)と呼ばれるようになりました。

Z750RSとはどんなバイクか

Z750RSの製造の前に排気量903ccの”Z1”というバイクを製造し、欧米で高い人気が出ましたが当時の日本では業界の自主規制により、750ccを超えるバイクを販売することができなかったため、750ccクラスの国内版が必要でした。
そこで、欧米で人気の出た”Z1”の日本版の製造をしました。変更内容はエンジンのボアダウンとストロークの変更をして、このZ750RS通称”Z2”が生まれたのです。

Z750RSについて

Z750RSの年式の違いによって仕様が少し違うところとかもあります。マニアの方からすると年式の新しい”Z2”は”Z2”ではないらしいです。違いを比べてみます。

年式によっての違い

1973年式モデル(初期モデル)

これがマニアが欲しがるZ2です。国内販売で発売されたモデルはキャンディートーンブラウン通称”火の玉”のカラーリングだけです。

1974年式モデル(Z2A)

この年式から正式にはZ2Aというらしいです。変わった点としては、火の玉カラーからキャンディートーンイエローにカラーリング変更し、オイル漏れ対策、タコメーター内にテール、ストップランプの球切れ警告灯の装備をしました。

1975年式モデル(Z2A後期)

この年式からの変更点はカラーリングがキャンディートーンスーパーレッドとキャンディートーンスカイブルーの2種類に変更されてます。あと、Dチェーンからシールチェーンに変更されてます。
補足ですが、輸出用に作られた車両は”Z1B”と呼ばれています。

1975年式モデル以降”Z750RS”ではなく”Z750four”

名称の変更はマイナーチェンジのため、川崎重工業で付けられた機種コードです。”Z2”でなくなった訳ではありません。マニアの方はこの年式から”Z2”ではないと言われることが多いようです。

1976年式モデル(Z750A-4)

この年式では大幅に変更されています。まずは、カラーリング変更がダイヤブラウンとダイヤダークグリーンの2種類です。ほかの変更点は、出力アップ(69psから70psにアップ)、フロントブレーキのダブルディスク化、サイドカバー形状変更、キャブレター変更、スピードリミッターの搭載、テールライト大型化、バッテリー位置の変更、インジケーター周辺のデザイン変更、ハザードランプの搭載をされています。かなり変更されてますので、名称を”Z750RS”から”Z750four”に変更されたのかもしれないです。

1977年式モデル(Z750-A5)

この年式ではカラーリング変更のみです。ダイヤモンドワインレッドとダイヤモンドスカイブルーの2種類です。ここまでが”Z2”となっています。次の年式からはニューモデルとなります。

出典:http://www.bombers-bike.com/stock/detail.php?code=20100621173339&id=1&tcode=bomber

出典:http://www.d-garage.jp/dblog/?p=2800

Z750RSスペック

バイクのタイプ:ネイキッド
排気量:746cc
エンジン:ZZE型型 746cm3 空冷4ストロークDOHC2バルブ並列4気筒
最高出力:69ps/9,000rpm
最大トルク:5.9kg-m/8,500rpm
車体の大きさ:全長2,200mm、全幅865mm、全高1,170mm
車体総重量:230kg
始動方法:セル式&キック式
ブレーキ:フロント”シングルディスクブレーキ”、リア”ドラムブレーキ”

Z750RS中古の相場価格

車両状態にもよりますが、中古相場の価格が150万~450万ほどで取引されているようです。
毎年希少価値が上がりどんどん値上がりしていく”Z2”ですが、バイクを知らない方からすれば考えられないでしょう。古ければ古いほど価値があり、フレームの型番が若ければ若いほど希少価値が上がり価格が高くなります。型番が初期の番号の場合、それ以上になるかもしれないです。

中古を購入するにあたって気を付けたいポイント

いざ購入するとき、やっぱり少しでも状態の良いものに出会いたいのはみんな思うものです。筆者は乗り物を購入するとき大体目の前のものが最高だと思いこみ即購入して何度か失敗してます。今回はそういうことがないように”Z2”購入時に気を付けたいポイント抑えてみます。

「欲しい!」だけで購入は危険!?

ただ、Z2が欲しいというだけで購入は控えましょう。やはり希少価値の高いもですから多少知識をつけてからの購入をおすすめします。なぜなら車両状態、年式によって価格が大幅に変動するからです。それに知識があった方が購入する際楽しく探せると思います。

購入するときは「フルレストア車」を選ぼう!

これはあくまでも個人的な意見ですが、フルレストア車を選んでほしいです。購入後のメンテナンス、故障などのトラブルがあると購入したばかりなのに…と少しつらい思いをしてしまうと思います。そういうトラブルを少しでも回避するためにフルレストア車をおすすめします。価格はそれなりにグンっと上がりますが、それでも価値はあると思います。でも、そういう故障も踏まえてそれも楽しみたいのであれば全然いいと思います。

信頼できるバイクショップを選ぶ!

信頼できるバイクショップを選ぶことです。信頼できるバイクショップが無い場合はまず、良さそうなショップを訪れてショップのオーナー様と信頼関係を築くことをおすすめします。そうすることでなんでも聞きやすくなるし、頼みやすくなります。なんでも教えてくれるので知識もかなり付きます。これはかなり重要なことだと思います。

Z750RSのパーツ

今でも人気のZ750RS通称”Z2”この”Z2”のデザインされたパーツ類は今でもほかの車種で使われているくらい人気のデザインです。特に人気のパーツを紹介していきます。

”Z2”タイプのミラー

DOREMI COLLECTION(ドレミコレクション) こだわりの初期型Z2ミラー CAADIH_FLVXBN

¥5,000

販売サイトへ

DOREMI COLLECTION(ドレミコレクション) Z2タイプミラー ブラック CAADIH_FLVXFX

¥5,388

販売サイトへ

キジマ(Kijima) Z2タイプミラー メッキ/ブルーグラス 左右兼用 正ネジ10㎜ ミラーサイズ94φ 新認定車両対応 203-9143

¥2,365

販売サイトへ

このZ2ミラーが今でも大人気で幅広い年代から愛され続けています。
筆者もその一人です。どのバイクにもこのZ2ミラーをつけてしまうほどです。

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/jotasvr400/63131618.html

”Z2”タイプのハンドル

デイトナ(DAYTONA) 70'Sハンドルバー Z2タイプ 66233

¥3,549

販売サイトへ

【135】 チェリーバー Z2カットしぼりハンドル 幅58 高さ10cm type1 HDL-P01HDL-P01

¥2,700

販売サイトへ

ポッシュ(POSH) Z2タイプクラシカルハンドルグリップ ブラック 010572

¥1,685

販売サイトへ

ポッシュ(POSH) Z2タイプクラシカルハンドルグリップ アメゴム 010572-AG

¥1,685

販売サイトへ

Z2絞り、Z2タイプなどすごく人気で旧車好きやそうでない方にも人気のハンドルです。
ハンドルグリップもとても人気の高い商品です。

出典:http://moto-cherry.ocnk.net/product/143

”Z2”タイプのウインカー

Z1 Z2 純正タイプ ウィンカー(オレンジ/ステー付)2個 ACP製

¥5,400

販売サイトへ

ウインカーステー Z2 タイプ ショートサイズ 1個

¥1,461

販売サイトへ

現行車でもウインカーを変えるだけで一気に旧車感が出ます。
特にゼファーに上記のハンドル、ミラー、ウインカーなどを取り付けると”Z2”風に仕上がります。

出典:http://www.motozig.jp/flow_gallery/gallery-1342-52782.html

Z750RS まとめ

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/oFBobjuKY6o" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

旧車、絶版車の中でも絶大な人気を誇るZ750RS通称”Z2”簡単に手に入る代物ではありません。が、それだからこそ手に入れたとこの喜び、感動は計り知れないものです。どうしてもZ2が乗りたいという方は絶対に乗ってほしいです。今、購入してもこれからも”Z2”は永遠です。10年、20年そして次の代に乗り継いでいってほしい名機です。

Z2は一生もののバイク

”Z2”を購入する人はきっと一生もののバイクだと思い購入すると思います。
誰もが一度乗るとのめり込み、”Z2”の魅力に憑りつかれるはずです。なので、長く付き合っていくバイクだからこそ慎重にそして、いい”Z2”に出会ってください。人生の相棒になると思います。