【フリード ハイブリッド試乗】実用性の高いi-DCDユニットと高い居住性!

2016年9月の発売以来高い評価を得ているホンダの「フリード/フリード+」。SPORT HYBRID i-DCD、フリードは3列シートの居住性の高さ、フリード+は2列シートで荷室の使い勝手の良さが好評のポイントとなっているようです。今回は、その中で「フリード」のハイブリッドエンジン搭載車に乗る機会を得たのでご紹介します。(飯嶋洋治/RJC会員)

フリードのハイブリッドエンジン仕様車とは?

photo by Iijima

2016年9月16日、ホンダは新型コンパクトミニバン「フリード」を発売しました。以前にでも「フリード/フリード+」の発表会のレポートで概要をお伝えしていますが、今回はチョイ乗りインプレッションをお届けします。「フリード/フリード+」はともにコンパクトミニバンという位置づけで、パワーユニットはガソリンとハイブリッドがありますが、今回乗った車種はフリードのハイブリッドになります。

1モーター2クラッチのSPORT HYBRID i-DCDの実力はいかに?

photo by honda

フリード・ハイブリッドのキモとなるパワーユニットは、「SPORT HYBRID i-DCD」です。これは、1モーター2クラッチ方式のハイブリッドシステムで、エンジンとクラッチを切り離すことができるので、電動モーターだけ、エンジンだけ、電動モーターとエンジンという3つの動かし方ができるのが特徴です。

ハイブリッドシステムの構成ですが、エンジンはアトキンソンサイクル(圧縮行程より膨張行程を大きくとって効率をあげるサイクル)、エンジンは7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)によって変速します。トランスミッションの中には、駆動用のモーターが組み込まれるのもポイントで、ダイレクトで途切れのない加速を見せることができるようになっています。モーターの駆動はリチウムイオン電池によって行われます。

必要にして十分な動力性能だが、もう少しパンチがあってもいいか?

photo by Iijima

さて試乗ですが、実は、スタートのところでつまづいてしまいました。これは私の知識と対応力の拙さも大いに関連していると思う部分です。スターターボタンを押したつもりだったのが、エンジンがかかりません。これはスターターボタンは左側という私の意識が強かったのと、ちょうどハンドルの左のセレクターレバーのそばに「P」というボタンがあったので、単純に「Power」のPだと思ってしまったことが原因です。実際は「Parking」の「P」でした。同乗した先輩ジャーナリストに「右側にあるよ」と指摘され、スタートボタンを押します。セレクターレバーを右側に倒しDに入れて、ちょっと恥ずかしい気持ちになりながら? 走り始めました。

photo by Iijima

一般道に出て、前方が空いたのを確認してアクセルを踏み込みます。ここではパワー不足の感は否めませんでした。これは直前にエンジン、モーターともフリードよりもハイパワーのオデッセイ・ハイブリッドに乗っていたので、その分を割り引かなければいけないとは思いますが、ホンダのパワーユニットならもう少し活発でもいいかな……という気持ちになりました。もちろん、一般的なユースで、街中を中心に流れに乗るのには十分だとは思いますが、ちょっと惜しい気持ちがありました。

一般道での乗り心地は二重丸。居住スペースも快適!

photo by honda

乗り心地の方は、都内の一般道を走っている限りは、とても快適なものに仕上がっていると思います。リヤ剛性を上げたことや、液体封入ブッシュによる乗り心地の確保が効いている部分だと思います。着座位置は好みがあると思いますが、わりと高い位置で視界を確保できるので、ビギナードライバーなどでも、安心感が高いのではないかと思いました。

photo by Iijima

主要諸元

※HYBRID G Honda SENSING(FF)

寸法・重量

全長:4,265mm
全幅:1,695mm
全高:1,710mm
ホイールベース:2,740nn
トレッド(前/後):1,480mm/1,485mm
最低地上高:135mm
車両重量:1,410kg(6名)、1,430kg(7名)

原動機

・エンジン
エンジン型式:LEB
エンジン種類・シリンダー及び配置:水冷直列4気筒横置き
弁機構:DOHC チェーン駆動 吸気2 排気2
ボア×ストローク:73.0mm×89.4mm
圧縮比:13.5
燃料供給装置:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-F1)
使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量:36L

・電動機(モーター)
電動機型式/電動機種類:H1/交流同期電動機

性能

・エンジン
最高出力:81kW(110PS)/6,000rpm
最大トルク:134Nm(13.7kgf-m)/5,000rpm

・電動機(モーター)
最高出力:22kW(29.5PS)/1,313rpm-2,000rpm
最大トルク:160Nm(16.3kgf-m)/0-1,313rpm
燃料消費率(JC08モード):36km/L
主要燃費向上対策:ハイブリッドシステム、アトキンソンサイクル、可変バルブタイミング、アイドリングストップ装置、電動パワーステアリング

動力用電池

種類/個数:リチウムイオン電池/48

動力伝達・走行装置

トランスミッション:7速オートマチック
ステアリング装置形式 ラック・ピニオン式(電動パワーステアリング仕様)
タイヤ(前/後):185/65R15 88S
主ブレーキの種類・形式(前/後):油圧式ベンチレーテッドディスク/油圧式ディスク
サスペンション方式(前/後):マクファーソン式/車軸式
スタビライザー形式(前):トーション・バー式

まとめ

photo by Iijima

フリードは3列目までゆったりと乗れるという面で、同じく3列目の快適さをウリにしている日産のセレナの対抗馬と言えると思います。今回は、後部座席を体感するチャンスがなかったのですが、二列目に座ったジャーナリストも特に不満という声は出ていませんでした。この辺はもう少しじっくり乗って、自分でも体感してみたいところだと思います。