【ホンダVT250スパーダ】アルミ一体型形成フレームが美しいV型250ccモデル

1980年代から現在まで続くVTシリーズのうちの一台。アルミダイキャスト製の、一体型形成フレームが魅力のVT250スパーダ。4気筒モデルがブームとなっていた最中に2気筒で対抗したため、ハイパフォーマンスな性能となっています。そんなVT250スパーダのスペックや中古車情報などをご紹介です!

ホンダ VT250スパーダとはどんなバイクか?

1988年に登場したVT250スパーダ(SPADA)

数あるVTシリーズのうちの一台で現在も人気のモデルです。 VT250Jとも呼ばれ、同年モデルのVTZ250と同型のエンジンを搭載しています。そのエンジンは2気筒V型エンジンを搭載し、低中速域を重視し、シリーズ中ではもっとも軽量な153kgという車体と相まって、メリハリのあるキビキビとした操作性が特徴です。

VT250スパーダの登場当時はハイスペックな4気筒250ccがブーム真っ只中でしたが、それらと互角に戦える性能をVT250スパーダは持っています。ちなみに現在も、ジムカーナ競技やサーキットレースでも人気のあるモデルのうちの一台です。整備性もよく、初心者でもチャレンジできることから、バイクいじりの入門にも向いています。

VT250スパーダのスペック

販売期間:1988~2001年
型式:MC20
全長(m):2.010
全幅(m):0.715
全高(m):1.020
軸距(m):1.380
最低地上高(m):0.150
シート高(m):0.740
車両重量/乾燥重量(kg):153/140
乗車定員(人):2
燃費(km/L)50km/h定地走行テスト値:49.7
最小回転半径(m):2.7
エンジン型式:MC15E(水冷 4サイクルDOH 4バルブ V型2気筒)
総排気量(cm3) :249
内径×行程(mm):60.0×44.1
圧縮比:11.0
最高出力(PS/rpm):40/12,000
最大トルク(kg-m/rpm):2.6/9,000
キャブレター型式 :VD10
始動方式:セルフ式
点火方式:フル・トランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式:圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L):2.5
燃料タンク容量(L):11
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング
変速機形式:常時噛合式6段リターン
フロントタイヤサイズ:100/80-17 52S
リヤタイヤサイズ:140/70-17 66S

VT250スパーダとVTZ250の違い

同じ1988年に登場し、VTZ250も同じエンジンを搭載、見た目もそっくりな2台。さてこの2台、なにが違うの? と首をかしげてしまいますが、ちゃんと差別化されています。まず大きな違いはフレームの素材です。アルミダイキャストを使用したVT250スパーダに対し、VTZ250はクロモリ製のツインチューブとなっています。

VT250スパーダのアルミフレームは、一体形成型となっており軽量で高剛性、本格的なレーサーマシン並みのコストのかかったフレームというのは見逃せません。また、エンジンは同じですがVTZ250は5速ミッションとギアの数に違いがあります。VT250スパーダはクロスミッションでより効率よくエンジンパワーを使い、VTZ250はワイドなギア比で落ち着いたシフトチェンジが可能です。また、その性格をハッキリ分けるために、VT250スパーダは前傾姿勢となりスポーティーな印象となっています。

ホンダ VT250スパーダの中古車情報

VT250スパーダの中古車相場は5~25万円

中古車流通量が少なめなVT250スパーダ。条件やタイミングによっては、好みのVT250スパーダが見つからないことも考えられます。10万円までのVT250スパーダは、整備やレストア前提の、バイクいじりを趣味としている方向けの状態です。初心者にはおすすめしません。

13万円までのVT250スパーダは、走行距離が30,000~50,000kmあたりで、機関良好ですが、車体の状態はそこそこ、といったところ。入門用や練習用におすすめです。20万円までのVT250スパーダは、走行距離15,000~40,000kmあたりで、HIDヘッドライトやマフラー、ハンドルなどを交換したライトカスタム車も選択肢となってきます。ブレンボブレーキキャリパー付きのVT250スパーダもあるので、趣味があえばおすすめです。

20万円以上のVT250スパーダは、走行距離10,000km以内の程度のいいものばかりで、フロントフォークOH済みのものもあります。ある程度、手の入ったカスタムや整備でもそれほど価格が高くないので、全体的にお買い得です。

VT250スパーダは旧車という自覚を持って購入しよう

VT250スパーダは、発売当初から故障率が低く、トラブル知らずで有名な車種となっています。しかし、さすがに80年代に登場したモデルです。経年劣化よるトラブル報告もありますし、レストアを施しているオーナーさんもいるほど。特にレギュレターのパンクやセルモーターの故障も目立ちます。この気になる部分だけ気をつけていれば、あとは基本的な整備だけOKです。お目当てのVT250スパーダにこれらの交換歴があるかを見ておくことがポイントとなります。

ホンダ VT250スパーダの最高速度は?

VT250スパーダの最高速度は140~160km/hくらい

250cc2気筒としてはそこそこの伸びを見せるVT250スパーダの最高速度。140km/hまでは軽く吹け上がり、150km/h以降は距離が必要なようです。やはり年式的に不調なVT250スパーダでは140km/hに到達しない現象もあるようで、その原因はキャブレターのダイヤフラムにあることが多く見られます。ご自身のVT250スパーダの最高速度の伸びがイマイチよくないと感じたら、一度キャブレターの整備を考えてみてはいかがでしょうか? エンジン本体によるパワーダウンの報告は少なく、そういった整備で調子が取り戻せることが多いようですよ。

ホンダ VT250スパーダの燃費は?

VT250スパーダの実燃費は25~35km/Lくらい

40PSという自主規制ギリギリのパワーを出力しているのに、しっかり低燃費である、というのはホンダらしさが垣間見えますね。このことから、VT250スパーダはお金に余裕のない学生さんや、通勤の足など、燃費が直接家計に響くような使いみちにもおすすめです。

速くて燃費がいいとくれば文句がないはず。ちなみに現行の250cc2気筒と、それほど燃費に差はありません。この頃からホンダは完成度の高いバイク作りをしていたのですね。

VT250スパーダの燃費が悪いと思ったら…

VT250スパーダを乗っていて、前述の実燃費と程遠い数字が出ていたら、なにかの不調を疑うしかありません。よほどチューニングしていない限り、実燃費が悪化することは考えられません。もし燃費が伸びないときは、最高速度のときと同様に、キャブレターのダイヤフラムの劣化を疑うことをおすすめします。

ダイヤフラムが正しく動作していなければ、加速性が悪くなり、ガソリンの消耗も激しくなる一方です。ゴム製のダイヤフラムは、経年劣化による影響を受けやすく、例え走行距離が少なくても傷んでいることが考えられます。まずはキャブレターの点検整備がおすすめです。

ホンダ VT250スパーダのカスタムパーツ紹介

V型エンジンの排気音を味わうなら社外マフラー

モリワキ(MORIWAKI) フルエキゾーストマフラー TOURER CHROME VT250[スパーダ](88-91) A500-112-0052

¥45,518

販売サイトへ

純正のマフラーは排気効率に優れ、どんなシーンでも扱いやすく、静寂なので騒音も気にすることがありませんが、快音を楽しむなら社外マフラーがおすすめです。VT250スパーダでは、モリワキから新品マフラーが販売されており、程よいボリュームとなっているので特におすすめとなっています。もちろんほかのメーカーからも販売されていますが、競技用ばかりなので、公道での使用はできません。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/UXfjeoYqs9o" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

モリワキマフラーの参考動画です。

VT250スパーダの軽快なハンドリングはハイグリップタイヤで楽しもう

BRIDGESTONE(ブリヂストン)バイクタイヤ BATTLAX BT-39SS フロント 100/80-17 M/C 52S チューブレスタイプ(TL) MCS00351 二輪 オートバイ用

¥7,276

販売サイトへ

VT250スパーダはアルミフレーム一体式という、景気がいい時期だからこそ実現したような、ハイクオリティなスペックです。そのため車両重量も軽く、ハンドリングも高次元となっています。そんなスペックですからハイグリップタイヤを装着し、安全にコーナリングを楽しんでみませんか? 250cc4気筒のハイスペックマシンとタメを張るために生まれてきたVT250スパーダの実力の底力は、今のバイクにはないような挙動を体感できます。

駆動系のリフレッシュでメリハリのある加減速を

∽カット済み DIDシールチェーン428VX-132L《ゴールド》カシメ・ジョイント/ホンダ (250cc) スパーダ(VT250)【年式'88-】

¥13,700

販売サイトへ

ある雑誌の企画で、新品チェーンと新品スプロケットに交換しただけで、400cc単気筒のバイクが1馬力上がったという測定結果が出ていました。あまり知られていませんが、チェーンは加速など、エンジンの出力に関わっている重要なパーツです。一般的にはチェーンの伸びや、スプロケットの歯(ギア)の消耗具合などの理由で交換すると思いますが、思い切ってチェーン交換はいかがでしょうか? 

VT250スパーダもチェーン交換による出力アップが期待できます。ちなみにVT250スパーダの標準のチェーンサイズは428で、130Lもあれば十分です。どうせ交換するなら、ゴールドなどのカラフルなタイプにすればドレスアップ効果もありますよ。ときどき520サイズに交換されていることがあるようなので、ご自身のVT250スパーダのチェーンサイズを一度確かめてみてください。

X.A.M Japan (ザムジャパン) A3206-54 428-54T スプロケット A3206-54

¥7,929

販売サイトへ

チェーン交換するならスプロケット交換は欠かせません。消耗したスプロケではチェーンの消耗を早めてしまったりと不具合が起こります。チェーン交換+スプロケット交換は基本的にはセットと考えてください。純正のスプロケはフロント17T、リア57Tとなっています。高速道路巡航を頻繁におこなうユーザーさんは、ちょっとローギアっぽく感じるようで、リアを52~54Tあたりにハイギア化するカスタムも定番です。

あまりハイギア化しすぎても加速がモタついてしまうので、注意してください。ちなみにジムカーナ系のユーザーさんは、フロントスプロケットを16Tや15Tなど、歯数を減らしローギア化するのが定番です。

ホンダ VT250スパーダのまとめ

現在も続くVTシリーズ。今回ご紹介したVT、VTZ以外にもVTRなど、さまざまな派生車種があります。総じて高性能、低燃費で運転しやすく、ジムカーナといった低速な走行や、長距離ツーリングまで幅広く活躍するモデルばかりです。

そんな現在はインジェクション化されたVTRが販売されていますが、VT250スパーダは機械式のキャブレター。メカメカしいアナログな乗り味を存分に堪能できると思います。販売価格もお手頃なので、気軽に付き合うことのできる優秀なモデルです。