【ホンダ CBF600】 ヨーロッパにて販売された完成度の高いスタンダード600cc

ヨーロッパといえばモータースポーツが盛んですね。ホンダやヤマハなどの国内メーカーもヨーロッパにてバイクを販売していますが、国内のバイクとちょっとデザインが違ったりします。CBF600もそんな1台。ホーネットの姉妹モデルとされる傑作バイクを紹介します。

ホンダCBF600はどんなバイク?

欧州ではベストセラーのスポーツバイク

セールスラインとしてはCB500の後継 CB600Fホーネットの派生モデル

ホンダCBF600は2004年に欧州で販売された中排気量のスポーツバイクです。同時期に発売されたCB600Fホーネットの姉妹モデルでエンジンやフレームなど基本的な設計は一緒になっています。発売された経緯は2003年までヨーロッパで販売されていたCB500が欧州の車両規約(European emission standards)に適合できなくなったから、仕切りなおしにヨーロッパ向けの新しいバイクを販売しよう! という経緯でした。生産はイタリアホンダが行いヨーロッパ全土にて販売されたようです。後に解説しますが、CBF600にはNとSの2モデルが販売されていました。どちらのモデルもイタリアホンダにての生産です。日本から見たら”外車”または”逆輸入車”になります。

ジャストサイズな600ccのバイクといわれるほど600ccバイクとして高い評価を得る

CBF600が販売された地域はヨーロッパ。発売された地域では高い評価を集め600ccのバイクとして完成度が高いバイクと評価を得ました。特にイタリアで人気があったようです。おしゃれやデザインにうるさいイタリア人のお墨付きでかっこいいバイクといえます。

ライトユーザーもベテランも満足できる”優等生なバイク”

スタンダードで乗り手を選ばないバイクとして販売された

CB500は乗りやすくお手ごろなバイクとして販売されていたので、CBF600も後を追うように乗りやすく使いやすいバイクとして販売されます。リターンライダーの最初の1台やバイク初心者、女性などライトユーザーを意識したバイクになりました。

ライトユーザー受けを狙ってはいるものの性能は高い

エンジンはCB600Fホーネットと同じエンジンを使っています。CB600FホーネットのエンジンはCBR600系のエンジン。CBR600といえばホンダの600ccスポーツ代表モデルです。だからCBF600Fはスポーツ系の高性能を搭載しており、ライトユーザー向けにアピールして販売されたバイクでありながら、玄人も満足させる能力を備えています。リターンライダーも納得のいくバイクなわけです。高性能なのはエンジンだけではなくフロントフォークはプリロード調整可能でブレーキは前後連動など、全体的に高性能にまとまっています。

ホンダ CBF600のスペック

基本的なスペック

エンジン

型式:水冷4ストローク4バルブDOHC直列4気筒
総排気量:599cc/36.5 cu-in
ボア内径×行程(ストローク):65×45.2mm
圧縮比:11.6:1
燃料供給装置:電子制御式フューエルインジェクション(32mm throttle body)
始動方式:セルフスターター(Computer-controlled digital transistorized)
燃料タンク容量:20.0L/5.2US gal(ガロン)
燃費:※約20.0km/L

※あくまでも目安です

変速機

クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング
変速機形式:チェーン
変速比:1速2.750(33/12)
   :2速2.000(31/16)
   :3速1.590(28/16)
   :4速1.333(30/23)
   :5速1.153(23/20)
   :6速1.035(25/24)

性能

最高出力:76.4/57KW@10,500rpm
最大トルク:58Nm/42.7lb-ft@8,000rpm
最高速度:202.4km/h

車体関係

フレーム形式:モノコック・バックボーン(長方形部分はスチールチューブを使用)
トレール:109mm(4.3inches)
タイヤサイズ前:120/70-ZR17
タイヤサイズ後:160/60-ZR17
ブレーキ前:ダブルディスク(ABS選択可能)
ブレーキ後:シングルディスク(ABS選択可能)
シート高:785mm(アジャスターで設定可能)
懸架方式前:テレスコピック式
懸架方式後:スイングアーム式
乾燥重量:197.0kg(434.3ポンド)
寸法:高さ1,240mm(48.8inches)
   長さ2,160mm(85.0inches)
   横幅765mm(30.1inches)
最低地上高:130mm(5.1inches)
ホイールベース:1,480mm(58.3inches)
サスペンション:モノショック(プリロード7段階調整可能)
1/4マイル(400m)加速:12.8秒
新車価格:898,000円

ホンダ CBF600の燃費は?

気になる燃費は約20Kmほど

CBF600は排気量600ccのバイクで、日本では大型に分類されるれっきとした大型バイク。エンジン性能は高く、出力も強いため燃費は20Kmと大型バイクらしい値になっています。ちなみにこの20Kmという値はユーザーのレビューや海外のバイク情報サイトから判断したものです。公式には燃費についての言及はない模様。どちらにしろ燃費は20Kmと考えて問題ないでしょう。似た構造で作られた姉妹バイクのCB600Fも同じような燃費とユーザーや情報サイトで確認できます。

ホンダ CBF600Sの燃費情報なら「みんカラ」。CBF600Sオーナーの実際の燃費記録を見ることができます。燃費比較の参考になるデータが満載!ホンダ CBF600Sの燃費情報は日本最大級のクルマSNSサイト「みんカラ」

ユーザーの燃費確認はここで確認できます。

Decription of your company, small paragraph

海外のバイク情報サイトです。

ホンダ CBF600のNやSとの違いは?

一言でいうと「カウルがついているか、否か」です

カウルなしモデルがCBF600Nでカウル装着モデルがCBF600S

CBF600NとCBF600Sの違いは肩透かしをくらうほど簡単な違いで「車体にカウルがついているかどうか」の違いです。性能には大差がありません。完全に見た目だけの違いといえます。カウルはフルカウルのモデルはなく、ハーフカウルモデルのみ販売。前述したとおりスペック的な差はありませんが、フロントのカウルが風避けとして機能し、乗りやすさでいうとCBF600Sの方がわずかに優れます。ちなみにCBF600のNはネイキッドの"N"を意味するようです。

もしもCBF600を購入するのなら、NかSのモデルは好みで選ぶといいでしょう。

このネイキッドスタイルのモデルがCBF600Nです。

こちらのハーフカウルのモデルがCBF600Sとなります。

ホンダ CBF600は日本で買える?

販売台数は少ないものの購入できます

ホンダの逆輸入車の専門ショップで取り扱っています

以下のリンク先サイトで新車を少量ながら販売しているようです。在庫はかなり少ないようなので、このディーラーから新車で購入したい方は早めの検討をしたほうがいいでしょう。

ホンダ逆輸入車販売のパッセージのサイトです。

国内でも中古車は少しだけ流通しているようです

ブログでCBF600とのバイクライフを紹介している人がいたり、レビューサイトにCBF600の評価が投稿してあったりとオーナーは存在するようです。そしてGooBikeで中古車を探したところ2016年10月時点で、4台だけ在庫が見つかりました。なので、所有しようと思えば所有できるバイクではあります。価格は50万円あれば購入できそうですね。欧州ではリターンライダーや初心者の人、女性向けに乗りやすく扱いやすい優しいバイクとして販売されたCBF600。日本では立派な外車なので、整備の問題や購入の問題があったりとベテラン向けのバイクになっています。しかし構造がCB600Fホーネットと似ているのである程度パーツの流用が効くでしょう。初心者でも整備に予算をかけれるなら愛車候補にいれても問題ないはずです。

海外の中古バイク販売サイトなら多くの車体が見つかります

海外市場にて販売されたバイクなので、海外の中古車販売サイトであれば多くの車体が見つかります。個人輸入やバイク歴が長い人は海外からの購入を考えてもいいかもしれません。CBF600を国内で買おうとすると50万円は必要ですが、海外からなら安いもので10万円だいから購入できます。このように海外からの購入では、レストア向けの安い車体などの選択肢が増えるのが魅力です。

HONDA CBF600 used motorbikes and new motorbikes for sale on MCN. Buy and sell HONDA CBF600 bikes through MCN's bikes for sale service

MCNという中古バイクの取引サイトです。走行距離の表記が「マイル」であることに注意してください。

ホンダ CBF600の中古車情報

BikeBrossとGoobikeの在庫を紹介

2016年10月現在、中古車はBikeBrossで2台販売。GooBikeでは4台の取り扱いとなっています。BikeBrossにて販売してある車体は2台ともGooBikeにて販売してある車体とまったく同じものでした。なのでGooBikeの在庫がどういった状態、値段設定なのか見ていきましょう。

CBF600Sは取り扱いがあるがNの取り扱いはないようです

在庫として取り扱ってあるのはハーフカウル着用モデルのCBF600Sのみで、ネイキッドモデルであるCBF600Nは、残念ながら2016年10月現在では見つかりませんでした。しかしCBF600Sのカウルをはずしてネイキッド仕様にすればCBF600Nのような外観にできるので、ネイキッドタイプのCBF600をお求めの方はその方法を取るといいと思います。

ホンダ  CBF600Sシルバー 年式2006年

支払総額:47.8万円(税込)
走行距離:23,665Km
走行距離は2万はこのクラスのバイクなら普通ですね。リアの左側外装にすれ傷が入っています。特に気にしなければ、気にならないレベルですし、気になる方はほかの車体を見てみるといいでしょう。外装に関して問題があるのはこれくらいですね。動画がついているのでエンジンの状態も確認できます。エンジンから特に変な音はしませんし、見たところ機関の状態は良好ですね。もちろん購入を検討するならご自身の目で確認するのをお忘れなく。

ホンダ CBF600S トリプルBOX ドラゴンメタリックグリーン

支払総額:53.09万円(税込)
走行距離:61,750Km
ドラゴンメタリックグリーンという個性的なボディカラーが魅力の1台。走行距離は61,750Kmとたくさんの距離を走ってきたようです。年式は2010年式およそ6年前の車体。600ccのバイクでは車検もあるのである程度の品質が保たれています。走行距離は多いものの整備はいき通っているはずなので、おそらく問題なく乗ることができるでしょう。ツーリング愛好家にうれしいトリプルBOX付きで、多くの荷物を乗せることができます。DC電源にETC、風防スクリーンなど長距離を走る際にうれしい装備が至れり尽くせり。休日の相棒や長期休暇の相棒にどうでしょうか?珍しいCBF600Sというバイクなのと、珍しいカラーリングで注目度も高いです。

ホンダ CBF600Sシルバー 年式2005年

支払総額:37万円(税込)
走行距離:45,211Km
値段が37万円とかなり安い車体です。250ccの新車バイクよりも安い価格。ETCとグリップヒーターも装備されています。走行距離は45,211Kmそれなりに走っているようです。CBF600Sの中古車価格帯は国内では50万円辺りなので、37万円のこの車体はどこかしらに問題があるのかもしれません。外装はとてもきれいで問題はなさそうですが、購入を検討するなら一度実写を見て確かめるのをおすすめします。

ホンダ CBF600Sシルバー 2004年式

支払総額:45.8万円(税込)
走行距離:1,211Km
なんと走行距離は1,211Km。外装もエンジンも良好のコンディションがとてもいい車体です。600ccバイクは車検があるため走行距離の改ざん等は中型バイクと比べれ少なくなりますが、念のために「記録簿」や「オイル交換暦」などのメンテナンスに関する書類をよく確認しておきましょう。もっとも国内だとCBF600はある程度の経験があるライダーが乗るパターンが多く、その逆は少ないように思われます。そういったバイクと割り切り、初心者ライダーの方は慎重に車体を選べる範囲で選んでください。

国内最大級のバイク情報からホンダ CBF600Sのバイクを探せます。

GooBikeのCBF600の一覧ページです。CBF600をお探しの方はブックマークに登録して定期的に確認するといいかもしれません。

海外の中古車情報も紹介していきます!まずはMCNというサイトの在庫から

ホンダ CBF600Nブラック 年式2004年

We are delighted to offer for sale this Honda CBF 600 that is HPI clear and will be documented for its next owner. The bike is fantastic value for money at just £1399 and will make a perfect commuter or first bike. The bike has heated grips and an Akrapovic exhaust as extras.BUDGET BIKES, OPEN 7 DAYS A WEEK INCLUDING

車体価格:約17万円(1,399ポンド)
走行距離:約44,599km(27,713マイル)
販売国:イギリス
日本のネット市場では見つけることができなかったCBF600Nが見つかりました。価格は17万円とものすごい安さです。大型のバイクの値段とは思えないレベル。販売店も「ファンタスティックな価格」というほど。グリップヒーターがついています。このバイクは価格が価格なので、修理前提で購入することになるでしょう。それか部品取りように購入するのもありです。

ホンダ CBF600Nブラック スクリーン付き 年式2004年

Honda CBF600 is there to be used. Comfortable, reliable and economical to run, this bike is designed for every day use. This is a solid and long time member of the Honda family, and you won't get much better value for money than this. Fitted with a tail tidy and a Remus can, this is a lot of bike for

車体価格:約25万円(1,999ポンド)
走行距離:約49,434km(30,717マイル)
販売国:イギリス
フロントに風除けのカウルが装着してある車体。車体価格は破格の25万円で、販売店は「これ以上に25万円を費やす価値のあるものはない」といっています。値段だけみると確かにかなり魅力的です。販売店はヤマハの正規ディーラー、CBF600はホンダ車ですが技術的に問題はないでしょう。逆に正規ディーラーなので信頼できます。日本人との取引にも慣れているかもしれません。

ホンダ CBF600Sブラック 年式2010年

HONDA CBF600, 599cc , Manual 6 speed, 2010 10 Reg, 11,687 miles, Metallic Black, Honda HISS, A Full Honda Service History Call us now on 0118 9315040 , or feel free to message us through Facebook to come and ride the new bike of your dreams! Also remember to ask us about our Extended Guarantee and affordable Honda Service Plans

車体価格:約46万円(3,699ポンド)
走行距離:約18,808km(11,687マイル)
販売国:イギリス
ハーフカウルのついたおなじみCBF600Sです。リアキャリアがついています。価格は国内で販売してあるCBF600Sと同じくらいです。購入して日本で乗るなら、輸送費がかかるので50万円は超えるでしょう。このバイクも上記の2台と同じでイギリスのバイク屋で販売してあります。なので、取引には英語が使えます。ヨーロッパは国によっては英語が通じないこともあるので、ヨーロッパからCBF600を輸入するならイギリスなどの英語が通じる国がおすすめです。

ここからはGumtreeというサイトの在庫を紹介します

ホンダ CBF600Nグリーン 年式2011年

2011 honda cbf 600 for sale, naked version. In good condition. 1 owner 20000 miles 1 year mot h

車体価格:約32万円(2600ポンド)
走行距離:約35,405km(22,000マイル)
販売国:イギリス
不思議な色をしたボディが特徴的な車体です。色名はグリーンとのこと。どちらかというと黄緑でしょうか、イエローにも見えますね。価格は32万円とお手ごろで外装の状態は見たところ特に問題はなさそうです。走行距離は35,405Km、エンジン部分もとりあえずは動くでしょう。状態を動画などで詳しくみたいところです。このバイクは個人が販売しているので、様々な情報についてお問い合わせしてみましょう。

ホンダ CBF600のインプレ

ユーザーレビューをまとめていい点や残念な点を見てみましょう

CBF600のバイクとしていいポイント

・エンジンはCBR600RR系の高性能なものを使用しており、馬力は60PSほどと高性能かつ中低速よりのセッティングのため取り回しがいい。まさにライトユーザー向けの扱いやすいバイクに仕上がっている。
・タンク容量が20Lあり、燃費は約20Kmなので燃料残りを気にせずに走れる。
・ホイールベースが長く安定感が高い。
・ブレーキの効きもちょうどいい
・好みにもよるがアイドリング音やエキゾーストはかっこいいと評判。
・サスペンションの調整ができるのでライダーに合わせた乗り心地のセッティングが可能(リアだけでなくフロントも調整可)。
・動力性能、足回りは調整可能などによりコーナーリング性能も高い。
・総じて高次元にまとまった優れたバイクといえる。

CBF600の残念なポイント

・よくも悪くも乗り手を選ばないデザインと性能なので個性がないともいえる
・燃料系がついていない(後づけは一応可能)
・アフターパーツが少ない
・大型バイクに見栄を求める人には決定打にかける
・CB600Fホーネットとあまり違いがないため日本で苦労をして手に入れるメリットが薄い(ヨーロッパ在住の方なら問題ありません。)
・国内では流通が弱いので修理やメンテンスの問題がある(輸入車全般にいえることです)

フラットな出力特性をもち扱いやすく、乗りやすいバイクなので万人にうけるバイクといえます。しかし個性の方もフラットで、人と違うバイクが欲しい人にはおすすめできないバイクでもあります。メリットとデメリットは表裏一体といったところです。輸入車でありながら個性が抑さえてあるバイクが欲しいという人におすすめします。リターンライダーでバイクの知識が豊富な人には特におすすめです。

ホンダ CBF600を、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、デザイン・エンジン性能・走行性能など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。

猫のじろきちです。通称は、じろきっちゃんです。バイクとかパソコンとか株などについて、思いつくまま書こうと思います。

以上参考にしたサイトです。

ホンダCBF600のカスタムについて

構造がホーネットと似ているためか、カスタムパーツはある程度販売されています。カスタム用のパーツは故障したときの替えにも効くので、パーツを見ておきましょう。

まずは音と見た目を大きくチェンジするマフラーから

AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) マフラー スリップオンライン (チタン) CBF600(08-14) S-H6SO14-HRT

¥91,650

販売サイトへ

アクラポヴィッチというMOTO-GPや有名な大会用のパーツを作っているメーカーのカスタムマフラーです。この会社のパーツはヨーロッパだと純正オプションとして利用されています。このマフラーはヨーロッパの規制に合わせてつくってありますが、「eマーク」がついていると国内でも装着できるようです。国内の公道にて使用する場合は「eマークの有無」を販売元に問い合わせて、確認してから購入しましょう。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/S-fOlN2pLAk" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

音の参考動画です。2008年式のCBF600Nに装着してあります。

交換用にもっておきたいパーツなど

K&N(ケーアンドエヌ) リプレイスメントフィルター

K&N(ケーアンドエヌ) リプレイスメントフィルター CBF600/S(04-06)、HORNET600/S(-06)、CBF500(04-06)、HORNET250 HA-4020NS

¥7,005

販売サイトへ

交換用のエアフィルターです。交換時期は15,000kmぐらい走行したときが目安です。交換しないと最後にはエンジンが壊れてしまうので必ず交換しましょう。エンジンが壊れるまえにはバイクの性能も下がります。活用品が使えるので用意に手に入りはしますが、念のために早めに買っておいても問題はありません。

CYC カラーチェーン 525-120L シールチェーン ホワイト/ゴールド

CYC カラーチェーン 525-120L シールチェーン ホワイト/ゴールド CBF600 ('07)

¥8,280

販売サイトへ

ドレスアップ効果もあるカラーチェーンです。交換時期の目安は20,000km~。走行途中に千切れたりすると、文字では伝えきれないくらい危険なので、必ず定期的に交換しましょう。長く持たせるためのメンテナンスも重要です。CBF600といいバイクライフを送るためにも日常のメンテナンスはきっちりと行ってください。紹介したチェーンは白ですが、ほかにもオレンジやシルバーなど様々な色が販売してあります。好みの色でドレスアップを楽しむのもアリです。

CBF600のまとめ

ヨーロッパのスタンダード600ccバイク、CBF600を紹介しました。このバイクは性能が高く、扱いやすく乗り手に合わせた調整(サスペンションなど)が可能な素晴らしいバイクです。CB600Fホーネットとほぼ同じなバイクですが、デザインがヨーロッパで受けるスポーツチックにまとまっていたり。国内で販売されたバイクにはないカラーリングがあったりとCB600Fにはない魅力もあります。ちょっとした違いが分かる人には分かる面白いバイク、いかがでしょうか?50万円から購入できるので、気になった人は国内にて流通している間に所有してしまいましょう。バイクはバイクだけに早いもの勝ちです。