【ホンダ CB400】400ccクラスの定番の万能ネイキッド!

CB400と聞いてあなたはなにを思い浮かべますか? ヨンフォア? スーフォア? 世代によって親しみのあるCB400は違うはず。今回はそんなCB400シリーズのなかでも抑えておきたい名車をピックアップ! 中古車情報もあるのである程度の購入費用もわかりますよ!

ホンダ CB400の紹介

ホンダ CB400SF:1992年~

CB400SFが教習車だった、という世代なら400ccのCBといえばCB400SF(Super Four、スーパーフォア)を想像される方も多いはず。CB400SF、通称スーフォア。1992年に登場して以来、現在まで教習車として採用され続けているほか、日本の交通事情に合っており街乗りしやすい、初心者からベテランまで納得の性能、ロングツーリングもサーキットもジムカーナもこなせるなど、とにかく評価の高いモデルです。

また、エンジン回転数によって2バルブから4バルブへと制御をおこなう、HYPERVTEC(ハイパーブイテック)を搭載するなど、とても高性能なエンジンでもあります。エンジンは低燃費で故障率も少なく扱いやすいということもあり、バイク便にもCB400SFは人気です。

とりあえず普通自動二輪免許を取ったけど乗りたいバイクが見つからない、クセのない乗りやすいバイクに乗りたい、ライディングテクニックの練習にもなるバイクがいい、カスタムも楽しみたいというなら、とりあえずCB400SFがおすすめ。たとえ年式の古い旧モデルや走行距離が多い中古車でも安心して購入できます。

CB400SFは教習車モデルも人気がある

実はCB400SFの市販車と教習車は、仕様が違い名前も違います。CB400SFの教習車の名称は、CB400SF-Kとなっていて(Kは「教習車」の頭文字であることが予想できる)、市販車の4バルブエンジンに対して、CB400SF-Kは2バルブ仕様でパワーダウンが図られているのが特徴です。このことから燃費の改善と扱いやすいモデルとなっており、ただのデチューンに感じますが、2バルブ独特の排気音と適度な吹け上がりがマニアックな人気があり、教習車払い下げの中古車も人気となっています。

もともとCB400SF-Kは、そのまま教習車として活躍できるように、大きなエンジンガードや走行状況を把握するランプ(速度やシフトポジションを表示するランプ)が標準装備されていますが、中古車として流通しているCB400SF-Kは、これらが取り外され、一見すると市販車のCB400SFと見分けがつかない状況で中古車探しが大変です。

ちなみにCB400SF-Kは、一般の方が新車では購入できないようなので、中古車を頼るしかありません。やはり教習車上がりということで、転倒傷が目立つ車両が多いのですが、燃料タンクやサイドカウルなど、全てのパーツはCB400SFと共有できるので、それらを利用しリフレッシュ可能です。

ホンダ CB400SB:2005年~

CB400SB(SUPER BOL D'OR、スーパーボルドール)はCB400SFにハーフカウルとフロントサスペンションにプリロード機能が備わって登場したモデルです。ヘッドライト形状も角型となっており、こちらも人気のモデルとなっています。

カワサキ Ninja(ニンジャ)400がライバル

CB400SF、SBは、カワサキ Ninja400が競合車となっています。大きな違いは、Ninja400は2気筒エンジンなので、そこに注目してバイク選びをしてみてはいかがでしょうか? どちらもそれぞれキャラクターが違うので、試乗ができれば率先して乗り比べてみてください。

CB400SS(2001~2008年)

CB400SSは、単気筒エンジンを搭載したレトロなデザインが特徴のモデルです。単気筒400ccということで、かねてから販売されていたヤマハ SR400の対抗馬として取り上げられることの多いモデルとなっていて、スペックもSR400を意識したものと思われます。

SR400はセルスターターなし、バランサーなし(エンジンによる振動が大きい仕様)の2バルブエンジンですが、CB400SSは、セルスターターとキックスターターを併用し、バランサー付き(エンジンによる振動が抑えられた仕様)の4バルブエンジンを搭載。大きな振動やエンジンのパワー不足、エンジンスタートなど、SR400で一部のユーザーが不満としていた部分をすべてリカバリーしたCB400SS。

カスタムパーツなども多く販売され、カフェレーサーカスタムなども流行しました。単気筒ながらも、エキゾーストパイプが2本出ているのも特徴の一つです。

CB400FOUR(1974~1977年、1997~2001年)

CB400FOUR(フォア)通称ヨンフォア。CBシリーズ中、現在でも根強い人気があります。伝説的な名車の一台で、ドラマやアニメ、漫画や映画の登場人物の愛車としても度々登場するモデル。CB400FOURは、408ccでデビューしましたが、当時の免許制度改定によって現在の普通自動二輪にあたる免許区分が登場した(それまでは一つのバイク免許で全ての排気量に乗ることができた)ため、急遽398ccにボアダウンしたモデルを登場させました。

このCB400FOURは登場以来、ずっと人気が絶えないことから、1997年にCB400SFのエンジンを搭載した復刻モデルが販売されたこともあります。

バケヨンってなに?

当時のCB400FOURの話題でも登場する「バケヨン」という言葉。これは、CB350FOURをベースにCB400FOURの外観を再現したカスタムを指します。もともとCB400FOURは、CB350FOUR(1972~1974年)をベースにしたモデルなので、デフォルメがしやすいことによりそのカスタムが流行しました。現在もバケヨンは中古車市場で目にすることがあります。

現在はCB1100がCB400FOURの役目を担っている

CB400FOURに憧れていた時代のリターンライダーをターゲットに登場したCB1100。レトロなスタイルと空冷4気筒エンジンによってオジサン世代と旧車好きのハートをガッチリ握りしめているモデルです。2011年から販売され、現在も細かい仕様変更を重ねながらユーザーの声に応えています。ちなみにこのCB1100をベースにCB400FOURを再現するカスタムが流行中となっているので、気になる方はそちらもチェックしてください。

ホンダ CB400の中古車情報

ホンダ CB400SFの中古車相場は13~71万円

車両価格: 67.93万円(消費税込)

1992年から長い期間販売の続くCB400SFの中古車流通量はとても多く、故障の心配がないので、中古車探しの難易度は初心者向けといえます。注意点としては修復歴のあるCB400SFに手を出さないこと。修復歴があることによって真っ直ぐ走らないなどの不具合が考えられるので、おすすめできません。

CB400SFの中古車は、年式順に値段がついており、低価格帯は低年式、高価格帯は高年式となっています。特に60万円後半あたりのCB400SFは、新車並のクオリティとなっているので、新車の購入を考えている方にもお値打ち価格なのでおすすめです。

CB400SBの中古車価格は29~76万円

車両価格: 55.8万円(消費税込)

CB400SBの中古車価格も、修復歴の有無の確認に注意する程度で、それ以外はたとえ走行距離が多くても、安心して中古車選びができます。高価格帯もCB400SFと同じように新車並のCB400SBとなっているので、新車の購入を考えてる方にもおすすめです。

CB400SSの中古車価格は9~52万円

車両価格: 15.7万円(消費税込)

今回ご紹介するCB400シリーズの中で、唯一の単気筒エンジンのCB400SS。こちらもエンジンなどの故障率が極めて少なく、初心者向けのバイクといえます。流通量も多く、ノーマルからカスタムまで幅広い選択肢があり、中古車選びも楽しめる状況です。カスタムの内容に関わらず、きれいで走行距離の少ないCB400SSが高価格となっています。

CB400FOURの中古車相場は28~300万円以上

車両価格: 302.4万円(消費税込)

CB400FOURの中古車相場は、復刻版CB400FOURは28~86万円、初期型のCB400FOURは76~300万円を越える価格となっています。復刻版は、CB400SFのエンジンなどを共有していますが、やはりその外観の違いから、CB400SFに比べ割高で、中古車流通量も限られており、これからどんどん中古車価格が高騰する見込みです。

初期モデルのCB400FOURは、人気の旧車なので、当然のようにプレミア価格となっています。それでも低価格で販売されているのも見逃せません。120万円を越えたあたりからレストア済みのCB400FOURとなり、1970年代に販売されていたパーツにこだわってカスタムされたCB400FOURについては250万円を軽く越える価格となっています。

初期モデルの購入をお考えの場合、車体の購入のほかに、CB400FOURの維持についても頭に入れておく必要があり、メンテナンスなどのパーツ交換が必要な作業はちょっと大変です。と、いうのも、すでに純正パーツの製造は終了しており、他車流用もしくはアフターパーツメーカーを頼るしかありません。どこのメーカーからなにが販売されているのか、など調べておくなど、一般的なバイクに比べると労力が必要です。

専門ショップに整備依頼が望ましいのですが、地方によっては近県にショップがない場合も。このことから、CB400FOURは、購入後のことも考えておく必要があります。マニア向けのバイクです。

CB400のまとめ

歴史が長く、名車揃いのCBシリーズ。なかでもCB400シリーズは全てがヒットし、名車となっています。どのCB400を見ても、壊れにくく乗りやすい、そしてカスタムも楽しめるといった特徴があり、根強いファンに支えられているバイクです。例え教習車のCB400SF-Kでもロングツーリングやドレスアップのベースとなるのであなどれませんね! CBシリーズは、50ccからリッタークラスまで揃っているので、気になる方は調べてみてください。CBの歴史がわかればホンダの歴史が紐解けるかもしれませんよ!