【ホンダ NSF250R】MotoGPマシンがバイク屋さんで手に入る!

軽量でハイパワー、これはレースで走るライダーにとって、バイクに求める理想となっています。そんな条件を叶えているのが、NSF250Rです。世界で戦うレースマシンでありながら、実は一般販売もしています。今回はあまり知られていないレーシングマシン、NSF250Rについてピックアップしました!

NSF250Rとはどんなバイクか?

2011月より発売された市販ロードレースマシン!

NSF250Rは2011年により販売開始された市販ロードレースマシンです。一般的に販売はされていますが、公道走行不可なので、競技専用となっています。エンジンは水冷4サイクル単気筒250ccエンジンを、充填効率のいい前方吸気、後方排気を採用。ロードレースマシンなので一般的な市販車とは一線を画する設計となっているNSF250R。詳細はのちほどど紹介します。

NSF250Rは世界水準のトップレーサー

MotoGP(ロードレース世界選手権)のレギュレーションが変更されたことによって、これまで2サイクルエンジンの125ccが出走できなくなり、その代わりに登場したのがこのNSF250Rです。そんなハイレベルなレースマシンが市販車で販売されているということで、多くのバイク好きの間で話題にとなっています。

NSF250Rの仕様紹介

RS125Rから継承された高性能フレーム

出典:http://www.honda.co.jp/HRC/products/machine/nsf250r/

RS125Rとは、これまでMotoGPでホンダが採用していた2サイクルレーサーマシンです。そのフレームを継承しつつ、剛性の見直しなどによって、さらに高次元なコーナリング性能を手に入れました。操作性を重視したフレーム剛性は、適度にしなりを効かせる設計です。

独特のレイアウトのエキゾーストシステム

出典:http://www.honda.co.jp/HRC/products/machine/nsf250r/

エキゾーストシステムはほかにないレレイアウトです。これによって排気効率はもちろん、マスの集中化にも大きな影響をもたらしています。

燃料タンク形状も計算済み

出典:http://www.honda.co.jp/HRC/products/machine/nsf250r/

ホールドしやく、操作の邪魔にならないアルミ製の燃料タンク。容量は11Lとなっています。

マスの集中化も考えられたエンジン

出典:http://www.honda.co.jp/HRC/products/machine/nsf250r/

前方吸気、後方排気レイアウトの単気筒エンジン。13,000rpmで最高出力を発揮する、高精度設計です。マスの集中化を図るため、後方に15度傾斜が付いているのも特徴となっています。

レーシーなスロットルボディ

出典:http://www.honda.co.jp/HRC/products/machine/nsf250r/

Air-Intake Systemと呼ばれるラムエアシステムを標準装備。高速走行時により効率的に性能を発揮でスロットルボディを採用しています。

オプションパーツも充実

出典:http://www.honda.co.jp/HRC/products/machine/nsf250r/

PGM-FIセッティングツール、モードセレクトスイッチ、ピットロードスピードリミットシステムといった、レースで必須となる装置もオプション装備できます。MotoGPのレーサーマシンの醍醐味ともいえますね!

NSF250Rのスペック

型式:MR03
全長:1.809m
全幅:0.560m
全高:1.037m
軸距:1.219m
最低地上高:0.107m
シート高:0.729m
キャスター角:22°36´
車両重量:84kg
燃料タンク容量:11L
エンジン型式:水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
総排気量:249.3cm3
内径×行程:78.0×52.2mm
最高出力:35.5kw/13,000rpm
最大トルク:28.0N・m/10,500rpm
オイル容量:エンジン1.27L トランスミッション0.55L
変速機形式:常時噛合式6速
デバイス(吸気):IACV
燃料供給形式:PGM-FI
点火形式:フルトランジスタ
クラッチ形式:湿式多板
潤滑方式:セミドライサンプ
フロントタイヤサイズ:90/580R17
リアタイヤサイズ:120/600R17
フロントブレーキ:油圧式シングルディスク φ296
リアブレーキ:油圧式シングルディスク φ186
フロント懸架方式:倒立テレスコピック式
リア懸架方式:プロリンク
フレーム形式:アルミツインチューブ

NSF250Rの新車価格

2011年、発売当時174万9,510円
2014年、価格改正139万8,600円 エンジン単体71万2,800円

NSF250RWって?

MotoGPではKTMのRC250Rに圧勝されてしまったNSF250R。そのため、打倒KTMとして登場したのがこのNSF250RWです。名前こそ似ていますが、フレームからなにから別物となっています。エンジンは新開発と思われる単気筒の250ccエンジンを採用し、フロントタイヤは太く、リアタイヤは細く、燃料タンクは1Lダウンサイジングし、車両重量は83kg。

こちらは市販されていないため、細かいスペックなど不明な点が多いといった状況です。これによってNSF250Rは旧型となってしまいましたが、市販車として手に入るハイスペックマシンであることに変わりません。

NSF250Rのエンジンスタートは押しがけのみ

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/yQq1x15WV6M" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

NSF250Rのエンジンスタート風景です。参考にしてください。

市販車とはいえスパルタンなレースマシンです。キックスターターはもちろん、セルスターターといったレースに不要なものは装着されていません。そのため押しがけ(走りがけ)のみといったエンジン始動方法です。このことから慣れていない人は、エンジン始動の練習をする必要があります。

NSF250Rの最高速度は?

NSF250Rの最高速度は200km/hオーバー!

レース専用マシンのNSF250Rでは200km/hオーバーのようです。一般的な250cc単気筒スポーツバイク(カワサキ ニンジャ250やホンダCBR250R、スズキ GSR250 ヤマハ R25)では150~170km/hあたりが最高速度となっているので、いかにNSF250Rが凄いのかがわかります。

MotoGPマシンはすごいですね! ちなみに最高出力の35.5kwは馬力に直すと約47.3PSも出力しているので当然といえますね。このように数字で見ても、なにやらとんでもない技術が投入されているようです。

走行動画からもその速さがわかる!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/HsaYe4cN3hM" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

NSF250Rの走行動画も参考にしてください。

こちらはサーキットでの走行動画ですが、回転数の上がり方、駆け抜ける速度から、本当に250cc? と疑ってしまうほどパワフルです。

コーナリングもダテじゃない!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/VpQ7sUonEzU" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

NSF250Rの車載動画です。こちらも参考にしてください。

NSF250Rの性能の高さは、こちらの車載動画を見ても、参考になると思います。とにかくコーナリングスピードが速い! コーナーの度に他車と差を縮めています。一般的な250ccスポーツバイクとは比べ物にならないことがわかりますね。

ワンメイクレースも開催されている!

各地方のサーキットで、NSF250Rを使用したレースなどが頻繁におこなわれています。中にはワンメイクレースなどもホンダが主催しており、盛り上がりを見せているので、レースが好きな方、NSF250Rが好きな方は、前向けに検討してみてはいかがでしょうか? ホンダ主催のレースレギュレーションでは、出荷状態でのレースとなるので、特に難しいチューニングや、さらなる改造などを必要としません。

よって、手軽にレースが楽しめる内容となっています。MotoGPマシンでのレース。気分はプロライダーですね!

NSF250Rはナンバー取得できない?

レース専用車の宿命

もともと競技車両として販売されているNSF250R。国土交通省で型式認定を受けていないので、登録はできないようになっています。とはいえこのような超がつくほどのハイスペックマシン。サーキット場だけではなく、日常の足として触れたい人も多いハズです。見た目的にはヘッドライトやウインカーなどの保安部品が見当たりませんが、それらを装着したらどうにかなりそうにも感じますが……。

しかし残念ながら、NSF250Rに正式にナンバープレートを装着し、公道走行可能にする術がないようです。素直にサーキット専用とするしかありません。

移動手段も忘れてはいけない

公道走行不可なので、保管場所からサーキットまでの移動手段も考えておかなければいけません。一般的に多いのが、ハイエースなどのバンタイプです。これを個人で所有していたり、レンタルなどで手配している方が多くいます。そのほか自動車で牽引するミニトレーラーなどもあり、規定のサイズ内であれば、普通自動車免許で運行可能です。

NSF250Rの中古車情報

一般販売店での中古車流通はなし

インターネットの中古バイク検索サイトにて、NSF250Rを探してみましたが、どうやら中古車の流通はないようです。これはレース専用車というちょっと特殊な分野であることが影響していると思います。実際にレースで使用していたり、MotoGPマシンということもあり、コレクションされるなど、一度手に入れたらオーナーさんはなかなか手放さないと思いますよ。

即出荷OKな新車販売もある

車両価格:139万9,000円

NSF250Rはディーラーでも販売はもちろん、個人販売店などでも購入可能です。店によってこれからレースを始めようとする方のサポートもしてくれるので、なにかと条件はいいといえます。レース専用マシンということで、普通のバイクとは違ったメンテナンスなどが要求されるので、経験のあるレースショップのバックアップがあると安心です。

ヤフオクでの中古車落札価格は50~80万円くらい

一般中古車販売がほぼされていないNSF250R。このことからヤフオクなどの個人売買サイトでもNSF250Rを探してみました。すると年に数台ではありますが、出品、落札はあるようです。落札金額は50~80万円と、オークションの特性上、差はありますが、このあたりが相場と考えてもいいですね。しかし、流通量が極めて少ないことに変わりはありません。

NSF250Rのまとめ

NSF250RはMotoGPマシンがディーラーで購入できるという、マニアにはたまらない条件となっています。80kg台の超軽量な車体に超高回転型エンジンは47PS以上のパワーを出力するなど、理想的な形といえますね。確かに140万円という車両価格は大型バイクよりも高価です。しかし、最先端の技術や世界トップクラスの高性能と考えれば、たいして問題にもなりませんよね?

見た目もかっこいいと大評判です。このNSF250Rが手に入るうちにゲットして、思う存分その性能を体感してみてください。宝物となることは間違いありません!