【ホンダ 400X】普通二輪免許で乗れるクロスオーバーバイク

CBR400R、CBR400Fと基本設計を共有している400Xですが、クロスオーバーバイクというカテゴリーに特化したスタイルを持ち、さまざまなシーンで活躍する性能となっています。今回は400Xの特徴や、中古車情報、カスタム情報などをピックアップ。旅好きな方は必見です!

ホンダ 400Xとはどんなバイクか?

2013年~:クロスオーバーとして登場

2013年、同時期に発売されたCBR400R、CBR400Fと基本設計を共有するモデルとして誕生しました。CBR400R、CBR400Fはロードスポーツ寄りのスタイルですが、400Xはクロスオーバータイプとなっています。この3車種の注目ポイントは「低コスト」「低燃費」にこだわっていることです。一つのフレームとエンジンからキャラクターの違う3車種を作る、ということで生産コストを抑え、低価格での販売が可能となりました。

こういったコンセプトのバイクはこれまでいくつかありましたが、この3車種は随所に今までとは違う、革命的といっても過言ではないようなコストカットをしたモデルとなっています。

燃費と徹底的に向き合った2気筒エンジン

自動車では当たり前のように燃費が重視されていますが、趣味趣向性の強いバイクでは、それほど燃費を考えたことがなかったそうです。しかし、この400Xシリーズのエンジンは、初めて真剣に低燃費化と向き合い設計されました。そんな400Xのエンジンは水冷2気筒を採用し、誰にでもクセなく扱いやすいフィーリングを目指し、設計されています。

最高出力を9,500rpmで発生させるので、高回転型のイメージがありますが、実際は低回転域から扱いやすいフィーリングです。低燃費化を実現するために、ピストンとコンロッドは表面処理を施すなど、徹底したフリクションロス化が図られています。

気持ちのいいハンドリングが楽しめるフレーム性能

鋼管ダイヤモンドタイプのフレームを採用し、適度にしなるシャシー性能となっている400X。これによりどんなシーンにも幅広く対応し、安定感のある走りが楽しめます。クロスオーバータイプの400Xでは、不整地などの走行も想定されますが、路面のギャップに対応できるので、落ち着いたライディングが可能です。

また、400Xではクロスオーバーとしてのフェンダーや、前方に突き出るようにデザインされているヘッドライトカウルは、しっかりと飛び石を防いでくれます。

400Xのスペック

型式:2BL-NC47
全長:2,085mm
全幅:830mm
全高:1,335mm
軸距:1,410mm
最低地上高:145mm
シート高:795mm
車両重量:194kg
乗車定員:2人
最小回転半径:2.7m
エンジン型式 種類:NC47E 水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒
総排気量:399cc
内径×行程:67.0mm×56.6mm
圧縮比:11.0
最高出力:46PS/9,500rpm
最大トルク:3.8kgf・m/7,500rpm
燃料供給装置形式 電子式:電子制御燃料噴射装置PGM-FI
始動方式:セルフ式
点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式:圧送飛沫併用式
燃料タンク容量:17L
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング式
変速機形式:常時噛合式6段リターン
フロントタイヤ:120/70ZR17M/C (58W)
リアタイヤ:160/60ZR17M/C (69W)
新車価格:70万9,560円~

ホンダ 400Xの中古車情報

400Xの中古車相場は39~66万円

400Xはデビューしてそれほど時間が経っていないので、中古車として流通しているものはどれも程度がいい状態です。走行距離も多くても20,000kmといったことろ。お店によっては格安販売していることもあり、お買い得車も多々見られます。高価格帯ではパニアケースなどの装備が充実しているものもあるので、趣味が合えばおすすめです。

ホンダ 400Xカスタム情報

400Xに人気のパニアケース

プロト(PLOT) サドルバッグサポート スチール ブラック(塗装仕上げ) 400X(13-15)、CBR250R(11-15)、CB250F(11-15) PSD177

¥8,565

販売サイトへ

クロスオーバータイプの400Xでは、長距離ツーリングを趣味とするユーザーさんに愛されています。そして多くの400Xがパニアケースを装着していることがわかると思いますが、パニアケースを取りける前に、サイドバッグサポートを忘れずに装着してください。

テールカウルとタイヤの隙間の広い400Xでは、パニアケースやサイドバッグなど、そのまま付けてしまうとリアタイヤに巻き込んでしまい危険な状況になります。

HEPCO&BECKER(ヘプコアンドベッカー) STREET(ストリート) SOFTBAG(ソフトバッグ)C-BOWホルダー専用 H:230×W:420×D:280mm 22L ブラック 640600-0001N

¥21,182

販売サイトへ

サイドバッグを装着することによって積載能力は一気にアップします。遠出をするならなにかしらの荷物を入れるスペースが欲しいものですね。バッグやケースなど、大きさやデザインなど、さまざまなものが販売されているので、使い勝手や見た目で選んでみてはいかがでしょうか? 大きすぎても小さすぎてもそれぞれ不便ですよ。適度なサイズを見極めて購入してください。

アクセサリーホルダーでいろいろ取り付け可能

ハリケーン(HURRICANE) クランプバー MT-09トレーサー(TRACER) ブラック HU1018B

¥2,230

販売サイトへ

スマートフォン、ドライブレコーダー、ドリンクホルダーなど、なんでも取り付け可能なアクセサリーホルダー。これも長距離ツーリングの強い味方となりますね。純正ハンドルではうまく取り付けられないアクセサリーも、これがあればバッチリです。

USBポートを取り付ければ充電も可能

キジマ(KIJIMA) USBポートキット ツインタイプ 汎用 304-6221

¥3,283

販売サイトへ

これもあると便利なUSBポート。今や長距離ツーリングには欠かせないアイテムとなっていますね。ときどき自動車用のものを流用している方がいますが、バイク用の防水タイプを使わないとトラブルの元となります。さらにハンドルバーに取り付けられる構造もバイク用ならでは。

大型スクリーンで走行風対策

Puig(プーチ) ツーリングスクリーン(TOURINGSCREEN)スモークHONDA CB500X/CB400X(13-15)puig-6480H

¥13,689

販売サイトへ

大型のスクリーンは、400Xのカスタムパーツのなかでも人気のアイテムとなっています。純正スクリーンでも十分な効果がありますが、大型のスクリーンを利用することで、走行風を抑えるられるので、体力も温存でき、長距離ツーリング向けのアイテムです。また、虫除けにもなるので、ヘルメットの汚れ対策にもなります。

転ばぬ先のエンジンガード

HEPCO&BECKER(ヘプコ&ベッカー) エンジンガード スチール アンサライト 400X [NC47](13) 501978-0001

¥27,684

販売サイトへ

400Xの特性上、砂利道などのオフロード走行を予定している方も多いと思います。やはり摩擦の低い道路を走ると必然的に転倒する可能性も増えると思いますが、最悪の事態を回避するためにエンジンガードの装着はいかがでしょうか? 転倒の仕方によっては、運が悪いとエンジンケースを破壊してしまいます。

エンジンガードは、そういったエンジンへのダメージを最小限に抑えてくれるので、装着しておいても損はないはずです。道なき道を冒険する予定があるなら、強くおすすめします。

ホンダ純正 フロントサイドパイプ [400X(NC47) 専用] 08P00-MGZ-J80ZC

¥5,790

販売サイトへ

こちらはエンジンではなく、タンクを守るサイドガードです。400Xのスタイルをさらにワイルドに演出できるパーツでもあります。フォグランプを取り付けるカスタムもおすすめです。機能性とドレスアップを両立するパーツとなっています。

2気筒サウンドを楽しむ

オーヴァーレーシング(OVERRACING) マフラー TT-Formula フルチタン スリップオン CBR400R [NC47](13-15) 17-10-01

¥59,620

販売サイトへ

400Xに対応のマフラーは、基本設計が同じCBR400R、CBR400Fも共有できます。純正マフラーでは、静かさを極めた安定した性能となっており、速度を上げると風切音で排気音が聞こえなくなるほどです。そんな純正マフラーに物足りなさを感じる方には、社外マフラーにカスタムし、排気音を楽しみませんか? 社外マフラーに交換するときの注意点としては、「JMCA公認」であるかどうかを確認してください。

車検時は、JMCAの公認品でなければ合格できません。JMCA公認とは、かんたんにいうと政府公認である、ということです。安価な社外マフラーではJMCA非公認のケースが多いので、特に注意してください。

ホンダ 400Xのインプレ

400Xの実燃費は26~38km/Lくらい

400Xのカタログ燃費は39.7km/Lとなっていますが、実燃費の最高値もやはりそれくらいですね。低燃費なエンジン設計に本気で取り組んだ結果がちゃんと出ています。400ccクラスの一般的な実燃費は15~25km/Lくらいなので、かなり優秀です。しかも高回転域の加速も楽しめるエンジンなので、芸達者なバイクとなっています。

長時間でも疲れにくい

今迄乗ってきたバイクの中で1番疲れません。(今迄はSSとネイキッド)
お尻が痛くなってきたから休憩する…という事がなくなりました。
ポジションも楽で肩がこったり、腰が痛くなることもありませんし足元も窮屈感はありません。
まる一日のツーリングも楽々こなせます。
ハンドル幅は長めなので人によっては違和感があるかも…

出典:review.kakaku.com

多くの方が長時間のツーリングも疲れにくいと感じているようです。他モデルのバイクでは、お尻が痛くなったり、腰が痛むなどのレビューがありますが、400Xでは自然な姿勢でのライディングポジションとなり、どこかを痛める、という声は極めて少なく感じます。

低速トルクがあり街乗りしやすい

低速トルクが強く、ロウからしっかり伸びていきます。3速までで、法定速度まで出することができます。また、このエンジンのトルク感は低中速でよく感じることができ、とても気持ちよく走ることができます。

出典:review.kakaku.com

400Xは、街乗りのしやすさにも定評があります。一般的な2気筒よりも低速トルクは強めのようです。

ホンダ 400Xのツーリングブログを紹介

「HONDA 400Xで行く 気ままなひとり旅」

西日本を中心にツーリングを楽しんでおられるブロガーさん。ツーリング仕様の詳細なども公開しており、カスタムの参考にもなるかと思います。

「よんぺけと私」

400Xに乗る女性ライダーのツーリングブログです。ツーリングルートやお食事など、女性目線で表現しており、それもまた面白みがあります。また、参考になることが多いと思うので、女性ライダーには特におすすめです。

「400Xとアウトドアライフ(´・ω・`)!」

初のキャンプツーリングが雨で散々な目に会うブロガーさん。悪天候の中走るライダーのリアルな気持ちの表現も見どころです。キャンプツーリングをされる方は参考になるかと思います。

ホンダ 400Xとよく比較されるバイク

ヤマハMT-03(2015年~)

320ccというあまり馴染みのない排気量のMT-03。普通自動二輪免許と限定した場合、やはり400Xとキャラクターが似ているので比較対象にされます。ただし、MT-03は、スポーツバイクで、オンロードなセッティングなので、オフロードでの乗りやすさは400Xが有利です。販売価格は55万6,200円。

ヤマハMT-07(2014年~)

大型自動車二輪免許をお持ちの方なら、MT-07と迷われる方も多いようです。どちらも2気筒エンジンでオフロードなどの走破性に長けています。どちらか答えを出すのであれば、実際に乗り比べるしか手はありません。確かに排気量の差はありますが、パワーやトルクはあればいい、というわけではないと思います。扱いやすさなどを含めじっくり乗り比べてみてください。試乗やレンタルバイクをおすすめします。販売価格は69万9,840円。

ホンダ 400Xのまとめ

400ccクラスでは珍しい、本格的なクロスオーバーバイクです。長距離ツーリングが得意で少々のオフロードも走れてしまう走破性、エンジンは低速トルクがあり、街乗りも得意で燃費もいいなど、非の打ち所がありません。初めてのバイクにもおすすめですし、クロスオーバーやアドベンチャーといったバイクをお探しで、少しでもコンパクトな方がいい、と考えている方にもおすすめです。