【ホンダ CBX250】高性能を極めた単気筒DOHC&2本出しマフラー

見た目は2本出しマフラー、でも実は単気筒エンジン。その秘密はCBX250を知れば紐解ける! そんな只者ではないCBX250の性能を紹介します。そのほか中古車情報、カスタムについても触れています。

ホンダ CBX250とはどんなバイクか?

CBX250にはCBX250RSとCBX250Sの2種類が存在し、どちらも個性的な特徴を持っているので、それぞれ紹介します。

CBX250RS(1983年発売)

CBX250RSは、RFVC(Radial Four Valve Combustion Chamber)を採用した単気筒エンジンを搭載しているのが特徴です。このRFVCとは、放射線状に吸排気バルブが設置されており、こうすることで、バルブ径が大きく設計でき、プラグをセンターに配置し燃焼効率を上げるなどのメリットを狙った設計となっています。

また、単気筒エンジンでは、キャブレターは一つというのが一般的ですが、このCBX250RSではデュアルキャブレター(2つ)となっており、低中回転域のレスポンス、高回転域のハイパワー化を実現しました。フレームは軽量で高剛性なダブルクレードルを採用し、ディスクブレーキにはデュアルピストンキャリパーを採用し、運動能力の追求が見えます。

そのほかスポーク数の少ないホイールも見逃せません。スポーク本数を抑えることによって、軽量化を狙い、メンテナンス性も向上します。リアショックは熱ダレの少ないリザーバータンク式を採用するなどスポーツバイクとしての条件を満たしました。新車の値段は36万8,000円となっています。

CBX250RSのスペック

型式:MC10
全長:2.020m
全幅:0.745m
全高:1.060m
軸距:1.360m
最低地上高:0.175m
シート高:0.770m
車両重量:142kg
乾燥重量:129kg
乗車定員:2人
最小回転半径:2.3m
エンジン型式:MC10E空冷4サイクルDOHC4バルブ単気筒
排気量:249cc
圧縮比:10.5
最高出力:30PS/9,500rpm
最大トルク:2.4kg・f/8,000rpm
キャブレター型式:PH02
始動方式:セルフ式
点火方式:CDI
潤滑方式:圧送飛沫併用式
潤滑油容量:2.0L
燃料タンク容量:15L
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング
変速機形式:常時噛合式6段リターン
フロントタイヤサイズ:90/90-18 51S
リアタイヤサイズ:110/90-18 61S
フレーム形式:セミダブルクレードル 

CBX250RSは単気筒だけど左右出しマフラー

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/vj3d88uXgqA" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

CBX250RSの特徴は、単気筒だけど2本出しのマフラーです。無意識的にマフラーとエンジンを見ると、感の鋭い人ならついついはてなマークが出てしまうかもしれません。これは排気バルブが2つあり、それぞれ1つのバルブに対してエキゾーストパイプを用意しているので、このようになっています。単気筒だけど2本出しマフラー、これは他車では味わえない魅力の一つですね。

CBX250S(1985年発売)

軽量コンパクトをテーマに登場したCBX250S。CBX250RSよりも一回り小さく、軽量な車体が特徴です。フレームはCBX125Fのものを強化して使用しています。エンジンはCBX250RSでも採用されたRFVCの単気筒エンジンをシングルキャブレターで制御し、扱いやすさを重視。CBX250RSの姉妹車というよりかはCBX125Fの上位機種的な立場にあるモデルで、そのほかはフェアリングとアンダーカウル、コムスターホイールも特徴となっています。

ちなみにCBX250RSではキックとセルスターターが併設されていましたが、CBX250Sではセルスターターのみです。CBX250RSよりパワーは少し下がりましたが、軽量化によってその差を縮めている、ということになっています。新車の値段は32万9,000円です。

CBX250Sのスペック

型式:MC12
全長:1.940m
全幅:0.690m
全高:1.120m
軸距:1.290m
最低地上高:0.155m
シート高:0.760m
車両重量:127kg
乾燥重量:115kg
乗車定員:2人
最小回転半径:2.3m
エンジン型式:MC12E空冷4サイクルDOHC4バルブ単気筒
排気量:249cc
圧縮比:9.8
最高出力:28PS/8.500rpm
最大トルク:2.6kg・f/7.000rpm
キャブレター型式:VE07
始動方式:セルフ式
点火方式:CDI
潤滑方式:圧送飛沫併用式
潤滑油容量:1.6L
燃料タンク容量:12L
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング
変速機形式:常時噛合式6段リターン
フロントタイヤサイズ:90/90-18 51S
リアタイヤサイズ:110/90-18 61S
フレーム形式:セミダブルクレードル

CBX250Twister(ツイスター)

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/2JfT42GfFXo" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

2001~2008年、海外向けに販売されていたCBX250ツイスター。国内での流通はほとんどなく、詳しいスペックなども公表されていません。海外では人気のモデルのようです。

CBX250と間違えやすいモデル

CB250RS

名前がそっくりで誤解を招きやすい車種。1980年に発売され、単気筒ながらもデュアルマフラーという特徴までCBX250RSとそっくりなモデルです。見た目も角ライトというくらいでこれまたそっくりですね。そのほかCB250RS-ZやCB250RS-Zという名のモデルもありとっても間違いやすいので注意してください。

CBX250F

車両価格: 19万4,400円(消費税込)

CBX250RSの中古車流通量はとても少なく、中古車検索サイトでも1台だけといった状況です。現在とてもレアなバイクとなっています。

CBX250RSの個人売買サイトでの落札相場は4~15万円くらい

ショップでの流通量が少ないので、ヤフオクなどの個人売買サイトでも調べてみましたが、それでもやはり少ない状況です。しかし、大切にしているオーナーさんが多いせいか、程度がいいCBX250RSが多いように感じます。どうしてもCBX250RSが欲しい方は、個人売買サイトでも調べてみてください。

CBX250Sの中古車相場は19~27万円くらい

車両価格: 26万8,000円(消費税込)

CBX250Sも、極めて流通量が少ない状況です。中古車探しに苦労すると思います。しかし、マニア向けに販売されているせいか、どれも程度がよく、十分に整備されているものが多いように感じます。CBX250Sは古いバイクなので、整備がしっかりしていれば安心ですね。

CBX250Sの個人売買サイトでの落札相場は5~18万円くらい

CBX250Sもヤフオクなどでそこそこ流通しています。レストア前提車では5万円くらい、程度のいい、きれいなCBX250Sであれば20万円近い値段で落札されているようです。しかし絶対流通量は少ないので、好みの条件のCBX250Sが出て来るまで、根気が必要になると思います。

ホンダ CBX250のカスタム

CBX250のカスタム:チューニング系

www.instagram.com

スポークホイールのCBX250RSをベースにするとカフェレーサースタイルがよく似合いますね。タンクやシートを変更し、サイドカウルなどを取っ払ったいわゆるスカチューンを施すことで、原型がわからなくなるレベルのデフォルメが可能です。カフェレーサーといえば単気筒でしょ! という方の好みのピッタリのベース車になると思います。ちなみに外装パーツはワンオフでの製作となり、作業を請け負うショップ探しも必要です。

CBX250のカスタム:チョッパー

アメリカンとは程遠い車種をイカしたチョッパーに改造することは、カスタムビルダーの腕の見せどころとなりますが、フレームを大きく変形させたCBX250のチョッパーは見どころ満載です。フロントフォークやフレーム、シートやフェンダーなど、ほぼそのすべてをワンオフする必要があります。ハイパフォーマンスなパワートレーンは、アメリカンという見方をしても気持ちよく走れそうですね。

CBX250のパーツは入手困難

これらのカスタムパーツはもちろん、整備するためのに必要なパーツも、現在とても入手困難となっています。エンジン本体はとても頑丈でトラブルの報告などほぼありませんが……。今のところ手に入るパーツは、タイヤやバッテリー、チェーン、スプロケットなどの汎用パーツ。そしてキャブレターのオーバーホールに必要な部品となっていて、ホイールハブのセンターブッシュなどは欠品となっているようです。

このように専用パーツは外装はもちろん、メンテナンスで必要なパーツですら手に入りにくい状況となっています。工夫をすればどうにかなるかもしれませんが、旧車を得意とするバイクショップさんとの出会いも大切な鍵となるので、そういった環境作りも大切です。

ホンダ CBX250のまとめ

高性能な単気筒エンジンを搭載したCBX250。同じホンダで単気筒エンジンを搭載しているGB250クラブマンでは、このエンジンを流用するカスタムが流行しているほどとなっています。250ccで30PSを出力しているCBX250RS、軽量なCBX250S、どちらも魅力的なバイクです。現行車に負けないくらいの走りを楽しめる旧車としてとても貴重なモデルとなっています。

キャブレターの機械的な鼓動を、RFVCが生み出す高回転型のフィーリングを、味わえるチャンスがあればぜひ体感してみてください!