【ホンダ MBX50】社会問題にもなった原付!最高速は90km/hオーバー?

NS50FやNS-1の先祖のMBX50。7.2PSに6速ミッションを組み合わせ、コムスターホイールにディスクブレーキなどの豪華装備が目を引きます。旧車に興味があるなら知っておきたい、MBX50についてのエピソードや中古車相場などをご紹介!

ホンダ MBX50とはどんなバイクか?

原付に見えない大きな車体が特徴

MBX50は1982年に登場した50cc原付で、125ccクラス並の大きな車体が発売当初に、話題となりました。製造期間は1982~1991年。このMBX50の特徴は、2ポットのフロントディスクブレーキ、プロリンクサスペンション式リアスイングアーム、コムスターホイールにハイパワーな2サイクルエンジンとなっています。

エンジンはMBX50で新設計となった7.2PSを出力する水冷式の2サイクルエンジン。当時はスピードリミッターが装着されておらず、90km/hを軽くマークしてしまうほど高性能で、そのことが朝日新聞に取り上げられ、社会問題となったことが記録されています。これにより1984年に最高出力を5.6PSに落とし、6速だった変速機を5速に減らし、スピードリミッターを装着するなどの対応をしましたが、そのことが原因で販売台数が減少へ。

1985年にはMBX50Fとなり、もとの7.2PSへ、変速機も6速へに戻し、フロントカウルを標準装備するといったモデルチェンジを行い、人気は復活しました。

MBX50のコムスターホイールって?

MBX50のチャームポイントでもある、独特のデザインのシルバーのホイール。この年式のホンダスポーツバイクなら排気量を問わず、さまざまなモデルが装着しています。このコムスターホイールは、登場当時とても画期的で、スポークホイールのような柔軟性を持ちながら、アルミ製キャスティングホイールの整備性を兼ね備え、二輪としては初めてのチューブレスタイヤを装着可能にしたホイールです。

1980年代のホンダ車の象徴のように見えますが、このホイールは生産コストの高さから現在では廃止され、バブル期ならではの装備ともいえます。ではこのコムスターホイールの評判はといいますと、実際は重量が重く、合わせ面の内側の汚れが掃除しにくいなど、一部には不評ですが、やはりその格好いい独特のデザインが人気です。

MBX50はコムスターホイールを装着しているということで、燃料タンクやサイドカバーなどにCBX400F風のカラーリングを施し、CBX400Fレプリカに仕上げるカスタムも定番となっています。コムスターホイールを装着しているというだけでハイテクレトロ感も満喫できますね!

HONDA MBX50のスペック(1982年モデル)

エンジン型式:AC03E 2サイクル単気筒
冷却方式:水冷
総排気量 (cm3):49
内径×行程 (mm):39.0×41.4
最高出力(PS/rpm):7.2/8,500
最大トルク(kg-m/rpm):0.65/7,500
圧縮比:7.3
全長(m):1.920
全幅(m):0.675
全高(m):1.000
軸距(m):1.255
乾燥重量(kg):79
シート高(m):0.770
始動方式:キック式
点火方式:CDI 2段リタード付
燃料タンク容量(L):12.0
変速機形式:6速リターン
フレーム形式:セミダブルクレードル
フロントタイヤサイズ:2.50-18-4PR
リアタイヤサイズ:2.75-18-4PR

MBX50は今もマニアックな人気がある

MBX50はその性能の高さや、当時の人気ぶりが相まって、現在はレストアや走り屋、旧車會などに人気となっています。残念ながらパーツ類のメーカー在庫はほぼ皆無となっていますが、他車パーツの流用や金属パーツをワンオフするなど、みなさん工夫されてレストアやカスタムを楽しまれているようです。ちなみに海外でも人気があります。

MBXシリーズには80ccや125ccもあった

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/J74GW3G6qlM" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

MBX50に80ccエンジンを搭載したMBX80と、乾燥重量で100kgを切る軽量な車体に22PSを発生させるエンジンを搭載したMBX125Fもラインアップされていました。MBX80は、12PSを出力するエンジンを搭載しており、MBX50にそのままポン付けでエンジンを載せ替えることができるなどの特徴を持っています。

ちなみにMBX50にはNSR50(80)、NS50F、NS-1などのエンジンも搭載可能です。どれも同じ系統のエンジンなのでフレームに対して無加工で搭載できますが、電気系統などの移植が必要となります。

MBX50の中古車情報

MBX50の中古車相場は13~30万円

車両価格: 28.8万円(消費税込)

MBX50の中古車流通量はとても少なく、プレミア価格となっています。流通しているMBX50は7.2PSが中心で、リミッターの搭載されていない規制前モデルか、1985年に登場したリミッター付きのMBX50Fばかりです。さらに、どれも年式のわりに程度のいいものばかりで、高価格帯のMBX50に関してはレストア済みとなっています。

もしもバイク屋さんで売られているMBX50を手に入れてレストアを楽しもうと考えているのであれば、どれも状態がいいのでちょっともの足りないかもしれません。

ヤフオクなどでも流通している

バイク屋での販売状況はとても少ないことがわかりましたが、どうしても欲しい、探している、という方はヤフオクなどの個人売買サイトもご利用ください。例えばヤフオクであれば、部品取り車や不動車といったレストアベース、ノンレストアの実働車、レストア済みの極上車など、さまざまなMBX50が売買され、落札相場は3~25万円となっています。

旧車會系のカスタムには要注意

旧車會や族車カスタムにも大人気なMBX50。一見それらのような改造を施されているMBX50はあまりおすすめしません。その理由は、コールを頻繁に切られた可能性があり、クラッチの減りが極端なケースがあるからです。コールとはアクセルミュージックといわれる空ぶかしのことですが、コールを切るときに半クラを多用するので、あっという間にクラッチが減ってしまいます。また、ミッションへのダメージも考えられ、新品パーツが流通していないMBX50では致命的です。

例えば走行状況などにもよりますが、MBX50なら普通に走っていて、走行距離50,000kmはクラッチ無交換で走れるとします。しかし、コールを切るような走行をすると10,000kmも持たないくらい短命です。エンジンへの負担も考えられるので、それらのカスタムはやはりおすすめできません。

MBX50の最高速度は?

MBX50の最高速度は90km/hくらい

現代の原付では考えられないほどの最高速度ですね。ちなみに90km/hといえば、最近の125ccスクーター並の最高速度といえます。制限速度30km/hの原付に対して90km/hのポテンシャルは、社会問題になったということがうなずけますね。

ちなみにチャンバー交換やビッグキャブレター交換などを施すことで、100km/h以上出たという話もあります。今でも十分、サーキット走行で活躍するようなポテンシャルです。

MBX50の最高速度は整備状況に左右される

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/XfVNmlgzfVw" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

MBX50の最高速度が伸びないという話をインターネットの質問コーナーで見かけますが、さすがに1984年のバイクで、新しくても1991年製です。経年劣化が加速や最高速に悪影響として現れます。基本的にはMBX50でエンジン性能が不調な場合、キャブレター、チャンバーを疑ってください。キャブレターは放置しているだけで汚れたり、詰まったり、サビが溜まるなど、燃料の供給がうまくできない条件ができてしまいます。走行距離に関わらず、キャブレターの点検が必要です。

そしてもう一つ。走行距離の多いMBX50ではチャンバーの詰まりも原因として考えられます。チャンバーの詰まりとは、2サイクルエンジン特有のトラブルで、不燃したエンジンオイルがチャンバー内に粘着し、排気穴を塞いでしまう現象です。トラブルというよりも、定期的に掃除するといったほうが正しいと思います。

使用している2サイクルエンジンオイルや、普段どれだけエンジン回転数を上げているか(回転数が低いほど詰まりやすい)などで蓄積する具合が変わります。また、ときどきですが、放置時間の長いMBX50では、チャンバー内に虫が巣を作ったなどが原因で詰まることもあるので、一度チャンバー焼き(チャンバーを火で炙って掃除する方法)がおすすめです。MBX50では多くの場合、このキャブレターとチャンバーの手入れで調子が取り戻せると思います。

MBX50のパーツ情報

補修にも最適なビッグキャブレター

キタコ(KITACO) ビッグキャブレターキット(ミクニフラットφ24) MBX50/NS50F/NSR80等 110-1081004

¥15,809

販売サイトへ

MBX50のレストアやカスタムなどを進めていくうちに、キャブレターがどうしようもなく汚れている場合、純正部品に困ると思います。そこで、思い切ってビッグキャブレターにしてみてはいかがでしょうか? ビッグキャブレター化によってパワーアップはもちろんですが、単純にジェットなどのキャブレターパーツの新品が手軽に手に入るというメリットが生じます。

MBX50の中古のキャブレターを使い回すのに限界を感じたら、このような選択肢もあるということです。参考にしてください。

これはありがたい新品フェンダー

MBX50 エアロフェンダー

¥16,416

販売サイトへ

MBX50はプラスチック製の外装パーツのため、割れカケが気になると思います。かといって純正新品パーツが手に入るわけもありませんよね。しかし、ありがたいことに、新品でフロントフェンダーが販売されています。これはMBX50ユーザーにとって大変助かりますね。フェンダーの傷みが気になったら新品をゲット!

2サイクルエンジンなら排気ガスの香りも楽しもう

Putoline バイク用 2サイクルエンジンオイル 1L [CASTOR R] 純ヒマシ油 No.74165 GZPU71

¥2,160

販売サイトへ

昔のバイクでよく耳にする「カストロールの香り」はご存知でしょうか? オジサン世代ならご存知かと思います。2サイクルエンジンのチャンバーから湧き出るような白煙と、甘い香り……。当時のカストロールオイルといえばその独特の香りがしましたが、ずいぶん前に廃番となりました。

香りの正体は、ひまし油がベースとなっていることが大きな要因のようですが、レース用として販売されているひまし油を使用すれば、その「香り」を楽しむことができます。懐かしい気分に浸りたい方や、ひまし油の香りを知らない方にもおすすめです。

MBX50のまとめ

ホンダ=真面目、おとなしい、そんな印象をお持ちの方は驚かれたかもしれませんね! バブル期ならではのイケイケドンドン時代のホンダを象徴するようなバイクがMBX50です。原付で90km/hオーバー、しかもリミッターなし! というのは最近では考えられません。そんな当時のバイク業界を、MBX50を通して学んだような気がします。