【ホンダ CB72】1960年製のスーパースポーツ!世界を目指した当時の技術はすごかった!

半世紀以上前のスーパースポーツホンダ ドリームSS CB72。現在でもその歴史や、デザインに惚れたファンに支持され続けています。今回はCB72の詳細なスペック、中古車情報にパーツ情報など、動画もあるので好きな方や、CB72を知らなかい方にも楽しめる内容となっているので、どうぞご覧ください!

ホンダ CB72、CB92とはどんなバイクか?

ホンダ ドリームSS CB72(1960~1968年)

CB72は現在でもヴィンテージバイクシーンで人気となっているモデルです。正式名称は、ホンダ ドリームSS CB72でSSとはSUPER SPORTの略となっています。もともとは全日本モーターサイクルクラブマンレース(市販車レース)にホンダが出場するため、既存のホンダドリームC71をベースにしたCB71で出場しようと考えていましたが、エンジン出力に対してフレーム剛性不足が問題となり、発売は断念されました。

当時ホンダはスポーツモデルをいくつか販売し、海外へ輸出していましたが、売れ行きはいまいち。その理由はプレスフレームとボトムリンクサスペンションという、設計が時代遅れだったことが原因でした。そこでパイプフレームとテレスコピックフォークサスペンションを採用した車両の作成を要求され、登場したのがこのCB72というわけです。

このCB72の特徴は、世界グランプリレースに出場したワークスマシン「RC161」の車体をそのまま市販車にフィードバックしており、2気筒250ccエンジンにはツインキャブを搭載し24PSを9,500rpmで出力し、最高速度は155km/hをマーク。海外輸出向けと日本国内仕様では、クランク角に違いがあり、海外輸出向け(CB72 タイプ1)では180度クランクで中高回転向けセッティング、日本国内向け(タイプ2)では360度クランクを採用し、こちらは最高速度は145km/hだったそうです。

現在でも海外モデルと日本国内モデルではパワーなどに差がありますが、それらは国の基準が違うための適正を図ったもの。当時のCB72は、各国の交通環境に合わせたセッティングになっていることがわかります。

ちなみにCB72はCBシリーズ初となる250ccモデルで、位置づけとしてはSS(スーパースポーツ)。現在のCBRのような存在です。CB72の実用車にも採用され、CM72というリアキャリア付きのバイクにも搭載されました。海外では「HAWK/ホーク」というペットネームで呼ばれ、その後CB77が登場し、「SUPER HAWK/スーパーホーク」とペットネームがつき、ホークシリーズへとモデルチェンジを繰り返すこととなります。

このCBシリーズは歴史が長く、モデル数やエピソードが多いので、気になる方はWikipediaでも調べられますね。

CB72のスペック

販売期間:1960~1968年
型式:CB72
全長:2.025m
全幅:0.615m
全高:0.950m
軸距:1.295m
最低地上高:0.140m
車両重量:153kg
乗車定員:2人
定地燃費:45km/L
最小回転半径:2.05m
エンジン型式:CB72E 空冷4サイクル OHC 2気筒
総排気量:247cc
内径×行程:54mm×54mm
圧縮比:9.5
最高出力:24PS/9,000rpm
最大トルク:2.06kgf・m/7,500rpm
キャブレター型式 :京浜 PW22 ツインキャブレター
始動方式:セル/キック
燃料タンク容量:14L
変速機形式:左足動前進4速
フロントブレーキ:右手動ドラム 200
リアブレーキ:右足動ドラム 200
フロントタイヤサイズ:2.75-18
リヤタイヤサイズ:3.00-18
販売価格:187,000円

走行距離メーターが縦なんです

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/mOcSfGOVwYk" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

CB72の特徴は走行距離メーターが縦並びという珍しいレイアウトとなっています。従来の横並び表示ではないでの、どのような動きをするのかとても気になってしまいそうですね。メーターのデザインもレトロで、タコメーターは半円、スピードメーターは円形の組み合わせがまたおしゃれ!

ちなみにCB72の初期モデルのみ左右対称の通称「ケンカメーター」となっています。スピードと回転数が上がっていくにつれて針同士が喧嘩するように見えることからケンカメーターと名付けられました。しかしこのCB72はメーターへのこだわりが垣間見えますね。CB72はメーターがおしゃれ!

CB72の排気音を感じる動画

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/mgHlhADhIKQ" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

CB72のレトロな2気筒サウンドは、現在のバイクでは再現できない独特のサウンドが特徴です。いかにも機械、いかにもキャブレターという、メカメカしい音質。半世紀以上の前のバイクの音が今も普通に聞けるというのは、とってもありがたいことですね。

レーサーサウンドが心に響く

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/cxC3Yf8WDPI" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

こちらはレーサーなので、消音器などの装置は一切取り付けられていません。ただ音量を大きくする目的ではなく、エンジンの出力アップを狙った結果、このような爆音になってしまうのですが、計算された排気管では、高い排圧が感じられる迫力のあるレーサーサウンドとなっています。

ホンダ ベンリイSS CB92(1959~1964年)

CB72と共に、人気があるのでこちらも紹介します。1959年に受注モデルとして販売開始したCB92ですが、早々に一般生産モデルへ移行しました。排気量は125cc。このCB92は1958年から開催された浅間クラブマンレースのアマチュアライダー向けのSS(スーパースポーツ)という位置付けにありました。

すでに販売されていたC92をベースに高回転型エンジンへとチューニングされ、出力アップが図られています。実はこのCB92は、浅間クラブマンレースで世界一過酷と知られ、現在も続くマン島TTレース帰りで格上のワークスマシン(RC142)とライダーを抑え、見事勝利したという伝説のマシンです。

現在ではレトロな雰囲気がホンダ GB250クラブマンや、ヤマハ SR400と同じように感じてしまいますが、その中身はバリバリのレーサーレプリカとなっています。

CB92のスペック

販売期間:1959~1964年
型式:CB92
全長:1.915m
全幅:0.595m
全高:0.930m
軸距:1.265m
最低地上高:0.140m
車両重量:110kg
乗車定員:1人
定地燃費:60km/L
最小回転半径:1.95m
エンジン型式:CB92E 空冷4サイクル OHC 2気筒
総排気量:124cc
内径×行程:44mm×41mm
圧縮比:10.0
最高出力:15PS/10,500rpm
最大トルク:1.06kgf・m/9.000rpm
キャブレター型式 :京浜 PW20 
始動方式:セル/キック
燃料タンク容量:10.5L
変速機形式:左足動前進4速
フロントブレーキ:右手動ドラム 200
リアブレーキ:右足動ドラム 200
フロントタイヤサイズ:2.50-18
リヤタイヤサイズ:2.75-18
販売価格:155,000円

ホンダ CB72の中古車情報

CB72の中古相場は70~105万円

車両価格: 105万円(消費税込)

さすがに中古車流通量は少なく、入手困難となっています。しかし、人気のヴィンテージモデルだけあって、販売しているCB72はどれもきれいです。レストア、ノンレストア問わずきれいであれば値段が高くなっています。しかしどれも年式のわりに極上ともいえるクオリティです。半世紀の時間の経過を感じさせません。

CB72のヤフオク落札価格は45~90万円

中古車流通量が少なかったため、ヤフオクなどの個人売買サイトも見たところ、出品台数はそこそこあり、コンスタントに2~3台あたりは出品されているような状況です。状態としては、やはりマニア向けなためか、どれもきれいで、手の入ったものばかりとなっています。

CB72のパーツ情報

CB72の復刻版パーツリスト

どんなに程度がよくても、整備も必要で絶対に避けては通れません。とにかく古いバイクなので、専門店で修理してもらう以外は断られそうな気がします。そんなCB72は、せめてパーツリストくらいは持っておきたいところです。パーツリストさえあれば、整備の計画を円滑に進められます。しかし、残念ながら流通は皆無。ではどうするか?

実はありがたいことに、ホンダの公式サイトでCB72のパーツリストが閲覧できるようになっています! これは古いバイクを後世に残すためにホンダが協力してくれているのでしょうか? とにもかくにもこれはありがたいですね。

復刻版パーツリストはこちら

純正パーツはどうする?

先ほどのパーツリストで純正パーツの品番はわかりました。しかし、肝心のパーツが販売されていなけれんばどうにもなりません。在庫の状況はネットなどでわかることはなく、必要なときにメーカーに問い合わせるという形を取ることになると思いますが、基本的には小ロット販売はできません。

ではどうするか、という問題ですが、それはCB72専門または旧車パーツを専門に扱う業者を探します。そうすればパーツを取り扱っていたり、業者のなんらかのネットワークでパーツを手に入れることが可能です。以下にパッキン類を販売しているネットショップを紹介しますが、これ以外にもいくつかあるので探してみてください。

ホンダパーツ適合

CB72の純正パーツはこちらから

オフ会やガレージセールに顔を出そう

CB72のパーツはとにかく手に入りにくいものです。一般的にはバイクショップ、パーツショップ、ネットショップなどを頼りにしますが、CB72ほどの車種となると要領がちょっと違います。一番近道となるのが、CB72などの旧車の愛好家たちの集まるオフ会やガレージセール、ミーティングなどに通うことです。パーツに困ったときにそういったネットワークを伝うことで、手に入ることもあります。

ホンダ CB72のまとめ

今やインターネットでさまざまな情報の入る社会ですが、実はCB72のような古いバイクは、書籍の方が詳しく載っていることもあります。CB72を通じて古いバイク本を漁ってみるのも面白いかもしれません。インターネットに出ていないような話を見つけられることもあるのでおすすめです。

当時の人がどのような感性でそれを作ったのかなど、時代背景を基に想像するのも楽しいですよね。CB72が販売開始されたのは1959年の2月となっています。その頃は暴走族の前身、カミナリ族が社会問題となっていた頃のようです。ほかにもいろいろな出来事があったようですが、このような時代背景にも興味を持つとさらに楽しめそうですね。