【ノート e-POWER発表会】シリーズハイブリッド方式を採用した量産車の登場!

2016年11月2日、日産ノートに新パワートレインが搭載されました。これはエンジンで発電した電気を高電圧バッテリーを充電し、モーターを駆動して走るというシリーズハイブリッド方式となっています。日産ではこれを「e-POWER」として命名し訴求しています。モーターのトルクフルな走りと、ガソリンエンジンを高効率で使うことによる好燃費を達成したというこのクルマを見ていきましょう。(飯嶋洋治/RJC会員)

日産ノートe-POWERとは?

photo by Iijima

日産自動車株式会社は2016年11月2日、「ノート」に新電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「ノートe-POWER」を発表しました。発表会の冒頭、日産の西川廣人氏は、「日産はクルマの電動化と知能化を進めていくのをテーマとし皆さんにさまざまな提案をしていきます。セレナのプロパイロットは自動運転技術の導入としてお届けしました。今日はもうひとつの柱である電動化として、従来のハイブリッドとはまったく異なる、これまで培ってきました電気自動車の技術を生かした電動化のご提案をします。われわれ”自動車屋”としては、やはり量販車で対応して、お求めやすい価格でご提供することが必要で、それがなければ新技術も絵に描いた餅になってしまいます。今回、プロパイロットに続くe-POWERをぜひお楽しみいただければと思います。これを機に日産の存在感を徐々に増していきます」と挨拶しました。

日産ノートに電動パワートレイン「e-POWER」を搭載!

photo by Iijima

続いて星野朝子氏が登壇。「このまったく新しいパワートレインの開発に日産自動車は10年かけてやってまいりました。電気だけで走るモータードライブならではの気持ちのよい走り、ワンペダル感覚の新たな乗り心地、優れた実用燃費といった魅力が、このノートe-POWERの魅力に加わることになります。われわれは電気自動車の新しい形として受け止めていただければと思っております。このクルマに乗り込みアクセルをひと踏みするだけで、お客さまはこのクルマのとりこになると思っております。このパワートレインはもはや発明だと社内でも言っております」と自信のほどをのぞかせました。

新パワーユニット「e-POWER」とは?

photo by Iijima

今回のノートの新パワートレインは、いわゆるシリーズハイブリッド方式です。搭載しているガソリンエンジンにより発電し、その電力を利用してモーターの力で走行する……という考え方は古くは20世紀初頭にフェルデナンド・ポルシェ博士の設計による「ローナー・ミクステ」が市販されており、国内ではトヨタが1997年にコースター・ハイブリッドEVを市販しています。ただ、ローナー・ミクステはごく少数の販売でしたし、コースターはマイクロバスということで、小型量産車では初の市販車となります。

ノートe-POWERでは、通常の発進や走行時は、エンジンが停止、高電圧バッテリーからの電力だけで走行し、バッテリー残量や車速に応じてエンジンを始動するというシステムをとっています。急加速や登坂時などには、バッテリーからの電力に加え、エンジンで発電した電力も直接駆動モーターに供給し、力強い走りを実現するとしています。減速時には、回生発電した電力をバッテリーに充電。停車寸前まで回生を行うために減速エネルギーの損失を抑えています。

エンジンは発電にのみ使用。おいしいところだけ使えるのがミソ!

発電をするのはあくまでもエンジンなので、充電する必要はなく、ガソリンの給油のみで走行することになります。では、ガソリンエンジンで直接駆動するのに比べて何が優れているのか? という疑問を持つ方もいると思います。ガソリンエンジンというのは、効率の良いエンジン回転というのが決まっており、その幅はそれほど広くはありません。簡単に言えば、低回転域ではパワーが足りませんし、高回転域では燃費が悪くなるという面があります。

その点、シリーズハイブリッド方式にすれば、いつもエンジンの効率の良い回転域で作動させバッテリーに充電、あるいは直接モーターの電源とすることができるために、燃費も良くなるという理屈です。また、電気モーターは0回転から最大トルクを発生するという特性を持っていますから、ガソリンエンジンのようなトランスミッションも必要ありませんし、加速性能もすぐれたものとなります。

インテリアも基本は従来のノートそのまま!

photo by Iijima

インテリアに関してはことさらe-POWERを主張してくるものではありません。トランスミッションが無いという構造上の違いはあるものの、基本はアクセルとブレーキでスピードを調整するのは変わらず。居住性は従来のノートと同じと言えるでしょう。

photo by Iijima

パワーユニットはフロント部分で完結しているために、12Vバッテリーがリヤにあるものの、荷室スペースも十分に取れます。JC08モードで34.0km/L(e-POWER X)という好燃費で、荷物を積載しての長距離ドライブにも適していると言えるでしょう。

主要諸元

※e-POWER X

サイズ

全長:4,700mm
全幅:1,695mm
全高:1,520mm
ホイールベース:2,600mm
トレッド(前/後):1,480mm/1,485mm
最低地上高:130mm
車両重量:1,210kg
乗車定員:5名

性能

最小回転半径:5.2m
燃料消費率(JC08モード):34.0km/L
主要燃費向上対策:ハイブリッドシステム、アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、ミラーサイクル、電動パワーステアリング

諸装置

駆動方式:前輪駆動
ステアリングギヤ型式:ラック&ピニオン式
サスペンション(前):独立懸架ストラット式
サスペンション(後):トーションビーム式
主ブレーキ(前):ベンチレーテッドディスク式
主ブレーキ(後):リーディングトレーリング式
タイヤ(前・後):185/70R14 88S

エンジン&モーター主要諸元

発電用エンジン型式:HR12DE
種類・シリンダー数:DOHC水冷直列3気筒
ボア×ストローク:78.0mm×83.6mm
総排気量:1,198cc
圧縮比:12.0
最高出力:58kW(79PS)5,400rpm
最大トルク:103Nm(10.5kgf-m)/3,600-5,200rpm
燃料供給装置:日産ECI(ECCS)電子制御燃料噴射装置
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
タンク容量41L(e-POWER.Sは35L)
・モーター
形式:EM57
種類:交流同期電動機
定格出力:70kW(95PS)
最高出力:80kW(109PS)/3,008rpm-10,000rpm)
最大トルク:254Nm(25.9kgf-m)/0rpm-3,008rpm)
動力用主電池:リチウムイオン電池

まとめ

photo by Iijima

同じ日産のリーフは、どこかEVを主張する肩肘を張ったような雰囲気がありますが、ノートにはそれがないのが好印象。また、価格もe-POWER Xが1,959,120円と手軽なところから、かなり売れるのではないか? という気はします。試乗記は改めて掲載しますのでお楽しみに!