【ヤマハ MT−25】街乗りにもツーリングにも!? 活躍する250ccネイキッド

ヤマハ【MTー25】はヤマハの展開するMTシリーズの中でも、250ccエンジンを搭載したネイキッドバイクです。これまでヤマハはYZFーR25という、250ccのスポーツバイクを販売していましたが、そのエンジンや車体の一部を流用する形でMTー25の販売を開始しました。今回はスポーツバイク譲りの性能に着目してご紹介します。

ヤマハ MT−25とは

Photo by ヤムム

ヤマハ・MT−25は、ヤマハが満を持して販売した250ccのネイキッドタイプのバイクです。公式では「ネイキッド」の語を使用していますが、その実態は「250ccのストリートファイター」と言っても過言ではありません! 
ストリートファイタータイプのバイクとは、もともとはスポーツバイクのカウルなどを外した攻撃的なバイクを指す用語ですが、このバイクには街乗りをして楽しい! という側面と、ツーリングでコーナーを攻めても楽しい! という特性がありますので、筆者は乗っている内にこの用語が真っ先に頭に浮かびました。
生産国はインドネシアで、発売は2015年10月10日でした。まだまだ新しいバイクですが、一方でヤマハはMTシリーズを様々な排気量でラインナップしています。これからますます面白くなっていくプラットフォームがMTシリーズと言えるでしょう。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/R9t--x1qPYs" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

海外版ですが、まずはオフィシャル動画です! 

ヤマハ MT−25のスペックや価格は? 

諸元表

型式:JBK-RG10J
全長:2,090mm
全幅:745mm
全高:1,035mm
軸距:1,380mm
最低地上高:160mm
シート高:780mm
車両重量:165kg
燃料消費率(国土交通省届出値):33.5km/L(60km/h)
エンジン型式:G401E
エンジン種類:水冷4ストロークDOHC4バルブ・直列2気筒
総排気量:249cm3
最高出力:27kW(36PS)/12,000rpm
最大トルク:23N・m(2.3kgf・m)/10,000rpm
燃料タンク容量:14L
ブレーキ形式:(前)油圧式シングルディスク(後)油圧式シングルディスク
フレーム形式:ダイヤモンド

価格

気になる新車価格は523,800円(8%の消費税込み表示)です。
カラーリングは2016年は3色が追加されました。ディープパープリッシュブルーメタリック(青系)と、ブラックメタリックX(黒系)と、シルバー8(シルバー系)の3色が追加されました。過去の色と合わせると全6色のラインナップとなりました。

エンジンの特徴

Photo by ヤムム

エンジンは、水冷直列2気筒のDOHCを搭載しています。街乗りでは余裕があり、高速道路で合流する際はしっかりと回してあげる、そして合流したらスイスイと走れる、という味付けになっています。
筆者は1,200ccのバイクに普段は乗っていますが、リッターマシンではおっかなくて使えない領域をしっかり実用範囲に収めている優秀な特性です。勿論、ギア比の設定が抜群な事もあるかと思いますが、上から下までしっかり使えるエンジンと言えます。

最大の特徴はそのハンドリングの良さだ!

しっかり回せるエンジンで、上から下まで実用域。大型マシンとは違った乗り方をするバイク、というのは分かりましたが、その特性はハンドリングの良さをもってこそ! という事実に、乗ってしばらくすれば気が付くはずです。
攻めないターンでは、視線を向けて、しっかりニーグリップ、という基本の乗車をすれば、セルフステアでしっかり曲がっていきます。
一転して、やや攻めたコーナーリングでは、しっかりと荷重をかけることができ、ステップの裏を擦るほど倒しても安心感があります。
街乗りはもちろん、ツーリングでも峠でも、さまざまな楽しみ方ができるバイク。それはこのびっくりするほどのハンドリングの良さから生まれているのです! 

ヤマハ MT−25 燃費は?

Photo by ヤムム

届出の燃費は、WMTCモード値で26.2km/Lとなっています。

筆者が実際に走った燃費は、メーター内のマルチファンクションディスプレイ上の燃費計でおよそ25km/Lほどでした。

瞬間燃費もモニタリングできるのですが、やはり燃費を優先すると、やや物足りないライディングに終始することになります。ややしっかりと回しても、均してこの燃費を記録できますので、あまり神経質にならず、給油の際に少し気にする程度でも十分高燃費だと思います。

ヤマハ MT−25 メーターの機能で快適ツーリング

Photo by ヤムム

メーターは車体の中で最も多く目にすることになる部分です。そのため、視認性やカッコよさ、快適性なども求められる重要な部品ですし、安全運転にも重要な役割を果たします。ヤマハ MT−25にはマルチファンクションディスプレイが搭載されていますし、どのような機能があるのか、メーターにも注目してみましょう。

回転計

メーターには、アナログ表示の回転計が大きくデザインされています。エンジンのスペックをしっかり使い切るためにも、必須の計器が大きく見やすく配置されている事が嬉しくなります。エンジンのレッドゾーンは14,000rpmから。ヤマハ MT−25は9,000rpmから断然楽しくなってくるバイクです。オーバーレブに注意しつつ、しっかりと回してやると、エンジンの音も目の覚めるような快音が響いてきます。

速度計

スピードメーターは視認性の高いデジタル表記です。視線を一瞬落とすだけで現在の速度を知れる大型表示で、余計な情報が飛び込んでこない事が嬉しいです。

そのほかの機能

マルチファンクションディスプレイにはそのほかにも、ギアポジションインジケーター、オドメーター、2バンドのトリップメーター、瞬間燃費計、平均燃費計、エンジンオイルトリップメーター、フューエルトリップメーターなどの機能があります。
フューエルトリップメーターは燃料タンク内の残り燃料が3L以下になると、自動で作動し残りの走行可能距離が表示される機能です。
メインのメーター機能には、そのほかにも時計、燃料計、水温計、ニュートラルランプ、ハイビーム表示灯、ウインカー表示灯があります。そのうち、残念ながらウインカー表示灯は左右独立ではありません。
また、メーター上部には、シフトタイミングインジケーターランプが搭載されています。このランプは、自身で設定した回転数までエンジンを回すと点灯か点滅をしてライダーにシフトチェンジタイミングを知らせる役割を持っています。この機能のミソはライダーが自身で設定できるところです。シフトタイミング以外にも用途を考えられるかもしれませんね。※ただし、7,000rpm~15,000rpmまでで設定ができるようになっています。

ハンドル周りもしっかり基本の形式です。

Photo by ヤムム

左側には、ウインカースイッチ、前照灯の切り替えスイッチ、パッシングスイッチ、ホーンが設置されています。
右側にはキルスイッチ、セルスターターというシンプルで、最も基本の形になっています。慌てることなく、運転が楽しめます。
また、ミラーについてはノーマルのミラーで十分です。スタイリッシュなデザインですし、視認性も高い形状をしています。また、振動にも強く、2気筒の振動でもしっかりと後ろの情報をライダーに伝えてくれます。

ヤマハ MT−25のリコール情報

ヤマハ・MT−25は2015年10月に販売されたバイクですが、リコールの届け出があります。不具合の部品は(1)原動機(オイルポンプ)(2)動力伝達装置(プレッシャープレート)(3)制動装置(ブレーキホース)であると発表しています。
原動機のオイルポンプのプランジャ(オイルポンプ内の圧力を調整する弁)において、設計が不適切なため、原動機が高回転時にオイルポンプ内の圧力調整ができないことがあり、油圧が周期的に変動してオイルポンプを駆動させるギヤ(樹脂製)に過大な力が加わり、最悪の場合、当該ギヤが壊れ、エンジンが焼きつくおそれがあります。

リコール改善が完了した車体は、ブレーキホース、下側のエンジンマウントボルトに白いペイントが施されていますので、この白ペイントが無い車体は車体番号などを検索にかけてみることをおすすめします。

ヤマハ MT−25の中古車情報

Photo by ヤムム

中古車価格帯

2015年に販売が始まったこともあり、2016年10月現在の市場価格はまだ下がっているとはいいがたい状況です。40万円~45万円がボリューム帯となっています。

国内最大級のバイク情報からヤマハ MT−25のバイクを探せます。

中古車の選び方はここをチェック!

2015年から販売されたバイクという事もあり、まだまだ新しい車両が多いです。おそらく、フィーリングや第一印象が最も有効な判断基準となってきますが、それでも最低限チェックしたい所をまとめました。

ステップの状態

ステップの状態は車体が新しいバイクであればあるほど有効な判断基準です。ステップは足をのせる場所です。あまりに摩耗が激しいのはなぜそうなったのか、チェックしましょう。
ヤマハ・MT−25はノーマルではステップにゴムはついていません。ステップの裏側にサビはないか、リアブレーキペダルに摩耗や曲がりは無いか確認しましょう。
また、ステップの裏にはバンクセンサーと言われる突起があります。ガンガンにコーナーを攻めるとどんどんすり減るパーツですので、パーツ自体は消耗品ですが、そのような走り方をしていたという判断基準ができると思います。

タイヤの状態をチェック

走行距離によってはタイヤが交換されている場合もあるかと思いますが、そうでない場合はタイヤの摩耗状況を確認しましょう。
言うまでもなく、タイヤは消耗部品ですが、片べりが激しい場合などは前のオーナーは大人しく走っていた可能性が高いでしょう。また、タイヤの端から端までドロドロに使われていた場合は、これはこれで、かなり攻め込む走りをされていたバイクと言えます。
特に後輪は必ずチェックしましょう。

ホイールの状態の確認

ホイールの状態も確認が必要です。はっきり言って、軽微なゆがみなどは見て判断できるものではありません。しかし、何も異常がない状態で歪むことも考えづらいですので、大きな傷や、へこみがある場合は注意しましょう。

マフラー周りの状態

マフラーは比較的カスタムされやすい部位です。そのため、そのフランジ部分や、ジョイント部分などをチェックしておきましょう。素人のカスタマイズが頻繁に行われるとこのジョイント部分のメッキが剥げ、さびてしまったり、しっかりとして接続ができずがたつきが発生することがあります。
マフラーが冷めていることを確認して、静かにマフラーをゆすってみましょう。勿論、動かないことが正常です。
また、マフラーが交換されている場合は爆音仕様などになっていないか、不正改造されていないかのチェックをしましょう。

フロントフォークの状態

フロントフォークのシールの状態や、サスペンションはヘタっていないか確認しましょう。跨ってみて、ハンドルに荷重を掛けて、フロントフォークが沈んだら、さっと荷重を抜きます。速やかに戻るのが正常です。また、シールはゴムパッキンです。ひび割れなどが無いか、インナー側のチューブにサビや傷はないか、確認します。インナー側のチューブに深い傷などがある場合は、販売店に対応を確認することをおすすめします。

リアサスペンションの状態

シートにまたがって、後輪側に荷重を掛けて、車体が沈み込んだら、足を付いて荷重を抜いてみましょう。スーっと戻ればOKですが、戻りが遅いようであれば注意が必要です。リアサスペンション周りはヘタってくるとそろそろ腰下オーバーホールを検討すべき時に差し掛かっています。注意してチェックしましょう。

最も重要なのは…

やはり、信頼できるお店を見つけることです。こればかりは、お店との相性や、買いたいと思っている車体をそのお店がどれほど詳しいか、などといった複合的な要因で決定されます。なので、何店舗か回ってみて、店員さんの対応や質問をした際にどのくらいその車種に詳しいか、などをチェックしなければなりません。

ヤマハ MT−25のカスタム情報

Photo by ヤムム

適合するマフラーは? 

スリップオンマフラーが様々なメーカーから出されています。また、兄弟車のMTー03との共用であることも多く、選択の幅を広げています。
ここではおすすめマフラーを一部紹介します。

AKRAPOVIC スリップオンマフラーMOTO-GP STYLE

AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) マフラー スリップオンライン (ステンレス) YZF-R3/25(14-16)、MT-03/25(16) S-Y2SO11-AHCSS

¥41,040

販売サイトへ

なんといってもMoto-GPスタイルです。高音の抜けがよくなり、ややパタパタとしたサウンドが、ドコドコという感じに変わってきます。取り付けも平易な作業です。(自信のない方はお店にお願いするべきです)ふけ上がりも、リニアにスロットルと同調してくれ、最高速の改善も期待できます。

ヨシムラ スリップオンR11

ヨシムラ(YOSHIMURA) バイクマフラー スリップオン R-11 サイクロン EXPORT SPEC SM 政府認証 メタルマジック カーボンエンド YZF-R25(15) YZF-R3(15) MT-25(15) MT-03(15) 110-346-5E21 バイク オートバイ

¥55,541

販売サイトへ

こちらは軽量化も実現できるカーボンエンドのマフラーです。音は高音系ではなく、低音系になっていきます。最高速度の改善や、軽量化に伴うハンドリングの更なる改善が図れます。やかましい音ではなく、落ち着いた音になりますので、大人の乗り味に近づいてくるカスタマイズとなります。

ヨシムラ スリップオンR77S

ヨシムラ(YOSHIMURA) バイクマフラー スリップオン R-77S サイクロン EXPORT SPEC SMC 政府認証 メタルマジック カーボンエンド YZF-R25(15) YZF-R3(15) MT-25(15) MT-03(15) 110-346-5W21 バイク オートバイ

¥57,995

販売サイトへ

前述のR11がレーシーであるとすると、こちらはスポーティーなカスタマイズです。空力の特性はR11よりもよく、2気筒独特の鼓動感が増します。またヒートガードも付属しますので、二人乗りが多い場合はこちらを選択肢として考えても良いでしょう。高耐久ステンレスと、カーボンエンドの仕上げで耐久性にも問題ありません。

ツーリングにも街乗りにも! ぴったりのスクリーンは? 

ネイキッドタイプという事もあり、ノーマルではスクリーンはついていません。しかし、ツーリングや日々の乗り回しを考えると、スクリーンはあると疲労軽減にもつながる便利アイテムでもあります。ここでは、おすすめのスクリーンをチェックしましょう。

ヤマハ純正のロングスクリーン

YAMAHA(ヤマハ) スポーツスクリーン MT-25/03Q5K-YSK-088-R01

¥11,750

販売サイトへ

純正のスクリーンは遊び心は少ないかもしれませんが、ぴったりのフィット感が良いですよね。このスクリーンはさらに、スタンダードスクリーンよりも60mm長いタイプのスクリーンです。ライダーなら、この60mmがどんな意味を持つかご存知のはずです。この風切り、空力の改善には驚かされるばかりです。

チタンのスクリーンで引き締まったデザインに! 

RIDEA アルミショートスクリーン チタン [AW-Y03-TM] [YAMAHA MT-25/MT-03]

¥14,040

販売サイトへ

スクリーンはバイクのイメージを一新させてしまう効果もあります。そこで、このスクリーンです。引き締まったデザインへと変貌させることと、風防効果を併せ持つスクリーンでよりスタイリッシュに走りましょう! 

とにかくパーツも豊富! 

マフラーやスクリーンに限らず、兄弟車が多いことで共用のラインナップもあり、パーツは豊富です。ここでは、主にツーリングにおすすめできるカスタムパーツを紹介します。

マルチウイングキャリア

デイトナ(Daytona) マルチウイングキャリア MT-25/MT-03 92324

¥12,641

販売サイトへ

リアキャリアです。たったこれだけですが、ツーリングユースには心強い相棒になってくれます。もともとシート下の空間はETC車載機が収まればおしまい。というサイズですので、積載性を持たせるためには必要なパーツかもしれません。
このキャリアとリアボックスを付ければ、やや見た目は重たくなりますが、積載性は確保できます。特に、家族のいらっしゃるライダー諸氏は、お土産の購入をすることで次のツーリングに行きやすくなります。お土産のお持ち帰りにも、ご一考を。

エンジンプロテクター

デイトナ(Daytona) エンジンプロテクター MT-03/25('16)93248

¥6,718

販売サイトへ

転ばぬ先のエンジンプロテクターです。何もいう事は無いです。特に、最近のモノはデザイン性も優れているので、カッコよく万が一の際に車体へのダメージを軽減させます。
バイクの傷は乗っていれば付くもの、と考えていますが、やっぱり心臓部へのダメージは軽減させておくべきでしょう。

シートカウルでキビキビツーリング! 

YAMAHA(ヤマハ) シングルシートカウル MS-1 MT-25/03Q5K-YSK-088-G01

¥14,100

販売サイトへ

今度は全く見方を変えて、シートカウルです。シングルシートにして、ストイックに走りこめるカスタマイズです。実際にMT−25はそういった乗り方こそ似合うバイクなのかもしれません。ガンガンに走りこみたいあなたにはこのカスタムをおすすめします。

ヤマハ MT−25のインプレや評価は?

Photo by ヤムム

第一印象はすぐにがらりと変わる! 

乗ってみての第一印象は、「大人しいバイク」という感覚でした。しかし、エンジンの回転数を7,000rpmから9,000rpmまで上げた時に、そんな印象は吹き飛びます。突然牙をむくパワーは250ccとは思えないほど。
しっかり上の回転域を使う事で胸のすくような高音を出しつつ、強力に加速していきます。素性の良さはそれだけでなく、下の回転域ではしっかりとした低速トルクを発揮していますので、発進時に無用に気を使う事はありません。

峠を走ってみると…

ハンドリングの良さが際立ちます。こんなに倒していいの? というくらいにヒラヒラと曲がります。ライダー側のコーナーに対する調整に素直なのです。前輪がしっかりと路面に食いついていき、後輪は路面の情報を伝えてライダーに安心感をもたらします。また、シート高780mmという事も、安心して倒しこめる下地になっているのではないでしょうか? 

入門に最適!

筆者はバイクの入門には「ある程度のパワー」と「素直なハンドリング」と「一定以上の車重」が必要だと思っています。
パワーについては、やはりバイクに乗る以上、加速性能やコーナリングで頼りになるパワーはバイク人生を始めるうえで惹きつける魅力をもたらします。
ハンドリングは、入門を考えたうえではヒラヒラ感と、どんな所でも入っていける、そして帰ってこれるというバイクの小回りの良さを体験するには最も重要です。
車重は、軽すぎても重すぎても入門には向かないと思います。軽すぎるバイクは、車重とライダーの体重とエンジンのパワーをトラクションとして、コーナーリングする感覚を養えませんし、重すぎるバイクは過度の緊張を与えてしまいます。

これらを総合的に考えたとき、筆者はヤマハ・MT−25は入門や女性に最適なバイクである、とおすすめします。

大型バイクにつかれた人へも…

筆者は普段は1,200ccのバイクに乗っていますが、実を言うと、大型バイクには疲れているという側面もあります。大型のバイクはなんといってもパワーがあり、所有欲も満たしてくれます。その点、250ccのバイクは弱いのかもしれません。しかし、乗り込む楽しさを考えたとき、ヤマハ・MT−25は一つの答えを示してくれているのではないかと思ったのです。
例えば、跳び箱を跳ぶ瞬間、ぐっと踏み切る足と全身を躍動させる感じがありますが、それは大型バイクでもヤマハ・MT−25でも変わらず味わえる躍動感です。
だから、大型バイクに乗っているライダーがセカンドバイクを考えているならば、ぜひMT−25を一考してみてください。大型バイクに有るもの、大型バイクに無いもの、いろいろな感覚が味わえるはずです。

ヤマハ MT−25の評価は? 

総じて高い評価をユーザーから得ています。特に高い評価を得ている項目は、足つき性の良さ、エンジン性能、ブレーキ性能、ハンドリング、などです。
特に、足つき性の良さは多くのユーザーから評価を得ています。ショップなどで跨って確かめてみてくださいね! それから、エンジン性能の高さも高評価です。やはり、スポーツバイクの血統を持つエンジンはネイキッドをますます面白くさせてくれます。
やや低評価な項目に、シートが薄いという評価があります。確かに、私のツーリング時にもややお尻から伝わる振動や、クッション性が薄い気がしました。汎用品の座布団などもありますので、気になる方は採用を検討されてはいかがでしょうか? 

まとめ

いかがでしたでしょうか? ヤマハ・MT−25は等身大で、かつちょっと背伸びをすればとても満足できるライディングができるようなバイクです。
ツーリングで感動できる景色に出会うことも、自分のライディングを磨き上げることも、あるいは通勤通学に普段使いにすることも、自分自身がライダーだからできることです。
自分がライダーであったことを思い出せる素晴らしいバイクだと思いますので、機会があればまずは跨ってみることをおすすめします!