【ヤマハ トリシティ】LMWは既存の3輪とは違い安全性や走る楽しさも

フロント2輪のスクーター、LMWを世に広めたトリシティ。一見するとイロモノバイクに思えますが、実用性に優れ、走る楽しさを感じられる一台となっています。今回はそんなトリシティをより多くの方に知ってもらおうと、トリシティの特徴やスペック、中古車相場やインプレなどをピックアップしています!

ヤマハ トリシティとは

2014年に登場したヤマハ トリシティについての紹介です。

ヤマハ トリシティは3輪スクーターが魅力のバイク

トリシティの特徴はなんといってもフロント2輪、リア1輪の3輪スタイルです。この機構はLMW(リーニング マルチ ホイール)と呼ばれ、2輪のように傾斜(リーン)して曲がることができます。それまでフロント2輪のバイクはありましたが、どれもハンドリングにクセがあり、好みが別れる味付けでした。

しかし、トリシティではよりバイクらしいハンドリングを実現することで、誰にでも親しみやすい操作が可能となったバイクです。これまでフロント2輪のスクーターを苦手と感じた方や、雨の日でも安定した走りを求める方などにおすすめとなっています。

ヤマハ トリシティは左右独立したサスペンションで安定感を生む

これまでの3輪スクーターとの違いは、トリシティは、フロントサスペンションが左右で独立していること、さらに操作性や乗り心地、安定感を重視したセッティングであることが見どころです。例えば雨天時のような、バイクにとって悪条件下でも、トリシティなら安定したコーナリングはもちろん、前後連動のコンビブレーキ、ABSといった機能も相まって、安心感のある走行が可能となっています。

このことから通勤や通学で毎日バイクに乗る必要のある方にもおすすめの一台です。そのほか、バイクの免許は取ったけど、怖くて乗れない、転倒が心配だ、といった方にも、ぜひ検討していただきたいと思います。一般的な2輪に比べると、安心感が大きく、心にゆとりを持たせ、走る楽しさを感じさせてくれるはずです。

トリシティの安定感がよくわかる動画

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/XUscyWLe1MI" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

トリシティのフロントサスペンションの構造がよくわかる解説動画です。こちらも参考にしてください。

フロントは左右どちらかがグリップしていれば転倒のリスクは避けられるなど、より理解しやすい内容となっています。このあとの動画をご覧いただくと、解説動画内での滑らかなフロントサスペンションの動きのコンピューターグラフィックは、あながち大げさではなく、リアルな動きであることがわかると思います。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/UHbB-GNviRI" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

トリシティのダートコースの走行動画です。

トリシティによるダートコースの走行動画です。ジャンプなどもしていますが、コーナリング時の安定感などからトリシティの走破性の高さがわかります。左右のサスペンションがうまく衝撃を吸収し、車体のブレを抑えており、乗り心地も確保されていることもわかりますね。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/lpBzNXUjn-Y" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

トリシティでの階段降りの動画です。

安定性のあるトリシティならではの遊び方といえます。サスペンションの動きがヌルヌルと、とてもスムーズに路面を捉えていると思いますが、この足回りの完成度の高さがトリシティの秘密です。これまでのLMWとは一線を画するクオリティの高さをしています。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/5xP-jp7FcS0" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

トリシティの走行動画です。

この動画からわかることは、膝スリ走行も可能で、2輪よりも安全にトライできることがわかります。よってスポーティーな走行もできるバイクです。

ヤマハ トリシティは自立タイプじゃないからバイク感が強い

3輪スクーターでは、自立タイプ(スタンドなしでも直立したり、倒し込んだら起き上がろうとするタイプ)も多く、ゆえにいかにも3輪スクーター感のあるハンドリングとなります。その挙動のため、コーナリング時には、通常のバイクよりも大きくイン側に重心を傾ける必要があるのですが、トリシティは一般的なバイクと同じです。

よってコーナリングは普通のバイクと同じ感覚。これもトリシティの魅力の一つとなっています。走り出し直後から3輪スクーターであることを忘れてしまうほど、バイクに乗り慣れている方にもおすすめ。また、このトリシティで経験を積み、2輪のバイクへステップアップを考えている方にもおすすめです。

ヤマハ トリシティのエンジンは水冷式で安心

エンジンは放熱性に優れた水冷式を採用し、オーバーヒートの心配もなく安心です。燃料タンクは6.6Lと十分な内容量となっています。変速機は遠心式のクラッチを無段階変速なので、手首をひねるだけでかんたんに発進できるので、初心者にもおすすめです。

ヤマハ トリシティのメーターは視認性もバッチリ

出典:http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/tricity/feature.html

一見して必要な情報を確認できるトリシティのスピードメーター。スピードはもちろん、時計や外気温なども確認できる嬉しい機能付きです。

ヤマハ トリシティはちょっとした買い物にも使える

トリシティは、フロント部分に格納式のコンビニフックが備えられ、シート下には20Lと大容量のメットインスペースが用意されています。これによりちょっとしたお買い物はもちろん、通勤通学など、なにかと荷物が必要となるシーンで重宝するはずです。

ヤマハ トリシティはフラットなステップで乗り降り楽ちん

出典:http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/tricity/feature.html

ステップはフラットになっているので、乗り降り楽々ですし、荷物なども置けます。また、灯油タンクもすっぽり置けるので、冬場なども安心ですね。スクーターを選ぶときに、灯油タンクがステップボードに置けるのかを基準にする方もいるようなので、意外と重要かもしれませんね。

ヤマハ トリシティのメリットは?

ここまでいくつかトリシティの魅力を紹介しましたが、その魅力を改めて確認してみます。まずはスクーターと同じように、大容量のメットインがあり、コンビニフック、そしてフラットなフットスペースで、灯油タンクも置けること。そしてトリシティならではの魅力は、フロント2輪の3輪スクーターであることです。

この3輪スクーターのメリットは、雨天時、特にマンホールや白線などの極端に滑りやすい場所でも安心して走行でき、発進時のバイクが不得意とする低速走行の安定性が高いという特徴があります。さらに、バンク角を求めるようなスポーティーな走行も一般的なバイクと同じ感覚で操作できるので、トリシティで得た経験やテクニックは、バイクへフィードバックも可能です。

もちろん自立式ではないので、バイクと同じようにコケたりはしますが、転倒率はかなり抑えられるといえます。トリシティは、バイクにマンネリ化している方や、バイク初心者など幅広い層におすすめできるバイクです。

ヤマハ トリシティこぼれ話

トリシティを買ったら鳥取市に行こう! という習慣? 運動? が一部で盛り上がっているようです。その理由は鳥取市が「鳥取シティー」から由来している、いわばダジャレなのですが、トリシティオーナーズミーティングやオフ会など、鳥取市内で開催されているようです。開催予定などは、トリシティのコミュニティなどを利用してみると、情報が手に入るかもしれません。

また、そういったイベントがなくても、鳥取市へツーリングするトリシティオーナーが多く、鳥取市がトリシティの聖地化していることもあるので、トリシティをゲットしたらぜひ鳥取市に足を運んでみてください。

ヤマハ トリシティはヘルメットは必要? 免許は?

ヤマハ トリシティの運転に必要な免許は「小型二輪AT限定」以上が必要

トリシティは124ccエンジンを搭載しています。そして型式認定は2輪車として受けているので、90~124ccまでの、いわゆる原付二種区分となり、無段階変速機構のためAT扱いです。よってトリシティは小型二輪のAT限定(124ccまでのバイクを運行できる免許)が最低でも必要となります。原付免許の次にハードルの低い免許で、しかも最高速度制限も60km/h、二段階右折も不要となり、実用性があるので、最近脚光を浴びているのも特徴です。もちろんバイク免許なのでヘルメットは必要となります。

ヤマハ トリシティはトライク登録も可能! しかもヘルメット不要!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/_1zuoN89EpQ" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

トライクに登録変更したトリシティの動画です。

実はトリシティ、トライクとしての条件を満たしているのですが、あえて小型二輪として型式認定を受けています。そのため、書類の書き換えのみでトライク登録が可能です。トリシティのトライク登録は、厳密には「側車付軽二輪」となり、50~249ccまでの区分の扱いとなります。この区分では、車検が不要となっており、主な特徴は一般道60km/h、高速道路80km/h、ヘルメット着用義務なしです。

自賠責保険や自動車税は125~249ccまでのバイクと大差はなく、車庫証明なども必要ありません。公道の運行に必要な免許は、普通免許(普通自動車免許」となります。道路交通法は自動車で、税金類などはリーズナブルなバイクとなっており、いいとこ取りしているといった感じですね。

一部の峠道など、2輪通行禁止の場所でもトライクなら走行可能です。高速道路の走行も許されるので、2輪の登録よりも行動範囲が広くなります。

ヤマハ トリシティの各モデルをご紹介

ヤマハ トリシティ125

現在販売されているトリシティはこの排気量です。原付二種の需要が高まったことにより、悪天候でも安定した走り、初心者でも入門しやすい安心の安定性能など、トリシティならではの魅力の詰まったモデル。

ヤマハ トリシティ155

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/IX8G4x5QHpg" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

トリシティ155のヤマハ公式ムービーです。

今後、日本での発売が期待されるトリシティ155。まずはヨーロッパから先行販売という形になるモデルです。たった30cc大きいくらいでなにになるの? と考える方も多いと思いますが、まず、これまでは一般道のみの走行しかできなかったトリシティ125に比べ、高速道路走行が可能になります。

125~249ccの区分になるので、125ccの車体とさほど変わらない、コンパクトなままに走行範囲が増えるので、たとえば普段は一般道で通勤し、寝坊したなどの緊急事態では高速道路を利用できる、といった使い方が可能です。一見するとトリシティ125と変化は感じられませんが、フレーム剛性はアップされ、トリシティ125では20Lだったメットイン容量が23.5Lと拡大され、ヘッドライト形状の変更など、細かい仕様変更があります。

近年125ccと共に、150ccクラスの需要も高まっているので、ヒットすること間違いなしと予想されますね!

ヤマハ トリシティ250

発売が期待されているトリシティ250。トリシティ125の評価が高いあまり、250ccの登場も熱望されるほどとなっています。現在ヤマハからのアナウンスはありませんが、今後の情報に注目したいところですね。

ヤマハ トリシティのスペックや価格は?

ヤマハ トリシティの新車価格

■トリシティ125 新車価格35万6,400円
■トリシティ125 ABS 新車価格39万9,600円

ヤマハ トリシティのスペック

認定型式:EBJ-SE82J
原動機打刻型式:E3P4E
乗車定員:2名
全長:1,905mm
全幅:735mm
全高:1,215mm
シート高:780mm
軸間距離:1,310mm
最低地上高:120mm
車両重量:152kg
燃費:35.8km/L(60km/h) 2名乗車時
原動機種類:水冷4ストローク SOHC2バルブ
気筒数配列:単気筒
総排気量:124cm3
内径×行程:52.4mm×57.9mm
圧縮比:10.9:1
最高出力:11PS/9,000rpm
最大トルク:1.0kgf・m/5,500rpm
始動方式:セルフ式
潤滑方式:ウェットサンプ
エンジンオイル容量:0.90L
燃料タンク容量:6.6L
燃料供給方式:フューエルインジェクション
点火方式:TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式:12V, 6.0Ah(10HR)/YTZ7V
変速装置:Vベルト式無段変速
変速方法:オートマチック
フレーム形式:アンダーボーン
フロントタイヤサイズ:90/80-14M/C 43P(チューブレス)
リアタイヤサイズ:110/90-12 64L(チューブレス)
フロントブレーキ:油圧式シングルディスクブレーキ
リアブレーキ:油圧式シングルディスクブレーキ

ヤマハ トリシティの中古車情報

トリシティの中古車相場は17~39万円

2014年に登場したトリシティ。中古車流通台数は多く、マフラー交換車なども見られます。走行距離は多くても20,000km以内なので、全体的に程度がよく、安心した中古車選びが可能です。また、基本的に1オーナー車が中心となり、25万円までのトリシティは、走行距離5,000~20,000kmと幅はありますが、総じてお買い得車両となっています。

25万円以上のトリシティは、走行距離が1,000km以内と、低走行なものも多く、ほぼ新車並といったところです。新車の購入を考えてる方も、この価格帯から選ぶことで、お安くトリシティを手に入れられると思います。35万円以上のトリシティは、軽二輪登録や、屋根付きなどのカスタム車など、一味違うトリシティとなっているので、気になる方はチェックしてみてください。

ヤマハ トリシティのカスタム情報

かんたんドレスアップパーツ

キタコ(KITACO) LEDテールランプキット スモークタイプ トリシティ用 809-0422310

¥21,500

販売サイトへ

テールランプユニットを交換し、クリアタイプに変更! たたこれだけで見た目の印象がガラッと変わります。取り付けもかんたんなので、DIYもおすすめです。

アディオ(ADIO) フェンダーレスキット TRICITY125[トリシティ](14- SE82J) BK41209

¥3,780

販売サイトへ

スッキリとしたリアフェンダーにするための、フェンダーレスキットです。純正の長いリアフェンダーをカットしてからこの商品を取り付けます。ただし、雨や泥を巻き上げやすくなるので、実用性はダウン。ドレスアップ効果は抜群です!

シャキッとしたハンドリングに

トリシティ YSS ハイブリッドリアショック 340ミリ

¥9,300

販売サイトへ

峠などを走ると、ついつい攻めたくなってしまうトリシティのコーナリング性能の高さ。それをさらに高い次元にするともっと楽しくなりますよ。リアサスペンションをハードなタイプに交換することで、よりコーナリングを楽しめます。

ファッションと実用性のナックルバイザー

YAMAHA(ヤマハ) ナックルバイザー TRICITY125 Q5K-YSK-082-R03

¥8,750

販売サイトへ

一昔前までは見た目がよくないと、一部のユーザーから評判の悪かったナックルバイザーですが、最近では形のこだわった商品が続々と登場しています。冬場など寒い時期では実用性の高いナックルバイザー。見た目がよければ一年中付けたままでもOKですね。

スクリーンで雨を避けよう

YAMAHA(ヤマハ) ハイスクリーン TRICITY125Q5K-YSK-082-R11

¥25,120

販売サイトへ

純正ではちょっと低めのバイザーが装着されていますが、一年中どんな環境下でも使用すると考えると、ちょっと役不足です。そこで、ロングなバイザーがヤマハから販売されています。これを装着すれば、顔に直撃する風はもちろん、雨も避けられ、もう辛い思いをする必要がありません。

また、季節によっては虫で悩まされることがあると思いますが、それもバイザーが防いでくれます。通勤通学などはもちろん、ツーリングなどでも大活躍のロングスクリーンです。

タンデムの多い方にはタンデムバーがおすすめ

ウイルズウィン トリシティ125 バックホールドタンデムバー ブライアント バックレストラージ

¥22,097

販売サイトへ

後部座席の人にとっては、純正のタンデムバーだけでは不安な気持ちを覚える場合もあります。そこで、バックレスト付きのタンデムバーに交換し、安心感をアップ! ドレスアップ効果もあるので、一石二鳥です。デメリットとしては、リアボックスの取り付けができなくなることがあります。

SP武川 (SPECIAL PARTS TAKEGAWA) バックレストキット トリシティ125 (SE82J) 09-11-1146

¥8,401

販売サイトへ

純正リアスポイラーに、バックレストを取り付ける方法もあり、少しリーズナブルです。ノーマルの雰囲気を崩したくない方に、おすすめの商品となっています。

ツーリングや利便性アップに

キジマ(Kijima) リアキャリア トリシティ 要穴あけ加工 ブラック 210-221

¥7,987

販売サイトへ

積載量をアップさせるには、リアボックスの装着が必要です。そこで、まずはリアキャリアの取り付けの着用を迫られるのですが、リアキャリアといっても、メーカーによって形状が異なります。リアボックスとの形状の相性などもあるので、じっくり吟味したいところです。最大積載量にも注目してください。

Ray's (レイズ) リアボックス 32L トップケース バイク 背もたれ バックレスト 脱着可能式 レッド SR32

¥5,400

販売サイトへ

実用性を考えるなら、あまり横幅の大きくない、20~30Lくらいの大きさがおすすめです。あまり大きなタイプはツーリングなどにおすすめですが、スリ抜け走行に不向きなります。また、タンデム時に便利なバックレスト付きもあり、状況に応じてリアボックス選びをしてください。

ワールドウォーク トリシティ用 リアキャリア 43リッターリアボックスセット wca-12-hwb43

¥12,838

販売サイトへ

本格的なツーリングには40L越えのサイズがおすすめです。メーカーによってはリアキャリアとセットで販売しています。

排気音を楽しむなら社外マフラーでしょ!

ウイルズウィン トリシティ125 SE82J ロイヤルマフラー ユーロ ブラックカーボン仕様

¥38,679

販売サイトへ

トリシティは発売当初から人気の車種なので、各パーツメーカーからさまざまなパーツが販売されています。なかでもマフラーは数多く用意され、形や音量など選びたい放題です。純正マフラーは静寂性に優れ、燃費や安定したエンジン特性を決定づける高性能なものですが、社外メーカー品に交換することで、エンジン特性を変更でき、音量も大きくなるものが一般的となっています。

音量はYouTubeなどの動画を参考したり、JMCA公認の有無の確認もおすすめです。JMCAとは、政府公認なので、極端な爆音マフラーではないので、音量の目安にしてください。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/twchUjbW_lM" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

ウイルズウィンのマフラーはこの動画を参考にしてください。音量計測もしています。

屋根を取り付け全天候対応に!

雨天時でも抜群の安定性を誇るトリシティ。そこで、ルーフキットが販売されています。これはありそうでなかった商品だと思いませんか? せっかくフロント2輪で安定感のある走りが魅力なのに、ルーフの設定がないのが不思議なくらい。後付けキットでは、ちゃんとワイパーも装備されています。

これなら天気を気にせず出掛けられますね! このルーフを取り付けることで、放浪の旅に出るもよし、営業車とするもよし! これまで自動車を利用していたシーンでも、トリシティで済む場合があるかもしれません。

トリシティのルーフはこちらのサイトで閲覧できます。

ヤマハ トリシティのインプレや評価は?

トリシティの実燃費は33~40km/Lくらい

トリシティは3輪と、一般的なスクーターよりもタイヤが多く、走行抵抗が多いので、燃費が悪そうに感じますが、そんなことはないようです。一般的な125ccクラスのスクーターとほぼ同じ燃費なので、心配はありません。これなら頻繁に燃料補給をする必要もありませんし、遠乗りもできますね! 少々飛ばしても30km/Lを切ることはないようですよ。

トリシティの最高速度は90km/hくらい

最高速度も一般的なスクーターとあまり変わらないようです。必要十分なエンジンパワーなので、加速力もあり、文句のない仕上がりといえます。もしパワー不足を感じたら、カスタムパーツを利用してチューンアップもできますよ!

デザインの好みは別れるところ

やはり正面から見ただけでわかるバイクとしては違和感むき出しのLMWはもちろんのこと、ライト付近のデザインがとても攻撃的な印象を受けました。ただ横から見るとおっきくなった原付だなって感じます。それでも前輪の主張は激しいんですけどね

出典:review.kakaku.com

トリシティでもっとも目立つ評価が、見た目にあります。フロント2輪に違和感を覚える方も多いようです。逆にこのフロントに一目惚れした方も珍しくありません。また、ある程度見慣れてくるとかっこよく感じるなど、意見はさまざまです。さらに、サイズ感が少し大きいことも違和感に繋がるようです。どちらにしても満足度の高いモデルとなっています。

フロント2輪の安心感は高い!

この安心感と安定性は、一度経験したらやめられない!雨や荒れた路面では、その恩恵が凄く良く分かる。
フロント2輪でも普通のオートバイ感覚で乗れて、コーナリングがすこぶる楽しい♪
スピードがのってしまえば、軽快に走れます。

出典:review.kakaku.com

トリシティの魅力は、雨などの路面状況の悪いときのようです。多くの方が安心して走れると感じています。また、バイクの感覚でのコーナリングも定評です。これらはトリシティならではといったところですね!

コンビブレーキは一部に不評

ブレーキは不満です。左右で、前後別の、普通のブレーキが良かったです。
スピードや路面に応じた、前後の微妙なコントロール等が出来ません。
でも、運転に自信のない人にはありがたいでしょう。

出典:review.kakaku.com

トリシティのコンビブレーキは、一部に不評となっています。その理由は、リアのみのブレーキングができないこと。そして、ブレーキのタッチ感がフニャフニャとしているようです。これらはスポーツバイクなどを乗ってきたライダーにはあまり印象はよくありません。しかし、運転に不慣れライダーにとっては、その限りではないようです。

ヤマハ トリシティのまとめ

トリシティが発表されたときは、期待と不安を両方抱えていましたが、多くの方に好評となっています。これまでバイクが怖くて、ペーパーライダーだった方も、トリシティなら安心できるなんて話も珍しくありません。また、125ccを下駄車などと比喩し、これまで通勤用などと割り切って楽しむことなんてしていなかった方も、トリシティに乗り換えることで楽しさを覚えるなんてこともあります。

3輪=イロモノと思いがちですが、トリシティは実用性と、バイクそのものの面白さを、より安全に感じられる唯一無二の乗り物です。これからこのようなLMWが増えていくきっかけとなるかもしれません。興味をモタれた方は、一度試乗などをしてみてはいかがでしょうか?