【カワサキ 250TR】トラッカーもスクランブラーもOKなオシャレなヤツ

ストリートバイクブームで一気に街にあふれたのがカワサキ 250TRです。カワサキの硬派なイメージとは裏腹に、おしゃれなファッションバイクとしてその地位を築いていました。最近では見た目だけに留まらず、その性能のよさにも注目が集まってきています。今回は250TRの知られざる先祖や、スペック、中古車相場、カスタムなどをピックアップしています!

カワサキ 250TRとは

250TRの販売期間は2002~2013年

2000年初頭のストリートバイクブームによって、各メーカー、トラッカースタイルの250cc単気筒を続々とリリースしていた頃、カワサキはデュアルパーパスを彷彿させる、スクランブラータイプの250TRを対抗馬として用意しました。他メーカーのモデルとは一線を画する、本格的なキャラメルブロックパターンタイヤが特徴です。

また、2007年からそれまでのキャブレター方式からFI(フューエルインジェクション)に変更し、厳しくなった排ガス規制に対応し、トルクアップしています。

250TRはエストレヤと同型のエンジン

出典:http://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/estrella/

250TRのエンジンは、エストレヤ(1992年~)と同型のエンジンを採用しています。そのためエンジンの耐久性についてはお墨付きといったところ。通勤や通学など、毎日ハードに乗るような条件下でも問題ありません。一部のエストレヤにはカムチェーンの伸びによる故障の心配がありますが、それらはリコール対象となっているので、後発の250TRにはあまり関係のない話です。安心して乗っていただけるバイクとなっています。

250TRのライバル車たち

2000年代初頭のストリートバイクブームでは、国内4メーカーはそれぞれ個性的なモデルで対抗していました。なかでも250TRは攻めたデザイン、攻めた仕様であることを知っていただくために、その他のメーカーの競合車も紹介します。

ヤマハ TW200/225:1987~2008年

ストリートバイクブームの仕掛け人でもあるヤマハ TW200。ドラマ「ビューティフルライフ」で木村拓哉が劇中で乗っていたことがきっかけで、若者を中心に大ブレイクしました。そのTW200は水色の燃料タンクにブラウンカラートラッカーシート、オイルクーラーといったカスタムで、現在でもそのレプリカに乗るユーザーさん見られるほどです。

またサイドカウルを外し、剥き出しのエアクリーナーにダウンマフラーといった、スカチューンもTW200がきっかけでブームとなりました。見た目的な要素ばかりもてはやされたバイクですが、低中速回転重視のエンジン特性に、バルーンタイヤ、高度補正装置付きキャブレターといった、本格的アドベンチャーバイクとしての性能も見逃せません。足つき性もよく、林道や山道などのオフロードでの走破性も高いのも特徴です。

ホンダ FTR:2000年~

ストリートトラッカーブームによって登場したFTR。控えめなブロックパターンタイヤに、扱いやすい223ccの単気筒エンジン、軽量な車体など、入門バイクとしても人気があり、女性にも扱いやすいと評判です。FTRもスカチューンや、トラッカースタイルに改造されることが定番でしたが、最近ではロングツーリングや、林道の走行など、FTRの走破性を生かした楽しみ方も流行しています。

スズキ グラストラッカー/グラストラッカービッグボーイ:2000年~

その名のとおり、トラッカースタイルのグラストラッカー。そういった意味ではホンダ FTRと系統は同じです。また、タイヤも同系統の控えめなブロックパターンタイヤを装着しています。しかし、一回り小さい車体となっており、よりストリートでの取り回しがしやすい設計です。

グラストラッカーに比べて前後共に1インチ大径ホイールを装着する、グラストラッカービッグボーイもあり、フロントフォーク、リアスイングアーム、リアサスペンションなども延長され、全体的に大きな設計となっています。これらのモデルがストリートバイクブームを牽引していました。もちろん現在でも人気があります。

250TRはさまざまなジャンルで愛されている

これまでスカチューンや、トラッカーといったカスタムが中心となっていた250TR。2000年初頭では、ノーマルの方が少ないんじゃないか? というくらいそういったカスタムを施されることが定番となっていました。最近ではそのブームもめっきり落ち着き、250TRを愛するユーザーさんも多種多様化(ブーム時は若者中心だった)しています。

そんな250TRは、ノーマルのままや、トラッカー、スカチューンはもちろん、アメリカンや、カフェレーサーまで幅広いジャンルで親しまれており、キャラメルブロックパターンタイヤを生かし、林道走行や、道路状況を気にしないアドベンチャー的なツーリングなどにも人気です。これまでカスタムが中心、見た目ばかりがピックアップされていましたが、その走破性の高さが再評価されています。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/RmjMRPxEqgE" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

こちらの動画のとおり、オフローダー並の走行も楽しめます。このように、街乗りから林道、砂利道まで、スクランブラーバイクとしてさまざまな状況に対応できるので、災害時などの緊急事態でも活躍が期待できますね。ただのファッションバイクではない! といったところです。

近年はスクランブラーバイクや、スクランブラーカスタムブームもあり、250TRが再注目されています。本格的なブロックパターンタイヤがよく似合うので、ハードなスクランブラースタイルもお手の物ですね。

定番のトラッカースタイルも日々進化し続けています。シートカウルやカラーリングなど、これまでとは違った、個性を表現するようなカスタムを楽しんでいるようです。

カワサキ 250TRのスペックや価格は?

カワサキ 250TRのスペックと価格

新車価格:41万8,000円
型式:JBK-BJ250F
全長:2,100mm
全幅:840mm
全高:1,105mm
軸間距離:1,420mm
最低地上高:165mm
シート高:775mm
エンジン種類:空冷4ストローク単気筒 SOHC 2バルブ
総排気量:249cm3
内径×行程:66.0mm×73.0mm
圧縮比:9.0:1
最高出力:14kW(19PS)/7,500rpm
最大トルク 19N・m(1.9kgf・m)/6,000rpm
始動方式:セルフスターター
点火方式:フルトランジスタ
潤滑方式:ウエットサンプ
エンジンオイル容量:2.0L
燃料供給方式:フューエルインジェクション
トランスミッション形式:常噛 5段リターン
クラッチ形式:湿式多板
フレーム形式:セミダブルクレードル
フロントタイヤサイズ:90/90-19M/C 52P
リアタイヤサイズ:110/90-18M/C 61P
フロントブレーキ形式:シングルディスク 270mm(外径)
リアブレーキ形式:ドラム(リーディングトレーリング)160mm(内径)
車両重量:146kg
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量:6.6 L
乗車定員:2名
定地燃費(2名乗車時):41.0km/L (60km/h・国土交通省届出値)
最小回転半径:2.4m

250TRは実は復刻版だった! 250TRバイソンとは?

2002年に登場した250TRですが、実はそのベースとなる「250TRバイソン」という2サイクルエンジンを搭載したオフローダーがありました。250TRバイソンは1970年に登場し、当時のクラス最高馬力を誇る23.5PSを出力するといった、本格的なオフローダーです。

しかし残念ながら「バイソン」というペットネームは自動車メーカーが先に取得しており、その関係で約一年でバイソンの名を取り下げることになりました。実はこの250TRバイソンをたどっていくと、その関係車種がほかにもいくつかあるので紹介します。

350TRビッグホーン

250TRバイソンと共に1970年に登場したオフローダー。2サイクルロータリーディスクバルブのエンジンを搭載し、33ps/6,500rpmを出力。0〜400mタイムは14.8秒というほどの実力です。フロントフォークは、トレール、キャスター、プリロード、フォーク長が調整できる機能を持っていました。

90TRトレールボス

90TRトレールボスに搭載される、中回転重視にセッティングされた2サイクルエンジンは、90SSと同型です。1969年に登場した90TRトレールボスは、スクランブラーではなく、あくまでもトレールとしての位置づけとなっています。ちなみにこの90TRトレールボスをベースに、100ccエンジンの副変速機付きモデルが輸出用に製造されたそうです。

125TRボブキャット

1970年、ロングストローク125ccエンジンで14PSを出力した、125TRボブキャットも販売されています。このように250TRシリーズは、幅広い排気量のラインアップがあったことがわかりました。どれも高性能な2サイクルエンジンを搭載し、本格的な走行を前提としているので、2002年に登場した250TRが、ただのファッションバイクではないということの、裏付けといえますね。

カワサキ 250TRの燃費は?

250TRの実燃費は32~40km/Lくらい

単気筒250ccエンジンの250TRの実燃費はとてもよく、30km/Lを切ることはないようです。また、キャブレターでは32~38km/L、FIでは35~40km/Lとなっています。ストップ&ゴーの多い市街地での走行でも燃費が伸びるということで、通勤通学の足に利用している人も多く、実用性に優れたモデルです。

250TRの燃費が伸びない?

特に年式の古いキャブレターモデルでは、燃費が思いのほか伸び悩んでいる人も多いようです。これにはいくつかの原因が考えられるので紹介します。

エアクリーナーが汚れている

WM ダブルエム(ウェリントン) エアクリーナー・エアエレメント K&N パワーフィルター 250TR

¥8,316

販売サイトへ

よくある原因の一つが、エアクリーナーの汚れによる、フィルターの詰まりです。この状況では、加速性が悪くあり、無意識的にスロットルを大きく開けて操作している状況となります。そうなるとガソリンの噴射量も増え、燃費の悪化に繋がるので、一度点検をした方がよさそうです。

特にエアクリーナーの汚れは、走行環境によって大きく左右され、都会と田舎では交換のペースが大きく違います。よって定期的に目視確認しておくことがおすすめです。

キャブレター内が汚れている

ワコーズ EC エンジンコンディショナー ガソリンキャブレター車・LPG車の気化器・燃焼室洗浄剤 A113 380ml A113 [HTRC3]

¥1,360

販売サイトへ

キャブレターまたはFI、すなわち燃料噴射装置が汚れていることが原因で、燃費の悪化に繋がることもあります。特に機械式で、2002~2006年と年式の古いキャブレターでは、このトラブルに陥りやすいです。実はキャブレターは定期的にオーバーホールする必要があります。キャブレターの構造上、避けては通れない道です。

オーバーホールとなると専門知識が必要なので、バイクショップなどに作業を依頼する形になります。もしも個人レベルでキャブレターの汚れを除去するのであれば、エアクリーナーを外し、キャブレターへキャブレタークリーナー、またはエンジンコンディショナーなどを吹き付け、定期的に汚れを落とすことで、オーバーホール時期を先延ばすことも可能です。しかし、一度汚れがいっぱいになったキャブレターに関しては、分解洗浄などの作業となります。

プラグが消耗している

NGK [ エヌジーケー ] 一般プラグ ネジ型 [ 品番 ] DR9EA

¥319

販売サイトへ

エンジンにとって重要な役割を担っているスパークプラグ。これが弱っていると、うまくエンジンパワーを発揮できず、馬力が落ちてしまいます。完全に消耗してしまうとエンジンを始動すらできない状態に……。プラグは目視で消耗状態をチェックし、交換の必要性を判断できますが、長い期間交換していない状況であれば、思い切って新品交換をおすすめします。

250TRに必要なプラグは1つだけで、1本あたり数百円程度なので、交換しておいて損はないはずです。また、交換時間も1分も必要ないので、とてもお手軽。また、消耗していなくても、状態のいい新鮮なプラグを使用することで、トラブルの原因を一つ減らせ、エンジンの状態もよく保てるので、定期交換がおすすめです。

250TRに合うスパークプラグのサイズはNGK製では2002~2006年モデル「DR9EA」2007年~「DR8EA」となっています。これらを疑ってみて、それでもダメならもう少し詳しく原因を究明する必要があるはずです。

カワサキ 250TRの中古車情報

250TRの中古車相場は10~36万円

車両価格: 36万3,000円(消費税込)

250TRの中古車流通量はとても多く、値段も仕様もさまざまです。10万円台は、格安販売となっており、ノーマルもカスタム車も混在している状況となっています。この価格帯の250TRは数多く、特に程度に問題があるわけでもありません。少しでも安く手に入れたい方におすすめです。

20万円台は、タイヤ前後新品交換や、チェーン、スプロケット交換などの手厚いサービス付きのお店もあります。また、走行距離が5,000km程度の低走行車などもあり、より程度のいい250TRを購入できそうです。30万円台になると、新車並のインジェクション車や、カフェレーサーなどのきれいなカスタム車となっています。

250TRのカスタムコンプリート車は30~100万円

車両価格: 100万円(消費税込)

250TRの中古車の特徴は、カスタムコンプリート車の販売もしていることです。カスタムコンプリート車とは、すべてにおいてカスタムされ、これ以上手をいれる部分がない状態のことを指します。カスタムショップなどでは、デモカーも兼ねて販売していることがあり、カスタムのスタイルはショップによってさまざまです。

前述でも紹介したとおり、250TRではカフェレーサーやアメリカンなども、幅広いカスタムで親しまれています。改造の内容や、パーツの選択など、ショップによって違うので、金額もバラバラです。250TRをカスタムしようと考えてる方は、このようなコンプリート車もおすすめとなっています。

カワサキ 250TRのカスタムとメンテナンス情報

カスタムするならマフラーから!?

ビームス(BEAMS) フルエキゾーストマフラー マフラー SS300ソニック B402-07-000

¥20,847

販売サイトへ

数あるカスタムパーツのなかでも、ジャンルを問わず人気なのがマフラーです。純正マフラーは静寂性に優れ、扱いやすいエンジン特性に一役買っていますが、音量や音質を求めるユーザーにはちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

そこで社外マフラーを装着することで、純正マフラーとは違い、ストレート構造をしていることもあり、音量、音質の改善、さらにはエンジン出力アップも期待できるなど、カスタム好きにピッタリとなっています。250TRではキャブレター車とインジェクション車では対応しているマフラーが違うので注意してください。

ウイルズウィン 250TR(BA-BJ250Fキャブ車) ドラックパイソンマフラー スポーツタイプ

¥24,365

販売サイトへ

マフラーは見た目だけで選んでもかまいませんが、予期せぬほど音量が大きくなることもあります。そういったことのないように、レビューなども参考してマフラーを選んでください。また、近所迷惑なども考えてマフラーを交換しないとトラブルのもとになります。

スタイルや機能を考えて選びたいシート

イージーライダース(EASY RIDERS) ディバイディングシート ブラックパイピング 【250TR】 NT0531-A

¥20,891

販売サイトへ

純正シートは座り心地がよく、長時間の運転でもお尻が痛くなりにくい作りになっています。カスタムシートではデザインや厚み、硬さなどさまざまな商品が用意されていますが、あまり薄いシート(足つきのいいシート)を選ぶとクッション性が悪く、お尻が痛くなりやすいので、注意してください。

逆に厚みがあるシートはお尻への負担が減り、長距離向きですが、足つき性は悪くなります。シーンに合わせたシート選びがおすすめです。

オリジナルシート製作という手もある!

バイクシート張替3,000円(税抜)〜、7営業日中発送、カスタムシート職人が熟練の技を駆使し、カスタムシートを生産し張り替えております。

カフェレーサーや、アメリカンカスタムでは定番となっているオーダーシート。既製品には好みのものがない! という方にはオリジナルシートをワンオフ製作するのも一つの手です。たとえば気に入ったシートがあるけれど、座り心地がイマイチ気に入らない、厚みが気になる、色を替えたいなど、ご自身に合わせたシート作りを注文できます。また、破れたシートなどの修理も可能です。

カフェレーサーに人気のセパハン

37φ 37mm 37パイ セパレートハンドル セパハン シルバー 銀 角度調整式HIGH

¥11,800

販売サイトへ

カフェレーサースタイルへのカスタムが密かな人気となっている250TR。そこで欠かせないアイテムとばっているのが、セパハン(セパレートハンドル)です。250TRの取り付け径は37Φなので、それに合わせたハンドルを用意すれば装着できます。

交換時の注意点としては、ハンドルが低い位置になるので、ハンドルを切ったときに燃料タンクに当ってしまい、切れ角が狭くなること、そしてハンドルロックができなくなるなどです。そのほかハンドルの位置によってはアクセルやブレーキなどのワイヤーの長さを変更する必要もありますので、ご注意ください。

250TRのバッテリーサイズはYTX7L-BS

TAIWAN YUASA [ 台湾ユアサ ] シールド型 バイク用バッテリー YTX7L-BS

¥3,212

販売サイトへ

250TRはセルスターターなので、バッテリーが上がるとエンジンの始動ができません。キャブレター車であれば走りがけという手段もありますが、FI車はバッテリーの電力を利用して燃料供給をおこなうので、バッテリーが上がってしまうとどうにもできません。

そこで、最悪の事態を防ぐために、バッテリーの定期交換をおすすめします。250TRのバッテリー規格は「YTX7L-BS」これを頼りにバッテリーを探してください。メーカーによって表記サイズが違いますが、YTX7L-BS互換バッテリーと表示してあるはずです。それらは同じバッテリーサイズなので使用可能となっています。

カワサキ 250TRのインプレと評価は?

250TRの最高速度は120km/hくらい

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/EyVj_jRTUZ0" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

最高速はこの動画も参考にしてください。

あまり250TRでは最高速度を試す方がおられないようですが、この動画を見る限り、メーター読みで117km/hでレブリミットがかかっています。最高速度を求めるようなバイクではありませんが、他の250cc単気筒モデルとあまり大差はないようです。これなら高速道路も走れますね。

250TRはゆっくりも楽しいバイク

60キロ以上は振動が大きくなると書きましたが60キロまでで走るならその振動(鼓動)が最高に気持ちいいです。
もう一台所有している600ccのバイクは直線を走っていても全然面白くありませんがこのバイクは堤防沿いの
直線をだらだら走ってても楽しいです。
5速50キロ位が一番好きです。

出典:review.kakaku.com

250TRのインプレで目立つのが、ゆっくり走っていても楽しめるというコメント。これなら普通の移動も楽しく過ごせそうですね。速いバイクにはない魅力が250TRにはあります。

トルクのあるエンジンがいい

味わいのあるロングストロークエンジン。(トルキーで適度なドコドコ)
低回転のトルクがあり、クラッチミート時に回転を上げないでもスっと前に出ます。
回転を上げてもビリビリとした振動が少ない。

出典:review.kakaku.com

250ccにしてはトルクフルであるというコメントも多いです。アイドリングだけで発進できる、という表現からわかるようになかなかの力持ちのようですね。振動に関しては個人差があるようで、60km/hを越えると辛い、100km/hを越えると辛いなどの差が見られます。

エンジン位置が低いかも

エンジン下が低いので倒すとバンクセンサーをこする。縦溝のある道の走行はグリップが落ちたように感じ、危険かも。

出典:review.kakaku.com

最低地上高は165mmと問題なさそうですが、バンク角が狭いという意見も見られます。そのためリアサスペンションを長いものに交換したり、ケツ上げアダプター(ヒップアップアダプター)などを取り付ける方もいるようです。普段使いだけなら気にならないと思いますが、攻めたライディングをするなら気をつけた方がいいかもしれませんね。

カワサキ 250TRオーナーブログもチェック

「250TRider's Blog」

ヨーロピアンなスタイルにカスタムした250TRで、四国1周をテーマにしたブログ内容です。四国ツーリングを予定している方は参考になりますね。

文系ライダー☆250TRiderによるkawasaki(カワサキ)250TRのバイクカスタマイズ、メンテナンス、九州1週、四国1週のロングツーリングレポート。もちろん初心者で素人で不器用なバイクファッション好きな男。

「Kawasaki 250TRとBMW R100RSで行く 東北2000km 4泊5日ツーリング」

250TRに乗る女性ライダーさんのブログです。2東北をのんびり楽しむ内容となっています。読んでいるうちにいツーリングに出掛けたくなるかも!

「JET CUSTOM CYCLESのカスタムバイク日誌」

カスタムショップのブログです。250TRのカスタムの風景も公開しているので、カスタムの参考になると思います。250TR以外の車種も見ているだけで勉強になるはずです。

カワサキ 250TRのまとめ

2002年にデビューし、カスタムベースとして鳴り物入りした250TR。現在ではカスタムはもちろん、ノーマルスタイルも見直されています。通勤通学に、お買い物の足に、ツーリングなど、なにをするにもおしゃれに飾ってくれる250TRの紹介でした!