【ホンダ CB1100】現代に蘇った空冷4気筒エンジンはCBの魂

空冷4気筒1100ccエンジンのCB1100。どこからどう見ても昔のCBを彷彿させるスタイリングがたまりませんね! 今回はCB1100のスペックやCB1100EXとの違い、中古車情報などをピックアップしています。CB1100人気のカスタムパーツもご紹介!

ホンダ CB1100とはどんなバイクか?

旧車好きにはたまらない空冷エンジン4気筒!

2010年に登場した、空冷4気筒エンジンを搭載したネイキッドモデルです。コンセプトは「散歩をするような感覚でゆったりと走る」とし、馬力などにこだわらない、肩の力を抜いて走れるようなモデルとなっています。ホンダのリッターバイクとしては、水冷エンジンのCB1300SF、SBもラインアップされていますが、CB1100はあくまでもレトロなスタイルを貫き通すような印象です。

エンジンパワーは88PSと、必要最低限の出力で、近年のリッターバイクには珍しく、ゆっくりトコトコ走れるバイクと定評があります。また、旧車ライクな見た目から、CB400FOURやCB750K、CB750FOURを再現するレプリカ外装キットなども販売され、旧車をより身近に体験できるのもCB1100の特徴です。

ちなみにホンダのスペック表などには「空冷」と記載がありますが、すでにお気付きの方もおられると思いますが、エンジンの前方にオイルクーラーが装着されています。このことから油冷では? ともいえますが、あくまでも空冷としての位置づけです。その証拠にエンジンには空冷エンジンの証である、大きなフィンが目立っています。

CB1100は細かくマイナーチェンジを繰り返していますが、大きな変更といえば、2014年に5速から6速へと変わったことです。決して以前の5速が不評だったわけではありません。6速化によって燃費の伸びなどが実現しましたが、少し足が忙しくなると感じる人もおり、一長一短ともいわれております。

CB1100のスペック

型式:EBL-SC65
全長(mm):2,205
全幅(mm):835
全高(mm):1,130
最低地上高(mm):125
シート高(mm):765
車両重量(kg):244
最小回転半径(m):2.7
エンジン型式:SC65E
エンジン種類:空冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒
総排気量(cm3):1,140
内径×行程(mm):73.5 × 67.2
圧縮比:9.5
最高出力:88PS/7,500rpm
最大トルク:9.5kgf・m/5,000rpm
燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)
始動方式:セルフ式
点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリー点火
燃料タンク容量(L):14
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング式
変速機形式:常時噛合式6段リターン
フロントタイヤ:110/80R18M/C 58V
リアタイヤ:140/70R18M/C 67V

ホンダ CB1100EXってなに?

CB1100EXはユーザーの声に応えたようなモデル

2014年に登場した新型のCB1100EX。スタンダードなCB1100との違いは、スポークホイール、左右2本出しマフラーを装着したことでしょう。よりレトロなスタイルになったCB1100EXは、これまでCB1100に向けられたユーザーの声に応えた形となりました。さらに馬力も88PSのCB1100に対し、90PSと若干パワーアップしているのも見逃せません。

また、燃料タンクもスタンダードモデルよりも3L大きい17Lとなっています。さらにミッションが5速から6速へ。このCB1100EXの登場と同時にスタンダードモデルのCB1100も同時に6速へとアップしました。燃料タンク容量不足や、スポークホイール、6速化など、これらを希望する声が多かったCB1100ですが、CB1100EXは、そんなユーザーの希望を叶えるモデルとなっています。

CB1100EXのスペック

型式:EBL-SC65
全長(mm):2,205
全幅(mm):835
全高(mm):1,130
最低地上高(mm):125
シート高(mm):765
車両重量(kg):244
最小回転半径(m):2.7
エンジン型式:SC65E
エンジン種類:空冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒
総排気量(cm3):1,140
内径×行程(mm):73.5 × 67.2
圧縮比:9.5
最高出力:90PS/7,500rpm
最大トルク:9.3kgf・m/5,500rpm
燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)
始動方式:セルフ式
点火装置形式:フルトランジスタ式バッテリー点火
燃料タンク容量(L):17
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング式
変速機形式:常時噛合式6段リターン
フロントタイヤ:110/80R18M/C 58V
リアタイヤ:140/70R18M/C 67V

ホンダ CB1100の中古車情報

CB1100(2010年~)の中古車相場は50~90万円

車両価格:82万8,000円(消費税込)

もともと歴代のCBシリーズは、完成度が高く、故障率が少ないことでも有名です。もちろんCB1100も、その例外ではなく、2010年にデビューして以来、特に目立つ故障もなく、中古車選びをするにあたって、初心者にもおすすめなモデルとなっています。

ただし、現在でも値落ちすることのないCB1100は、事故車でもフレーム修正をして販売されることのある車種でもあり、そういったCB1100は真っ直ぐ走らないなどのトラブルも考えられるので、中古車流通台数の多いCB1100では、あえて修復歴のあるものを選ぶ必要はありません。このことから中古車購入時、修復歴の確認を怠らないようにしてください。

一般的には中古車の価格は、年式が新しいもの、走行距離が少ないものの順番に価格が高くなりますが、CB1100では、お店によっては程度のいいものでも、値段を抑えて販売しているお店も多々見られるので、そういったお買い得車は見逃さないようにするといいですね。

ちなみに高価格帯は、走行距離1,000km以内といった超低走行車などもあるので、新車の購入を考えている方にもお買い得かもしれません。また、オプション装着車のCB1100 無限エディションも流通しているので、こちらも合わせてチェックしておきたいところです。意外に低価格で販売されています。

CB1100EX(2014年~)の中古車相場は81~100万円

車両価格:85万円(消費税込)

2014に登場したCB1100EX。修復歴さえ気を付けえれば特に心配事もないでしょう。程度の悪いCB1100EXを見つけるほうが難しいレベルです。また、登場してからそれほど時間が経過していないこともあり、流通台数は少なめとなっています。

CB1100とCB1100EXはカスタムコンプリート車も見逃せない

車両価格:144万2,000円(消費税込)

CB1100とCB1100EXには、外装レプリカキットが販売されており、CB750FOURを再現するカスタムが流行しています。そんなレプリカキットをまとったCB1100、CB1100EXが、中古車や新車をベースにたカスタムコンプリート車も多数販売されているので見逃せません。CB1100、CB1100EXの購入を考えている方の中には、こうしたレプリカを製作する予定がある方も少なからずおられるはずです。

もしもそのような考えであれば、すでにカスタムされたCB1100、CB1100EXをチョイスすることで、カスタム費用と製作期間を浮かすことができます。コンプリートカスタム車は、そのカスタムの程度にもよりますが、100~180万円が相場です。

ホンダ CB1100のインプレ

高速道路では6速がいいかも

普段あまり飛ばさないので、私には十分です。ただ高速を走るときは6段目が欲しくなります。常にトルクフルなので、低速時も安心です。高速でも5速で100kmからの追い越しも簡単です。

出典:review.kakaku.com

5速のCB1100にお乗りの方のインプレです。一般道ではあまり感じないことのようですが、巡航スピードの高い高速道路では幻の6速についついシフトアップしてしまう方が多いようです。高速道路の使用を前提とするなら6速がおすすめといえます。

車体は重いかも

やっぱり大型、それなりに重いですね。義父(70歳)に貸したら、またぐ前に横に傾きそのまま立ちゴケされました。(エンジンガードつけてたのと、義父が頑張ってゆっくり倒れたので傷はつきませんでした)
私も最後まであんまり慣れず、取り回しは苦労したので、力無い方は少し苦労されるかも知れないですね。
(私自身は立ちゴケ一回でした)

出典:review.kakaku.com

重量がおよそ250kgのCB1100。取り回しなどで苦労する方も多いようです。特に斜面での押し歩きは気を使うなどの意見が目立ちます。しかし、CB1100が特別重い、というわけではなく、リッターバイクとしてはごく一般的な重量なので、慣れてしまえば問題にならないかもいしれません。

燃費計は正確!

燃料ゲージが1つ(E)マークのときに押すと、走行可能距離が表示されるので解決。
高速道路とかでガソリンやばそうだなーって時も、次の給油可能SAまであと何キロって看板みて次で下りるべきか燃費走行すればいけるのかを判断できるのはスゴイです!(燃費走行で走行可能距離が伸びます)

出典:review.kakaku.com

ロングツーリングのときはとっても便利ですよね。特に知らない土地であとどれくらい走れて、ガソリンスタンドまで巡航可能かどうかが心配になると思います。CB1100はありがたいことに、巡航可能距離の表示がかなりの精度のようです。これでガス欠のリスクも減らせます。

インプレはとことんチェック!

CB1100は試乗できるお店が少ないように感じます。そのため実際に乗っている方のレビューはとっても貴重です。購入を考えている方は「ホンダ CB1100 掲示板」などで検索してみると、さまざまな情報を仕入れられるので探してみてください。

CB1100の人気パーツ紹介

座り心地の確保とドレスアップに人気のシート

CB1100用 Kスタイルシート レザータイプ

¥51,580

販売サイトへ

CB750FUORを彷彿させるレトロなシート。CB1100の純正シートは足つきはいいのですが、薄いためにお尻が痛くなりがちです。特に長時間のライディングには向いていません。このKスタイルシートなら、純正よりも4cmアップし乗り心地を確保できます。装着率も高めです。

メーターカバー交換でレトロ感をアップ

デイトナ(DAYTONA) メーターカバー 左右1セット ABS製メッキシート K0 LOOK 74926

¥4,969

販売サイトへ

CB750Kをイメージしたメーターカバー。たったこれだけの装着でヘッドライト周りの雰囲気をレトロに演出できます。こだわり派の方におすすめです。

フォークシールの保護とノスタルジックなスタイルに変身

キジマ(Kijima) フロントフォークブーツ イージーON/2本セット HD-03220

¥5,620

販売サイトへ

古いバイクでは装着率の高かったフロントフォークブーツ。旧車好きなオーナーの多いCB1100では、欠かせないアイテムとなっています。わざわざフォークを外す必要なく取り付けられるので、お手軽にレトロなスタイルを演出でき、さらにフォークシールの保護にもなるのでおすすめです。

筋肉質な4本出しマフラー

モリワキ(MORIWAKI) フルエキゾーストマフラー CB1100 2014年~用 RC Four ブラックエディション 4本出し01810-H01G1-R0

¥212,328

販売サイトへ

CB1100においてもっとも人気のアイテムといってもいいのが、こちらの4本出しマフラー。各メーカーから4本出しマフラーが販売されておりますが、黒色はモリワキだけです。サウンドも旧車ならではの荒々しいものに変化します。

ホンダ CB1100のまとめ

空冷4気筒のCBシリーズに胸を打たれていたオジサン世代の間で、一気に大ヒットとなったのがこのCB1100。現行では珍しく空冷ここだわっていることも、ユーザーとてもありがたいですね。もうこんなバイクは二度と販売されないと思っていた方も多いでしょう。そんな熱いリクエスに答えてくれたホンダさんに感謝ですね!