【カワサキ ZRX1200S】ツーリングに最高のビッグネイキッド

長距離ツーリングに行き、行った先のワインディングロードを楽しめる。そんなカワサキ ZRX1200Sについてまとめました。カスタムの例やパーツの紹介を行っているので、そちらも参考にしてみてください。

カワサキ ZRX1200Sとは

出典:http://www.goobike.com/catalog/KAWASAKI/ZRX1200S/index.html

ZRX1200Sは、カワサキが2001年から2004年まで生産していたバイクです。生産年数の短さを含め、少々レアなバイクでご存じない方も多いかと思います。お察しの通り、ZRX1200Rとは兄弟車となっていて、ハーフカウルの部分を除き共通のコンポーネントを使用しています。ここでは、そんなZRX1200Sについてまとめました。
ZRX1200はそれまで存在したZRX1100の後継モデルとして開発されました。ZRX1100は、ビキニカウルのモデルの他に、ZRX1100-IIと呼ばれる、カウルなしのネイキッドモデルが存在しました。ZRX1200にモデルチェンジするに伴い、このネイキッドモデルは廃止され、その代わりとしてこのZRX1200Sがラインナップに加わったといえます。このタイプのハーフカウルモデルは日本ではあまり見かけませんが、海外ではこのようなタイプのモデルの人気が高いと言われています。
ZRX1200Sは2004年の輸出停止とともに生産が終了しましたが、ZRX1200Rは2008年まで生産が続けられ、ZRX1200DAEGに後を継ぎました。

カワサキ ZRX1200Sのスペックと価格

車両スペック

出典:http://www.jp-pegasus.com/sale/zrx-1200/zrx-1200.htm

全長:2,120mm
全幅:780mm
全高:1,230mm
軸間距離:1,465mm
シート高:830mm
エンジン種類/弁方式:水冷4ストローク並列4気筒/DOHC4バルブ
総排気量:1,164cc
圧縮比:10.1
最高出力:100PS @8,000rpm
最大トルク:102N・m @6,000rpm
乾燥重量:227kg
燃料タンク容量:19L
タイヤ径(フロント・リア):120/70ZR17・180/55ZR17
カタログ燃費(60km/h定速走行):25.5km/L

また、一般的な燃費は一般道が18km/L程度で高速道路だと22km/L程度の模様です。1,200ccの大型バイクとしては一般的か若干良い程度と言えるのではないでしょうか? 

ZRX1200Sの価格

ZRX1200Sは2001年の発売当時、990,000円で販売されていました。また、2004年モデルのアップデート後からは1,050,000円で販売されていました。対してZRX1200Rは2001年モデルが960,000円、2004年モデルは975,000円であったため、通常のビキニカウルモデルと比較して30,000円高だったことになります。

ZRX1200SとZRX1200Rの差

前述の通り、ZRX1200Sは上部のカウル部分を除いてZRX1200Rとほぼ共通となっています。カウル部分外の大きな違いは、メーター部分がZRX1200Rは砲弾型の2連メーターなのに対し、ZRX1200Sは独自の3連メーターとなっています。また、ミラーがカウル部分に取り付けられている差があります。
ハーフカウルは当然ながら防風効果があります。ツーリングなどの際は、ライダーに風が当たることで疲れが出るのはご存知かと思います。このハーフカウルによる防風効果で、ロングツーリング時の疲労度を大きく下げることができると言えます。

ZRX1200Sの中古車情報

ZRX1200Sの中古状況

ZRX1200Sの中古車は、生産年数の短さも相まって多いとは言えません。執筆時点でのGooBikeでの掲載数は37台と多い方ではないと言えるでしょう。ですが、スポーツタイプのバイクとは違い、非常に大事にされている車両が多いようで、中古市場に在る車両でも状態の良い車両が多いように思われます。走行距離も比較的短い車両が多いようです。
それに比べて、価格相場30から60万円と非常に低いです。他の車種と比べて非常にお買い得な車種といえるのではないでしょうか。

ZRX1200Sの中古車

2002年式で、走行距離24,591kmのZRX1200Sです。フルノーマルの車両で、今までツーリングなどメインで使われていたことが想像できます。価格も39.8万円と、大型バイクとしては比較的安価な40万円以下となっています。この他の車両でも比較的この近辺の価格から探せるため、中古車としては選びやすいのではないでしょうか? 
また、ツーリングメインで使われていた車両は、無理な乗り方や転倒のダメージを負っている可能性が、スーパースポーツのような攻める車種よりも低いと考えることができます。もちろん、適切な中古車選びと、ショップ選びは必須です。しかし、優しく乗られている車種だと若干リスクを下げることが出来るとも言えます。そういった面でも、ZRX1200Sは中古車としては購入しやすい車種です。

同じく2002年式で走行距離14,000km程度のZRX1200Sです。こちらはメタリックブルーのカラーリングでがきれいですね。元々カラーリングの多い車種ではありませんので、こちらのメタリックブルーか、一つ前のシルバー系か、最終年式(2002年式)の赤系の3パターンしか選択肢はありません。
さて、こちらの車両ですが、55万円と先程の車両から比較して高めの価格になっています。走行距離が短いのもありますが、キャブレター交換によるフルパワー化、社外マフラーの導入、ニッシン製のキャリパーへ交換、オートシフター(クラッチを握らなくてもシフトレバー操作によってシフトアップできる装備)といったカスタムがされているのが大きいでしょう。ここまでカスタムしてあれば、乗り始めから一味違った楽しみを得ることができるでしょう。

ZRX1200Sのカスタム情報

ZRX1200S専用のカスタムパーツはあまり見つけることはできません。ですが、ZRX1200Sは前述の通り、ZRX1200Rとほぼ共通の車両です。ですので、カスタムパーツもほぼ流用することができます。もともとZRXシリーズの名を冠している通り、その走りにも期待が持てて、かつそのハーフカウルによって長距離のツーリングも行うことが出来るZRX1200Sはとてもカスタムのやりがいが在る車種と言えるのではないでしょうか。
今回は、ZRX1200Sで長距離のツーリングする! というシチュエーションを想定して、快適性と楽しさを追求してカスタムパーツをピックアップして紹介します。

定番のマフラーカスタム

ストライカー(STRIKER) SLIP-ON ボルトオン STD カーボン ZRX1200R(-08) ZRX1200S(-08) 3510BT

¥57,406

販売サイトへ

まずは楽しさの部分からマフラーを紹介します。こちらは、STRIKER製のスリップオンタイプのマフラーです。マフラーを変えることで、自分好みの「音」で走ることが出来るようになります。もちろん、パワーアップも見込めます。音量を変えるだけがマフラー交換の全てではありません。音量はほぼ変化しなくても、音の質感が変わるようなマフラーもあります。ネット上では交換前後のマフラー音を比較している動画もアップロードされているので、そちらも参考にしてみてください。

ノジマエンジニアリンング(NOJIMA ENGINEERING) マフラー FASARM Rチタン フルエキゾースト カーボン ZRX1200R、ZRX1200S、ZRX1100、ZRX1100-2 NTPX608VC-CL

¥122,038

販売サイトへ

こちらは、ノジマ製のフルエキゾーストタイプのマフラーです。ZRX1200Sにフルエキ!? という意外性抜群です。元々、ZRX1200Rはサーキット走行に使われる事も多いバイクです。当然ながら、早く走るためのカスタムパーツも豊富に揃っており、フルエキゾーストマフラーも当然ながら、バックステップやブレーキまわりも豊富にパーツが揃っています。こういった一見走りに振ったパーツを、ツーリングメインで使うバイクに入れてしまうのも、実はカスタムとしては大アリだと思います。なぜなら、限界域で走りやすくすることは、普段の街乗りやツーリングでも余裕を増すことが出来るからです。この考え方で作られているZX-10Rなどのスーパースポーツバイクでツーリングする人が多いことからも、正しさが伺えます。
そういった意味で、ZRX1200Sにフルエキゾーストマフラーを入れれば注目度抜群ですし、カスタムにも華が出ます。もちろんスペック向上も見込めるので、よりツーリングが楽しくなること請け合いと言えるのではないでしょうか? 

冬場でも安心のグリップヒーター

デイトナ(DAYTONA) ホットグリップ 巻きタイプEASY [全長105mm] 91604

¥3,811

販売サイトへ

冬場のツーリングは寒さとの戦いです。特にZRX1200Sのようなバイクですと高速道路を使って移動することを考える機会も多くあると思います。しかし、冬場の高速道路はとにかく手が寒い! 凍えるようになり、サービスエリアに立ち寄るたびにホットドリンクで手を温める、みたいな経験をされている方も多いのではないでしょうか? また、寒さで手が震えてくると、ブレーキやスロットル操作に遅れが生じる事が考えられます。とっさの時に確実な操作ができないと危険とも言えるでしょう。そこで、こちらのホットグリップをおすすめします。グリップ部分を車両から取った電気で温めることで、冬場でも暖かく快適にツーリングを楽しむことが出来るようになります。手が震えるような事もないので、とっさの時も確実に操作できるようになり、安全性も増します。

長距離のツーリングのお供にジェルザブ

EFFEX(エフェックス) ゲルザブ R バイクシート 巻きつけタイプ GEL-ZAB EHZ3136 オートバイ 二輪用 EHZ3136

¥7,779

販売サイトへ

ロングツーリングだと、お尻が痛くなってしまう事も多いです。ZRX1200Sは比較的シートが柔らかいタイプの車両ですので、スーパースポーツバイクほど辛さを感じることは少ないでしょう。しかし、一日中移動するようなツーリングの場合は、より柔らかく座り心地が良いほうが快適なはずです。そこでおすすめなのがこのゲルザブです。その名の通りゲル状の座布団をシートに巻きつけるようにして使用します。振動や突き上げ感などを抑えることで、長距離のツーリングでも快適に過ごす事が出来るはずです。

泊りがけツーリングにサイドケース

GIVI(ジビ) サイドケースセット 未塗装ブラック E22N 90668

¥19,643

販売サイトへ

ZRX1200Sは泊りがけのツーリングにも十分に対応可能なバイクです。ですが、そのままでは積載量に限界があります。こちらのようなサイドケースを使用すれば、2泊ツーリングにも対応できる荷物を持ち運ぶ事が可能になります。サイドケースは見かけ上のカスタム性も抜群で、これがついているだけで一気に遠乗り仕様に見えるようになります。
またバイクでの移動時、特に長時間の移動の際にリュックサックを背負っている人も多いかと思います。しかし、リュックサックはどうしても肩が凝ってきてしまい、段々と疲れてきてしまいます。疲れてくると集中力も切れて危ないですし、何より楽しくなくなってしまいます。そうした点でも、サイドケースのようにバイクに直接固定するタイプの積載を行うことで、より快適にツーリングを楽しむことが出来るようになるでしょう。

カスタムの例

ZRX1200Sをショップがカスタムした例です。フルエキゾーストマフラーの導入の他にも足回りなどの強化を行い、ツーリングだけでなくサーキット走行も可能なようにカスタムされています。カスタムの一例として参考にしてみてください。

ZRX1200Sの評価

ZRX1200Sはツーリングメインに使われる事が多いバイクのようです。ツーリングに利用する観点から、ネット上の様々な意見をまとめました。

インプレッションを行っているページ

代車で借りたZRX1200Sの試乗レポートが記載されています。

ZRX1200Sを代車で借りた際にツーリングに行った時のレポートが記載されています。各部の詳細な写真がとても参考になりますし、ZZ-Rと比較した走行時のインプレッションも記載されています。4,000回転あたりの振動が気になる? との意見をお持ちのようです。

ZRX1200Sのよいところ

カウルの防風効果

これはどの方も言われている事で、カウルによる防風効果は絶大のようです。ツーリングで体に当たる風を減らす事ができれば、その分疲れにくくなるので、この点はツーリングバイクとしては非常に大きなメリットです。ZRX1200Rはビキニカウルモデルですので、防風効果はそれほど大きくありません。ZRX1200SはZRX1200Rよりもツーリング向きであると言えます。

低速トルクがあるので走りやすい

1,200ccの排気量を活かし、低回転から十分なトルクを発生させます。加減速の多い町中でも、上りの峠道でもストレスなく走る事が可能です。楽に走れるということは、イコール疲れにくいバイクということです。そういった面でも長距離のツーリングに向いたバイクです。

アフターパーツが豊富

前述の通り、ZRX1200Rと共通のパーツが多いことにより、カスタムパーツも流用することが可能です。ZRXシリーズは長らく続く人気車種なので、パーツも非常に多く発売されています。やはり、アフターパーツが多く存在することは、長くバイクを乗っていく上で重要な点であるといえます。自分に合わない部分を調整したり、自分好みに変えたりするカスタム面でも役に立ちますが。それだけでなく、故障や不慮の事故による破損などに対しても、パーツが多いことは役に立ちます。

ZRX1200Sの悪いところ

ちょっと重い

ZRX1200Sはハーフカウルによって、ZRX1200Rに比べて少々重たくなっています。重くなっていることで、倒し込みの速度が緩慢になるなどの悪影響があります。また、引き回しの際も多少重くなる事が考えられます。ただし、これは防風効果と引き換えだと考えれば良し悪しですし、重くなることで直進安定性が上がるという考え方もできます。

振動が気になる

上記のインプレッションで話されていたことですが、4,000回転近辺で振動が発生するようです。特定の回転数で振動が発生する場合、共振が発生していることや、エンジン特性上振動が発生しやすい回転等の可能性が考えられますが、何にせよ振動が発生するのは良いことではありません。その回転数を避けるように運転するなどして、振動を避ける必要があると言えます。

ギア比が低すぎる

高速ではギア比が低すぎる。スプロケ1丁上げでは追いつかない。

出典:www.bikebros.co.jp

高速道路ではギア比が低すぎて回転数が上がってしまう事があるようです。もう少し低い回転数で乗れれば疲れない、という印象を持たれているようです。低い回転数で乗れたほうが、精神的にも肉体的にも一般的には楽であるため、もう一段ほしいと考える事もあります。そういったときに、リアのスプロケットを交換して回転数と速度の比を変えることもできますが、それでは追いつかないレベルでギア比が低すぎる、という意見が出ています。

まとめ

カワサキ ZRX1200Sについてまとめました。長距離のツーリングに最適で、かつZRXシリーズの名の通り走りを楽しむことも出来る一台になっています。このようなハーフカウルを備えたバイクは元々車種が少なく、新車の大型バイクだとあまり選択肢はないのが現状です。そんな中で、中古車に目を向けたときに、とても買いやすく、かつアフターパーツも豊富なZRX1200Sは最適な一台となり得るのではないでしょうか。あまり台数は多くありませんが、もし良いなと思うZRX1200Sに出会うことがあれば、それは運命の出会いかもしれません。運命の一台に出会って、楽しいバイクライフをお過ごしください!