【ホンダ S800】伝説の名車「エスハチ」の中古車は買える!?

ホンダがはじめて世の中に送り込んだ乗用車・Sシリーズは、2人乗りのオープンスポーツカーでした。今回ご紹介するS800はSシリーズの完成系として現在では「伝説のスポーツカー」とも呼ばれる名車です。この車に興味がないという方も、ホンダの4輪の歴史のなかで大きな意味を持つS800について知っておきましょう!

名車ホンダS800とは

S800は1966年から1970年まで生産・販売されたホンダの小型スポーツカーです。発売時の新車価格は約65万円で、これは現在の物価で500万円ほどの価格に相当し、当時の若者たちにとって憧れの車でした。現在も「エスハチ」の愛称で旧車好きからは親しまれ、非常に高い人気を誇ります。中古車の流通は少なく価格も高額で「伝説のスポーツカー」として希少性の高い名車です。

ホンダSシリーズの歴史

S800の前身にはホンダSシリーズとしてS360、S500、S600の3モデルがあります。1962年に小型オープンスポーツのS360、S500が発表され、S360は市販まで至らなかったのですが、翌1963年にS500が発売されました。このS500は、2輪車からスタートしたメーカーであるホンダ初の4輪乗用車。メカニズムにはデフから後輪への動力伝達にチェーンを用いるなど、随所に2輪車メーカーらしい特徴が見られました。翌1964年には発展型としてS600が発売され、S500は「エスゴ」S600は「エスロク」の愛称で呼ばれるようになります。

両車は1,200ccクラスにも匹敵する最高速度を誇りながらも、S500の約45万円、S600の約50万円という新車価格は当時の本格的スポーツカーとしては比較的安価で、サーキットでは多くのユーザーに愛用されました。トルクが向上し、クーペタイプもラインナップされたS600はストリートでもレース志向のドライバーから多くの支持を集めます。また現在もよく比較されますが、「ヨタハチ」の愛称で呼ばれる1965年発売のトヨタS800とは好対照のライバル関係。ほかにもダイハツ・コンパーノスパイダーや日野・コンテッサ、アバルト・ビアルベーロなどのスポーツカーとサーキットで名勝負を繰り広げました。

そして、1966年に排気量をさらにアップしてS800が登場します。Sシリーズの完成系となったS800は、当時の小型スポーツカーとしては最も小さい排気量ながら、その性能は世界でもトップクラスでした。最高出力は70PS/8,000rpmと抜群のパワーを誇り、400mまでの加速で16.9秒、最高速度は160km/hという数値は当時の1,600ccクラスなみ。ヨーロッパ市場でも「1マイルカー」と呼ばれて高評で、まだまだ発展途上だった国内のモータースポーツを底辺から盛り上げました。S800は路上での乗用車としての支持に加えて、モータースポーツの恰好の入門車としても絶大な支持を集め、数々の国内レースで大活躍を見せていきます。

ホンダS800の主要諸元

SシリーズはS600からボディータイプにオープンとシューティングブレーク風のクーペの2種類が用意されましたが、S800も同様のラインナップです。また1968年5月からは北米向けモデルを基本に国内向けに手直ししたS800Mが発売。S800Mはフロントフェンダーにターンシグナルランプが標準装備され、さらに前輪ディスクブレーキやラジアルタイヤ、オートチューニングラジオ、ヒーター、サブマフラーが採用されています。

S800

S800クーペ

メカニズムとしては、縦置きされた水冷直列4気筒DOHCエンジンをフロントに配置し、デフから先の動力伝達に2本のローラーチェーンを用いる後輪独立懸架が主な特徴。4連キャブレター、4本のエキゾーストマニフォールド、組立式のクランクシャフトなど、モーターサイクルの世界グランプリを制覇していたホンダが得意とする、高回転高出力のための高度な技術が存分に用いられています。

またS800は1966年1月の発売から、同年5月には早くもマイナーチェンジ。初期型はチェーンドライブで、リアサスペンションはチェーンドライブ機構のケースにトレーリングアームを兼ねさせるユニークなものでしたが、このマイナーチェンジでS500以来の後輪チェーン駆動&トレーリングアーム式サスが廃止され、一般的なシャフト駆動のリジッドアクスルに変更されました。

諸元表

L×W×H(mm):3,335×1,400×1,200
軸距(m):2.000
輪距(m):前1.150 後1.128
最低地上高(m):0.160
車両重量(kg):720
最高出力(PS/rpm):70/8,000
最大トルク(kg-m/rpm):6.7/6,000
最高速度(km/h):160
登坂能力(度):20.8
舗装平坦路燃費(km/L):40km/h 18
最小回転半径(m):4.4
定員(名):2
エンジン:水冷4サイクル4気筒
内径×行程(mm):60×70
総排気量(cc):791
圧縮比:9.2
変速機型式:前進4段(フルシンクロ)、後進1段
タイヤサイズ前:6.15-13(4PR)
タイヤサイズ後:6.15-13(4PR)
燃料タンク容量(L):35
オイルバン容量(L):3.7
主ブレーキの種類型式:油圧式リーディングトレーリング シュー形式
懸架方式 前:トーションバー式ウイッシュボーン独立懸架
懸架方式 後:コイルバネ式トレーリングアーム独立懸架

S660、S2000、噂のS1000との関係性

ここまで旧車のホンダSシリーズの歴史やスペックを取り上げてきましたが、Sシリーズといえば最近でも出ていますよね。1999年から2009年まではS2000が生産・販売され、2015年には軽オープンスポーツカーのS660も登場しました。また、2017年にはS660の海外向けワイドモデルとなるS1000の登場が予想されています。現代のSシリーズは、旧車のSシリーズと関係性があるのでしょうか?

S2000

S2000は1998年に「本田技研工業創立50周年記念」として発表され、翌1999年に発売。同車はほとんどの車種がFF車(フロントエンジン・フロントドライブ方式、前輪駆動)のホンダのなかで、S800以来29年ぶりのFR車(フロントエンジン・リアドライブ方式、後輪駆動)として登場しました。またエンジンは、9,000回転まで回る高回転型スポーツエンジン。Sシリーズは初代のS500から超高回転高出力型エンジンが搭載されていましたが、S2000はその伝統を受け継いだSシリーズの後継車です。

S660

S660はそれまでのSシリーズと異なり、駆動方式にMR(ミッドシップエンジン・リアドライブ方式、後輪駆動)が採用されました。フロントにエンジンを配置するFR車に対し、MR車は車体中央近くにエンジンを配置して後輪を駆動させます。S660はライトウェイトスポーツのオープンカーではありますが、この点で従来のSシリーズとは系譜が大きく異なると言われています。

2017年登場予定のS1000はS660の日本での人気を受けて海外の市場向けに開発されているそうなので、S800やS2000のような車になると考えるのは難しいかもしれません。ですが、2018年にはS2000のフルモデルチェンジ車がデビューするという情報があるようです。新型S2000はSシリーズの系譜を継ぐ2シーターオープンのFR車とも、またホンダのフラッグシップスポーツカー・NSXの小型版「ミニNSX」になるのではという情報もあり、今後の動向に注目ですね。

中古車で探すことはできる?価格は?

S800は現在も中古車の流通があります。しかし50年前ほど前に生産された車で、生産期間も長くはなかったということもあり希少性は高く、出回っている台数はごくわずか。たくさんの選択肢のなかからベストなものを探すというお買い物は難しいかもしれません。インターネットの中古車情報サイトでは数件だけ情報があがっています。またS600も中古車の流通はありますが、S500に関しては生産・販売期間が数か月しかなかったのでより希少性が高く、中古車を見つけるのは非常に困難な状況です。

中古車の取引価格はS800、S600ともに200万円台後半から400万円あたりまでとなっています。発売時の価格が現在の価値に換算して500万円ほどだったことを考えると、これまでにあまり値下がりをしていないといえますね。年式やボディータイプによる価格の違いはあまりなく、これくらいの旧車になると純粋に車両の状態で価格が決まる傾向にあるようです。今後の中古車価格の相場についてはさらに高くなっていくことも考えられます。

また中古車を探していくと極端に安い車両が見つかることもあるかもしれませんが、そういった車両はある程度購入後にレストアをすることが前提のようです。旧車のレストアはお金がかかるもので、業者を利用すると結局状態の良い車両を購入するのと変わらない出費になってしまうことも十分に考えられます。自分でレストアを行う場合は、部品の入手が難しいこともあり、動かせるようになるまで非常に時間がかかるみたいです。極端に安い車両は、それなりに自分でレストアができる上級者向けの車両だといえるでしょう。

ホンダS800のレストア専門店もご紹介

S800を購入されたあとは、自分で手入れをするために部品を購入したり、レストアショップに車両を持ち込んだり、また大きな故障をしてしまって修理を頼むことになったりと、必ずどこかでお金を払ってサポートを受ける場面が出てくるはずです。ホンダSシリーズの場合は、専門にレストアやチューニングを行っているショップもあるのでご紹介します。

ホンダSシリーズを専門に販売・整備・チューニング・レストアを行っているショップです。

ホンダSシリーズを中心に、旧車のなかでライトウェイトスポーツカーのレストアや車両の販売、パーツの買い取りなどを行っているショップです。

まとめ

レトロなルックスから高い走行性能を誇り、ホンダ4輪の原点であるSシリーズは「車を操る楽しさ」を味わえる車です。最新のハイテクなスポーツカーもいいですが、S800のような歴史のある車をいじりながら楽しむのもいいかもしれませんね。そして2017年もしくは2018年に登場予定のS1000、S2000はどんな車になるのか、次世代のSシリーズの展開も楽しみです。