【マグナ 250 中古車】安心の水冷Vツインエンジンのお気軽アメリカン

マグナ250は登場時から250ccアメリカンを代表する存在。そしてその人気は絶えることなく、現在も続いており、中古車市場にも賑わいを見せています。今回はそんなマグナ250の中古車についてピックアップ! ヤマハ ドラッグスター250との比較もありますよ!

マグナ 250の中古車相場はどれくらい?

マグナ 250の中古車流通量は多く400台前後

マグナ250(Vツインマグナ)の中古車流通量を、中古車サイトで調べたところだいたい400台前後ほど流通していることがわかります。これは2007年に生産が終了したバイクとしては、多い方で、新車の出荷数の多さや、現在も人気である証拠ともいえますね。ネット掲載以外の中古車も含めると、全国どこでも手に入れやすい車種ということです。

マグナ250の大阪での中古車相場は8~35万円

車両価格: 10万円(消費税込)

マグナ250の大阪での流通量はそこそこあり、低価格帯から高価格帯まで幅広い品揃えとなっています。特に10万円台でも程度のいいマグナ250が販売されているので、そういったお買い得車両は見逃せません。20万円台となると、カスタム車がメインとなっており、リペイント車などのフルカスタムなども販売されいます。30万円台はフルカスタムコンプリートまたは、程度のいいノーマル車が中心です。

マグナ250の北海道での中古車相場は18~35万円

車両価格: 32万4,000円(消費税込)

北海道の中古車流通量は全国的にくらべて少なめです。ただし、程度のいいマグナ250ばかりなので、安心して中古車選びができると思います。ネット上検索では、全てノーマル車です。カスタムされたマグナ250を探している人には、厳しい状況といえます。

マグナ250の全国的な中古車相場は4~55万円

車両価格: 48万9,000円(消費税込)

マグナ250の特徴は、お店によっては安売りしている場合があることです。たとえば10万円以下のマグナ250は、走行距離10,000~30,000km程度で、艶のあるきれいなマグナ250も混在しています。一部要整備車など、DIYを楽しむ人向けのものもありますが、程度のいいマグナ250はお買い得車そのものです。

また、10~20万円台はノーマルまたはカスタムで、走行距離も落ち着いている程度のいいマグナ250ばかりとなっています。この価格帯からもわかるように、マグナ250の中古車は全体的に程度が安定している状況です。30万円台のマグナ250は、走行距離10,000kmの低走行車が中心でレッドバロンやディーラーの認定中古車などもこの価格帯で、40万円台は2007年の最終モデルのなかでも低走行車、50万円台はほぼ新車といったマグナ250が販売されています。

マグナ250 最高速度は?

マグナ250の最高速度は140km/hくらい

アメリカンという特性上、最高速度にこだわる人が少なく、最高速度についての決定的証言を見つけることができませんでした。おそらく140km/hくらいではないか? という噂が多く目につきます。アメリカンといえばゆっくりトコトコ走るイメージがありますが、マグナ250のエンジンは、ハイレスポンスな中高回転仕様で、テキパキとした走行を得意するようです。

一般道など、ビュンビュン走り抜けたい方におすすめとなっています。また、高速道路など巡航スピードの高い条件でも100km/hでもまだゆとりのある性能があり、250ccながら高速道路走行も得意なバイクです。

マグナ250の燃費は?

マグナ250の実燃費は23~30km/Lくらい

マグナ250は低燃費車としても名が知れ渡っているバイクです。エンジンパワーは十分にありながら燃費がいいので、理想的なバイクといえます。このあたりがホンダ車らしいですね。ちなみにマグナ250のエンジンは、VTR250へと継承されます。このVTR250とはスポーツバイクです。よってマグナ250の運動性能の高さが裏付けられているともいえますね。

ライバルのヤマハ ドラッグスター250の中古車とくらべてみる

中古車流通量はドラッグスター250の方が多い

ドラッグスター250とマグナ250は、ライバル関係にある250ccアメリカンバイクです。中古車流通量ではマグナ250にくらべ、少しだけドラッグスター250の方が多いことがわかります。よりドラッグスター250の方が中古車選びがしやすいといったところです。

ドラッグスター250の中古車相場は14~70万円

64万5,800円(消費税込)

マグナ250にくらべて全体的に、中古車価格が高いドラッグスター250ですが、10万円台でも十分な中古車探しができる状況です。走行距離は20,000~50,000kmあたりとなっております。30万円台では走行距離10,000km以内の低走行車などもあり、程度のいいドラッグスター250では、あまりマグナ250と値段差がないようです。

40万円台は新車が中心となっています。この価格帯から上は、フルカスタム車となっており、ツーリング特化した仕様や、チョッパーなど、さまざまなスタイルのドラッグスター250が選択可能です。

ドラッグスター250とマグナ250 走りの性能に注目しよう!

空冷エンジンのドラッグスター250は、ゆっくり走るアメリカンらしい味付けのエンジンフィーリングです。それに対してマグナ250は吹け上がりのいい、スポーツ志向のエンジンフィーリングとなっています。特に速度の高い、高速巡航ではパワーのあるマグナ250が得意なので、高速道路を頻繁に使用する方には、マグナ250がおすすめです。

マグナ250の中古車まとめ

筋肉質なスタイリングが特徴のマグナ250。250ccということもあり、親しみやすい気軽に乗れるアメリカンとして人気が絶えません。アメリカンには珍しい、水冷エンジンを採用していることで、真夏の渋滞時も安心できるのもマグナ250ならでは。まだまだ中古車流通も多いので、入門やカスタムベースにもおすすめです。

アメリカンといえば空冷エンジンを想像しますが、マグナ250はオーバーヒートの心配のない水冷エンジンを搭載しています。さらに高回転エンジンなので独特の走行フィーリングを楽しめるのも魅力です。今回はそんなマグナ250のご紹介!