【ホンダ フュージョン】レトロでナウいロボスクーター!

まるでトランスフォームしそうな角ばったボディー。四角だけで構成されたデザインは誰が見ても「フュージョンだ」とわかるレベルです。そんな独特なフォルムで現在も大人気。そんなフュージョンのスペックや中古車選びの注意点、車台番号による年式の見分け方などをご紹介しています。

ホンダ フュージョンとはどんなバイクか?

1986年に登場した近未来的デザインのスクーター

長いホイールベースに、大人二人がゆったり座れる大型のシートを装着した、長距離ツーリング向けのビッグスクーターとして1986年に登場したフュージョン。主に輸出される形(輸出名はヘリックス)となったフュージョンですが、製造終了した1997年に突如、ビッグスクーターブームが起こり、フュージョン人気が急上昇!

もちろん販売終了しており、中古車価格なども値下がりすることなく、手に入りにくい状況で、中国製にニセモノが出回るほどの、社会現象となっていました。そんな状況も手伝い、2003年に再販され、排ガス規制が強化される2007年まで販売されたので、大人気のモデルであることがおわかりいただけるかと思います。

ホンダ フュージョンの新車価格

1986年の登場時の新車価格は49万9,000円。2003年の再販時も同額です。スタンダードモデルはシルバーのみ、それ以外のカラー(ブラック、ホワイト、ブルー)はタイプXグレードとなり、51万9,000円で販売していました。

また、メイイエローメタリック、バイスブルー、パールモデラートベージュ、クリッパーイエロー、マットアクシスグレイメタリック、イタリアンレッド、キャンディエクストリームブルーなどのカラフルな選択ができるタイプXカラーオーダープランも設定され、新車価格は53万9,000円となっています。

ホンダ フュージョンのスペック(2003年)

型式:BA-MF0
全長(m):2.265
全幅(m):0.745
全高(m):1.355
軸距(m):1.625
最低地上高(m):0.145
シート高(m):0.665
車両重量(kg):169
乾燥重量(kg):157
乗車定員(人):2
燃料消費率:40.0(60km/h定地走行テスト値)
最小回転半径:2.9
エンジン型式:MF01E(水冷4ストロークOHC単気筒)
総排気量(cm3):244
内径×行程(mm):72.0×60.0
圧縮比:10.0
最高出力:19ps/7,500rpm
最大トルク:2.1ps/5,000rpm
始動方式:セルフ式
キャブレター形式:VE30
点火装置形式:CDI
燃料タンク容量(L):12
潤滑方式:圧送飛沫併用式
クラッチ形式:乾式多板シュー式
変速機形式:無段変速式
フロントタイヤサイズ:110/100-12 67J
リアタイヤサイズ:120/90-10 66J

ホンダ フュージョンの中古車情報

フュージョンの中古車は年式を把握することがポイント!

250cc以下のバイクの場合、年式不明であることが一般的です。そのことから中古車情報誌など年式不明状態で販売されていますが、車台番号で見分ける方法もあるので、のちほどご紹介します。ただし、販売されている中古車の車台番号は、盗難などの関係からネット画面などで、公にされておらず、気になる方はお店に車台番号を問い合わせなければいけません。

さて、その車台番号をなにに利用するのか、ということですが、年式がわかれば、新しい車体を見つけやすいということです。さすがに1980年代、1990年代の車両は経年劣化によってさまざまなトラブルが確認されています。このことから少しでも新しいフュージョンを選ぶことがおすすめです。

フュージョンのよくある故障

フュージョンは基本的にトラブルの少ないモデルです。「エンジンが故障した」なんてことはほとんど報告されていません。しかし、登場が1986年と、さすがに時間が経っており、経年劣化によるトラブルが相次いで報告されています。その故障の原因となるのは「電気系統」が一般的です。

特にこれといった特定のパーツが、集中的に故障するわけではないので、もともとの完成度の高さが伺えます。では電気系統というとどのようなトラブルなのかというと、ヒューズ切れ、スイッチ類の接触不良(セルが回らないなど)、メーター本体の故障などです。基本的にはどれも故障したパーツを特定し、交換すれば問題なく運行できるのですが、このことから少しでも年式の新しいフュージョンをおすすめします。

フュージョンの車台番号による年式の違い

通称Ⅰ型です
【1986年~】MF02-1000001~MF02-1003932
【1988年~】MF02-1100001~MF02-1112223 

通称Ⅱ型です
【1990年~】MF02-1200001~MF02-1204519
【1992年】MF02-1300001~MF02-1303049
【1993年】MF02-1400001~MF02-1403005
【1994~1999年】MF02-1500001~ 

通称Ⅲ型です
【2003年】MF02-2000001~MF02-2099999
【2004年】MF02-2100001~MF02-2199999
【2005年】MF02-2200001~MF02-2299999
【2006年~】MF02-2300001~MF02-2399999

以上の車台番号を参考にして中古車選びをしてください。また、すでに乗られている方も、年式を割り出させると思います。

フュージョンの中古車相場は4~31万円となっています

車両価格:25.5万円(消費税込)

全体的に中古車流通量の多いフュージョン。走行距離の多いものでは90,000km近いなど、過走行車も多く出回っています。そんな状況でもエンジンの故障を気にする必要はなく、調子が良ければおすすめです。また、年式的に新しいⅢ型も、低価格帯で販売されているので、経年劣化を考えると、率先して選ぶことをおすすめします。

13万円までのフュージョンは、そこそこの程度のものが中心となっており、18万円まではノーマルやマフラー交換などのライトカスタムが中心です。この価格帯から上はきれいにカスタムされたいわゆるコンプリートカーとなっているので、趣味が合えばおすすめとなります。

ホンダ フュージョンの燃費は?

フュージョンの実燃費は25~35km/Lくらい

スクータータイプのフュージョンは、巡航スピードが実燃費と直結しやすく、ゆっくり走れば燃費は伸び、アグレッシブな走りをすれば燃費が下がる傾向にあります。250cc単気筒のスクーターとしては燃費が良い方ともいえるフュージョン。長距離ツーリングにもおすすめの一台です。

ホンダ フュージョンの最高速は?

フュージョンの最高速度は140km/h以上!

250ccスクーターとしては速い方のフュージョンの最高速度。セッティングを合わせれば160km/h以上出た、という報告もあります。他モデルではだいたい120km/hあたりなので、そう考えるとなかなかの俊足ですね。

ホンダ フュージョンのカスタム情報

座り心地の確保とおしゃれができるシート

【6ヶ月保証付】【FUSION[フュージョン]】 MF02 ダイア/ダイヤ柄 エナメル シートセット ホワイト 白 1ヶ月保証 4693 4693

¥5,957

販売サイトへ

ビッグスクーターにとってシートは顔の一部です。色や形状を変更するだけで印象がガラッと変化します。カスタムされることの多いフュージョンでは定番のアイテムです。素材も艶消しや艶ありなどのチョイスで、フュージョンのキャラクター付けができますよ。

バイクパーツセンター ホンダ フュージョン(MF02)I/II型 ベース付シート 黒302928

¥3,953

販売サイトへ

あまり派手なシートは嫌だ、という方にはノーマルっぽい形状もあります。老朽化によって傷んだシートをリフレッシュするのもおすすめです。

ツーリング仕様にカスタム

GIVI(ジビ) D182S スクリーン フュージョン(〜'06) 93961

¥16,046

販売サイトへ

ロングホイールベースのフュージョンでは、長距離ツーリングも楽におこなえるので、ツーリングに特化したカスタムも定番です。フュージョンではスクリーンを大型なタイプにすることで、走行風を抑え、快適な乗り心地となります。雨でも走行する予定がある方には特におすすめで、顔面に直撃する雨を防ぐことも可能です。

【汎用品】 リアボックス バイク用 ボックス ホワイト(白) 133

¥7,161

販売サイトへ

角ばったデザインのフュージョンには、リアボックスもよく似合います。いくら大型のメットインがあっても積載量は限られているので、リアボックスを取り付けることをおすすめです。

フュージョンのバッテリーサイズ

TAIWAN YUASA [ 台湾ユアサ ] シールド型 バイク用バッテリー YTX12-BS

¥5,152

販売サイトへ

ホンダ フュージョンのバッテリーサイズ(規格)はYTX12-BSです。バッテリーのメーカーによって「12-BS」の前につく記号が違うので注意ください。ちなみにバッテリーの交換時期は、バッテリーのメーカー保証期間を基準にします。例えば12ヵ月となっていれば、それ以上の使用はメーカーが保証できないということなので、12ヵ月で交換すると考えてください。

セルスターターのみのフュージョン場合、バッテリー上がりは致命的です。使用期間など、管理しておくことが大切ですよ。

フュージョンとよく比較される車種

ホンダ フォルツァ(1999~2016年)

車両価格:24.9万円(消費税込)

ホンダ フォルツァの中古車販売価格は8~30万円です。まだ新車で販売されいるフォルツァ。見た目のコンセプトがフュージョンと違いますが、トラブルを気にせず、安心を買うなら高年式も手に入るフォルツァがおすすめです。さらにカスタムを考えるなら、フュージョンに比べて、圧倒的にカスタムパーツの多いフォルツァが優勢かもしれません。

ホンダ フリーウェイ(1988~1999年)

車両価格: 19.8万円(消費税込)

ホンダ フリーウェイの中古車相場は5~35万円です。中古車流通量はフュージョンに比べて少なく、入手が困難な車種でもあります。フュージョンとの違いは、同じ250ccスクーターですが、フリーウェイの方が小型です。このことからフュージョンが大きすぎる、と感じる方にはフリーウェイがおすすめといえます。

ホンダ フュージョンのまとめ

角ばったデザインが特徴のフュージョン。近未来的ですが、今となってはレトロな香りがプンプンしますね。現在さまざまなビッグスクーターが流行していますが、唯一無二の存在でもあるフュージョン。四角だけで構成されているそのフォルムは他モデルとがかけ離れています。

初期型であるⅠ型は1980年代の登場ということもあり、レストアを迫られるような状態のフュージョンもあるかと思いますが、その価値は十分にあり、今後も残していきたい名車にうちの一台です。