【FTR223 カスタム】どんな形にもなる頼れるバイクで走破性もお墨付き

FTR223はノーマルの走破性のよさ、頑丈で低燃費で信頼のエンジンなど、バイクそのものとしての評価はすこぶる上々です。今回はFTR223のカスタム方法や、その可能性についてピックアップします。DIYでも改造できるので、初心者さんにもおすすめ! FTR223を通じてバイクの楽しさに触れてみませんか?

FTR223のカスタム方法紹介

FTR223のスタイルを決めるマフラーチョイス

スカチューンではダウンショートマフラー、トラッカーではダウンロングマフラーもしくはアップマフラー、性能重視ではロングカチアゲマフラーなど、スタイルによってマフラーチョイスは変化します。もちろん決まりごとはないので、あくまでも定番スタイルや自己主張といった感じですが……。

勘違いしやすい間違いとして、マフラー交換をするだけでパワーアップ、は難しいです。排気効率が変化するので、それに合わせてキャブレターのセッティングが必要となります。ノーマルマフラーは静寂性に優れ、オールラウンドで使い勝手のいいエンジン特性となっていますが、社外マフラーでは、高回転型となることが多いです。マフラーによってエンジンの性格も多少変わるので、見た目だけではなく、そういった変化も楽しめますよ。

FTR223のボアアップは玄人向き

XR’S ONLY エックスアールズオンリー ボアアップキット・シリンダー PERFORMANCE FORGED PISTONS(鍛造ピストンキット) CRF230 FTR223 SL230 XR230

¥32,400

販売サイトへ

FTR223のボアアップは、エンジン内部のスリーブという部分を打ち替える必要があります。これは、素人には出来ない作業なので、内燃機関屋と呼ばれる、エンジン加工のプロに依頼しなければいけません。ボアアップといえば、モンキーやカブなどのエンジンは、プラモデル感覚で作業できますが、FTR223においては、ハイレベルな作業となっています。その代わり、得られるパワーは大きく、生まれ変わったかのうような感覚を覚えるはずです。

FTR223のカスタム済み中古車も狙い目

FTR223は2000年頃に大ブレイクしたカスタム「スカチューン」のベース車となることが定番でした。このスカチューンとは、サイドカウルが取り外され、剥き出しのエアクリーナーに、ダウンマフラー、フェンダーレス、などが特徴です。現在でもスカチューンカスタム済みの中古車は大量に流通しています。

車両価格: 10万8,800円(消費税込)
スカチューンされた中古車は10万円前後で手に入ります。趣味に合わないパーツが付いていても、あとで交換するなどの計画を考慮してみるのもおすすめです。

FTR223のインプレ

FTR223の最高速度は120km/hくらい

223cc単気筒エンジンにトラッカースタイルなので、最高速度は120km/hくらいのようです。他メーカーのトラッカーモデルと比べても大差ありません。2気筒や4気筒に比べれば確かに最高速度は伸びませんが、強い低速トルクや、軽量エンジンによる日常の使い勝手のよさなど、FTR223にはさまざまなメリットがあります。

FTR223の実燃費は23~38km/Lくらい

FTR223のエンジンはとにかく低燃費です。どんなにアグレッシブな走行をしても、20km/Lを切ることはないはずです。走行条件によって燃費に差はありますが、うまく走れば40km/L以上の燃費も夢ではありません。

FTR223はオフロード走行も可能

オフも林道なら問題なし。よくソロツーで林道もコースに入れて、近県に行ったりしました。

出典:review.kakaku.com

ダートトラッカーのFTR223では、オフロードも走行可能なようです。基本的にはちょっとしたオフロードが得意ということですが、本格的なオフロードに挑戦する方もいるようなので、遊び方はさまざま。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/2bz29EB29a0" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

FTR223の走行性能がよくわかる動画です。参考にしてください。

FTR223のカスタムパーツ紹介

FTR223のツーリング仕様に

キジマ(Kijima) リアキャリア FTR223('00-'12) 210-132

¥9,350

販売サイトへ

低燃費で走破性がいいということで、FTR223はスカチューンなどのカスタム以外に、密かなブームとなっているのが、ツーリングカスタムです。そこで定番なのが、収納装備の装着。ノーマルでは小物入れすらないFTR223ですが、リアキャリア、リアボックス(トップケース)、サイドバックまたはパニアケースなどを取り付け、積載能力をアップさせるというものです。

手始めにリアキャリアだけでも装着してみてください。それだけで利便性がグンと向上しますよ。日常使いにも便利です。

FTR223はタイヤにもこだわりを

FTR223では、特徴的なブロックパターンタイヤを装着していますよね。そう、この特徴的なパターンを生かせば生かせば印象を変えられます。FTR223のタイヤサイズは前後共に120/90-18です。これを基準にオンロードタイヤ、もしくはブロックパターンの派手なオフロードタイヤに履き替えることもドレスアップのうちの一つとなります。

IRC(アイアールシー)井上ゴムバイクタイヤ WILD FLARE WF-920 前後輪共用 120/90-18 M/C 65H チューブタイプ(WT) 102698 二輪 オートバイ用

¥7,441

販売サイトへ

オンロードタイヤにすると、モタード風の印象にチェンジします。また、舗装路しか走らないと決めていればおすすめです。ハンドリングや燃費の向上などが狙えます。

FTR223の人気パーツ

ハリケーン(HURRICANE) タンデムグリップキット (レッド) FTR223 HA6475R

¥10,363

販売サイトへ

スカチューンやトラッカースタイルで欠かせないのがリアフェンダーレスキットです。FTR223のカスタムで定番のアイテムとなっています。フェンダーをなくすことで、スタイリッシュなテール周りとなりますが、泥を巻き上げやすくなるので注意してください、

FTR223のカスタムブログ紹介

「メカBLOG」

「FTR223 HONDA ホンダ」の記事一覧です。

FTR223の基本的なメンテンナスはもちろん、タイヤ交換など、なんでもご自身でやってしまうブロガーさん。プライベーターにはありがたい、DIYの方法や工具の紹介など。そのほか車やさまざまな車種を扱っているので、楽しめる内容となっています。

「CB1300SBでゆく!ぶらり タンデムツーの旅 FTR改造計画スタート!!」

CB1300SBとFTR223とアドレスV125で行くタンデムツーリングの旅をちょこちょこ更新していきます。

FTR223をセカンドバイクとして乗られているブロガーさん。そのためファーストバイク(CB1300SB)ではできない改造の欲求をすべてFTR223に注ぎ、楽しんでいます。同じようにセカンドバイクにFTR223を考えている方も参考にしてください。

「XSR900とFTR223な日々」

XSR900とハーレー、そしてFTR223と、3台もお乗りのブロガーさん。FTR223は基本的にDIYを楽しんでいるようです。DIY工具を駆使してカスタムをおこなっているので、こちらも参考にあることが多いと思います。個人レベルでここまでできるのか、という可能性を感じる内容です。

FTR223 カスタムのまとめ

FTR223のカスタムといえば、一時期はスカチューン、そしてトラッカースタイルが定番化していましたが、現在ではシンプルな車体と、カスタムパーツ、DIY工具を利用し、型にはまらないようなさまざまなスタイルにあふれています。FTR223は改造しやすく、初心者にもおすすめなので、FTR223を通じてメンテナン、カスタムをする楽しさを学ぶにもおすすめです。