【ヤマハ XJR400】文句のつけようのない空冷最速400ccネイキッド

旧車感のあるメカニカルノイズや大きな排気音、それらはこのバイクにはすべて褒め言葉となります。今回は空冷最速マシンをコンセプトに登場したXJR400をピックアップ! スペックや中古車相場、インプレなどを取り上げています。気になる方は要チェックですよ!

ヤマハ XJR400とは

XJR400は空冷最速ネイキッドを目指して登場

XJR400が登場したのは1993年。この頃といえば、カワサキの空冷ネイキッドであるゼファーが大ヒットしていた最中です。各メーカーがゼファーに対抗するモデルを続々とリリース。ホンダはCB400SF、スズキはバンディット400などのスポーツネイキッドを開発していました。ヤマハはどのようなコンセプトで対抗するか、悩んだ末に「空冷最速」に焦点を絞ることにしたのです。

そんなXJR400は、自主規制枠いっぱいの53馬力を出力する空冷4気筒エンジンを搭載したネイキッドバイクとして、1993年に登場しました。

XJR400の販売期間は1993~2008年

XJR400の販売期間は1993~2008年で、この期間中に大きく分けて3回のマイナーチェンジがおこなわれました。その違いなどについては後述したいと思います。すべてのモデルに共通することは、空冷4気筒エンジンであること、キャブレターであることです。

販売終了に追い込まれた原因は、キャブレターでは厳しくなった自動車排ガス規制に対応できなくなったことが大きな要因となっています。これは空冷エンジンの弱点ともいえることで、エンジン温度が上がりすぎないように、多めにガソリンを噴射する必要があり、それが仇となり排気ガスが規制値をクリアできないといった悪循環によるものです。

とはいえ、キャブレター、空冷エンジンであるという、旧車の特徴を捉えており、トラブル知らずのエンジンであることも相まって、現在はマニアックな人気のあるバイクとなっています。

XJR400の魅力はなんといっても空冷4気筒エンジン!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/LwgSfSWL0Rc" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

XJR400の走行動画です。参考にしてください。

空冷エンジンの魅力は、まずラジエターのないスッキリしたエンジン周りです。オイルクーラーこそ付いているものの、美しいエキゾーストパイプもしっかり確認できます。そして空冷エンジンの見逃せないポイントでもあるのが、美しく伸びたフィンです。空冷エンジンですから、走行風を頼りに冷却しなければいけません。

このことから冷却フィンが水冷エンジンとは違い、長く設計されています。そしてエンジン音。空冷エンジンならではの大きな排気音とメカニカルノイズが、いかにも機械仕掛けであることを意識させられます。XJR400は、1990年代のバイクですが、それよりももっと昔のレトロバイクの雰囲気を味わえるのが魅力です。

また「空冷最速ネイキッド」であることも忘れてはいけません。XJR400のエンジン特性は、パワーの谷を感じられるような味付けとなっています。そのため全開走行時は2段加速するような感覚を覚えるはずです。53PSを出力しているXJR400だからこそ味わえる加速感となっています。

XJR400は豪華装備のモデルも魅力

XJR400の見どころは、エンジンはもちろん、そのほかのパーツも見逃せません。たとえばグレードにもよりますが、ブレンボブレーキを装着していたり、オーリンズ製のサスペンションが装着されていたりと、カスタムされているような状態です。

XJR400のカスタムは各分野で人気

XJR400は、日本のみならず、海外でも大人気で、特にカスタムベースとされることが多いようです。ではその代表的なカスタムのジャンルを紹介します。

XJR400のカスタム:旧車會

旧車の特徴を捉えているXJR400は、旧車會に大人気となっています。ツッパリテールや3段シート、旭風防にショートマフラーなどが定番のスタイルです。中古車などではこの旧車會スタイルのXJR400は避けた方がいいかもしれません。半クラッチを多用する空ぶかし(コール/アクセルミュージック)によるクラッチや、ミッションへのダメージが心配です。たとえ低走行車でも、それらのダメージによるトラブルが考えられます。

XJR400のカスタム:チューニング・ドレスアップ

XJR400のカスタムにおいて、正統派ともいえるカスタムスタイルです。XJR400の形はそのままに、リペイントを施し、ブレーキやサスペンションなどの強化をおこない、キャブレターやマフラーをリセッティング。こだわりを見せる人は、エンジンのオーバーホールやボアアップなど、エンジン内部にまで手を入れるといった内容になっています。このカスタムでは、XJR400を大切にする人が多いので、程度のいい状態であることも特徴の一つです。

XJR400のカスタム:カフェレーサー

海外で大ブレイクしているXJR400のカスタムスタイルのカフェレーサー。XJR400においてのカフェレーサーは、これまでのレトロな定番スタイル(SR400やノートン、トライアンフなどの定番スタイル)はなく、新しい形態のカフェレーサーとなっています。

独特な形状の燃料タンクや、シートやシートカウルなども現代的で、これまでの流行にとらわれない、新らたなアイデアが盛り込まれています。XJR400のカフェレーサースタイルの共通点は、低いセパレートハンドルであることくらいで、そのほかは自由そのものです。誰の目にもカフェレーサーと認識できるスタイルを維持しています。

ヤマハ XJR400のスペックや価格は?

XJR400の新車価格は59万9,000円です。

1993~1998年:4HM(前期型)

XJR400の前期型にはS、R、R2というグレード展開がありました。まずがXJR400S。これはオーリンズ製リアサスペンションを装着したモデルです。XJR400といえば金色のリアサスペンションが目を引きますが、その金色のリアサスペンションこそがオーリンズの証となっています。

XJR400SをベースとしたXJR400Rモデルは、ブレンボ製フロントブレーキキャリパーを装着しています。それまで市販車のネイキッドバイクがこんなに豪華な装備をすることは非常に珍しく、注目を浴びたモデルです。

そしてXJR400R2モデルですが、これはあまり見ることがありませんが、多機能メーターとビキニカウルを装着しています。現在では非常に珍しいモデルです。

1998~2003年:4HM(中期型)

このマイナーチェンジでは、燃料タンク形状とシート形状が変更され、グレードがXJR400Rのみとなりました。また、前期型ではXJR400R2に採用された多機能メーターが標準装備、オーリンズのサスペンションはリセッティングされ、エンジンパーツではピストンの変更など、より熟成されたモデルとなりました。

そのほかエンジンはブラック塗装からシルバーへ(ただしボディカラーブラックのみ、エンジンもブラック塗装)、2001年には250ヵ所にもおよぶ変更があり、ブレーキキャリパーがMOSへ、キャブレターやホイールなど、大規模な変更となっていますが、あくまでも中期型としてのくくりとなっています。このことから1998~2000年は中期型の前期、2001年~2003年を中期型の後期と呼ぶこともあり、ちょっとわかりにくい表現も特徴です。

2003~2008年:4HM(後期型)

厳しくなった自動車排ガス規制に対応するため、マフラーとイグナイターによる点火時期のリセッティングされた後期型です。エンジンのセッティングが変更したことで、低中回転域が重視される味付けとなりました。また、メーターはXJR1300と同型に変更し、盗難防止用のイモビライザーキーも採用しています。しかし、2008年、さらに厳しくなった自動車排ガス規制に対応できなくなり、生産を終了しました。

現在では空冷4気筒エンジンの400ccモデルは、自動車排ガス規制の関係があるようで、販売されていませんし、今後も登場予定はありません。そんなXJR400は400ccクラス最後の空冷エンジンモデルとなっており、当初のコンセプト通り「空冷最速」の王座についています。

XJR400のスペック

形式:4HM
乗車定員:2人
全長:2,075mm
全幅:735mm
全高:1,080mm
軸間距離:1,435mm
シート高:770mm
最低地上高:115mm
乾燥重量:178kg
最小回転半径:2.8m
エンジン種類:4サイクル 空冷 DOHC 4バルブ
気筒数配列:並列4気筒
総排気量:399cc
内径×行程:55.0mm×42.0mm
圧縮比:10.7:1
最高出力:53PS/11,000rpm
最大トルク:3.6kg・m/9,500rpm
燃費/定地走行テスト値:41.0km/L(60km/h)
点火方式:フルトランジスタ
始動方式:セル式
燃料タンク容量:18L
エンジンオイル容量:2.8L
潤滑方式:強制圧送ウエットサンプ
バッテリー容量/形式:12V-8AH(10H) /GT9-BS,YTX9-BS
クラッチ形式:湿式多板
フロントタイヤサイズ:110/70-17 54H
リアタイヤサイズ:150/70-17 69H
フロントブレーキ:油圧式ダブルディスク
リアブレーキ:油圧式シングルディスク

ヤマハ XJR400は新車でも買える?

新車並のXJR400はあるが、もう生産していない……

車両価格: 54万8,000円(消費税込)

XJR400は前述のとおり2008年に生産を終了しています。よって新車を手に入れようとするのは、困難を極めることになるはずです。どうしても新車が欲しい、という方は、XJR400の中古車の中から程度のいい、新車並のXJR400を探す必要があります。

XJR1300なら新車が手に入る!

XJR1300であれば現在進行形で新車販売されています。基本的な構造もXJR400と同じで、空冷4気筒エンジン搭載です。排気量は1300ccなので普通自動二輪(中型バイク免許)では公道走行できませんが、大型自動免許があれば運行可能となっています。XJR1300の歴史も長く、XJR400が販売開始された翌年の1994年に、XJR1200として登場し、1998年に1300ccに排気量アップし、エンジンを熟成させるなどのモデルチェンジを受けました。

2006年には、2008年におこなわれる自動車排ガス規制を見越して、それまでのキャブレターからFI(フューエルインジェクション)へ変更し、現在まで続いています。空冷4気筒サウンドを新車で味わえるのはXJR1300ならでは。カラーリングからも、レトロレーサーを意識していることがわかりますね。新車価格は111万2,400円です。

ホンダ CB1100も空冷4気筒エンジン搭載

そのほか新車で買える空冷4気筒エンジンとしては、ホンダのCB1100/CB1100EXとなります。こちらもレトロなネイキッドバイクです。CB750FOURなどのレプリカ外装キットも販売され、旧車の雰囲気を味わえる、人気のモデルとなっています。

このように残念ながら400ccまでのクラスでは、新車で買える空冷4気筒はありませんが、大型自動二輪免許区分では、現在のところ2モデルがラインアップされている状況です。

ヤマハ XJR400の中古車情報

XJR400の中古車相場は13~55万円

XJR400の中古車流通量は多く、さまざまな程度のものが販売されています。新車でも中古車でも人気のあるXJR400は、走行距離の多いもので、90,000km近いなど過走行気味に感じますが、エンジンの故障報告が少なく、そういったものでも気に入ればおすすめです。

20万円までのXJR400は、走行距離の幅が広く10,000~90,000kmとなっていますが、お店によっては安売りしているなど、目玉車も混在しているので、少しでも低予算で購入を考えるならこの価格帯がおすすめとなっています。

20万円台のXJR400は、走行距離10,000~30,000kmまでのノーマル車とカスタム車が混在しており、旧車會っぽいXJR400もちらほらあり、クラッチやミッションの寿命を考えると避けたいところです。

30万円台は低走行なXJR400または、カスタムされた程度のいいものばかりで、この価格帯なら安心して中古車選びができると思います。40万円以上は、リペイントなどを施したフルカスタムコンプリート車ばかりです。XJR400のカスタムを楽しみたい方におすすめとなっています。また、走行距離が極めて少ないノーマル車両もこの価格帯です。

ヤマハ XJR400のカスタム情報

XJR400のチャームポイントをドレスアップ

FN62895 OILクーラーKIT ストレート #6 9-13R XJR400 93-96/XJR400R 95-07

¥63,504

販売サイトへ

XJR400において、オイルクーラーはチャームポイントとなります、純正ではクールなブラックのオイルクーラーですが、これをカスタムバイクなどがよくもちいる、アルミ製のタイプさらにステンメッシュタイプのホースに交換することで、ドレスアップはもちろん、冷却性もアップします。

XJR400では、高回転を多用するような走行だと、さすがに冷却が追いつかず、熱ダレ(パワーダウン)を感じるオーナーさんも多いようです。このことから、オイルクーラーも容量アップするなど、熱対策も重要ですよ。経年劣化したオイルクーラーのリフレッシュにもおすすめといえます。

旧車はポイントカバーにもこだわろう

BEET(ビート) ポイントカバー(L)XJR400/S クロ0402-Y28-04

¥10,217

販売サイトへ

レトロレーサーによく似合うメーカーロゴ入りのポイントカバー。旧車のドレスアップ車なら必ず装着しているアイテムですが、このワンポイントを交換するだけで、こだわっているという気持ちが伝わりますね。

レーシングキャブレターでパワーアップ

JP05135 FCR33φ H/Z XJR400 93-94

¥231,336

販売サイトへ

XJR400は、ハイパワーなバイクですが、もっとパワーが欲しいと感じたら、まずはレーシングキャブレターの装着をしてみませんか? 加速ポンプ付きなので、レスポンスがアップし、吸気量も増え、出力アップやエンジンフィーリングに変化を持たせることができます。特にケーヒンFCRであれば、レーシングキャブレターながらも、街乗りなどでも問題なく使用できるので、おすすめです。

ビキニカウルで走行風を削減

AL88350 21093 XJR400 01 ストロボ

¥64,636

販売サイトへ

純正ヘッドライトにぴったりサイズのビキニカウル。小さなパーツに見えますが、その効果は抜群で、顔に直撃する走行風を減らしてくれます。また、雨や虫などもカウルが防いでくれるなど、得られるメリットが多いことも特徴です。特に高速道路を多用する方には、装着をおすすめします。走行風疲れも楽になるはずです。

サスペンションもリフレッシュ!

バイクパーツセンター リアサスペンション RCリアショック Sタイプ 赤色 501006

¥4,980

販売サイトへ

オーリンズサスペンションが純正で装着されているので、とてもありがたいのですが、経年劣化によってさすがにヘタっているXJR400も少なくありません。もちろんオーバーホールも可能ですが、どうせなら社外品に交換して楽しんでみてはいかがでしょうか? 近年いろいろなメーカーがサスペンションを販売しており、価格もピンからキリまでさまざまです。

また、取り付け部のサイズが合えば汎用品でも装着できます。XJR400のサスペンション取り付け穴径は12mmで、長さは325mmです。取り付け穴径だけしっかり守っていれば、たとえば純正よりも短いサスペンションにすれば足つきがよくなりますし、長くすればケツ上げ状態となります。

また、取り付け穴径がヤマハ SR400/SR500と同じということで、そういったものを流用も可能です。XJR400のリアサスペンションは、それを踏まえると選択肢が多く自由度が高いという特権があります。リアサスペンション選びも楽しめると思いますよ!

転ばぬ先の新品レギュレター

ヤマハ レギュレーター XJR 400 マジェスティ 125

¥1,380

販売サイトへ

故障率の極めて少ないXJR400ですが、レギュレターのパンクはよくある話です。これはXJR400のみならず、どんな古いバイクにもあることで、経年劣化によるトラブルのうちの一つ。高価なものでもありませんし、交換もかんたんなので、念のために新品にしておくことをおすすめします。出先でエンジンが止まった、なんてことになる前に交換しておいてはいかがでしょうか?

空冷エンジンを楽しむマフラー

アールピーエム(RPM) フルエキゾーストマフラー RPM-4in2in1 アルミサイレンサーカバー XJR400(93-00) 3016

¥63,867

販売サイトへ

純正マフラーは静寂性に優れ、滑らかなエンジンのフィーリングの実現に貢献していますが、空冷エンジンということで、サウンドを求めるユーザーさんも多いハズ。そこで、社外マフラーに交換することで、空冷エンジン独特の排気音を堪能できます。マフラーのメーカーや、形状によって排気音は変化するなど、音へこだわることも楽しみの一つですね。

マッドマックス (MADMAX) 手曲げ風 XJR400 XJR400R ショート管 ブラック

¥19,724

販売サイトへ

空冷4気筒ならショートマフラーでしょ! という方にはヨシムラ風のマフラーもおすすめです。しかし、ご覧のとおり、サイレンサー部が短いので、消音効果は期待できません。よって競技用となるので注意してください。

カフェレーサーなどのシート製作は業者に依頼!

バイクシート張替3,000円(税抜)〜、7営業日中発送、カスタムシート職人が熟練の技を駆使し、カスタムシートを生産し張り替えております。

カフェレーサーカスタムで無視できなのが、独特の形状のシートだと思います。市販化されていれば、そういったものを利用できるのですが、シートのカスタムは張替え業者へのオーダーが基本です。旧車會の三段シートなども、オーダーが基本となっています。オーダーと聞くと高価なイメージがありますが、意外にもリーズナブルなので、気になる方はお問い合わせください。

シートの張り替え業者はいくつかあるので、探してみのもいいですね。ショップによってカスタムできるメニューや、素材、色などが違います。

ヤマハ XJR400のインプレや評価は?

XJR400の実燃費は15~23km/Lくらい

空冷4気筒400ccエンジンとしてはなかなかの低燃費をマークしています。一般道では15~20km/L、高速道路では20~23km/Lといったところです。ただし、年式の古くなった場合はその限りではなく、不調なXJR400では、燃費が伸び悩むようなので、この数字にほど伸びない方は、一度点検整備をしてみることをおすすめします。

XJR400の最高速度は175km/hくらい

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/wXtQDFbzDgs" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

最高速はこちらを参考にしてください。

さすが空冷最速のXJR400。動画を見る限り170km/hを振り切っていることがわかります。同じ空冷4気筒400ccのゼファー400も同じくらい最高速度は伸びますが、到達時間はXJR400の方が一枚上手といったところです。空冷エンジンのサウンドを楽しみながら、素早い加速も楽しめる、万能なバイクであることがわかりますね!

XJR400はメカノイズも楽しめる

いいですねぇ空冷4発
ガシャガシャうるさいエンジン音w
真夏は下からムンムン来る熱気w

出典:review.kakaku.com

水冷エンジンにくらべ、メカノイズの大きいXJR400。なかにはエンジンが壊れているのでは? と不安を覚える人もいるほど。正常なエンジンでも、ガシャガシャガシャ……と機械の動作音が楽しめるので、空冷エンジンならではの味をご堪能ください。このあたりにも旧車っぽさを感じられます。

XJR400はヤマハハンドリングも楽しめる

実際に乗ってみて驚いたのがハンドリング。250ccのジェイドよりUターンが楽だった。セルフステアが強いと表現すれば良いのか、倒し込みが楽。
その後、他社のバイクにも色々試乗してみて分かったのですが、ヤマハ車のハンドリングは少々独特のようです。

出典:review.kakaku.com

XJR400はヤマハらしい、独特のコーナリングも楽しめます。「ハンドリングのヤマハ」や「ヤマハハンドリング」などと表現されますが、車体が自らコーナリングしていくような、他メーカーでは感じられない独特の感覚です。これは実際に乗っていただければ、おわかりいただけるかと思います。しかし、このハンドリングが気に入らない方もいるようなので、XJR400を購入の際は試乗ができれば試乗をおすすめします。

性能だけならCB400SFに負けるかも?

性能だけならホンダのCB400SFの出来があまりにも良いので、XJRも厳しい感じ。デザインにこだわりが無ければ、クラス最強のCB400SFを選ぶのが普通かも。
曲がるのが楽しいバイクなので、下道メインの山道ツーリングなら適したバイクだと思います。高速道路はエンジンの振動とかちょっとあるので、CB400SFの方が楽だと思う。遠出をするようになると、大型にステップアップしたくなるかな。

出典:review.kakaku.com

空冷エンジンの中では評判のいいXJR400。しかし、水冷エンジンのCB400SFとくらべると……。これは仕方ないかもしれません。しかし、XJR400には「味」がありますし、乗りやすさだけがバイクの魅力ではないはず。バイクは必ずしも乗りやすい、速い、便利だけがいいわけではありません。

XJR400登場のきっかけとなった、大ヒットしたカワサキ ゼファーは、当時でもあえて古い設計をしています。性能も決して万能というわけではありません。バイクの魅力は見た目やエンジン音、エンジンフィーリング、さらには「不便さ」なども楽しむ要素となります。XJR400に興味を持たれた方は、ぜひ、相棒にしてみてください。

ヤマハ XJR400のまとめ

空冷最速マシンのXJR400。大ヒットしたこともあり、現在では中古車流通台数も多く、故障率も少ないので、気軽に旧車の雰囲気が楽しめます。これからこのような空冷4気筒エンジンの400ccは、発売されないことが予測され、XJR400の価値は上がる一方です。もしも気になる方は、ぜひ手に入れて、最後であろう空冷エンジンを楽しんでみてください!