バイクガレージを激安で入手しよう!

バイク乗りなら憧れとなっているバイク専用のガレージですが、プロに頼んで作ってもらうとなると、どうしても費用がかかってしまいます。そこで、なるべくお金をかけずに手に入れる方法をみていきましょう!

憧れのバイクガレージを激安で手にいれる!

バイク乗りならば自慢の愛車を雨風やイタズラなどから守るために、誰しもが一度は専用のガレージを欲しくなることがあると思います。しかし、工務店になどに頼むことになると、どうしても予算という面が立ちはだかってくるのではないでしょうか? 車に比べて趣味性が強い乗り物となりますので、なかなかその費用を捻出するのは難しくなってしまい、大抵は車とガレージを共用しているものだと思います。しかし、そうすると人為的なミスや風といった自然現象でバイクが倒れてしまう可能性もあり、それによって大事な愛車双方に傷をつけてしまうなんていう可能性があり、あまり良い状況はいえません。
そうなるとやはりバイクガレージが必要です。そこで、なるべく安く手にいれる方法をみていきましょう!

やっぱり自作が一番!

では、最も安くバイクガレージを手に入れる方法はどんなものでしょうか? そうです、やはり自作がもっとも安く手に入れることができるんです。車と違ってバイクは車体が大きくありませんので、使う材料も安くすみますし、時間もそれほど掛かることがありません。もちろん、ハンガーや自動開閉のシャッターといった大掛かりなものになるとそうはいきませんが、通常置いておくだけのようなものなら、日曜大工の延長で作ることが可能です。

材料としましてはホームセンターなどで売っている金属パイプを組み合わせる方法や、木材を購入して釘打ちやボルトを使って作る方法がメインとなります。値段や手間という面では前者が優れており、見た目という点では後者が優れていますので、ご自身がどちらを優先するかで材料を選びましょう。

また、バイクというのは車に比べて安定性が低いため、しっかりとした基礎工事が必要になります。こちらは自分できめた区画を水平にコンクリートで固める作業なのですが、その工程は結構手間がかかってしまいます。材料は安く済むのですが、自信が無い場合はここだけ業者任せというのもありかもしれません。費用は基礎工事を除いて10万円前後となります。

一人で作るガレージ

組み立て式というてもあります

バイクガレージをなるべく安くというなら自作になるのですが、同じ自作でもキットを作った自分で組み立てるタイプというのも存在しています。こちらも上で書いたような基礎工事というのは必要になりますが、すでに材料が用意されており、説明書に従ってくみ上げるだけになりますので、かなり簡単にバイクガレージが入手可能です。もちろん、全て自作するのに比べるとキット代が上乗せされますが、ものによってはこちらの方が安い場合もありますし、見た目は間違いなくこちらの方が綺麗に作れますので、その点を考えるとこちらの方が良いかも知れません。そして気になる費用はフレームのみで1万円程度から存在し、かなり格安です。しかし、外壁は別途必要なので実際は自作と同等くらいになると思います。

ジョイフル本田オンラインショップ

イナバのガレージもかなりお手頃!

イナバ バイク保管庫 FXN-1326S スタンダード 土間タイプ アーバンGM

¥136,080

販売サイトへ

完全自作、キットを使った自作の次に安く手に入れる方法としては、イナバのガレージを購入して設置してもらうという手があります。こちらはすでに組みあがったものを設置するだけなので、平らな地面であればかなり簡単にバイクガレージを入手することが可能で、信頼性も抜群です。もちろん、ほかと比べて費用はかかるかもしれませんが、雨風に強いという利点はかなり大きいものです。

バイクガレージを中古で買うのもありです!

もっともっと格安で手に入れたいのなら、やはり中古という選択肢があがってきます。もちろん、過去に使われているだけあって汚れや破損なども考えれますので、そういった部分を自分で直す腕前があるか、あるいは気にしない神経が必要になります。
また、比較的綺麗な中古では値段は8万円前後が多くなっていますので、実は新品を買ったほうが将来のことを考えるとお得です。あくまで激安という点でのみ考えてください。

キットやテントなどの中古でも大丈夫?

上で紹介した中古のガレージというのは、あくまでイナバの物置のように設置するタイプのものになります。では、キットを使ったものやテントタイプのものでの中古はどうかというと、できるだけ避けるのが望ましいです。一度くみ上げたキットというのは一度分解すると耐久度はかなり落ちてしまいますし、テントの場合はそもそも中古で買わなくても新品でも結構安いので、あえて中古を選ぶ必要はありません。こちらは選択肢にいれないようにしましょう。

バイク保管庫とはどうちがうの?

バイクガレージを調べていると、よく目にするのがバイク保管庫ですよね。両者になにか違いがあるのかといわれると実はあまり違いがありません。しいて言うのならば、ガレージは作業をすることが可能で保管庫はあくまで保管するだけのものになります。しかし、保管庫でも十分なスペースがあれば作業は可能ですので、あくまで商品名の違い程度と考えるのがいいかもしれません。

まとめ

バイクの激安ガレージはいかがでしたでしょうか? やはり安く手に入れるなら自作というのがもっとも優れています。自慢の愛車のためにガレージを手作りというのは達成感も愛着も湧きますので、時間に余裕がある場合にはぜひチャレンジしてみてください。