カースピーカーをチェンジして、ライブの様な環境を!

多くの自動車に装備されている、カーオーディオですが純正スピーカーを社外スピーカーに交換する事で劇的に音質が変化する事をご存知でしょうか? 車内空間の音質変化は非常にわかりやすく効果絶大です。スピーカーを交換してドライブをさらに楽しく、ワクワクするものにしましょう!

純正スピーカーで満足していますか?

多くの車には標準装備でカーオーディオとスピーカーが装着されています。一昔前は、CDデッキと運転席側と助手席側のみのフロントに2発のスピーカーが装着されているのが主流でした。しかし、最近の車にはオプションでBOSEやJBLのサラウンドシステムが装備できる事も珍しくないです。オプションのサラウンドシステムはオーディオメーカーが車種ごとに設計、セッティングを出している場合が多いので満足している方も多いかと思いますが、純正オーディオとスピーカーを装着している車の方は本当にその音で満足していますか?

純正スピーカーの悩みどころ!

一概にも全ての純正スピーカーが欠点を抱えているわけではないですが、この様な悩みを持っている方はいませんか? 「高音がこもって聞こえる。」「音場が少なく感じる。」「音量を上げるとビビった音が出てしまう。」これらの悩みは全てスピーカー交換によって改善できます。純正スピーカーは車両コストの面からか、生産コストが極力抑えられて生産されています。ですので、寿命といった面でも非常に短く、大音量で再生しているとコーンが破れてしまったりといったトラブルが起きやすいです。純正スピーカーは大音量で高品質に音楽を楽しむ事を目的として開発、装着されていませんので当たり前です。あまりピンとこないかと思いますので、純正スピーカーと社外スピーカーの違いについて簡単に説明します。

純正vs社外スピーカー!

純正と社外スピーカーの違いは周波数やインピーダンスなど違いは様々ありますが、実際に手にとってわかる違いを説明します。まず、重量が全く違い、純正スピーカーはコーン材質に紙が使われていたりする為に非常に軽量で薄い印象を持ちますが、社外スピーカーは非常に重厚な作りになっています。また、スピーカー裏面のマグネットを見ていただければ分かりますが、純正よりも大きなマグネットが装着されています。コーンも多くの社外スピーカーがカーボンファイバーなどを使用しているので、劣化による破れなどが少なく寿命も長いものになっています。

スピーカーの数は多い方がいい?

音場を増やす為にもスピーカーの数は多い方がいいと思われる方が非常に多いかと思います。実際には少ないよりは多い方が勿論いいのですが、数よりもスピーカーの特徴と役割を意識して追加装備するのがベストです。スピーカー数の理想としては、フロント2発、リア2発の計4発が最低でも装備されていることが理想です。車内空間の音場作りとしまして、リアスピーカーの存在は運転者や助手席の方にとっては、そこまで重要なものでないとされています。耳に近いフロント側のスピーカーが一番影響力があるのですが、後部座席の人の事を考えますとリアスピーカーの存在は必要になります。
むやみやたらにスピーカーの数を増やしても、音が混在してしまい、得意不得意関係なく鳴ってしまいますので逆に音が悪く聞こえてしまいますので、注意が必要です。

スピーカーの役割って?

上記でも述べました、スピーカの役割について説明します。スピーカーはそれぞれ得意な音や不得意な音があります。通常タイプのスピーカーは全ての音をカバーしていますが、中音が得意な傾向があります。ヴォーカルや高音はツィーターに任せる事が多いです。また、スピーカーで低音の再現は可能ですが、そこは低音のスペシャリストであるウーファーを装備する事をオススメします。ウーファーを装備する事で、車内サウンド空間は激変しますし一番変化がわかりやすいです。あくまでも音作りのメインはスピーカーで行い、補助的な役割でツィーターとウーファーを備えましょう。

おすすめのスピーカー!

Pioneer TS-V172A

出典:http://pioneer.jp/carrozzeria/speaker/custom_fit_sp/ts-v172a/

Pioneerからラインナップされている、より高音質で音楽の再現性の幅を格段に広げてくれるVシリーズ「TS-V172A」のスペックはセパレート2ウェイスピーカー/スピーカーサイズ17cm/2.5cm/瞬間最大入力150W/定格入力40W/インピーダンス4Ωとなっています。こちらは、コーンにカーボンファイバーが採用されていたり、効率よくサウンドを各スピーカーに振り分ける究極進化系のクロスオーバーネットワークが採用されています。ヴォーカルの透き通るような声質を忠実に再現し、目を瞑ればまるで目の前でコンサートが行われているかのような錯覚に、スピーディーな低音が鳴り響くダンスミュージックの様なものでもしっかりとビートを刻み、ドライバーの心を躍らせてくれます。
また、スピーカーデザインにも非常に拘りがみられ、品格すら感じてしまうデザインになっています。ツィーターも角度調整が可能ですし、感度も三段階での調整ができます。Pioneerのハイエンドモデルとも言えるVシリーズは、carrozzeria製のナビと組み合わせる事で、抜群の相性を発揮します。また、スピーカー本来の性能をフルに発揮するために、取り付けの際に合わせてバッフルの使用をオススメします。

carrozzeria カロッツェリア 17cmセパレート2ウェイスピーカー TS-V172A

¥41,123

販売サイトへ

KENWOOD KFC-XS1700

出典:http://www.kenwood.com/jp/products/car_audio/speaker/customfit/kfc_xs1700/

KENWOODのKFC-XS1700のスペック詳細はセパレート2ウェイスピーカー/スピーカーサイズ17cm/2.5cm/瞬間最大入力180W/定格入力45W/インピーダンス4Ωとなっています。臨場感ある原音再生を徹底追及されて開発されたKFC-XS1700は全てのパーツを徹底的に見直し開発されています。最近の主流であるハイレゾ音源にも対応しており、音楽にこだわりを持つ方全てを満足させる事がターゲットになっています。魅力的なのは、車種別専用設計というわけではないのですが、メーカー別、車種別取り付けブランケットが用意されているので、ツィーターなど純正位置に取り付ける事が可能です。KENWOODの彩速ナビとの組み合わせがオススメです。

KENWOOD 17cmセパレートカスタムフィット・スピーカー KFC-XS1700

¥22,800

販売サイトへ

ALPINE STE-G170C

出典:http://www.alpine.co.jp/caraudio/speaker/ste-g170c/

ALPINEのSTE-G170Cのスペックですが、コアキシャル2ウェイスピーカー/スピーカーサイズ17cm/3cm/瞬間最大入力150W/定格入力30W/インピーダンス4Ωとなっています。 高解像度を追及し続け、クリアな音を再現する事を目的として開発されています。また、このスピーカーにはツィーターが内蔵されていますので、取り付けも楽々行う事ができます。スピーカー交換の入門編とも言えるモデルですが、よって充分に効果を実感する事ができます。

ALPINE(アルパイン) 17cmコアキシャル2ウェイスピーカー STE-G170C

¥5,500

販売サイトへ

Pioneer TS-WH500A

出典:http://pioneer.jp/carrozzeria/speaker/subwoofer/ts-wh500a/

一番、効果を実感しやすい音響部品でもあるのがサブウーファーです。スピーカーだけではどうしても再現しきれない低音域や、ハイスピードなキックビートなどの再現に特化しています。こちらのTS-WH500Aは非常に薄型になっており「HVT方式」を採用したモデルです。一般的なウーファーの考え方ですと、トランクなどに大きなウーファーシステムを置いて鳴らしますが、大きさゆえにトランクが潰れ収納が減ってしまうというデメリットがつきまとっていました。しかし、この「HVT方式」を採用した事によって全高が6cmと非常に薄型になり、シート下に収納ができますので、トランクが潰れてしまうなどといった心配がない事も魅力です。
心地よい低音で車内を包みこむ事は勿論、連続するキック音も忠実に再現する事が可能です。低音担当のウーファーが加わる事で車内の音響空間は劇的に向上します。

Pioneer パワードサブウーファー TS-WH500A TS-WH500A

¥20,652

販売サイトへ

Pioneer TS-WX120A

出典:http://pioneer.jp/carrozzeria/speaker/subwoofer/ts-wx120a/

PioneerのTS-WX120Aはアンプが内蔵されているサブウーファーで取り付け施工の簡単さからも多くのユーザーから愛用されているロングセラーです。多くのサブウーファーが本体サイズを小さくできずにトランクなどに置かれていた中、TS-WX120Aは超コンパクト設計でシート下に収まるサイズを実現しています。TS-WX120Aのスペックはスピーカーサイズ20×13cm/出力音圧98dB/再生周波数特性30Hz~160Hz/外形寸280(W)×70(H)×200(D)mm/質量3.6kgとなっており、数字で見てもわかる通り非常にコンパクトになっています。再生周波数をみますと、低音〜中音あたりまで幅広くカバーする事ができそうですが、中音はスピーカーに任せるセッティングにして低音専用で使用する事をオススメします。

パイオニア 20cm×13cmパワードサブウーファー TS-WX120A TS-WX120A

¥12,280

販売サイトへ

clarion SRT1733S

出典:http://www.clarion.com/jp/ja/products/2012/personal/speaker/SRT1733S/jp-ja-product-hi_1259686152653.html

clarionがラインナップしていますSRT1733Sのスペックは、セパレート3ウェイスピーカー/スピーカーサイズ17cm/5cm/2.5cm/瞬間最大入力180W/定格入力40W/インピーダンス4Ωとなっています。ボーカルを強化する事を目的として作られた大口径ミッドレンジを搭載しています。ボーカル強化ミッドレンジスピーカーの搭載により、厚い中域からクリアな高音まで幅広くカバーしており、まるでコンサートホールで音楽を堪能しているかのような臨場感を味わう事ができます。また、付属されているインライン専用ネットワークを使用する事でベストチューニングを簡単に実現する事ができます。さらに、様々な車内空間に柔軟に対応するためにツィーターは角度調整が自在にできるので音場を広げ、リスニングポイントにダイレクトに音を伝える事ができます。この価格帯で3WAYスピーカー、ネットワーク、ツィーターが一つになったスピーカーシステムは非常に魅力的です。

Clarion(クラリオン) SRT1733S 17cmセパレート3WAYスピーカーシステム(2本1組) SRT1733S

¥9,970

販売サイトへ

まとめ

バランスのいい音場作り

車内で音楽を綺麗に聞くためには、高いお金を出して高品質のスピーカーを購入して、ただ取り付ければいいと言うわけではないです。むやみやたらにスピーカーを大量に装着するというのは間違えです。
しっかりと、リスニングポイントに各スピーカーが役割をきっちりと果たしてバランス良く耳に伝える事が重要です。このバランスをしっかり取れば取るほど音は良く聞こえてきますし、臨場感ある車内空間になります!

スピーカーを変えたら

スピーカーを変更し、満足する音を作り出せましたら、まずは聞き入ってください。自分の大好きな曲をちょうどいい音量で聞きいります。透き通るようなヴォーカル、優しく響き渡るベース、裏打ちしてくる華麗なハイハット。いいものですよね。そして、そのまま安全を確認し車外に出てみてください。音漏れはしていませんか? 音響が良くなるとついつい普段より大きな音で聞きたくなるものです。音漏れしてしまっている場合は、デッドニングという作業で改善できる場合が多いので、ぜひ参考にしてみてください。

さあ!快適車内空間でドライブへ!

スピーカー交換によって変化する音場環境と、おすすめのスピーカーを紹介してきました。スピーカーを変える事は自動車カスタムの中でも一番変化がわかりやすいものです。スピーカーにはそれぞれの役割と得意、不得意がありますので、特性をしっかりと理解した上で装着しましょう。また、スピーカーの交換に伴い、オーディオユニット側でセッティングを出す事でさらに臨場感あふれる車内空間が作り出せます。音源に含まれている音数をどれだけ再現できるかが、音質向上に対する非常に重要なキーポイントですので、普段よく聞くジャンルなどを意識しながらスピーカー選び、セッティングをする事をオススメします。デジタルオーディオプレイヤーなどを使用して音楽を鳴らす場合は、音楽ファイルのビットレートにも気を使いましょう。せっかく高品質スピーカーを取り付けても元の音が悪いともったいないです。推奨ビットレートは320kbpsのMP3形式を最低ラインにしましょう。
音響が良くなる事で、車内空間が更に快適に、楽しいものになります。お気に入りの音楽を聞きながらドライブを楽しんでください!