GOODYEARのVector 4Seasons Hybridはオールシーズン履きっぱなしOK!

日本グッドイヤー株式外社は、2016年8月1日からオールシーズンタイヤの「Vector 4Seasons Hybrid」を従来の23サイズから44サイズにラインナップを大幅拡大し発売すると発表した。普通であれば冬はスタッドレスなどを用意したほうがいいと言われるが、あまり寒冷地に出かけず、不意の雪のためにスタッドレスを買うのも……と悩んでいる人はオールシーズンタイヤをチェックしよう。

そもそもオールシーズンタイヤとは

「オールシーズンタイヤ」というタイヤをご存知だろうか。欧米では比較的浸透しているのだが、日本ではまだあまり馴染みがなく、知らない人も多い。そもそもオールシーズンタイヤとは、年間を通して、季節・路面を選ばずに履き替えなしで走行できる、比較的新しいジャンルのタイヤだ。夏の暑い日や雨の多い日、そして冬の雪が降った道でもこのタイヤのまま走ることができ、わざわざ夏タイヤ・冬のスタッドレスタイヤなど履き分ける必要がないので、お財布にもメンテナンス的にも優しいタイヤである。冬用タイヤ規制や普通タイヤチェーン規制の場面であってもオールシーズンタイヤなら走行が可能だ。

出典:http://www.goodyear.co.jp/products/tires/4seasons/4seasons.html

とはいえ、アイスバーンなどにはご注意

オールシーズンタイヤと名乗るからには冬用タイヤという証拠の日本の"SNOWマーク"や欧州の"スノーフレークマーク"が入るのだが、スタッドレスよりは多少雪道性能が落ちる。なので、かなりの積雪や凍結しているエリアの走行はスタッドレスタイヤを推奨するし、全車チェーン規制がある場所ではしっかりチェーンを装着することが必要になる。

グッドイヤーのVector 4Seasons Hybridは何が凄いのか

2016年に発表された内容はラインナップの拡大が主で、搭載テクノジーについては従来品とあまり変わってないが、グッドイヤーのオールシーズンタイヤのテクノロジーをしっかり確認してみよう。

その1:オールウェザーシリカコンパウンド

専用コンパウンド「オールウェザーシリカコンパウンド」の採用でグリップ性能と操縦安定性を高めている。要するに、タイヤの素材である、ゴム素材からなるポリマーも混合物のシリカもオールシーズン専用に作られており、それによって雪道でも安心して走れる素材になっているよ。ということである。

出典:http://www.goodyear.co.jp/products/tires/4seasons/4seasons.html

その2:Vシェイプドトレッド

V字型の特徴的なグルーブ(タイヤのトレッドに刻まれた溝)は雪道やウェットな道で高い排水性を持ち、ドライな路面においても走行安定性を持たせるのに一役かっている。特にセンター付近は細かい溝を作ることで積雪に対応し、両端は剛性を高くすることで安定走行性に寄与している。

photo by 日本グッドイヤー

その3:3Dワッフルブレード

剛性の高いブロック形状により、あらゆる路面状況でも道路に密着してグリップする。タイヤの山の一方向だけが磨耗したり、タイヤの片方だけが擦り減るなどの偏磨耗の抑制にもなる。

photo by 日本グッドイヤー

今年はVector 4Seasons Hybridのラインナップが大幅拡大

今年のVector 4Seasons Hybridはラインナップが従来の23サイズから44サイズに拡大し、軽自動車に使われる13インチから大型セダンやミニバンなどの18インチまで幅広い車種に対応している。また、生産国も輸入がメインだったものを国産に切り替えることでデリバリー性も確保。より手に入れやすくなったのもメリットだ。

photo by 日本グッドイヤー

グッドイヤーのタイヤ製品 Vector 4Seasons(ベクター フォーシーズンズ)のページです

さらに、今年から日本の冬用タイヤの証拠の「SNOWマーク」も追加され、欧州の冬用タイヤの証の「スノーフレークマーク」とともに、十分な安全性能があることがわかるようになった。

photo by 日本グッドイヤー

まとめ

photo by 日本グッドイヤー

正直、タイヤの交換は億劫だ。しかもお金もかかる。「毎年必ずスノボに行くのでスタッドレスタイヤが必須です!」という人以外は冬も夏も同じタイヤにしたいし、なんなら気にしたこともなく夏タイヤを履き続けている人も多いのではないだろうか。しかし、急に雪が降ったりすると夏タイヤでは本当に危険なのも事実だし、慌ててチェーンを購入して、つけ方もわからずあたふたする人が続出している。「それって私のこと?」と思われた方、次の交換のタイミングにはオールシーズンタイヤに履き替えてみてはいかがだろうか。